鉄道コム

2007/9/30  0:24

EF58112・113(最期のワイパーカバー機)  EF58のアルバム
今日は、ちょっと細かい話になりますが、顔が非常に美しいまま長く生き抜いた米原機関区所属のEF58をご紹介したいと思います。

米原区に所属したEF58の特徴は、なんと言ってもワイパーカバーにあると思います。
運転席窓の水切りが無い時代には余計な出っ張りに見えなくもないのですが、流線型のEF58の顔をより流美に見せていてる感じがして、個人的に大変好感を持っております。
かつて、103号機が宇都宮機関区に配置されたとき、その雰囲気の違うEF58の写真を撮っていました。なんで一味違う顔なのか、判ったのはかなりの年数が経った後でした。

今日は、そんな中から2両のEF58の画像をアップいたします。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年12月1日 東海道本線 早川〜根府川間にて EF58112号機

東海道本線の荷物列車を牽く112号機です。
原形小窓にワイパーカバーを残した端正な顔立ちのまま、引退するまで東海道本線の荷物列車牽引に活躍しました。
側面フィルタはヨロイ戸形、パンタグラフはPS15に改造されています。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月 東海道本線 神足(現:長岡京)〜山崎間にて EF58113号機

こちらも東海道本線の荷物列車を牽く113号機の写真です。
113号機も原形小窓にワイパカバーを保ったまま、最期までその綺麗な顔立ちで走り続けました。
さらに113号機は、原形側面フィルタ(写真では見えません)で、パンタグラフもPS14(写真では切れてしまいました・・・)のままと、あらゆる限りの原形を保っていたようです。

この他にも、74号機が最期までワイパーカバーを保っていたとの記述がありましたが、残念ながら写真は無かったようです。

北関東では見ることが出来なかった形態だけに、資料写真として多数を残すことが出来なかったのは残念ですが、連結されている荷物車輌と合わせて見ても、その時代、形態を察することができる写真として、1枚でも撮っておけて良かったと思います。
0

2007/9/29  16:50

せっかくの臨時列車日和なのに・・・  写真撮影
せっかく臨時列車が多数走る日なのに、今日は朝から雨。
でも、寝不足の中、早朝から起きることが出来たので、近所のいつものポイントに行ってみました。

特別な臨時列車が走る日は、このポイントに4〜5人くらいのカメラマンが張り付いているのですが、雨にも増して明るさも全く足りず、さすがに今日は私一人だけでした。

タダでさえ意気消沈しているところに、追い討ちを掛けるようにトラブルも発生。あ〜ぁって感じでした。

撮影は、すべて平成19年9月29日、東北本線 西川口〜蕨間にて
クリックすると元のサイズで表示します
1発目 EF81136牽引の「あけぼの」

画角を確認していたらヘッドライトが見えたので慌ててセッティング。そしたら、何故か激しいピント移動が発生し、止まらなくなってしまった・・・。ピントが合ったときには既にこの状態。せっかく双頭連結器でヒサシ付きの136号機だったのに・・・。残念。


2発目 485系快速「フェアーウェイ」・・・・・・・・・バッテリ警告もなしに、シャッターを押した瞬間にバッテリー切れ・・・・もうムカツクったらありゃしない。


クリックすると元のサイズで表示します
3発目 485系 あかべこ「あいづ」回送

次の臨時快速「一村一山」撮影のために構えていたら、突然回送が来た。このときは何故か一発でピントが合った。


クリックすると元のサイズで表示します
4発目 183系 臨時快速「一村一山」

「あかべこ」回送後、ほんの数分後。ヘッドライトが見えてから構えると、また激しいピント移動が発生。何とか合致が間に合ったが、画面が傾斜してしまった・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
5発目 485系 「日光1号」

30分近くの空きが出来たので帰宅後再出撃。やる気はほとんどない。でも、せっかく時間をかけているのだからと気を取り直して撮影に専念。
いつもはわざわざ撮りに行くことのない「日光」。シャッターを切った瞬間には気が付かなかったが、バックに209系京浜東北と211系普通列車も入っていた。偶然だがこのカットは良かったかな・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
6発目 185系 「草津1号」「水上1号」

いつもは行かない海側へ回ってみた。「あかべこ」を待っている間に来た185系。そう言えば新塗装になってから185系なんて撮ったことなかったな・・・と思いながらシャッターを切った。


クリックすると元のサイズで表示します
7発目 209系 京浜東北線 北行電車

海側からの撮影は、京浜東北線とのカブリが怖い。土曜日なのでこの時間でも5分間隔くらいなので、時計とニラメッコしながら「あかべこ」の通過を待つ。
209系も、2〜3年後くらいまでには京浜東北線から撤退してしまうのだろう。そう思いながらシャッターを切った。


クリックすると元のサイズで表示します
8発目 485系 あかべこ「あいづ」

今日の早朝撮影の最後のカット。数分前に手前の線路の往来がすべてあったので、カブる心配はなさそうだ。雨も小降りで傘も必要ないじっくり構えて撮った・・・。何故か画面が傾いていた・・・トリミング修正・・・orz )


このあと都電荒川線のイベントにで掛ける予定でしたが、あまりの天気の悪さにスッカリ意気消沈していまい、寝不足もあってそのままふて寝。起きたら13:30・・・新型レトロの撮影会は14:00まで・・・もういいや・・・。
0

2007/9/29  1:08

EF5866(最期の大窓ヒサシ車)  EF58のアルバム
昨日は1日とんでしまいましたが、今日はEF58のアルバムをお届けいたします。

今日ご紹介いたしますのは、紀勢本線に残ったEF58の中で一番人気のあった66号機です。

66号機は、昭和58年度時点で残っていた、最後の大窓原形・ヒサシ付き車で、原形車の少ない紀勢本線のEF58の中でも群を抜いて人気がありました。既に、全国的にも大窓原形車はロイヤルエンジン61号機とこの66号機の2両だけとなっていましたので、人気があったのも当然だと思います。
しかし悲しいことに、シールドビーム2灯化(いわゆるブタ鼻)になっていました。これは竜華区に所属する他形式を含めた機関車全車に施工されており、原形ライトに戻して欲しいと願っていたのは私だけではないと思います。ちなみに、側面フィルタはヨロイ戸化されています。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和59年7月6日 紀勢本線 見老津〜周参見間にて

初めて見た66号機の実車です。撮影場所があまり適していなく、それなりに景色重視で撮ろうと思ったのですが、見事に架線ビームにかかってしまいました。もう2〜3m手前に引きたかったところです


クリックすると元のサイズで表示します
昭和59年7月6日 紀勢本線 白浜駅にて

前日、あまり納得が行くものが撮れていないと判っていたので、日程の最終日にもう1度66号機に逢えることを願って2日目の撮影に入りました。
そして、撮影場所に行くために乗車しようと白浜駅に向かったら、いきなり66号機が来たんです。駅撮りでもいいからキッチリ押えておきたい、そんな一心で撮りました。

確か、その後早いうちにEF60化、そして165系化され、客車列車そのものが消滅してしまったと記憶しております。
私が撮影した原形大窓・ヒサシ付き車の写真も、同機が唯一のものとなってしまいました。
1

2007/9/28  7:28

キハ22604(簡易荷物車)  気動車(急行・その他)
おはようございます。
昨夜は、疲れからか更新せずにいつの間にか寝てしまいましたので、取り急ぎこの時間にアップいたします。

高校生の頃、北海道に憧れ道内各地を巡っていたのですが、まだ気動車への興味がそんなに濃くなかったときに偶然撮っていた1枚の写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年3月 函館本線 白石〜厚別間にて 最後尾にキハ22604を連結した普通列車

当時、全区間架線の下を走る普通列車が沢山あり、特に本線系の普通列車は6両編成くらいの長いものが多く存在しました。キハ22は未だ廃車もほとんど出ていない頃ですが、写真のようにキハ47系が主力になりつつある途上だったようです。

この各形式600番台というのは、車内の一部(1/2〜1/3くらい)をアコーディオンカーテンで仕切ることができ、車内を座席のまま荷物室に使えるように改造したもので、北海道では他形式でも改造例がありました。
あくまでも簡易荷室ですので、荷物取扱の無い列車に連結するときは、通常の全室客車として使用することができます。

現在の函館本線電化区間では、新型電車も大量増備されており、足の遅い気動車列車は限りなくなくなってしまいました。写真では見づらいですが、キハ46の標準色車も連結されており、車輌、塗装、雑多な混結具合と、どれをとって見ても懐かしい時代の写真となってしまいした。
0

2007/9/27  0:31

EF58122(生き延びた幸運なカマ)  EF58のアルバム
今日もEF58シリーズで、122号機の宇都宮運転所時代の写真をご覧いただきたいと思います。

122号機は、私が物心付いたときには既に宇都宮運転所に配置されていたようで、しょっちゅう見掛けたカマでした。

形態的には、比較的早いうちからHゴム化されていたようで、宇都宮運転所のカマとしてはイマイチ特徴的なカマではなかったようです。しかし、現在に至るまで側面フィルターはオリジナルの姿を保っています。

では、東北本線で活躍していた頃の122号機をご覧ください。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和60年3月 東北本線 北浦和〜浦和間にて 81系シナ座を牽引する122号機

クリックすると元のサイズで表示します
昭和60年1月 与野駅にて 81系シナ座を牽引する122号機

2枚とも、品川客車区所属のスロ81系お座敷列車の牽引に就く122号機。当時は未だ機関車運用が線別にきっちり区別されていたため、暖房装置を必要とするスロ81系が東北本線や高崎線(信越筋を除く)に入線するときは、EF58型が限定運用されていました。これは夏場など暖房を必要としないシーズンにおいても、頑なに守られ続けました。
したがって、このシナ座を牽くEF58の写真は、他の号機にも多数存在しています。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和60年3月 東北本線 与野駅にて ヌマ座を牽引する122号機

ヌマ座は既に12系化されていたため、基本的には牽引機を選ばない客車なのですが、私が当時局報(部内報)を毎月チェックしていた感触では、東京北局管内に乗り入れてくるときはまず良くEF58が牽いているという感じがしました。12系オリジナル色のお座敷列車も、今ではスッカリ懐かしい部類に入ってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年6月 大宮駅にて スハネ16回送に当たる122号機

この列車は調べていたわけではなく、大宮で写真を撮っていたら偶然来たので撮ったものと思います。そろそろ10系客車も危なくなってきた頃ですね。EF58のスマートな車体は、寝台車のような幅・高さのある客車に非常に良く似合っていたと思います。ちなみに、2両目の寝台車は、控車が連結されていないところを見ると、オハネフ13とかの可能性が強いようです。

※追加画像

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年 上野駅にて 急行「津軽4号」を牽引して到着した122号機

かなり改正に近い時のようで、グリーン車がなくなり、A寝台がなくなり、わずかにマニ36とB寝台が1両だけ残った寂しい姿です。
新幹線が開業すれば、客車急行列車も殆どが消滅し、EF58の運用も縮小することが目に見えていました。それでも、この122号機は誰もが予想しないほど長く生き残ったわけですね。

このように、長年にわたって東北筋を走り回ってきた122号機ですが、分割民営化を見据えた財産分与?で東海地区に移動となり、幸運にも現役としてトロッコファミリーや工臨・ユーロなど団体列車に活躍することができました。
ただ残念なことに、昨年の半ば以来休車状態にあるようで、車籍は残っているようですが、実質は引退してしまったようです。現在は茶色塗装になっているようですね。
せっかく貴重なEF58型ですから、大事に保存していただくとともに、僚機の157号機には今しばらく頑張ってもらいたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村
0

2007/9/26  0:00

EF5860(運命を異にしたお召予備機)  国鉄・JR機関車(直流型)
今日紹介いたしますのは、今なお現役のロイヤルエンジン「EF5861」とともにお召列車牽引機を務めた60号機をお届けしたいと思います。

僚機61号機とともに誕生し、同じ出で立ちでこの世に生まれた60号機。その昔は61号機とペアを組んでお召列車の牽引にあたっておりました。
しかし、晩年は意外と東海道での運転回数が少なく、また、客車編成であるが故に非電化区間への乗り入れなど、その行き先に違った形式の機関車が用意されるなどして、あまり活躍の機会が無かったように思います。

むしろ、特急「いなば」「紀伊」や荷物列車など定期運用にしばしば登板することがあり、ファンにとってはこちらの方が注目されていたようです。

形態的には、今もってほぼ原形を保っている61号機に比べ、正面窓のHゴム化、フィルタのヨロイ戸など、最期まで守り続けた塗色以外は標準的な改造を受けてしまいました。
そういった意味では、ロイヤルエンジン61号機とは明暗を分けてしまった、違った人生を送らされてしまったカマに思えてしまいます。

私もこの60号機には滅多に逢えることができなかったため、大変興味がありました。下り東海道本線に乗ると、東京機関区の裏側を抜けていくときに、何度かお休み中の同機を見かけたことがありました。
しかし、結果的に写真に収めることができたのは、この1枚だけになってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年3月30日 名古屋駅にて EF5860牽引の荷41列車

中学生のとき。大垣夜行から下りて、「金星」「さくら」などの写真を撮り、空腹に耐え切れず駅の立ち喰いきしめんの開店待ち。『ぬるくても良ければ出すけど』といわれてやむなく食事をしていると、どんぶり半ばもススル前に自分達のヨコを入線してきました。
ぬるいのを幸いに一気にかき込み、ホームの東京端の店から大阪端の停車位置まで約300mの猛ダッシュ。これまた幸い、停車時間があったので、何とか撮影することができました。
という思い出があります。
当日は生憎の雨で、露出不足がたたり暗い映像になってしまったのが残念ですが、何とか見られる写真でホッとしました。

それからチャンスはあったのでしょうが、東海道への撮影において逢うことは全く無く、写真に納まったのがこれだけだったのは非常に残念です。

そして、同じ浜松区の僚機である1号機や5号機を時をほぼ同じくして、昭和58年度に廃車になってしまったようです。
2

2007/9/25  0:20

EF58130(高崎第二区、最期のゴハチ)  EF58のアルバム
こんばんわ。

カテゴリの検討につきまして、ご意見や励ましのお言葉をいただき、大変嬉しく思います。内容もできるだけわかり易いように、また、楽しめるように考えてまいりたいと思いますので、引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。

新設カテゴリのEF58ですが、あまり詳細がわかる資料が無いため、機能や形態分析、解説等が困難な状態となっております。したがいまして、ネタ的な内容の切り口になってしまい、詳細が知りたい方からすると物足りなく感じてしまうと思われますが、資料が手に入れば内容を更新するようなスタイルで充実させていこうと考えております。

では、今日は高崎第二機関区所属の130号機の画像をご覧いただきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年10月頃 西川口〜蕨間にて EF58130の牽引する荷物列車

130号機は、全国のEF58淘汰が活発になってきた頃、長岡区の全滅(EF641000番台化)に続いて淘汰が始まった高崎第二機関区に所属していました。僚友が次々と倒れていく中で、同区において最後まで残ったのがこの130号機でした。

同機が終焉を迎えたのは昭和57年度と思われますが、それまでは、上越線の急行運用を始め、東北本線の荷物列車もすべて同区のEF58が運用していました。そのため、宇都宮運転所にも多数集結していたEF58は、晩年になるまでほとんど荷物列車の運用には就いていなかったようです。

130号機は、長岡区のEF58と同様に、スノープラウ、ツララ切り、ホイッスルカバーといういわゆる「上越仕様」で、側面のフィルタも原形を留めていました。

高崎第二機関区からのEF58型撤退に伴い、残った東北・上越の荷物列車はすべて宇都宮運転所の運用に移行し、別の地の僚友にその責を託すことになりました。
1

2007/9/24  12:15

早速ですが、旧型電機篇です。

今日はEF15の5号機の画像をお届けいたします。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年 蕨駅にて 構内入換を行うEF155

5号機のデータ

1947.12.24 日立製 長岡第二機関区 新製配置

1949. 4. 5 福島第二機関区へ移動

1951. 6.28 EF16 5号機に改造

1967.12.27 EF15 5号機に復元

1980. 1.17 廃車 最終配置区 甲府機関区


5号機は、元は上越線用として配置されましたが、奥羽本線電化と同時に福島第二機関区へ移動、板谷峠対応となりました。
しかし、板谷峠における連続勾配は殊のほかキツく、タイヤが弛緩するといった問題が現われてきました。そこで、連続下り勾配に対応できる「電力回生ブレーキ」装置を備えたEF16型に改造されています。
その後、同機は再び長岡第二機関区へと戻り、さらに比較的早いうちにEF155に復元され、新鶴見区にも配置となり首都圏の貨物列車の牽引に活躍しました。
最期は、甲府区の配置となり、身延線で終焉を迎えました。

写真をご覧いただきますと、屋根の上には前後に2機のベンチレータのみで、非常にスッキリしているのが特徴です。
また、冬期対策として、前面窓、貫通ドア窓、さらにはヘッドライトに至るまで、前面のあらゆる装置にツララ切りが装備され、その昔は山男だった様相を最期まで見せておりました。
0

2007/9/23  19:45

EF641000番台牽引:旧客「能登」  国鉄・JR機関車(直流型)
こんばんわ。

今日もまた懐かしネタの登場で、旧型客車を使用していた頃の「能登」です。
過去ログでもお話させていただいておりますが、念押しの意味もこめて、私の知っている限りの経緯をお話させていただきます。

能登の前身は、上野〜金沢を結んでいた急行「北陸」に始まります。
「北陸」は2往復が設定されており、寝台・座席混合の編成である「北陸1号」と、A・B寝台車のみで編成されていた「北陸2号」がありました。
昭和50年3月のダイヤ改正において、「北陸2号」は「はやぶさ」「富士」「出雲」の24系化による余剰車両を利用して上野〜盛岡間を結ぶ急行「北星」とともに20系化され、同時に寝台特急列車に格上げとなりました。

一方、「北陸」の名称を特急に取られてしまった「北陸1号」は、「能登」の愛称を与えられ急行列車のまま存置されました。

昭和57年11月の上越新幹線の開業時において、信越本線経由の「越前」の運転区間を短縮し、「能登」の名称を継承しましたが、さらに北陸新幹線の開業に伴う碓氷峠の廃止により運転線路を失った「能登」は、碓氷峠の廃止により余剰となった489系を使用した電車夜行急行として再び上越線経由で返り咲き、現在に至ります。

当初は、オロネ10、スハネ16、スロ62、スハ43系といった旧型客車で運転されており、のちに特急列車から余剰で捻出された14系寝台車・座席車に変わっています。
14系客車時代に一時七尾線にも乗り入れを実施していましたが、あまり長続きせずに解消しています。

今回ご覧いただきます写真は、EF641000番台が配置されて間もない頃の「能登」です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年10月 東北本線 蕨〜西川口間にて EF641000番台牽引の上り「能登」

客車時代の急行「能登」ですが、「北陸」時代からEF58が担当していました。水上〜石打まではEF16の前補機により上越国境を越えています。
昭和55年当初、EF641000番台がEF16を置き換えるために水上区に配置され、これが完了すると長岡区のEF58をすべて淘汰し、この時点において「能登」の牽引機もEF641000番台に変わっています。
折りしも、客車は旧客のまま残っていたため、最新鋭でヨーロピアンスタイルのEF641000番台が全車旧型客車の編成を牽くという、この写真のとおり、非常にギャップの激しい時代の1コマです。

その後、上越新幹線開業の影響で信越本線経由となった「能登」は、定番のとおりEF62の牽引に移行されています。

今でさえボンネット型の特急車両を使用し、ヘッドマークまで掲示された人気の「能登」ですが、その昔は、全国に走っていた旧態然とした旧客夜行急行列車の一つに過ぎなかったのです。
1

2007/9/22  1:27

24系24型・25型「ゆうづる」 (過去ログリンク付)  ブルートレイン:機関車・客車
今日は、久しぶりに東北のブルトレシリーズで、24系24型時代の「ゆうづる」をお届けしたいと思います。

東北の寝台特急の中で「はくつる」に続いて誕生した「ゆうづる」は、常磐線経由で上野〜青森間を結ぶ20系客車を使用した寝台特急として誕生しています。常磐線の非電化時代は、C62が牽引する20系特急として復活し、脚光を浴びていたことでも有名です。(勿論、私は見たことはありません。)

昭和51年の秋、ダイヤ改正時において、東京〜山陽・九州間のブルトレが24系25型化された折り、玉突きで「ゆうづる」の24系24型化が実施されました。

写真は、24系化された時代の「ゆうづる」です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年頃 上野駅にて 青森から一夜走り到着した24系「ゆうづる」

20系から24系化されてしまった「ゆうづる」。新しいもの好きでない私にとっては、非常にガッカリな出来事でした。ですので、この時代の写真はこの1枚しかなかったようです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年頃 東北本線大宮駅にて 東大宮操車場へ回送される「ゆうづる」(再掲)

関西から引っ越してきたカヤ24。元同僚の24系寝台車と再び寝食を共にするようになりました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年5月 東北本線 南浦和〜浦和間にて 東大宮操車場へ回送される「ゆうづる」

カヤ24を最後尾に大宮操車場に回送される「ゆうづる」。関西で余剰になった2段ハネ25型に再度置き換えられ、再びカヤと手を組むようになったため、かつての「彗星」を彷彿する編成となりました。


「ゆうづる」に関する客車列車篇の過去ログがあります。
よろしければどうぞご覧ください。

EF80牽引「ゆうづる」
http://diary.jp.aol.com/marutetsu/318.html

20系寝台:あけぼの・ゆうづる
http://diary.jp.aol.com/marutetsu/94.html

20系寝台:あけぼの・ゆうづるU 
http://diary.jp.aol.com/marutetsu/97.html
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ