鉄道コム

2007/4/23  11:18

房総の急行電車(その1)  その他電車
こんばんわ。

今日は、プリントしていなかった死蔵写真からやっと陽の目を見ることになった「房総の急行電車」をご紹介いたします。

房総急行の写真は、数的にはあまり撮りに行ったことがなかったのですが、東北や上信越の急行と違ってヘッドマークが付いていましたので、大変興味を持っていました。それでも、昭和57年の11月に全廃となるまでには、年数的にも”写真を撮ることができた期間”はあまり長くなかったと思います。

今回ご紹介する写真は、昭和54年頃に総武線錦糸町駅にて撮影したものです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
74番編成を使用した急行「犬吠」。前後で0番台、500番台の顔違いの編成。
前後ともシールドビーム化されています。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
73番編成を使用した急行「内房」。74番編成と同じく前後で0番台、500番台の顔違いの編成ですが、オリジナルライトのままの原型を保っています。


当時、全国で153系のヘッドマーク付き急行列車はここだけだったと思います。このヘッドマークにも変遷がありますが、53.10ダイヤ改正の頃からか、房総急行のヘッドマークにも絵がワンポイントで入るようになりました。
この写真を現像して一番「おっ!」と思ったのは、グリーン車に未だ帯が入っていたことですね。
私が高校生になってからは、全国から姿を消そうとしている旧型国電に興味を持ってしまったため、房総の急行を追いかけることはあまり無かったのですが、引き続きネガの整理をしていたら、未だ若干のプリントしていない写真があるようです。これら写真も近いうちに現像しようと思っていますので、現像・スキャニング編集が出来次第、またご紹介いたしたいと思います。
2

2007/4/22  2:20

ローカルな風景 第17回 (室蘭本線・釧網本線)  ローカルな風景
こんばんわ。
今日もデータ調査をしていたら、こんな時間になってしまいました。生活のリズムがまた崩れてしまいます。

今回は、北海道のローカルネタを2題お届けします。

クリックすると元のサイズで表示します
平成2年9月5日 室蘭本線 追分〜安平間にて キハ130+キハ22+キハ40

室蘭本線のローカル区間です。このときの撮影で、北海道に着地してからの1発目のショット。キハ130は日高線用の軽快車ですが、何故か室蘭本線の普通に併結されています。定期運用だったのか、詳しいところは解りません。


クリックすると元のサイズで表示します
平成2年9月9日 室蘭本線 静狩〜旭浜間にて キハ22単行の普通列車
れっきとした特急走行区間ですが、非電化複線でありながら普通列車が単行であることで、非常にアンバランスなローカルさを醸し出しています。上の写真と共に、キハ22が最後の活躍をしていた頃です。


クリックすると元のサイズで表示します
平成2年3月15日 釧網本線 釧路湿原〜細岡 DE15牽引の貨物列車

根釧原野を往くDE15牽引の貨物列車。釧網本線の貨物列車廃止がささやかれ始まった頃、無謀にも真冬の根釧原野へ。この日は比較的天気が良く、比較的つらい思いをせずに撮影することができました。プリントのシャドーがキツいため、スキャニング時点で画像が荒れてしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成2年3月15日 釧網本線 細岡〜塘路間にて キハ54単行普通列車

北海道東部では、比較的早くに新性能化が完成しており、残念ながらこの時点でキハ22やキハ56系は撤退済みでした。このときの撮影では、同区間を徒歩にて移動しましたが、7.2kmもあったんですね。線路沿いに道が無くて、大変苦労した記憶があります。
0

2007/4/21  14:04

「赤羽線」の補足(方向幕)  その他電車
今朝ほどアップいたしました「赤羽線」の方向幕について補足いたします。

101系時代は、縦書きで「赤羽←→池袋」でその下にローマ字表記がありましたが、103系になると前面・側面とも「赤羽線」になっています。赤羽線は4駅間のみの運転ですから、行先をそれぞれ「赤羽」「池袋」と表示しなくても問題が無かったのでしょう。むしろ、「池袋」で表示したまま池袋駅に到着してしまうと、山手線用のうぐいす色も使用していましたので、誤解を生ずるおそれがあったとも考えられます。私も103系時代の赤羽線には良く乗ったことがありますが、「赤羽」「池袋」といった行先を表示しているものを見た記憶がありません。

もうひとつ。今朝ほどのアップの内容で、”赤羽駅では7番線を使用して・・・”という本文を載せましたが、もしかしたら”5番線”だったかもしれません。その場合、通過する貨物専用線は”6番線”ということになります。
現在は、湘南新宿ラインが5・6番線を、埼京線が7・8番線を使用していますが、当時は現在の5・6番線が貨物線でホームがありませんでしたので、カウントされていなかったかもしれません。(段々そのような気がしてきました。)
曖昧で申し訳ありませんが、証拠も何も無いので、この辺りを加味していただきますよう、お願いいたします。
0

2007/4/21  7:50

101系・103系 (赤羽線)  その他電車
おはようございます。

昨夜は1週間の疲れでしょうか。風呂も入らず寝てしまいました。今日は娘の映画鑑賞に付き合うことになっており、早起きしています。更新を期待されていた方、スミマセン・・・。


通勤型の写真には食指の動かなかった私ですが、古いネガを辿ってみると、意外と101系や103系の写真が出てきました。それでも、当時はまだ戦前型の国電が最後の頑張りを見せていた頃で、新性能車であった101系や103系はプリントアウトされずにそのまま眠っている状態でした。そんな彼らの写真ですが、このブログを始めるにあたり、やっとデッドストックから解放されることになりました。

今回、大量にプリントアウトした中から、現在は「埼京線」と呼ばれスルー運転されている、正式名称「赤羽線」の写真を集めてご紹介したいと思います。

まずは101系です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 赤羽駅にて

「赤羽線」の新性能化は早かったらしく、小学校低学年の頃乗ったときには既に101系になっていました。同線が黄色いラインカラーを使っているのは、車輌を共通で使用していた「山手線」の名残といえるでしょう。(「山手線」が101系化されたときのラインカラーはカナリアイエローで、103系化の際にうぐいす色に改められています。)同線の101系時代の写真は、この1枚と別にもう1枚の計2枚しか撮っていないようです。

次に103系編です。

撮影は、すべて赤羽駅にて。
クリックすると元のサイズで表示します
うぐいす色との混色編成。103系時代には良く見られました。

クリックすると元のサイズで表示します
うぐいす色のアップ写真。時には、山手線の編成から1ユニットを抜いた8両編成を使用したうぐいす色のみで運転されることもありました。

クリックすると元のサイズで表示します
オールカナリアイエローの編成。編成的に統一が図れるようになったのは、103系時代の晩年の頃でした。

クリックすると元のサイズで表示します
上の写真よりやや後年でしょうか。この写真だけリバーサルで、300mmを使っています。手前に邪魔するトラックですが、今となっては懐かしい型ですね。


昭和56年頃の写真でしょうか。ある程度の望遠レンズを使用しているので、多分その頃ではないかと。赤羽駅では、「赤羽線」は7番線1本で折り返し運転され、島式の8番線は同線からの直通貨物の通過専用線となっており、危険防止のため金網が張られていました。写真は、東北新幹線・通勤新線(現在の「埼京線」の仮称)の建設工事が始まるため、この貨物線が撤去された後だということがわかります。

今回仕上がった写真を見ていて、自分でも楽しくなってしまいました。車輌的にもそうですが、駅の風景が大幅に変わってしまうこともありますし、そういった意味では駅撮りも記録の手段として重要なのかなぁと改めて思います。
今でこそ「赤羽線」という名称でさえ忘れられてしまっていますが、山手線の一員として活躍した同線の103系は、「埼京線」と名を変え発展的に消えていきました。
4

2007/4/20  22:50

ローカルな風景 第16回 (島原鉄道)  ローカルな風景
こんばんわ。

今日は1枚物になりますが、ローカルな風景の第16回目として「島原鉄道」をお送りいたします。

私が国鉄職員時代、入社6ヶ月経ってやっと全国パス(年2回まで使用可)を手に入れる資格ができたのですが、なんと、約2ヵ月後のダイヤ改正(57・11)とあわせて制度が見直しされ、全国パスの交付が廃止になってしまうことになりました。国鉄に入社したことの大きな目的の一つが、あっさり奪われてしまうことに。
未だ入社半年後のことでしたので、先輩方に遠慮して有給休暇など取りづらかったときですが、先輩方もその気の毒さに同情してか、旅行のための休暇を快く承諾していただきました。(交代制勤務なので、長期休暇の取得は難しいのです。)そして、1ヶ月先輩と結託して、九州旅行に出掛けていくことになりました。

前置きが長くなりましたが、九州を1週する行程の中の1つである「島原鉄道」に乗ったときに撮った写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年11月26日 諫早駅にて

島原鉄道に在籍したディーゼル機関車と国鉄キハ55タイプの気動車です。ディーゼル機関車は、確か3両が在籍していたかと思います。そして、キハ55タイプの気動車は、かつて国鉄の気動車列車に併結され、乗り入れていました。

この時は、長崎市内を早朝から観光し、その後島原鉄道の島原外港駅まで乗り、天草五橋を渡って国鉄三角線へ抜け、熊本に宿泊するという結構な強行スケジュールでした。一緒に同行した先輩が鉄ではなかったので、あまり鉄道写真の撮影に付き合わせるわけにも行かず、撮った写真がこの1枚だけということに。

「島原鉄道」の一部区間が廃止になるとか。鹿島鉄道、くりはら田園鉄道もとうとう廃止となり、茨城交通も廃止に憂き目にあっています。全国的にローカルの存続が難しいようですが、いま車を運転できる世代の方が歳をとったとき、少子化で運転人口が減ることも予想されます。本当に廃止してしまって良いのでしょうかねぇ。
3

2007/4/19  1:45

D51498:アップル号  蒸気機関車
こんばんわ。
今日も遅い時間になってしまいました。眠くて仕方ありません。

初めてのアップになりますが、今日はD51498牽引の「アップル号」をお届けいたします。

あちらこちらに出張運転の多い人気者D51498ですが、平成6年10〜11月にかけて、長野〜黒姫間に1日2往復運転されました。(客扱いは下り列車のみ。上りはEF64が牽引し、D51はぶら下がり。)
リンゴがちょうどなっている時期でもあり、また、沿線にリンゴ畑が点在していることから、「これは絵になる」と思い、出掛けていきました。
しかし、沿線の撮影適地は非常に絞られており、極狭い範囲でしか撮影することができませんでした。


撮影地は、すべて豊野〜牟礼間にて。
クリックすると元のサイズで表示します
平成6年11月3日

まずはリンゴ畑。これを決めておかないといけません。しかし、光線の関係で構図が難しく、スッキリしない写真になってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
平成6年11月4日

SLの撮影をするようになってから、俯瞰撮影など機関車が小さく写る傾向が強くなってしまいました。でも、この場所は少し高度が高いことから紅葉が一部始まっており、しかも山間に差した日差しがちょうど目の前の紅葉と白い煙に当たってくれたので、思った以上に印象の良い写真になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
平成6年11月5日

最終日。さすがに短い区間で3日間の撮影は飽きます。最後にいたずら心で面白い写真が撮れないかとリンゴ畑にお邪魔し、樹の間を抜くことができないか探していたところ、ありました・・・見つかりました。D51が通過する約1分前の発見でした。


一番下の写真を撮るに当たっては、畑にいたおばさんに断って立ち入らせてもらいました。撮影が終わった帰りがけ、落ちていたリンゴをくれました。すごくおいしかったですよ。実って落ちたものですから、おいしくて当たり前なんでしょうか。おばさん、あの時はありがとう。
0

2007/4/18  1:35

DD51重連「北斗星」(旧塗装時代)  ブルートレイン:機関車・客車
こんばんわ。

今日も帰りが遅くなって、こんな時間の更新になってしまいましたが、眠さを抑えて更新いたします。

今日は旧塗装時代のDD51重連が牽く「北斗星」をお届けいたします。

昭和63年、青函連絡船が惜しまれつつ廃止になると、北海道連絡特急として「北斗星」が3往復設定され、寝台特急衰退の時代に明るい話題となりました。
東北地方の寝台列車は、特急・急行を問わず、交流区間を交流専用の機関車が牽引していましたが、一部の貨物でしか見られなかったEF81が、直流区間からスルーで運転されるようになります。
一方、青函トンネルをくぐり函館へ到着すると、ご存知のとおり函館本線は非電化区間となっているため、DD51が牽引の任に当たっているのは現状でも変わりありません。同線内は、室蘭本線、千歳線を含めて、北海道随一の高速度区間であり、客車列車とはいえスピード確保の必要性から、「北斗星」の運転当初より重連が組まれています。
そして、現在は「北斗星色」とよばれる専用塗装のDD51が重連で牽引している「北斗星」も、運転開始当初は一般色のDD51が牽引していました。

一般色のDD51が、重連で、そして定期列車で運転されているのは「北斗星」が唯一でしたので、そんな魅力にひかれ、早速写真を撮りに行くことになりました。


撮影は、すべて昭和63年6月24日、函館本線 長和〜有珠間です。
クリックすると元のサイズで表示します
下り北斗星1号  重連機関車次位にスハフ14を連結

下り1号は、函館発の1番特急として、早朝発にも拘らず立席利用ができるようになっていました。しかし、「北斗星」の人気と時間帯の兼ね合いもあり、寝台車の座席利用では無理があったため、函館から1両を増結することにより対応していました。
増結の際のサービス電源確保の関係から、スハフ14又はスハネフ14が限定で使用されました。

クリックすると元のサイズで表示します
下り3号

この時は徒歩での撮影で、歩いて撮影場所を探しているうちに時間がなくなってしまい、超安直な写真となってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
下り5号 食堂車は?

北海道らしさを表現するため、大俯瞰できる場所をセッティング。風景は良かったのですが、肝心の「北斗星」が小さくなりすぎてしまいました。長大な寝台特急でも、北海道の風景の中では短く見えてしまいます。
今まで気が付かなかったのですが、よく見ると食堂車が連結されていないようです。改造が間に合わなかったのでしょうか。


北海道はDD51の宝庫でしたので、各線で撮影をしてきましたが、JR貨物の試験塗装などで刻々と変化し、JR北海道も「北斗星色」化も実施されるようになりました。そして、次の平成2年に「北斗星」を撮影に行ったときは、塗装変更が既に完了しており、旧塗装のDD51重連「北斗星」はこの撮影のときだけの貴重な思い出となりました。
0

2007/4/17  1:35

103系 京浜東北線  その他電車
こんばんわ。

今日は残業で遅くなり、またこんな遅い時間になってしまいました。
でも、このブログはできるだけ切らせたくないので、頑張ってアップしたいと思います。

今日のテーマは103系です。以前にも少し述べましたが、昔は通勤電車には全くといって良いほど興味がなく、ほとんど写真を撮っていなかったと思ったのですが、この度このブログの開設にあたり古いネガを捜索していたら、意外と写っているものがありました。
そんな中から、徐々にではありますがご紹介していきたいと思います。

今回は「京浜東北線」の103系をアップしたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
西川口〜蕨間にて クモハ103の流し撮り。

このような写真を撮るようになったのは、高校で写真部に入ってから。おそらく昭和54年頃、ATC化工事の真っ最中だと思います。7+3編成のすべてが大宮方にクモハ103を連結しておりましたので、ATC化の直前まで写真を撮りましたが、あまり良い機材を持っていなかったので、これといって良い写真は撮っていません。

 
クリックすると元のサイズで表示します
蕨〜南浦和間にて 浦和電車区に出張中の新製185系200番台を横目にひた走る103系

東北新幹線の大宮暫定開業を控えた昭和57年初頭。訓練用と思われますが、185系がしばらくの間浦和電車区に駐留していました。思わぬライバルの出現に、103系はどんな思いだったのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
蕨駅にて 中央線色のクモハ103

昭和52年頃走っていた編成です。中央線の101→103系化に関連して、ATC化で余剰となるクモハ103を中心とする低窓編成が中央線へ転出することになりました。このころ、転出してから検査入場するまで旧線の塗装のまま走るのが通例でしたが、おそらく転出予定日が迫っているところで検査入場があり、予め塗り替えたものを転出まで運用したものではないでしょうか。ヘッドマークとも受け取れる「京浜東北線」マークは、他にも山手線色(うぐいす色)が見られた時期がありました。


103系については、他線区のものが若干ありますので、追ってご紹介したいと思います。
1

2007/4/16  2:37

憧れの車輌たちVol23 (20系寝台:北星・北陸)  ブルートレイン:機関車・客車
こんばんわ。

今日は「憧れの車輌たち」第23弾として、20系寝台客車篇の「北星・北陸」をお届けいたします。

「北星」「北陸」とも、昭和50年3月10日のダイヤ改正(新幹線博多開業)にあわせ、「はやぶさ」「富士」「出雲」「日本海」の24系24型化により余剰となった20系寝台車を活用し、新大阪〜下関間の特急「安芸」と共に急行の格上げにより誕生した寝台特急です。

「北星」は、上野〜盛岡間の10系寝台車の組成により運転されていた、寝台専用急行列車でした。改正にあわせて20系化、そのまま特急に格上げされました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年頃 上野駅にて カニ21「北星」 
登場からわずかの間ですが、上野方に新聞輸送用のワサフ8800を連結していたため、カニ21の顔を拝むことができませんでしたが、比較的早くに解消し、その写真を撮ることができるようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年頃 上野駅にて ナハネフ22「北星」

クリックすると元のサイズで表示します
上と同日 上野駅にて ナハネフ22「北星」のサボ


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年頃 蕨駅にて 運休し昼間堂々と回送される「北星」
友人とこれから撮影に出掛けようとしたとき、昼間にかかわらず20系が・・・。しかも、EF58+カニ22という組み合わせ。慌ててカメラを出しシャッターを切ると、それは「北星」でした。尾久区まで出向き、カニ22の「北星」を撮らせてもらおうと頼み込んだのですが、結局頑なに断られてしまい、チャンスを逃してしまいました。


一方「北陸」は、上野〜金沢間に2往復設定されていた急行「北陸」のうち、寝台専用で組成されていた方の列車を20系化、同時に特急に格上げされました。残った座席車と混成されていた急行は「能登」と名称を改め、夜行急行のスタイルを保ったまま運転が継続されることになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年頃 上野駅にて カニ21「北陸」

クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年頃 上野駅にて ナハネフ22「北陸」

両列車とも登場時からEF58が牽引する20系寝台列車として注目を集めましたが、上野到着が早朝であり、残念ながらヘッドマークも用意されなかったため、列車写真としてはあまり資料が無いように思われます。そして、昭和53年10月の改正では、九州方面の寝台夜行の更なる整理と、これによる影響を受け玉突き余剰となった14系に置き換えられてしまいました。
2

2007/4/15  19:40

都営バスMP218(渋谷営業所)  バスの写真館
こんばんわ。

以前、年頭にバスの写真を撮りに行った情報をアップいたしましたが、あれから3ヶ月、予告どおり渋谷営業所のMP218が引退してしまったようなので、惜別の意を込めて残りの画像をアップしておきます。

画像は、すべて平成19年1月7日、渋谷営業所にて撮影。
クリックすると元のサイズで表示します
A426番 ラッピングはいやですねぇ〜。その後にもMP218が停まっておりますが、車番等は不明です。

クリックすると元のサイズで表示します
A426番の正面。緑色の面積が大きく、特徴のある顔でした。このMP218だけはもうすぐ引退にも拘わらず、「みんくるシール」が張ってありました。

クリックすると元のサイズで表示します
A419番 最初は後向きに停まって整備を受けていたのですが、帰り際に出てきました。やはりバスの写真では、この向きで乗降ドアの形状が判るよう撮っておきたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
同僚たちと並ぶA418番。もうすぐ皆ともお別れです。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ