鉄道コム

2007/4/9  0:03

ローカルな風景 第14回 (銚子電鉄:デハ301・501)  ローカルな風景
こんばんわ。

20系とバスばかりでゲップが出そうな方も多いのではないか・・・と思って、久しぶりの電車ネタです。

ローカルな風景の第14回目として銚子電鉄をお届けいたします。
といいましても、銚子電鉄の写真を撮りに行ったことは今もってないのですが、ミステリー列車を追跡して行ったら銚子駅についてしまい、そのミステリー列車の写真を撮っていたら銚子電鉄の車輌が横切ったので写真を撮っただけのことなのです。

ですので、銚子電鉄の駅などの「ローカルな風景」的要素は何もありませんが、車輌に着目していただき、このカテゴリーとさせていただきます。

撮影は、昭和55年5月5日いずれも銚子駅にて。
クリックすると元のサイズで表示します
デハ301+501のコンビ

クリックすると元のサイズで表示します
デハ501にズームアップ

銚子電鉄には興味がありながらも、気が付いた頃には旧型車の運行がなくなってしまい、訪れる機会を逸してしまいました。その間、この写真を撮ったことすら気にもしていなかったのですが、トミーテックの鉄道コレクションでズバリ同車が発売されたことを期に思い出し、「まさかあの時撮った写真てこの型式だっけ?」と思いつつスライドを確認すると、模型そのままの編成が写っていたのでビックリしてしまいました。しかも、デハ301パンタグラフではなくヒューゲルの姿で写っていたのでなおビックリ!気が付かなかった・・・。

その後もスライドのまま眠っておりましたが、今年このブログを始めたことをきっかけに、死蔵しているスライドやネガから何とか生き返らそうと、数々の写真をプリントしている次第です。そして、約27年振りにやっとこの両車に陽が当たりました。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ