鉄道コム

2009/8/3  1:06

489系「白山」 総集編:ボンネット型(その2)  特急型電車(交直流・交流)
こんばんわ。
また新しい1週間の始まり。今週は先月分の月締めなので、仕事も忙しくなりそうです。体調は5分の回復と言うところでしょうか。

今年の1月に『489系「白山」 総集編:ボンネット型(その1)』で文字マーク時代の「白山」ボンネット型をアップいたしましたが、今回、半年振りにイラスト化後のボンネット型をアップしたいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年頃 川口駅にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年頃 尾久〜赤羽間にて 


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年 西川口〜蕨間にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年 上野駅にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年2月 西川口〜蕨間にて  


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年5月 蕨〜西川口間にて

昭和54年9月くらいからボンネット車にもイラストマークが付くようになったと記憶しています。53・10改正で「やまばと」「あさま」のボンネット型がなくなり、ただでさえバリエーションが少なくなった矢先に、この「白山」を含めて、「はくたか」「とき」までがイラスト化されたためにガッカリしてしまいましたね。そんなことで、もしかしたらあまり枚数を撮っていなかったのかもしれません。
そしてJR化後の昭和63年12月、金沢車がとんでもない塗装で登場することになり、益々「白山」から遠ざかってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 ← 元気の源です。よろしくお願いします!
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ