鉄道コム

2007/3/26  1:20

貨物機の牽く客車列車(西武鉄道さよならE851)  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

今日も過去の写真を整理していて、大変遅い時間になってしまいました。明日の仕事が心配です。

今日は、整理してあるネタから「さよならE851」をお届けいたします。

西武のE851は、民鉄史上最強の機関車であることは皆さんご存知だと思います。西武鉄道では、セメントや石灰石など重量貨物を中心に多くの貨物列車が走っておりましたが、トラックへの切替による貨物需要の低迷もあり、輸送量は年々減少し、そして全面廃止となってしまいました。

E851の廃止にあたり、貨物機であった同機に最後の花道として企画されたのが、この「さよならE851」のイベントでした。JRから12系客車を借り入れ、団体扱いとして客車を牽かせるという、他の私鉄ではまずお目にかかれない大胆な手法により行われました。イベントを手がけた社員たちも相当な苦労があったようです。(と、私の友人の社員が行っておりました。)

クリックすると元のサイズで表示します
平成8年5月26日 西武秩父線 東吾野〜吾野間にて

クリックすると元のサイズで表示します
平成8年5月26日 西武秩父線 吾野駅発車

本イベントは、客車の借り入れに加えて全工程を重連による運転、そして横瀬駅構内で様々な車輌の展示、即売会が行われる等、西武鉄道ファンにとっては最高のイベントだったでしょう。イベント実施にあたっての、社員さんたちの苦労が偲ばれます。
各民鉄における機関車自体が減少し、またJRの客車保有数も減少している状況ですので、今後このようなイベントが行われることはまず無いのではと思われます。そういった意味で、この「さよならE851」のイベントは、鉄道史に残る貴重なイベントとなったのではないでしょうか。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ