鉄道コム

2007/5/20  1:23

485系「やまびこ」(さよなら「やまびこ」)  特急型電車(交直流・交流)
今日は、私にとって思い出深い撮影記録のひとつ、485系「やまびこ」の最期の力走をお届けいたします。

特急としての「やまびこ」は、上野〜秋田・盛岡間に走った「つばさ」が原型となります。東北本線電化の伸長に伴い、上野〜盛岡間の特急を電車化し、ここに483系の特急「やまびこ」が誕生いたしました。

当初はオール483系で、勿論先頭車はボンネットスタイルでしたが、北陸特急「雷鳥」で見られた赤スカートとはならず、クリーム1色のスカートでした。
間もなく、東北本線の電化は青森まで到達し、583系の登場とともにこの「やまびこ」や一部の「いなほ」「ひばり」といった特急たちと「青森運転所」車として共通運用を組むことになり、比較的早いうちに「やまびこ」ボンネット車は姿を消しています。

電車化以来、長きにわたり「盛岡特急」として走り続けてきた「やまびこ」ですが、東北新幹線の開業に伴い、その名称を譲るとともに、発展的解消をもって廃止となりました。

以下の写真は、最終日と最終日前日に最期の「やまびこ」の雄姿を収めるため、撮影に出掛けたときのものです。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年6月21日 東北本線 貝田〜越河間にて

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年6月21日 東北本線 貝田〜越河間にて

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年6月21日 東北本線 貝田〜越河間にて

撮影1日目である21日は、藤田駅附近でED71を撮影し、そこから貝田へ移動、次の越河まで歩きながら1日掛けてたっぷり撮影しました。2日目である「やまびこ」の最終日は、南福島〜金谷川までやはり徒歩で移動しながら撮影したのですが、地形が非常に悪く足場がなかったため、時間をかけた割にはあまり撮影ができませんでした。ネガを見ても、「やまびこ」が1枚もありません。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年6月22日 東北本線 宇都宮駅にて 上り最終「やまびこ8号」

そして、福島から最終列車となる上り「やまびこ8号」に乗車し、帰路につきました。
途中、東北本線における停電事故のため、宇都宮駅に30分以上は停車していたと思います。普通だったら頭にくるのでしょうけど、「さよならマーク」を付けた特急列車に乗っていて写真を撮れることなど滅多にありませんから、「ここはチャンス!」とばかりに友人と交代で対向側のホームへ行き、写真を撮ることができました。

定刻より大幅に遅れて走りましたが、終点上野まで乗車したこと言うに及びませんよね。
「さよなら!やまびこ」
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ