鉄道コム

2007/4/4  0:15

東武スペーシア・JR東日本乗り入れ1周年  写真撮影
こんばんわ。

昨日は朝から体調悪く、2時間の休暇を取ってしまいました。一昨日の決算作業がやり直しになってしまったのが精神的にショックだったのでしょう。最近仕事のトラブルがあまり無かったので、余計に精神的に来てしまったかもしれません。

それは置いといて、1時間半近く遅く家を出たのですが、駅で電車を待っていると貨物線を猛スピードで走る列車が。スペーシアでした。そういえば、どなたかのブログを拝見した時に1周年記念のシールが貼ってあるとありました。「もしかしたら新宿で見られるかなぁ〜」と思っていると、京浜東北も埼京線もズバリな接続でスムーズに新宿へ。降りたらいました、さっきのスペーシア。1年も経つというのに、写真を撮ったのは初めてでした。シール付いてましたね。じゃ、記念に撮っておくと致しましょう。


いずれも平成19年4月3日、新宿駅にて
クリックすると元のサイズで表示します
埼京線205系との並び。これも10年後くらいには貴重なシーンとなってしまいますか。

クリックすると元のサイズで表示します
折返し待機中のスペーシア。車内清掃が終わって「どうぞご乗車ください」中。

クリックすると元のサイズで表示します
シール(ステッカーですかね?)のアップ。チョット前までこんな写真はフィルムが勿体無くて撮ることはなかったのですが、デジカメってその点気にしなくていいから便利ですね。


何のことはない、仕事をサボってしまった朝の出来事でした。
0

2007/4/3  12:54

ローカルな風景 第12回 (大糸線の旧型国電)  ローカルな風景
こんばんわ。

昨日の予告どおり、ホンットに仕事が忙しかったです。また今日もキツイんだろうと思うと、休みたいぐらい。でも、そうも言ってられないので、早く仕上げて寝ないと、明日がツライ。

ということで、今日もローカルな風景シリーズの第12回目。大糸線のスカイブルーの旧型国電をお届けいたします。といっても、この路線には旧国時代にはこの1回しか行ったことが無く、それも最末期であったために1日わずか2往復しか運用が無かったと記憶しております。ですので、枚数的にはほんの少々ではあります。ご覧頂いた方々に欲求不満になってもらっても困るのですが、ちょっと今回は我慢してください。(でも、この先この傾向が多くなるかもしれない・・・。)

撮影は、すべて昭和56年7月21日です。
クリックすると元のサイズで表示します
信濃大町駅にて ご存知クモハ40077。数少ないクモハ40のスカイブルー塗装車です。私自身はクモハ40をほとんど見たことが無いので、個人的にも貴重な写真です。


クリックすると元のサイズで表示します
信濃大町駅にて ノーシルノーヘッダーのクモハ60022。個人的にはノーシルノーヘッダーの旧国は好きなのですが、貫通幌枠の無い関東型はあまり好きじゃなく、どちらかというと関西型の方が好みです。


クリックすると元のサイズで表示します
南大町附近(だと思う) サハ57改造のクハ55型。中間車改造であり、引き戸の貫通ドアと助手席窓の窓枠に種車の面影を色濃く残します。横ちょに付いたサボ受けもご愛嬌。模型化にもってこいの題材です。この時は突然のスコールでどうなることかと思いましたが、来る直前に止んでくれました。しかし、お日様は差さず、ごらんのとおり真っ暗でございます。


クモハ43800クモニ83に逢いたかったのですが、時既に遅し、運用から外れてしまっていたか、あるいはもう廃車になっていたらしく、逢うことはできませんでした。
他にも押さえてあった写真もあるのですが、走行写真は編成が同じですし、あとは松本の車庫にゴロゴロ転がっていた休車を車内から撮影したものなどロクなものがありません。そのうちプリントする機会でもあれば、ここに掲載したいと思っております。 
0

2007/4/2  0:02

サクラ満開:中央線201系が行く  写真撮影
こんばんわ。

4月1日(日が変わってしまいましたが)、新年度ですね。学生さんはまだお休みでしょうが、社会人の方は今日が入社式とか執り行われるのでしょうね。私の部署も約半数の職員が異動となり、今日は転入者をお迎えしなければなりません。そして、決算作業が始まりますので、おそらく今週は仕事でグダグダでしょうな。もしかしたら、ブログ更新もおぼつかなくなるかも・・・。

まぁ、その心配は今晩することとして、4月1日にサクラ満開を信じて、中央線の201系を納めておきましょうか、ということで外濠(市ヶ谷〜飯田橋)へ出掛けてきました。
でも、通勤型の撮影をするために出掛けるようになったのは、ここ3年くらいの話で、103系の撤退がきっかけなんです。そして、この区間も撮影のために訪れるのは初めてなんですね。自分でも、随分心境が変わったものだなぁと思います。

特に解説はございません。自分の技量・センスでは芸術的には撮れませんが、春をお楽しみいただければ幸いです。(特に、開花していない地方の方にお楽しみいただきたいですね。)

撮影は、すべて平成19年4月1日、中央本線 市ヶ谷〜飯田橋間にて
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


そして本日のベストショットです。※自分の勝手な評価ですが・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

画像が大きくなりませんので、別の掲示板を借りて貼ってみました。
これで、画面いっぱいくらいの大きさで見られると思います。是非お試しください。

http://2ch.hazukicchi.net/imageboard/img/img20070401233459.jpg


動作環境(セキュリティー設定)により見られない方もいらっしゃるかもしれませんが、その際はご勘弁願います。
0

2007/4/1  1:50

ローカルな風景 第11回 (岩手開発鉄道)  ローカルな風景
こんばんわ。

昨日は、鉄コレ・トラコレに明け暮れてしまい、整理しているだけで1日が終わってしまったような気がします。こうしている間にも、鹿島鉄道とくりはら田園鉄道は廃止されてしまったんですね。本当に長い間ご苦労様でした、そして、最後に活動の機会を与えてくれてありがとうと言いたいです。


今日はローカルな風景の第11回目として、「岩手開発鉄道」をご紹介したいと思います。こちらは元々貨物営業が主体の路線で、旅客営業は残念ながら廃止となりましたが、貨物専用鉄道としてはまだバリバリの路線です。
同鉄道は私にとって全くなじみの無い地域・路線だったのですが、旅客営業の廃止とあわせて当時でも貴重な車輌に着目し、北上線経由となった20系「おが」と併せて撮影に行って参りました。
全く土地勘の無い場所ですし、旅客列車の本数も少ないため、撮影には多大な時間を要しました。しかし、ここまで来て待てないで帰ってしまうのは勿体無かったので、昼寝で時間を潰しつつ、夕方の1本を待ちました。


全て平成3年9月22日撮影です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
盛駅にて (上) キハ202 (下) キハ301

まずは車輌の様子を見に盛駅へ。2輌在籍する気動車のうち、キハ202は現役のようでしたが、キハ301は既に廃車になっているかのように朽ち始めていました。ちなみにキハ301は、元夕張鉄道にいた国鉄キハ07タイプの車輌で、確か元は3扉で、後から2扉への改造が実施された車輌だと記憶しております。


クリックすると元のサイズで表示します
長安寺〜猪川にて 貨物列車

待っている間に貨物は結構通りました。しかし、貨物は時刻が分からなかったので、結局この1本しか撮影できませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
長安寺〜猪川にて キハ202単行の最終列車

やはり、運用に入ったのはキハ202でした。この車輌は、あまりカッコ良くないんですよね。

とにかく、この手のローカル線は、時間が掛かった割りに成果を得るのが難しいんですよね。同じローカル線でも、鹿島鉄道なんか逆に場所移動が忙しくて、昼食もゆっくり摂ることができませんでしたから。
特に残念だったのは、一番走行写真を撮りたかったキハ301は休車または廃車状態で動いてくれなかったことですね。それでも、最終日には同車を走らせたということですので、彼を復活させてくれた企業の姿勢は賞賛に値すると思います。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ