鉄道コム

2007/4/20  22:50

ローカルな風景 第16回 (島原鉄道)  ローカルな風景
こんばんわ。

今日は1枚物になりますが、ローカルな風景の第16回目として「島原鉄道」をお送りいたします。

私が国鉄職員時代、入社6ヶ月経ってやっと全国パス(年2回まで使用可)を手に入れる資格ができたのですが、なんと、約2ヵ月後のダイヤ改正(57・11)とあわせて制度が見直しされ、全国パスの交付が廃止になってしまうことになりました。国鉄に入社したことの大きな目的の一つが、あっさり奪われてしまうことに。
未だ入社半年後のことでしたので、先輩方に遠慮して有給休暇など取りづらかったときですが、先輩方もその気の毒さに同情してか、旅行のための休暇を快く承諾していただきました。(交代制勤務なので、長期休暇の取得は難しいのです。)そして、1ヶ月先輩と結託して、九州旅行に出掛けていくことになりました。

前置きが長くなりましたが、九州を1週する行程の中の1つである「島原鉄道」に乗ったときに撮った写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年11月26日 諫早駅にて

島原鉄道に在籍したディーゼル機関車と国鉄キハ55タイプの気動車です。ディーゼル機関車は、確か3両が在籍していたかと思います。そして、キハ55タイプの気動車は、かつて国鉄の気動車列車に併結され、乗り入れていました。

この時は、長崎市内を早朝から観光し、その後島原鉄道の島原外港駅まで乗り、天草五橋を渡って国鉄三角線へ抜け、熊本に宿泊するという結構な強行スケジュールでした。一緒に同行した先輩が鉄ではなかったので、あまり鉄道写真の撮影に付き合わせるわけにも行かず、撮った写真がこの1枚だけということに。

「島原鉄道」の一部区間が廃止になるとか。鹿島鉄道、くりはら田園鉄道もとうとう廃止となり、茨城交通も廃止に憂き目にあっています。全国的にローカルの存続が難しいようですが、いま車を運転できる世代の方が歳をとったとき、少子化で運転人口が減ることも予想されます。本当に廃止してしまって良いのでしょうかねぇ。
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ