鉄道コム

2009/11/20  7:21

京浜東北線 片目の209系  その他電車
おはようございます。

昨日はインフルエンザの予防接種の副作用らしく、筋肉痛があまりにも酷くてダウンしてしまいました。接種した腕は相当厳しい痛みで、触れないくらいに痛くなってしまいましたよ。通勤ラッシュが過酷です。


さて、18日水曜日、天気が良いので貨物列車の写真を撮りに近所へ行ったのですが、遠くから白熱灯の1灯が見えたので「?」ってことになったのですが・・・


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年11月18日 京浜東北線 西川口〜蕨間にて

209系でした。
ヘッドライトが球切れらしく、片方しか点いていません。

私が駅に勤務していた頃は、こうした車両を見かけると、電車区の所在する駅の信号所(例えば、与野駅時代は南浦和又は赤羽←スパンが東十条までないため)に連絡するんですよね。「南行○○A、前照灯右側球切れ」って感じで。

昔はどんな閑散時間でも各駅ホームには立番が居て、ホームでの列車監視や遺失物の取り扱いをしたものですが、国鉄末期の合理化で車掌用の監視モニタが設置され、極特定の駅を除いては、監視員がいなくなってしまいました。なので、こうした不備に対する連絡体制も無くなってしまったんでしょうね。

209系は、朝のラッシュ対でさえも殆ど見掛ける機会がなくなってきました。もう終焉という感じがします。

昨日はコメントを沢山いただきましたが、時間がなくなってしまいましたので「マル鉄コレクション館」も含めてお返しが遅れます。コメントいただきました皆様には大変申し訳ございません。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ