鉄道コム

2007/5/19  1:50

国鉄101系1000番台 (武蔵野線)  その他電車
こんばんわ。

1週間丸々東武鉄道が続きましたので、久しぶりに国鉄電車をお届けいたします。

今日は、武蔵野線の専用車輌とも言える、101系1000番台です。

101系1000番台は、昭和47年の武蔵野線開業にあたり、騒音防止のために「新秋津〜新小平〜西国分寺」間に設けられた長大な隧道(トンネル)を走らせるため、列車火災防止のための難燃化対策を施した車輌です。総武の快速線を走っていた113系1000番台と同じ理屈であります。首都圏を走る101系の中では特異たる存在のため、武蔵野線の専用車輌ということができると思います。

開業以来、その特殊性から長らく同系が頑張っておりましたが、寄る年並みには勝てず、103系や青梅・五日市線との共通運用の201系に後を譲り、引退しています。

当時、あまり通勤型の写真は撮っていなかったので、残っている写真はほんのわずかですが、今日はその中から2枚をアップいたします。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年5月 武蔵野線 府中本町駅にて 

セミ判(6×4.5)の試運転のとき、南武線の撮影の帰り道に撮ったものです。そろそろ101系の存在が貴重になっていた頃なので、駅撮りではありますが取り敢えず撮っておいたのだと思います。セミ判でもあり2L判のプリントでも非常にシャープに写っていますので、返ってくたびれた前面の外板の状態がハッキリと写ってしまい、痛々しく感じます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和60年4月14日 武蔵野線 南流山駅にて

昭和60年につくばで開催された、科学技術博覧会の開催記念運転で運行される快速「奥久慈」号に使用されるC56160の回送を撮りに行ったときに撮影したものです。ある意味暇つぶしで撮ったようなものですが、武蔵野線の写真もほとんど撮ったことがありませんでしたので、貴重な写真になってしまいました。


武蔵野線が開業した当初(府中本町〜新松戸間)、電車が空いていたので良く往復して遊んでいました。今でこそ8分おき程度に運行されておりますが、開業当初は1時間20分も間隔の開く時間もあり、行った先からなかなか帰ってこれなくなることもありました。今となっては遠い思い出になってしまいました。
1

2007/5/18  2:53

東武鉄道 快速「たびじ」  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

今日も危なく22時前に寝てしまい、女房に起こされました。風呂に入る前にアップしています。予てから予告しておりました東武快速「たびじ」をアップいたします。

タイトルから「5700系」を外したのは、この撮影の日に偶然にももう1本の8000系「たびじ」を撮影していたためです。せっかくですので一緒にご覧いただきたいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年6月6日 栃木駅停車中の5700系快速「たびじ」

これが、今まで快速「だいや」だと思っていた5700系の正体です。この写真は新栃木駅と思ったのですが、どうも線形から見て栃木駅のようです。この時、新大平下〜新栃木まで2駅間歩いたようです。

クリックすると元のサイズで表示します
生写真ではL判プリントでもハッキリ判るのですが、スキャニング画像+投稿の際の圧縮で画質が落ちてしまいますので、切り取って圧縮なしでアップしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年6月6日 新大平下〜新栃木間にて 8000系快速「たびじ」

こちちらは、8000系使用の「たびじ」です。被写体ブレをしてしまい、絵的には良くないのですが、今となってしまっては貴重な資料ですので、5700系と比較のためにもアップいたしました。なんとなくですが、ヘッドマークの作りが少し違うような気がします。(字体や字の大きさが明らかに違うように見えるのですが・・・。)


東武鉄道ネタが1週間も続いてしまいましたので、あと2回分くらいあるのですが一旦休止いたします。少し時間をおいてから、また再開したいと思います。
0

2007/5/17  7:18

東武鉄道 荷物電車  列車・車輌カタログ(私鉄)
おはようございます。

昨夜は更新せずに寝てしまいましたので、取り急ぎアップしておきます。
今日は、東武鉄道の荷物電車篇です。

といいましても、特に荷物電車を追っかけていたわけではございませんでしたので、枚数的にはございません。偶然に撮ることができただけという感じです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年6月6日 春日部電車区にて 留置中の配給電車

電車区へ写真を撮りに行った際、偶然見つけました。休車中なのか廃車済みなのか、全く分かりません。回りに停まっている自動車たちも、時代を感じさせますね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年6月6日 新大平下〜新栃木間にて 荷物電車

この撮影のときは、特にダイヤを調べていったわけではありませんので、この荷電が走っていることは知りませんでした。突然背後から襲われたので、後追い撮影になっています。この頃、旧型国電に目覚め始めた頃なので、同車を撮影したとき非常にラッキーと思った記憶があります。


東武鉄道は、特急・急行は勿論、荷物や貨物もあり、バラエティー豊かな鉄道でした。もう少し多く撮影しておけばよかったのですが、全国の旧型国電の終焉とともに、蒸気機関車にのめり込んでいくことになり、ほとんど撮影には訪れていませんでした。
0

2007/5/16  11:15

東武鉄道 5700系(その2)  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

今日も東武ネタの続きです。引退を間近にし、最後の活躍をしていた頃の5700系をアップいたします。

前々回訂正をさせていただいた5700系快速「たびじ」につきましては、現像が上がって何とか判別ができそうなので、加工が終了いたしましたらアップする予定でおります。もう少しお待ちください。


東武の新しい特急型「スペーシア」が登場し、これと交代に1720系DRCがいよいよ引退、合わせて5700系もお役御免となることになりました。最後のチャンスとなりますので、当時東武鉄道に勤務する高校時代の同級生から情報を得て、最後の雄姿を収めるべく撮影に出掛けました。

クリックすると元のサイズで表示します
平成3年5月4日 快速 東武日光行き

この時は2日間撮影に出掛けたのですが、「快速」のサボを付けていたのはこの列車だけでした。私は5700系が特急運用に就いていた時代は知りませんので、むしろこの「快速」のサボが付いている同系は大変似合っている思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
平成3年5月6日 快速

残念ながらこちらの列車は標記類が何もありません。それでも、5700系を捉えた貴重な最後のショットとなりました。

5700系は、最期は地味な活躍となってしまいましたが、東武の旧型電車のスタイルを伝える最期の車輌でありました。また、その東武伝統の特急色を引退まで変えなかったのは、東武鉄道社員の誇りでもあったからなのではないでしょうか。

5700系「たびじ」は、次々回の最終回「快速たびじ」でお届けする予定です。
0

2007/5/15  11:05

東武鉄道 7800系(その1)  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

また今日も東武ネタです。
優等列車が続いていましたので、今日は普通電車にいたしましょう。

東武の旧型電車は、3000系列や5000系列など車体更新された車輌が比較的最近まで見られましたが、昭和50年代後半でも車体更新をされない旧型車が走っていました。
しかし、本数的にはかなり減ってきてはいましたので、あまり数多く撮影することはできませんでしたが、昭和56年の撮影で何本か撮影することができましたのでアップしたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年6月6日 新大平下〜新栃木間にて 7800系 準急

写真は7800系準急列車で、「準急」の種別サボが付いています。行先札も時代を感じさせますね。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年6月6日 新大平下〜新栃木間にて 7800系 普通

こちらは普通列車。国鉄で言うとクモハ42の4扉改造車「クモハ31」に似たイメージです。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年6月6日 春日部電車区にて 7800系 モハ7865(事故復旧車)

モハ7865は、踏切事故により破損した前面を、復旧に際して高運転台化された車輌。他の7800系では見られないスタイルで、同系随一の異端児でした。
隣に停まっているのは3000系た〜くさん。このときは珍しくなかったので撮っていませんでしたが、あ〜ぁ失敗したぁ。

7800系は、東武鉄道戦後初の新製電車ということです。ベースは、国鉄63型改造の7300系であり、外観は酷似しています。

これもつづく・・・
15

2007/5/14  21:54

東武鉄道 5700系(その1):記事訂正について  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

昨夜、東武鉄道5700系(その1)の記事アップ後に古いネガを見ながらネタ探しをしていたのですが、

昭和56年6月6日 新大平下〜新栃木間にて 5700系 快速急行「だいや」

を撮影後に移動したところ、新栃木駅に停車中の同列車を望遠レンズで覗き見ることができ、写真に撮ってありました。
如何せんタダ撮っただけの構図の悪い写真でしたので現像もしていなかったのですが、今日ヨドバシカメラ備え付けのルーペで確認したところ、ヘッドマークに「たびじ」の文字が写りました。

こちらの写真はカラーネガで、どれほど再現できるのかわかりませんが、取り敢えずプリントを依頼しておきましたので、おって(その2)のときにでもアップしようと思います。

ということですので、

昭和56年6月6日 新大平下〜新栃木間にて 5700系 快速急行「たびじ」

に訂正させていただきますので、既にご覧頂いた皆様、よろしくお願いいたします。
0

2007/5/14  11:23

東武鉄道 5700系(その1)  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

このところ東武鉄道ネタが続いておりますが、勢いのあるうちにちょっと続けさせていただこうと思います。
今日は、5700系です。

5700系は、昭和26年に製造された、戦後国鉄との「日光旅客争奪戦」の切り札として登場したロマンスカーです。しかし、国鉄が日光線の電化を期に157系の豪華準急を投入すると、釣り掛け式の旧性能と相まって、冷房装置を持たない同系は見劣りがするようになり、先にご紹介したDRC1700・1720系が登場することになります。
DRCの登場により一線を退いた形となった5700系ですが、その後も快速急行や臨時快速、そして団体輸送やDRCのピンチヒッターとして長らく活躍することになります。

今日ご紹介する写真は、昭和56年撮影のものです。この時点で登場から既に30年を迎えておりますが、当時でも抜群の存在感がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年6月6日 春日部電車区にて 休憩中の5700系

初めて出逢った5700系。パンタグラフを上げていなかったのでちょっとガッカリ。
折りしも、全国のローカル線から旧型国電が消え去ろうとしている時期で、鉄の間では旧国・釣り掛けブームと言える頃でした。この5700系も廃車の噂がチラホラ聞かれており、東武沿線住民の同級生に案内してもらい、撮影に出掛けました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年6月6日 新大平下〜新栃木間にて 5700系 快速急行「だいや」

駅間を徒歩で撮影していると、突然5700系が現れ、慌てて撮影しました。ヘッドマークも付いており、近くで撮影したかったのですが、かなり線路から離れている道路を歩いていたため、この構図が精一杯でした。


当時は、ダイヤ情報誌でもこの手の列車ダイヤの公表がなかったため、高校生であった私たちには情報入手は困難でした。現在では、インターネットでダイヤや撮影地の情報が手軽に入手できますので、時代が随分変わったなぁと思います。

東武ネタ、まだまだ続きます。
0

2007/5/13  1:31

東武鉄道 6000系  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

今日は昨日の東武DRCを受けて快速用6000系をアップいたします。

東武6000系は、有料の快速急行と料金不要の快速用として製造されました。
指定席車として使用される関係か、車内は運転室直後と連結部の戸袋部分を除き、オールクロスシートとなっています。塗装は、古くから東武鉄道の優等列車の色使いを踏襲しており、通勤時の快速としても使用されましたが、他の通勤車とは一線を画した雰囲気を持っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年6月6日 新大平下〜新栃木間にて 6000系快速急行

種別表示が「快速急行」となっており、編成も4両ですので「だいや」のはずですが、何故か通常は取り付けているヘッドマークがありません。良く見るとヘッドマークステーが撤去されているような感じがします。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年6月6日 新大平下〜新栃木間にて 6000系快速

こちらは、料金不要の快速電車。運行形態は現在と同様で、鬼怒川行き4連と日光行き2連の計6両で本線を走りました。

クリックすると元のサイズで表示します
6000系快速急行 「だいや」

これはおそらくですが、昭和48年か49年くらいだと思います。初めは春日部で撮ったのかと思いましたが、良く見ると高架線ですし、良く分からなくなってしまいました。この写真のネガも見当たりませんし、今となっては何の時に何でここにいたのかもわからない始末。しかし、「だいや」のヘッドマークを付けた6000系の写真はこれだけですので、私にとっては貴重な写真です。


その後、国鉄を含め鉄道各線では、通勤車でも冷房を搭載しているのが当たり前の風潮となってきており、急行用ながら車輌構造の関係でそのまま冷房改造できない同車は、アコモ改造と併せて冷房化されることになり、改造後は6050系と型式名が変わりました。
4

2007/5/12  10:13

東武鉄道 DRC 1700・1720系 「きぬ」  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんにちわ。

今回は、東武鉄道から1700・1720系DRC「きぬ」をお届けいたします。

私自身はDRCに乗ったことがないのですが、数ある私鉄特急の中でも、如何にも国鉄ボンネット車を意識したようなスタイルでした。しかも、決して流美とは言えないボディと豪華さを感じさせる塗装が大変マッチしていて、個人的には好きな車輌でした。

クリックすると元のサイズで表示します
平成3年5月14日 撮影場所不詳 

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年6月6日 新大平下〜新栃木

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年6月6日 新大平下〜新栃木

1番上の写真は、既に晩年の頃となっており、運転席上に増設されたクーラーが乗っているのが判ります。その点、下の写真は手が加わっていないオリジナルの姿であることも判別できますね。(真ん中はの写真は、若干形状が違うようですが、増設クーラーでしょうか?)
同車は、マイクロ社からNゲージで製品化されましたが、以前はキットでも数万円出さないと手に入らない代物でした。同車の製品でも、このオリジナルと更新後のクーラー増設を作り分けるという力の入れようです。今は亡き車輌ですので、このように製品化されるのはうれしいことですね。


東武鉄道に関しては、数量的に1度ではアップしきれませんので、型式ごとに何回かに分けてアップしたいと思っています。
0

2007/5/11  22:43

画像アップ500枚記念をEH500で  国鉄・JR機関車(交流・交直両用型)
こんばんわ。

ブログを初めて3ヶ月余り。アップした画像が相当溜まったようなのでブログの登録画像を数えたところ、昨日の南武線の写真が499枚目でした。

ということですので、せっかくのキリ番を「500」に関連した画像でアップしようと思ったのですが、500系「のぞみ」の写真は撮ったことがありませんし、500番台は数々あれど、ズバリ「500」というのがなかなか思い浮かびませんでした。
そして、昨夜風呂に入っているとき、ふと「そういえば1回だけEH500を撮ったな・・・」と思い出し探したところ、何とか見つかりましたので記念にアップいたします。

クリックすると元のサイズで表示します
平成14年8月11日 東北本線 蓮田〜東大宮間 EH500-2


この「EH500」という車輌は、「EH10」以来の2両連結仕様のカマで、新車に興味を持たない私でも、大変注目いたしました。しかも、数次にわたって製造されるごとに形態や塗装が変わるため、両数がまだ多くない割には非常にバリエーションが豊かであり、さらに興味を増します。
新型車が出ると旧型車を追い遣ってしまうため、恨まれる存在になりがちですが、皆そうやっていずれ旧型車輌となり、歴史を刻んで行くんですよね。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ