鉄道コム

2007/8/31  21:32

京浜東北線で線路火災  
だそうです。

私は赤羽〜蕨まで利用しているのですが、私の乗った後の電車が引っ掛かったらしく、各駅で4分・5分と停められてしまいました。

消防が出たらしいですから、結構燃えたのでしょうか?
昔の木製枕木はブレーキの火花や客のタバコの投げ捨てで火災が起きたことがありますが、今時のPC枕木が燃えるはずありませんから、ひょっとするとケーブルでしょうかね。

あっ、ちなみに火災があったのは上野〜鶯谷間らしいです。
0

2007/8/31  7:20

183系0番台:貫通扉ご開帳  特急型電車(直流)
昨夜は更新の時間を待たずに寝てしまいましたので、この時間のアップになります。

今日は、幕張電車区所属の183系0番台の貫通扉を開いているところの写真をご紹介したいと思います。

特急電車の貫通扉の起源は、581系寝台特急電車に遡ります。その後485系クハ481200番台、そして、183系へと波及していきます。
そもそもこの貫通型、何のために設置された装置なのか、勉強不足のため良く分かりませんが、183系に導入された理由は、東京〜錦糸町間に総武快速線の地下線区間が開業したため、災害時における避難用出口として、当時の法令基準において必要だから設置されたことに他なりません。ですから、581系(583系)やクハ481200番台とは、明らかに目的が違うと言えます。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 品川駅にて 貫通扉を開けた183系

写真は、幕張電車区からおそらく大船工場へ検査に向かうための回送列車と思われます。品川駅で見るのが珍しかったために何となく写真を撮っていたら、運転士が何を思ったか、突然貫通扉の開け閉めを行い始めたのです。当然そのようなことをする必要性がなく、運転台へ出入りしながら、明らかに私たちを意識して行っているようでした。サービス精神としてやってくれたのかもしれません。

当時、併結運転を行っていた特急電車は、「かもめ」「みどり」以外にはなく、東北方面から貫通型を取り寄せて設定されたのですが、肝心の貫通扉は使われなかったようです。
私の記憶では、紀勢本線の「くろしお」増発時において、381系が足りないために485系を使用した際、改造により誕生したクハ481800番台(簡易貫通扉設置車)と200番において、初めて貫通扉が使われるようなったと思います。

その後においては、「シュプール」の485・583系の併結や、房総地区における183系の基本+増結、「雷鳥」「しらさぎ」による基本+増結など、結構メジャーに見ることが出来るようになっています。

途中駅での併解結のある列車では見ることは出来ますが、房総地区での併解結は電車区内で行われますので、なかなか見ることのできないシーンではなかったでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
3

2007/8/30  21:37

娘の夏休み:群馬サファリパーク  鉄道以外の写真ネタ
もう直ぐ学校の夏休みも終わり。今日は私も夏休みを取り、娘を群馬サファリパークに連れて行くことにしました。
天気予報は、群馬では1日中雨。気が重たかったのですが、今度の土日も天気は悪そうですし、取り敢えず行ってみようかということで。
そして、昨日まで気が付かなかったのですが、HPを見たら埼玉県民だけ入場料が半額になるという。「群馬」サファリパークなのに何で埼玉県民だけ?もちろん、「ラッキー!」ということであやかりました。

私自身がサファリパークが初めてだったのでワクワクしましたが、ま、放し飼いの動物園ですね。エサ代や設備の維持費が大変そうです。

クリックすると元のサイズで表示します
サイ。目がほとんど見えなくて、音で状況を判断しているそうです。とにかくデカイ。

クリックすると元のサイズで表示します
キリンです。身長5m、現在の地球上で一番背の高い動物。バスに近寄ってきたのですが、顔が屋根より上で見えませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
ライオンのヒルネ。このところの暑さでマイっていた動物たちが、今日はゆったり・マッタリしていると言う。われわれも涼しくて過ごしやすかったが、動物も同じだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
有名なホワイトタイガー。昼寝をしていると思いきや、家に帰ってきて画像処理をしていたら、しっかりこちらを睨んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します
ホワイトタイガーのアップ。精悍な顔つきです。トラは地球上最大のネコ科の動物で、野生の個体はほぼ絶滅しているらしいです。

クリックすると元のサイズで表示します
ホワイトタイガーにエサやりをするわが娘。しかし、大きな猫ですな。1回500円也。

別の場所では、オランウータンやライオンの子供を抱いて撮影をすることができます。我が家もライオンの赤ちゃんを抱いてみたくて、800円也を支払って触ってきました。ホンっトにカワイイです。でも、生後2ヶ月で14kg。遊べるのもこれくらいが限界でしょうか。

まあ、とにかく曇ってはいたものの、遊んでいる最中には雨が降らなかったのでよかったです。入場料も半額になったので、結構浮きましたし。

次は、サファリパークでのバス篇をお届けしようと思っています。合間を見てアップしたいと思いますので、バスファンの方お楽しみに。

オマケ画像

クリックすると元のサイズで表示します
パークの遊園地にあった乗り物。母体は小田急NSEのようですが、塗装がマッチしません。相当古そうです。
0

2007/8/30  9:23

101系:中央線「ホリデー快速」3態  その他電車
こんばんわ。

久しぶりに国電シリーズにしたいと思います。
今日は、101系で運転されていた「ホリデー快速」をお届けいたします。

中央快速線の「ホリデー快速」自体は現在でも週末ごとに運転されていますので、説明の必要な無いと思います。最近は233系がかなり幅を利かせており、201系の「ホリデー快速」も既に201系の運用がなくなったというような情報も聞かれます。最新の情報では、一応まだ運用に入る可能性はあるようですが。

中央快速線は早くから新性能化され、101系が優先的に導入されました。冷房化を睨んで103系を導入するものの、その経過の中で「省エネ電車」として201系が試験運用に入り、103系化を待たずして201系を量産、101系を置き換える計画に変わりました。そのような流れもあって、101系よりも先に103系の運用が解消され、以外にも遅くまで101系が活躍していました。

そして「ホリデー快速」ですが、私の知る限りでは101系が優先して充てられ、103系の「ホリデー快速」は運転されなかったようです。さらに、臨時運用のためか、冷房改造車はあまり運用に入ることなく、201系化まで非冷房車が使用されていたようです。


撮影は、すべて昭和56年(月日不明)です。
クリックすると元のサイズで表示します
三鷹駅にて 「ホリデー快速あきがわ」

クリックすると元のサイズで表示します
三鷹駅にて 「ホリデー快速おくたま」

クリックすると元のサイズで表示します
高円寺駅にて ホリデー快速「みたけ」


この頃、もう既に201系が運用に入ってきた頃ですが、写真でお判りのとおりすべて101系非冷房車の編成です。これは、本線運用(特に特別快速」に優先して冷房車を運用する措置が採られているため、新車の201系を定期運用に優先使用しているからということを聞きました。101系の冷改車、103系の冷房車投入時も同様の措置を行っていたとあります。

私自身が通勤車に興味を示していなかった頃なので、「ホリデー快速」の写真はこの日に撮影したものが唯一となります。今から考えれば、青梅線内で、カラーで、800番台を含めて撮っておけば良かったと思うのですが、今となってはどうにもなりませんね。

今度、秩父鉄道で旧国鉄101系を国電色に塗り替えて走らせるらしいですね。オリジナルには程遠いシチュエーションですが、最後の現役101系としては記録する価値のある被写体だと思います。


中央快速線101系(他の101系リンク) → http://diary.jp.aol.com/marutetsu/320.html
0

2007/8/29  1:20

485系非貫通型「いなほ」  特急型電車(交直流・交流)
こんばんわ。
昨夜は、残業で遅くなった挙句、帰りに豪雨に逢ってしまいました。肩から下はビショビショ。パチンコ屋で服を乾かしてきました。

このところしばらく東京口ブルトレが続きましたので、一服を兼ねて電車特急をご紹介したいと思います。
今日は、上野〜秋田・青森間を結んでいた電車特急「いなほ」の非貫通型に絞ってアップいたします。

特急「いなほ」は、昭和44年に上野から羽越本線経由で秋田を結ぶ初めての特急として、キハ80系(先頭車はボンネット型「キハ81」)を使用して誕生しました。当初は上野〜秋田間の1往復のみの設定で、中間車にキロ80改造のキハ82900番台を連結していたことでも有名です。

昭和47年、羽越本線の全線電化開業により「いなほ」は485系化され、さらに上野〜青森間に1往復が増発、2往復体制として上越新幹線の開業まで続くことになります。

昭和57年11月、上越新幹線大宮暫定開業に際し、「いなほ」は新潟〜秋田・青森方面を結ぶアクセス特急に転進し、暫定開業対策として1往復を残した同列車は「鳥海」に名を改めています。
※特急「鳥海」 → http://diary.jp.aol.com/applet/marutetsu/20070621/archive

上越新幹線開業前は、当初は2往復とも青森運転所の所属車でしたが、後に秋田発着の1往復が秋田運転所へ所管替えされています。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 上野駅にて 18番線に停車中のクハ485300番台「いなほ」

この写真を撮った頃は、まだ485系1000番台が量産中の頃で、「いなほ」にまでは手が回っていなかったと思われます。
写真の17番・18番線の間には荷扱い用のホームが残っています。(東北新幹線工事の着工を前にして撤去されています。)文字マークと合わせて、古き良き時代を髣髴させるシーンですね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年 東北本線 川口駅にて 秋田へ向かう「いなほ」

この写真の車両は、おそらく485系1000番台と思われます。既にイラストマーク化されているのですが、どうもコントラストの低いヘッドマークで、モノクロでもカラーでもなかなかきれいに写ってくれないクセのあるカラーリングでした。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年5月 東北本線 蕨〜南浦和間にて 非貫通型先頭の「いなほ」

この写真、正直言って300番台なのか1000番台なのか不明です。この写真は曇りの日の撮影ですが、コレくらいの光線条件でやっとヘッドマークが映えます。食堂車が連結されているのも判りますね。ヨコを併走する103系も過去の思い出となってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和61年9月9日 奥羽本線(場所不明) 485系1500番を使用した「いなほ」

上越新幹線開業後のアクセス特急と化した「いなほ」です。編成も半分の長さ、食堂車ももちろんなく、羽越本線の王者の貫禄はありません。
青森運転所に集中配置されていた1500番台ですが、新幹線の開業に伴う輸送体系の整備により、短編成化及びこれに伴う配転が実施され、上沼垂にも配置されるようになったため、頻繁にこの「いなほ」にも使用されるようになりました。


「いなほ」は、ローカル仕様の特急となったはものの、485系による特急列車として任務を立派に果たしています。しかし、485系の耐用年数もそろそろ限界と思われ、そう遠くない将来に何かしらの動きがあるかもしれません。
0

2007/8/28  1:04

EF65 500番台 「あさかぜ」  ブルートレイン:機関車・客車
こんばんわ。

今日もEF65500番台シリーズで、ブルトレの老舗「あさかぜ」をご紹介したいと思います。「瀬戸」の500番台の写真が見つからないので、ひょっとしたら最終回になるかもしれません。

「あさかぜ」についてはご紹介するまでもありませんね。初めて20系固定編成客車寝台を使用した、日本初のブルートレインです。
最盛期には、東京〜博多間2往復と東京〜下関間1往復の計3往復体制でした。(うち1往復は14系14型寝台車)
新幹線の博多開業により、東京〜博多間の1往復が廃止となっています。

本来であれば、東海道ではこの「あさかぜ」が一番撮るチャンスがあったのですが、何故か無いんです。というか、写りが悪すぎるのです。と言うことですので、少ししかご紹介できません。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和51年頃 東京駅にて EF65510「あさかぜ」

まぁ、何とも構図の悪い写真で申し訳ないのですが、リコーのオートハーフで撮った写真です。せっかくブレてないのに頭がキレてます。当時はこんなのでも満足してたんですね。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年8月 東京駅にて EF65506牽引「あさかぜ」

同じような構図なのですが、上の写真は到着のシーン、そして下の写真が機回しして連結にかかるところのシーンです。下の連結直前のシーンは一旦停止しているので、落ち着いてしっかり撮れている様子がわかります。


ブルトレの始祖である「あさかぜ」なのに、何でかマトモな写真がありません。確かに20系が24系25型に変更になった頃でもありましたので、一気に興味が薄れていた可能性もあります。
そして、まさかの廃止。「あさかぜ」が廃止されるなんて、この頃は夢にも思っていませんね。たった30年位前の写真ですが、世の中ずいぶん変わったことを実感します。
0

2007/8/27  9:15

EF65 500番台 「出雲」  ブルートレイン:機関車・客車
こんばんわ。

今日はまた東京発着のブルトレシリーズで、EF65500番台牽引の「出雲」をご紹介したいと思います。

当初、東京から唯一の山陰方面への直通列車として誕生した「出雲」ですが、昭和47年までは急行列車として設定されており、同改正で特急に格上げされています。
特急になった当初は20系寝台客車の使用で、電源車・1〜7号車までの基本編成が東京〜浜田間、付属編成の8〜11号車までが途中の出雲市止まりとなっていました。

牽引機は、東京〜京都が当初からEF65500番台、山陰本線内はかの有名なDD54が担当していました。しかし、DD54は故障が多かったため、直ぐにDD51に変わっています。

今日ご紹介いたします写真は、EF65500番台末期の頃のものです。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和50年頃 東京駅にて 発車を待つEF65527牽引「出雲」

ポケットカメラでの撮影なので、構図・画像とも大荒れでスミマセン。
多分、鉄道写真を始めて最初に見た「出雲」です。他では白や青を基調としたヘッドマークデザインが多い中で、鮮やかな赤をベースとしたヘッドマークが非常にカッコよく感じられました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 東京機関区にて 夕方までお昼寝中のEF65507「出雲」

東海道線か横須賀線電車の車内から覗いて撮った写真です。この位置にヘッドマーク付きの機関車が停まっていることは珍しかったと思います。しかも、早朝着夜間発の「出雲」は子供の頃にはGETし難い列車でしたので、非常にラッキーでした。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年9月 東京駅にて 機回し中11番線に停車中のEF65512「出雲」

東京駅に到着し、品川客車区へ回送のために機回し中のEF65512。
通常、東京着のカマが機回しを行う際、この方向ではヘッドマークが反対サイドについているのですが、この「出雲」だけは、東京〜京都〜東京と即時で折り返してくる運用だったため、常に前後にヘッドマークを付けていました。よって、本運用でも回送でも普通に撮影できた唯一の特急でした。


昭和53年10月の改正より、特急「いなば」の運転区間延長により誕生した2往復目の「出雲」がありますが、前身となる急行「銀河1号・紀伊」からの流れにより終始宮原機関区のEF58がその運用に当たっていたため、EF65500番台が運用を担当したのは1往復のみでした。
2

2007/8/26  18:37

京葉線で鉄ってきました  写真撮影
先程の記事でご報告のとおり、今日は辰巳へ行ってきたのですが、会場となる辰巳国際水泳場の直ぐヨコには、運河を渡る京葉線の高架があります。「ということは、新木場って近いんだな。」と思ったりすれば、帰りは有楽町線の辰巳に戻らず、反対方向の新木場へ行ってみました。
しかし、新木場駅の順光方向は障害物が多く撮影が困難なため、5年振りくらいに「葛西臨海公園駅」に行ってきました。


撮影は、すべて本日(平成19年8月26日)、葛西臨海公園駅にて
クリックすると元のサイズで表示します
スカイブルーの201系と赤いラインの205系。
ほぼ同時のシャッターチャンスになってしまい、中途半端な構図に・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
元山手線、クハ205−1を含む編成

クリックすると元のサイズで表示します
元山手線、クハ205−3を含む編成
最後の「国電」の雰囲気を残す編成で、昔のままの雰囲気が何となく好きです。


クリックすると元のサイズで表示します
201系普通電車。

クリックすると元のサイズで表示します
201系快速電車。

クリックすると元のサイズで表示します
葛西臨海公園の大観覧車と201系のツーショット。3年後ぐらいに思い出の風景に・・・?


中央線ではその数をかなり減らしつつある201系。京浜東北線の状況次第で今後の同車の動向も決まりそう。今しばらくは大丈夫でしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します
255系特急。ヘッドマークが無いから何だかサッパリ分からん。

クリックすると元のサイズで表示します
257系「わかしお」と205系の出逢い。
房総特急2態。183系が無くなってからのコンビですが、両方とも初めて撮りました。何か、デジカメの手軽さって何でも撮れるので、記録がどんどん増えそう・・・。良いことですよ。

オマケ画像!
クリックすると元のサイズで表示します
武蔵野線からの乗り入れ。205系快速
って・・・前に撮ったとき休日は「むさしのドリーム号」じゃなかったっけ?!?!?


ということで、結構撮れたので1時間もいなかったのですが、今首都圏の国電区間で一番面白い線区かもしれない「京葉線」でした。あと貨物が走っていれば、ね!
0

2007/8/26  14:37

娘のジュニアオリンピックカップ(水泳)  
昨夜は子供の町会連合のお祭りで焼き鳥屋をやり、会場の撤収も含めて21時近くまで働かされました。もうヘトヘトです。

という状態なのに、わが娘が水泳でジュニアオリンピックへ出場が決まっていたため、本日、朝4時起きで東京「辰巳」にある会場まで行きました。

初めは「どうせタイムの良い人だけが集まる自慢大会のようなもの」と思っていたのですが、まあ、お祭り騒ぎというか、本当に将来のオリンピック選手となるかもしれない子供たちの公式の記録会であったわけです。ですから、会場も世界水泳が行われるのと同様の設備をそのまま使用しているわけで、メッチャ驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


わが娘は50m自由形に出場したのですが、まぁ結果的には96人の参加者中95位か96位であったのではないかと思います。

※ビデオを静止して画像化したのでチト見づらいですが、真ん中の水色がわが娘です。
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、我が家では代々全国的な「大会」に出られるような者は過去1人もいないはずなので、そういった意味では我が家の家系では一番運動神経の良い人物なのかもしれません。まして水泳ともなれば、パパ(私ですけど)なんて大嫌いな部類のスポーツですから。

結果はアレですけど、娘が帰ってきたらお祝いをしてあげよう・・・。
0

2007/8/25  23:25

14系寝台客車:スハネフ14「みずほ」  ブルートレイン:機関車・客車
こんばんわ。

明日は娘が水泳のジュニアオリンピックに出場するため、なんと、朝4時起きです。
ですので、今日は早めに更新して、お休みさせていただきます。

本日、EF65500番台の「みずほ」をアップいたしましたので、続きということで14系寝台客車の写真をアップしたいと思います。

「みずほ」の客車の変遷に付きましては、先日アップいたしました「さくら」「はやぶさ」のときにご紹介させていただいておりますので、今日は割愛させていただきます。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年8月 東京駅にて

「みずほ」の文字マーク時代です。24系と比較すると、電源車のバラエティーが無いので寂しい感じがします。
隣の11番線にいるクモユニ74の大目玉も懐かしいですね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年9月 田町駅にて

熊本・長崎へ向け加速して走り去る「みずほ」。
当時、望遠レンズを初めて手にした頃で、ピント合わせや構図決めがなっていないですね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年3月 東京駅にて

品川客車区から回着して機回し待機中の「みずほ」。
この時間の東京駅12・13番線はブルトレ専用ホームとなり、他のホームに比べて格段に旅情溢れるシーンを展開していました。現在はそのホームすらなくなってしまったわけですが。
バックに写っているスカ色113系は横須賀線の列車であり、まだ総武快速線とのスルー運転実施前の時代であります。


その後は「列車写真」主体の撮影方法に変わってしまい、「みずほ」のイラストマークはどうも撮っていないようですね。キチンと「記録を残す」ということが如何に難しいことか思い知らされます。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ