鉄道コム

2009/10/24  0:23

189系「あさま」(国鉄色)その2  特急型電車(直流)
こんばんわ。

過去ログ『189系「あさま」(国鉄色)』で約2年前にアップしたことがあったのですが、当時は写真からのスキャンであまり枚数がありませんでした。
その後、フィルムからのスキャン分がそれなりに出てきましたので、一挙にアップしたいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和51年 上野駅にて

文字マーク時代の「あさま」です。中学生になって、やっと駅撮りに歩くようになった頃です。あまりにもカラーバランスが悪くて修正が出来なかったので、モノクロにしちゃいました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年 蕨〜西川口間にて

やっと一眼レフを手に入れて撮った写真です。この頃は地元での撮影が多かったですが、181系を撮り損なった悔しさから、あまり189系の写真は撮りませんでした。東北特急や181系「とき」、489系「白山」に比べると、極端に撮影枚数が少なかったです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年8月 上野駅にて

181系「とき」と並んで停車する定番のシーン。「あさま」が34分発、「とき」が毎時38分発だったので、「あさま」は大体の時間において上野駅高架ホームで「とき」と並びました。
昭和53年10月の改正前からイラストマーク化が始まりましたので、慌てて撮りに行ったのではないかと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年 南浦和〜蕨間にて

高校生になって望遠レンズを手に入れたので、地元での撮影が多くなりました。特に望遠の効果が期待できるロケーションの蕨〜南浦和間はこの頃良く通ったようです。
イラストマーク化後、特急列車の撮影が少なくなったように思います。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年 蕨〜西川口間にて

地方遠征も年に何回かするようになりましたが、基本は地元が多かったですね。
ただ、直線区間の中線を走る列車は、望遠だと構図が崩れてしまいます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年8月 蕨〜南浦和間にて

蕨〜南浦和間の定番撮影地。300mmレンズが使いやすいSカーブでした。今は高いフェンスが建っているので、かなり大き目の脚立が無いと撮ることが出来なくなってしまいました。
12両編成の両パン上げは特急列車の貫禄そのものでした。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年 上野駅にて

新幹線開業を前にドタバタだった頃。信越本線の「あさま」には無縁な改正だったので、あまり撮る必要も無かったんですけどね。

グレードアップ車になった頃には、地元がフェンスだらけで撮り難くなったこともあり、殆ど写真を撮っていません。「あさま」で言えば、横軽が廃止になる頃に沢山撮りましたが、EF63の写真が中心ですので、殆どが列車写真となっています。
EF63のスキャニングが全然追いつきませんので、準備ができましたらいずれアップいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
2

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ