鉄道コム

2007/2/28  11:50

181系 「とき」  特急型電車(直流)
こんばんわ。
今日は、181系「とき」の写真をお届けいたします。

私が写真を始めた頃、181系特急は「とき」「あさま」「そよかぜ」が走っていました。他の地域では、「しおじ」や「あずさ」、不定期では「新雪」などもあったようですが、私が見たことがあるのは「とき」「あさま」「そよかぜ」だけです。しかし、「あさま」「そよかぜ」が181系で走っていた頃は、とにかく写真代が高かったため、写すことができない時代でした。ちなみに、写真1枚の現像が100円で、駅立喰いのかけそば1杯が80円から100円位だったようです。

中学生になる頃には1枚39円という値段(機械焼き)になり、やっと満足に写真が撮れるようになったわけです。しかし、その頃181系は「とき」だけになってしまいました。

ということで、ご紹介できる181系は残念ながら「とき」だけになってしまいますが、幸いイラストマークとサインマーク、そこそこのバリエーションがありますのでご勘弁を。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和51年 上野駅にて  ロングスカート車
181系の中でもこの車が一番好きでした。この頃には既に少数で、狙っていてもなかなか逢うことができませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年 上野駅にて クハ180
この頃は、この連結器をむき出しにした姿があまり好きではなく、写真にもあまり撮りませんでした。しかし、碓氷峠の廃止の話が出始めた頃から、この連結器の歴史にやっと興味を持つようになり、Nゲージの世界にどうにかして取り入れたいなんて・・・わがままな話ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年 上野駅にて クハ181100番台
一番ノーマルで最終期まで残ったタイプです。151系改造車よりも台車の見映えからこの100番台の方が好きでした。Nゲージでもマイクロエース社から発売されたときは大変うれしかったです。できれば、KATOさんからもお願いしたいところです。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年頃 蕨〜西川口間にて クハ181100番台
貫通型や非貫通型からかなり遅れましたが、やっとイラスト入りになりました。しかし、このマークが非常に気に入らなくて、何故か流し撮りのテストに良く使っていました。やはりボンネット車には文字マーク、しかも「朱鷺」が良く似合っていたと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年1月5日 上越線 八木原〜群馬総社間にて
上越新幹線の開業を控え、正式に181系「とき」の廃止が発表になりました。もうイラストマークがどうのこうの言っていられなくなり、東北特急と抱き合わせで写真を撮りに行きました。このときには既に181系は3往復のみとなり、効率が悪くなっていました。それでも、この写真は181系写真の中でも快心のショットとなりました。

クリックすると元のサイズで表示します
平成57年8月10日 上越線 湯檜曽〜水上間
これが181系を遠征して撮った最後の写真です。181系の廃止を目前にM’Mユニットを1組落とした10両編成になってしまいました。中には12両編成のまま頑張った仲間もいたようですが、この年の11月14日をもって181系は永遠へ飛び立ちました。


181系については、私の年齢であっても、その写真を残すには難しい時代に走っていたと言えるかもしれません。もう少し早く生まれていれば、「あさま」「そよかぜ」「あずさ」「新雪」など、様々な顔ぶれを残すことが出来たと思います。でも、それが叶わなかったからこそ、「Nゲージの世界でいつまでも走らせたい」という思いに繋がったのでしょう。
1

2007/2/27  20:57

トレーラーコレクション ゲットならず  
こんばんわ。

今日、新宿のさ○らやに「ひょっとしてトレコレ入荷したかな?」と思っていたのですが、残念ながら入荷はしていませんでした。
と言うことは、明日は入荷するはずですが、明日28日は「棚卸しのため18:00までの営業」だそうです。それじゃ買いに行けないジャン・・・。

ということで、地域限定のネタですみませんが、新宿さ○らやホビー館にお出かけ予定の方はご注意を!

では、一旦失礼します。
0

2007/2/27  7:35

ローカルな風景 第3回 (飯田線)  ローカルな風景
おはようございます。

昨夜は更新をしないまま疲れて寝てしまいました。出勤前に取り急ぎアップします。
ローカルな風景の飯田線をお届けいたします。

既にご紹介のとおり、一時期旧型国電の虜となり、大糸線・身延線と並んで、最後まで戦前型の残る飯田線へは、相当数通っておりました。今日は、その中でも私の代表作、特に気に入っている写真をご紹介いたします。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年4月16日 豊橋駅にて 名鉄荷電と並ぶクモニ83100
この頃は駅撮りを非常に嫌っていた頃ですが、さすがにこの並びは貴重と思い、シャッターを切りました。私鉄と線路を共有する例も全国的に稀であり、車輌の希少性と相まって貴重な記録となりました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年2月9日 大沢信号所にて クハ86運転手にタブレットを渡した後
このとき、同信号所を訪れたのは2回目。1回目に訪れたときに写真の運転主任さんと知り合いになり、CTC化前に信号所の写真を撮って欲しいと頼まれ、その写真の完成品を渡しに行ったときのものです。お礼にタブレットキャリア(勿論廃棄品ですが)を戴き、今も私の宝物となっています。この後3回目も訪れましたが、CTC化後で無人化されていました。もう20年以上前ですから、この主任さんも既に退職されていることでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年2月23日 伊那本郷〜飯島間にて クモハ53008他
中央アルプスを望む写真で、私が一番気に入っている写真です。編成もクモハ53008+クハ47に加えクモニ83100が2連と、私の好きな車輌ばかりが連なっています。真っ青な空と良好な光線状態。どれをとっても私のお気に入りです。


飯田線に関しては、他にも多数の写真があります。ただ、短期間にあまりにも多く足を運んでいるため、データの整理がややこしい状態ですので、このあたりの整理がつきましたらおってご紹介したいと思います。
0

2007/2/26  12:02

485系1500番台  特急型電車(交直流・交流)
こんばんわ。
今日のお題は「485系1500番台」をお届けいたします。

皆さんご存知のことと思いますが、1500番台は、函館本線の小樽〜札幌〜旭川の交流電化区間に誕生する電車特急用「耐寒耐雪仕様」として製作された車輌です。
当時の485系は、クハ481 0番台(ボンネット型)、100番台(ボンネット型MG床下搭載車)、200番台(貫通型)、300番台(非貫通型)があり、これに続く番台形式として誕生しました。このあと奥羽線「つばさ」電化用として1000番台(非貫通、耐寒耐雪仕様)が登場しますが、番台区分的には順序が違いました。おそらく、昔から北海道向け車輌を500番台としていた経緯によるものと想像がつきます。

本当は昭和49年に北海道初の電車特急が誕生する予定でしたが、車輌の技術的な問題(PCB機器搭載)や労使問題などが影響したらしく、昭和50年7月までずれ込むことになりました。昭和49年に完成した1500番台車は、このずれた1年間は青森区に配置され、大阪〜青森間の特急「白鳥」として走っていたことが知られています。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和49年8月 大阪駅にて 出発に向け回送で入線する1500番台「白鳥」
これは初めて大阪に行った際、偶然捉えた1500番台「白鳥」の姿。写真を撮った当時は1500番台の存在は知りませんでした。遠くて判り難いですが、アタマ2灯のヘッドライトが1500番台を主張しています。「白鳥」のヘッドマークが用意されていなかったので、シールを貼って対応したという逸話が残っています。


その後、やっと運転のメドがついた北海道初の電車特急は「いしかり」と名前を付けられ、正式に渡道、運転されることになりました。が、所詮本州型を基本として設計された同車は、北海道の厳しい環境に対抗できずにダウンを繰り返し、711系の使用実績・経験を生かした781系という後輩に道を譲ることになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年3月 札幌駅にて 485系1500番台「いしかり」
暗すぎて分かりにくいのですが、ストロボ禁止の精神を叩き込んだ頃でしたのでご勘弁ください。大阪に続き、奇しくも初めての北海道で最後の年にキャッチした485系1500番台。この翌年に781系となり、「いしかり」という名称までなくなってしまうとは、思いもよりませんでした。キハ82系ばかり追わないで、もっと撮っておけばよかったと後悔しました。


781系に道を譲った1500番台は、再び本州へ戻ることとなりましたが、新製当時と違っていたのはテールランプが大きく外に突き出た感じに改造されたことです。アタマ2灯に加え2つの特徴を持つ顔となりました。これは、他の番台では一切見られない大きな特徴でありました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年頃 蕨〜南浦和間にて 盛岡を目指す1500番台「やまびこ」

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年頃 上野にて 583系「はつかり」と顔を揃えた1500番台「ひばり」
青森運転所の配置となった1500番台は、「やまびこ」の他にも「はつかり」「ひばり」に使用されるようになりました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成4年8月18日 奥羽本線 八郎潟〜犀川間にて 上沼垂色1500番台「白鳥」

本1500番台についても、新幹線の開業や輸送体系の見直し等に伴い、他の車輌と同じく流転の人生を歩むことになりますが、同車は東北(JR東日本)管内を離れることはありませんでした。その関係で、少数派でありながらも、「いなほ」「つばさ」「たざわ」などバラエティーに富んだ特急列車として使用され、そして再び「白鳥」使用されることになったことは特筆すべきことでしょう。
同車が他の用途・型式(番台)に改造されつつも、現在活躍中であることをうれしく思います。
0

2007/2/25  17:43

東武の古いバス(平成2年渋川にて)  バスの写真館
今日で2月の休日もとうとう終わり。1月は毎週撮影に出掛け、何年か振りに充実したスタートを切ったのですが、このブログの書き込みとも相まって、出掛ける時間がなくなってしまいました。それでも、自分なりに充実した日々を送っていると実感しております。

今日は既にスキャニングしてあった写真から、東武バスをお届けいたします。と言っても2枚だけですが・・・。

下の写真は、平成2年5月6日、SL奥利根(D51498+旧客)の返しを渋川で撮ろうと撮影地に向かう途中、偶然東武バスの車庫の前を通り掛かった際に撮影したものです。
当時、バスに興味を持っていたわけではありません。私が大宮操車場に勤めていた頃、東武バスを大宮駅前で良く見掛けていたので、それなりになじみがありました。その後、大宮に住む友人との付き合いもあったので、東武バスがオレンジ色に切り替わっていった様子も見ていたので、青白ツートンはもう存在しないと思っていました。
そんなことも忘れていた頃、この場所を通りすがった際に同車を発見、懐かしさのあまり思わずシャッターを切った次第です。


クリックすると元のサイズで表示します
平成2年5月6日 東武バス渋川営業所にて
残念ながら型式は良く分かりません。いすゞのBU4かと思ったのですが、運転席窓の形状や最後部三角窓の有無、ヘッドライトの形状などから違うようです。
拡大してみると前後折戸使用になっています。


クリックすると元のサイズで表示します
平成2年5月6日 東武バス渋川営業所にて
観光バスの路線改造型。おそらく伊香保方面に使われている車輌だと思います。扉の増設改造はしておりませんが、無理矢理前面方向幕を増設しています。こちらも型式は良く分かりませんが、昭和40年代後半の頃から流行り始めたスピード感のある平行四辺形窓が気に入っています。このバスは前面の灯火類が外されていて、修理中というよりは部品取り用のように見え、それで塗装変更されなかったのかもしれません。


いずれも型式名等分かりませんので、ご存知の方がいらっしゃいましたら、コメント欄にてお知らせいただければ幸いです。

私の住んでいる地域の国際興業バスや、駅に勤務していたときは東武バスや都営バスを見ていましたし、母親の実家に行くときは福島交通もよく利用していました。昭和40年代から写真を撮っていれば、相当歴史的資料となる写真が残っていたと思います。バスに興味を持った今では、それが全く残っていないのが大変残念でなりません。
「せめて今からでも」と思いつつ、目に付いたバスの写真を撮るようにしています。
2

2007/2/25  1:43

憧れの車輌たちVol14(EF5861:イベント篇)  EF58のアルバム
こんばんわ。

予告のとおり、憧れの車輌たち第14弾として「EF5861:イベント篇」をお届けいたします。

昔からお召列車を本業とする同機は、定期スジに入ることは滅多になく、おそらく他の同型よりも走行距離数も少ないのではないでしょうか?そのあたりも、現在も現役でいられる要因の一つではないかと考えます。然るに、イベントやサロンの牽引など、スペシャルステージでしかお目にかかれないところが難点でもあるわけですが。

空前のEF58ブームがありましたが、ちょうど旧型国電の終焉と重なったこともあり、ご他聞にもれず私もEF58を追った時代がありました。特に61号機の情報については事前に公表されることが多かったため、比較的追う事が容易だった言えるかもしれません。

私は、「イベント」で設定されたものにあまり食指を示しません。お祭りもよろしいですが、異常なまでに増殖するファンと地元のにわかファンで沿線が埋め尽くされ、本来の景色ではなくなってしまうのがどうしても好きになれないからです。それでも、SLとこの61号機だけは、そんなときでも私を導く特別な存在だったのかもしれません。

あまり数的にはありませんが、彼の晴れ姿をご覧ください。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年7月26日 東海道本線 戸塚〜横浜 上り臨時特急「つばめ」
リバイバル列車の先駆けとなった列車です。客車にも一工夫欲しかったところですが、旧型客車では性能的にも肉体的(?)にもキツかったでしょうね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年7月24日 東海道本線 戸塚〜横浜 上り臨時特急「平和」
前年の7月には、「つばめ」に引き続き「はと」が運転され、この年の「平和」は第3弾となりました。(「はと」のときは撮影に行っていない様です。)
このとき例年と同じく14系を使用しましたが、食堂車2両の他に、スハフ14やオハフ15を何両も連結した、マルで寄せ集めの編成の様でした。ヘッドマークが客車の色とマッチしており、列車としては好印象でありました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和60年7月7日 東大宮操車場にて イベント列車&撮影会
私が直接参加した唯一の定員制撮影会です。上野からお召塗装のEF8181+EF5889が重連で旧型客車を牽き、常磐・武蔵野貨物経由で東大宮操車場へ行くという、当時ではファン垂涎のイベントでした。会場では、EF8181+EF5889やEF5861+EF5889、そして各機の並び、スハネフ14のテールマークの回しなどが行われました。運よく当たったので、友人と参加した次第です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和63年12月23日 東北本線 西川口〜蕨 D51498+FE5861牽引「オリエント急行}
D51498の復活記念運転で、上野〜高崎間をEF5861の補機付で運転されました。このように、普段の運転ではトップスターである61号機も、時に脇役に回ることもありました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和63年12月24日 高崎線 撮影区間不詳 FE5861牽引「オリエント急行}
上の写真の列車の返し運転です。撮影場所がなかなか見つからなくて、線路際に張り付いて準備を始めていたら来てしまい、慌てて撮った写真です。パンタは切れるは、編成は切れるは・・・。自分でもあきれてします。


今も活躍している同機ですが、車齢からしてもいつまで持つのか、予断を許さないと思います。細々とで構わないので、末永い活躍を願います。
0

2007/2/24  18:20

御礼(500アクセス)  
皆さんこんばんわ。

昨日、帰宅後ブログを確認しましたら、アクセス数が500件を超えておりました。

ブログを始めてから今日でちょうど3週間。この数字が早いのか遅いのか良く分かりませんが、毎日20件以上のアクセスをいただいていることになります。
毎日20件以上のアクセスがあるということは、毎日違う方が入れ替わり20人以上いらっしゃるというより、毎日チェックしてくれている方も相当数いらっしゃるのだと思います。商売でブログをやっているわけではありませんが、私の人生の回顧録としての記録を見ていただけている。そのことだけで大変うれしく思います。

今後も過去の記録や今後の撮影記など、皆様の研究に役立つ資料や暇つぶしの読み物となるような内容で、情報を提供して参りたいと思います。

最後になりますが、コメントも受付けておりますので、どうぞお気軽にご意見・ご感想等お寄せいただきたいと思います。

では、今後もアクセスよろしくお願いいたします。
0

2007/2/24  4:16

憧れの車輌たちVol13(EF5861:お召・臨時篇)  EF58のアルバム
憧れの車輌たちの第14弾は、ロイヤルエンジン「EF5861」の中から「お召・臨時篇」をお届けいたします。

今さら説明をするものでもありません。この機関車は現在も健在で、その素性も皆さんご存知のことと思います。
私が中学生になり、やっとカメラを持って上野駅をうろつけるような身分になった頃、特急列車を撮影していると、回送列車通過の案内放送とともに尾久方から茶色い機関車がやってきました。初めはEF57が来たのかと思い慌ててカメラを構えると形がおかしい?当時、鉄道雑誌を買うお金が無かった私は、EF5861の存在と言うものを知らなかったのです。昭和51年頃のことですから、EF58はすべて青にクリームのツートン化されたものしか知りませんでしたので、それはそれは61号機が特別に輝いて見えたわけです。

その素性を知って以来、何とか逢えないものかと考えましたが、61号機は浜松の60号機と違って、あまり一般運用では動かなかったのです。結局はEF58ブームに火がつき、様々なイベント列車や団体列車などに引っ張りダコになるまでは、お召運用くらいしか撮ることができなかったのです。
そういった意味で、なかなかお目にかかることが出来なかったEF5861に「憧れ」たのかもしれません。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和59年9月25日 東北本線 東鷲宮〜栗橋 お召列車

クリックすると元のサイズで表示します
昭和59年9月27日 東北本線(貨物線) 蕨駅附近 お召列車
上のお召列車の返し。お召列車の撮影は撮る場所や撮り方まで警備がうるさい。私は撮影を始める前に駅前の交番に連れて行かれ、身分証明書の提示、カメラの点検など、やたらチェックを受けました。


クリックすると元のサイズで表示します
撮影日・撮影場所不詳 臨時「踊り子」
この頃は、確か事前にEF5861牽引の告知があって、大変好評を博した記憶があります。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和63年5月4日 高崎線 上尾〜宮原「サロンそよかぜ」

クリックすると元のサイズで表示します
昭和63年5月5日 高崎線 北本〜桶川 特急列車との離合「サロンそよかぜ」
「サロンそよかぜ」はそれまでもしばしば運転されましたが、EF65が牽引していたケースが多かったと思います。EF58も昭和60年くらいに一般型の運用が無くなり、この61号機と89号機のみが廃車を免れ、イベントで活躍しました。


この61号機はEF58ブームに乗って、ホームグランドの東海道から東北・高崎線にも頻繁に顔を出してくれるようになったので、写真も数多く撮ることができました。でも、サロンエクスプレスの牽引が多く、ヘッドマークの無い画一的なスタイルであったのが少々残念でした。

次回「憧れの車輌たちVol14」は、続編で”イベント列車篇”をお届けする予定です。どうぞお楽しみに!
0

2007/2/23  10:45

憧れの車輌たちVol12(583系:53年10月改正以降)  特急型電車(交直流・交流)
おはようございます。
憧れの車輌たち第12弾は、583系の続編として東北篇昭和53年10月改正以降の画像をお届けします。

皆様ご存知かとは思いますが、53・10を境として、全国の特急列車(電車特急から)のヘッドマークに絵柄が採用されることになりました。電動幕式の車輌から始まり、少し時間は掛かってしまいましたが、ボンネット型や気動車、そして取付け省略になって久しいブルートレインまで、全国の特急列車へのデザインマークの整備が行われました。

当時、ブルートレインのヘッドマーク取付け省略により、「ゆうづる」「あけぼの」をはじめ、東海道筋の「いなば」「紀伊」や新設された「安芸」「北星」にはヘッドマークが取り付けられていませんでしたので、これら寝台特急の華やかしき頃のEF80やEF58などをヘッドマークで飾ることは最後まで叶いませんでした。「あけぼの」「出羽」「鳥海」「北陸」は、かろうじて救われたと言えると思います。

本筋から外れましたが、本ブログで記しましたとおり、私は583系の夜行列車に似合った淡緑色の書体が大変好きでしたので、このデザインマークの採用については、当時中学生であった私でさえ正直喜ぶことは出来ませんでした。今となっては、この書体で書かれた「雷鳥」「ふるさと」「ひたち」なども見たかったなぁ〜という思いがあります。

では、東北新幹線開業前に東北本線で最後の長距離を力走していた頃の画像をどうぞ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2枚共 昭和56年1月5日 東北本線 豊原〜白坂にて
色の退色でセピアっぽくなってしまいました。(多分ネガ自体が原因)年代的に無理がありますが、この区間で字幕時代の「はつかり」や「ひばり」が撮りたかったです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年頃 常磐線 日暮里〜三河島 下り「みちのく」


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年1月4日 東北本線 豊原〜白坂にて
この日は生憎の雨。豊原〜白坂まで歩きましたが、暗いし雨は止まないし散々でした。
この写真も折角良いアングルだったのですが、後ピンにブレブレ・・・勿体無い。

クリックすると元のサイズで表示します
平成14年8月11日 東北本線 蓮田〜東大宮 「はくつる」回送
この年のお盆輸送で臨時「はくつる」が最後となりました。また、定期のPC「はくつる」も廃止が発表されたため、臨時の583系と合わせて、多くのファンたちに見送られました。
0

2007/2/22  20:15

バスネタ!(KIRAKIRA−06)  バスの写真館
少し前の話ですが、仕事の帰り道、何気にド派手なバスが目に付きました。どこの会社のものか判らないし一旦は通り過ぎたのですが、やっぱり気になってバックし、持っていたデジカメで撮りました。

しかしまあ、なんと派手な。と思いつつも、結構センス良いななんて思いました。その後つい忘れていましたが、この間発売になったバスマガジンを見ていて「え?」。
「京商」というバスモデルを発売している会社で、1/150のダイキャストモデルを発売し好評を得ている「セレガ」「ガーラ」の予告ラインナップにこのバスが入っているではないですか。

と言うことで、正体が判り、ある意味ホッとした次第です。

クリックすると元のサイズで表示します
平成19年2月7日 新宿モノリス前にて いすゞガーラスーパーハイデッカー
潟香[タリーエアサービス 社だそうです。最近、西新宿界隈で結構目撃します。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ