鉄道コム

2007/5/11  2:13

国鉄73系(南武線)  旧型国電
こんばんわ。

3日続きになりますが、今日も南武線をお届けいたします。おそらく、南武線シリーズも今回が最終回になると思います。(浜川崎支線は別になりますが。)

南武線には何回か行ったことはあるのですが、通しで旧型国電に乗った記憶は2回だけのような気がします。1回目は、おそらく中学生になったばかりの頃、川崎から立川まで通しで乗った記憶があります。その頃は、川崎より途中の稲城長沼まで6両編成で、ここで2両を解放し、以北を4両編成で終点立川まで行っていました。今から考えると、増結されていた車輌は、どうもクモハ11+クハ16だったのではないかと思います。(その頃は旧国にあまり詳しくなかったのですが、丸屋根だった記憶があります。)

2回目は、下の写真になりますが、青梅線から鶴見線の撮影に移動する際に、反対に立川から川崎まで乗車しています。

2枚とも同じ写真で恐縮ですが、字幕式のサボなので、2枚並べることで南武線であることが判ると思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年2月19日 立川駅にて(2枚とも)

南武線へは、2回の通し乗車以外にもED16の写真を撮るため、昭和51年頃に数回西国立へ行っているはずですが、当時はまだ73系は終盤である意識があるほど珍しくありませんでした。今になって思えば、クモハ11やクハ16も走っていたことを考えると、もっと撮っておけばよかったと後悔しています。
0

2007/5/10  7:20

101系(南武線)  その他電車
おはようございます。

昨夜は更新準備をしないで寝てしまいましたので、取り急ぎアップいたします。

今日は、昨日の103系に続き南武線の101系をご紹介いたします。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年5月 撮影場所不明 101系南武線

セミ判(6×4.5判)の試運転のときに撮影したものです。撮影場所は全く覚えていませんが、小田急線の登戸附近で撮影をしていますので、これも登戸附近ではないかと思われます。それにしても、のどかな風景ですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年11月2日 尻手駅にて 101系混色編成

昭和55年ですと、新性能化が完了してからまだ間がない頃だと思います。総武線や中央線からの転属車で賄っていますので、このような混色編成もよく見られたようです。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年11月2日 101系 ドラえもん号

上の写真と同日ですが、「ドラえもん号」としてヘッドマーク付きで運転されました。
撮影場所を覚えていないのですが、電留線があることから稲城長沼か武蔵中原ではないかと思います。
運転の経緯等につきましては、同時に記念切符が発売されておりそこに記述されていますので、帰宅後にアップしておきたいと思います。
0

2007/5/9  1:12

103系(南武線)  その他電車
こんばんわ。

今日は、南武線の103系晩年の写真をアップいたします。


撮影は、すべて平成14年5月5日です。
クリックすると元のサイズで表示します
尻手駅にて

クリックすると元のサイズで表示します
武蔵新城駅にて

クリックすると元のサイズで表示します
武蔵中原駅にて

それまでは、わざわざ103系の写真を撮り歩くことなど考えられなかったのですが、山手線の205系転出が始まるといよいよ103系廃止の危機感が増し、慌ててあちらこちらの103系を撮りまくりました。総武線の103系廃止の際は一切写真を撮ることはしなかったので、赤羽線の撮影以来、鶴見線とこの南武線は最後の黄色い103系となりました。鶴見線、浜川崎支線と掛け持ちの撮影だったので、走行写真など撮る時間的な余裕がなく、駅撮りが精一杯でした。もう5年も経つのですね。
0

2007/5/8  6:45

名古屋鉄道:キハ8200「北アルプス」  列車・車輌カタログ(私鉄)
おはようございます。

今日は1点ものですが、名古屋鉄道のキハ8200「北アルプス」をご紹介いたします。

急行時代からこの列車に興味はあったのですが、高山本線自体を訪れる機会は全くなく、同系がなくなるときにどうしても撮りたくなってしまい、やっと撮ったのがこの1枚です。既に高山本線を走る特急「ひだ」はキハ85化されており、これに併結可能な新型気動車への置き換えが決まっておりました。

クリックすると元のサイズで表示します
平成3年2月11日 下油井〜白川口間にて キハ8200 特急「北アルプス」


有名な犬山橋など数々の名所でも撮りたかったのですが、この頃は完全にSLにハマっていた頃でしたので、特急列車自体の写真もあまり撮っていない時期でした。自分的には、この1枚が撮れていただけでもラッキーだったいえる思い出の1枚です。
0

2007/5/7  14:25

C623 (復活したマンモス機:続々編)  蒸気機関車
こんばんわ。

GWもとうとう終わってしまいました。もうしばらくは趣味に集中できる時はなくなってしまいます。夏休みがあればいいのですが、我社は期間中取得制なので、セクションによってはまとめて取る事は難しいのです。私もそのセクションで、1週間続けてなんて考えられないんです。なので、また細々と記録整理をしながら、このブログに力を注いで参りたいと思います。

このところ、電車やバスネタばかり続きましたので、久しぶりにSLをアップいたします。

今日は、平成元年版のC623をお届けいたします。

クリックすると元のサイズで表示します
平成元年7月1日 銀山〜小沢間にて

爽快な青空。逆光が残念。

クリックすると元のサイズで表示します
平成元年7月2日 塩谷〜小樽間にて

オタモイ峠のサミットにて。トンネル上だったので、シャッターを切る直前に絶気。

クリックすると元のサイズで表示します
平成元年7月3日 塩谷〜蘭島間にて

函館山線で唯一海の見えたスポット。煙が出ないのであまり人が訪れた気配がなく、2mを超えるような想像を絶する雑草に往く手を阻まれ、やっとの思いで撮影。
てんとう虫ほどもありそうな巨大なダニを、気付かず本州まで喰われたまま持ち帰ったという逸話が残る撮影地。

平成2年版につづく。(いつになるかわかりません。)
0

2007/5/6  18:05

無料送迎バス:いすゞキュービック、三菱エアロスター  バスの写真館
つづきです。

「しながわ水族館」は、大井町駅から無料送迎バスが出ています。ホームから見えた送迎バスは、専用塗装のようないすゞエルガに見えたのですが、なんと、乗り損なって次に来たバスは東急バスのいすゞキュービック車でした。

クリックすると元のサイズで表示します
大井町駅 送迎バス乗り場にて 「いすゞキュービック」

クリックすると元のサイズで表示します
しながわ水族館 送迎バス乗り場にて 「いすゞキュービック」

東急のいすゞキュービックの実物を見たのは初めてでした。東急バスの写真を計画を組んで撮りに行ったことはなかったのですが、渋谷辺りでは見たことはありません。どの程度貴重な車かはわかりませんが、形態からして初期のキュービック(94、95年式くらい)ではないかと思われます。
運賃箱も撤去されていますので、一般路線バスとして使用することもできません。おそらく、ここの専属契約の仕様ではないかと思われます。

しながわ水族館の停留所の奥に回転スペースがあるのですが、ジュースを買おうと自販機に近寄った際、京浜急行バスを発見しました。生垣越しだったのですが、どうもツーステップ車に見えます。敢えて回り込んで覗きに行きますと、なんと、三菱のエアロスターでした。

クリックすると元のサイズで表示します
しながわ水族館 送迎バス回転所にて 「三菱エアロスター MP217」

ネットで調べたところ、この車は「MP217」ということで、まだ数両が活躍しているようです。ヘッドライト周りがブラックの一体型となっており、一般のMP217・218とは雰囲気を異にしています。こちらは、PASMOの表示があることから、一般路線に使用可能な車と思われます。また、行先表示類も電光型に整備されておりますので、もう少し頑張れる車かもしれません。

今回の子供の日、別にバスの撮影に行ったわけではなかったのですが、短時間の間に貴重な旧型車種を複数社・複数種にわたって撮ることができたので、非常にラッキーな一日でありました。
0

2007/5/6  10:37

京浜急行バス:いすゞキュービック、三菱エアロスター  バスの写真館
こんにちわ。

昨日の謎の行動について、ご報告いたします。

常連さんにはお分りだと思いますが、バスネタでございます。過去、大井町駅には何度か行ったことがあるのですが、バスの写真を撮るようになってからは初めてとなります。考えてみれば、ここ何年か「ポケモンスタンプラリー」で毎年1度は来ているわけですが、スタンプラリー中は駅前に出てバスの写真を撮っている余裕などありませんから、全く初めて来たような気持ちです。東急大井町線があるわけですから、当然東急バスがいるのではと、30分の待ち時間を利用してバスの居所を探りました。

すると、私の横を通り過ぎて行ったのは、京浜急行バスのいすゞキュービックでした。そして、ロータリーまで追いかけます。

このページは、すべて平成19年5月5日に撮影したものです。
クリックすると元のサイズで表示します
大井町駅ロータリー 京浜急行バス いすゞキュービック

クリックすると元のサイズで表示します
同キュービックの側面 

いきなり京急のキュービックに逢えるとは思いませんでした。しかも、中ドアの構造に驚きです。都心でこのようなスタイルは見たことがありませんでしたので。インターネットで検索してみたところ、この地域では結構あるようですが・・・。

そして、その横に見知らぬ塗装のバスが。でも、「京浜急行」と書いてあるので近寄ってみると、なんと三菱のエアロスターじゃないですか。このエアロスターも大好きな型ですので、取り敢えずパチリ。しかし、何となく様子が変なことに気が付きました。座席が観光型然としていたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
大井町駅ロータリー 京浜急行バス 三菱エアロスター ワンロマ車

クリックすると元のサイズで表示します
右側面から

クリックすると元のサイズで表示します
後部からの状態

車体の右サイドから見ると完全に観光バスのようですが、反対側にはちゃんと中ドアが付いています。いわゆる「ワンロマ車」というヤツですね。「船の科学館」行きでしたので送迎専用バスかと思ったのですが、運賃前払いで路線番号もありましたので、一般路線バスのようです。

わずかの時間でしたが、自分の好きなバスを2種類も撮れたのは非常にラッキーでした。特に、三菱エアロスターは「ワンロマ車」でしたので、毎日運行されているのか偶然運用されていたのかわかりませんが、非常に感動モノでした。

つづく
1

2007/5/6  1:15

しながわ水族館へ  鉄道以外の写真ネタ
こんばんわ。

今日は妻子を連れ立って、品川区にある「しながわ水族館」に行って参りました。
「日光83号」を撮影してからですので、かなり遅い出発です。

京浜東北線の快速に乗って、一路「大井町」へ。なぜ大井町かというと、ただ単に「無料送迎バス」があったから。そして、そのバスに何が使用されているのか興味があったので。
大井町のホームで、送迎バスのありそうな出口を探すのに迷っていると、ホームからちょうど停まっているバスが見えました。そちらの出口へ急ぎ、時計を見てみるといやな予感。12時30分ジャスト。バス停についた時には姿はなく、次のバスまで30分も待つハメに。(しかし、この間私は謎の行動に・・・。)

なんとか30分待ち、バスに乗ることができました。さすがGW、積み残しが出るほどすし詰めの状況。ここがこんなに人気があるとは思いもよりませんでした。品川駅前に、エプソンの大層立派な水族館というかテーマパークができたので、そちらの方が人気があって、こちらの水族館は空いていると思ったのですが、甘かった。

ま、公園内、水族館内、レストランといずれも混んではいましたが、「江ノ島水族館」以来、久しぶりにイルカショーを見ることができましたので、満足いたしました。

レストランは、内容の割にはチョット高いな。ボリュームもイマイチだし。区立公園内で自由が利くので、ピクニック気分でお弁当を持っていったほうが良いかも。

そして、帰りはまたすし詰め状態の送迎バスに。帰りは座れませんでした。

お土産にしては少ないですが、イルカちゃんとムスメちゃんの写真をアップしておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
水槽のトンネルで。「エイ」が通るのを待っていたのですが、なかなか通ってくれません。娘にはサングラスをかけさせました。

クリックすると元のサイズで表示します
GW中は1時間おきにショーをやってくれるので助かります。ショーのハイライト、イルカの大ジャンプ。凄い迫力です。しかし、デジカメのタイムラグはかなり手強く、非常に難しいですね。(電車やバスばっか撮っているからでしょ。)

クリックすると元のサイズで表示します
ショーの最後は、トリプルアクスル?ミキティーや真央よりこちらのほうが凄い迫力??


「謎の行動篇」は次回に続きます。
0

2007/5/5  20:05

GW臨のリベンジ篇。。。(183系彩野「日光83号」)  写真撮影
こんばんわ。

今日はこどもの日。連休中に1日は娘を何処かに連れて行かなければならないので、今日は「しながわ水族館」に朝からお出掛け・・・。

のはずだったのですが、3人して寝坊!!起きたら9時を回っていました。

という状況の中で「チャンス!」と思ったのが、昨日移動中に併走するハメとなってしまった「日光83号」のリベンジができそうな時間であったこと。

昨日撮影した「フェアーウェイ」と同じ場所を選択したのですが、時間帯が違うのでビームの影がカブる心配は無さそう。あとはスピードの違い。ゆっくり来てくれれば逆光でも前を撮影して後部も、スピードが乗っていれば前は捨てて後追い勝負。結果は・・・

クリックすると元のサイズで表示します
東北貨物線(湘南新宿ライン) 西川口〜蕨間にて 183系彩野編成「日光83号」

いやはや、昨日の「フェアーウェイ」と打って変わって、すんごい恐ろしいスピードで迫ってきました。「前は捨てた」なんて思っている間もなく、構図をあわせる暇がないほどのスピードでした。オマケに対向の湘南新宿ラインはカブって来るし。

しかしまぁ、ピーカンであったお陰でシャッタースピードは1/640も切れてくれたので、ほとんどブレなしで良く映ってくれました。湘南新宿ラインで窮屈にはなってしまいましたが。ま、良しとしましょうか。
0

2007/5/5  11:45

東武鉄道1800系「りょうもう」  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

昨日、1819Fの写真を撮りに行きご紹介させていただきましたので、レアな話題として、東武1800系「りょうもう」をご紹介したいと思います。

過去、何度が東武鉄道の写真を撮りに行ったことはあるのですが、伊勢崎線は1度も行ったことがありませんでした。1800系が車体更新により引退するという話題が挙がったとき、「りょうもう」は押さえておかなければと思い、初めて撮影に行った次第。
いつも「最後に」といった動きが多いのですが、元々国鉄の、しかもSLや旧型電機、旧国といったものに固執しておりましたので、私鉄車輌という意味では自分なりにやむを得ない事情がありました。

写真は、すべて平成2年6月24日、加須〜羽生間で撮影しています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このときの写真は、プリント現像の仕上がりがおかしかったので、スキャニング後にカラーバランスを補正いたしました。また、4枚目の写真は、原版が6×6判になります。

昨日の撮影でもそうでしたが、この車輌は逆光によって写真映りが非常に変わってしまうので、なかなか難しいカラーリングなんだと痛感いたしました。しかし、もう取り直しが利きませんので、あきらめるしかありません。今はデジカメでその場での確認ができ、非常に便利になりましたが、この時代では仕方がなかったのですね。この10年くらいの進歩には本当に驚かされます。

東武鉄道は、DRCや5700系、7800系など旧型車輌の写真も若干ではありますが手元にありますので、またの機会を捉えてアップしたいと思います。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ