鉄道コム

2007/10/31  0:37

EF5841・46 (白Hゴム&ホイッスルカバー)  EF58のアルバム
ちょっと間が開いてしまったので、またEF58を。

今日は、宮原区の41号機と46号機をお届けしたいと思います。

まず41号機ですが、昭和27年8月2日製造の東芝製。新製当初は高崎第二機関区配置で、いわゆる上越形ですが、宮原区に転属後ツララ切りが撤去されたそうで、唯一大型のホイッスルカバーに上越時代の面影を残します。正面窓は白Hゴムで、エアフィルタはヨロイ戸化、パンタグラフは原形のPS14を搭載していました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 東海道本線 田町駅にて 41号機が牽く上り「銀河」の回送列車

20系寝台客車を使用した上り急行「銀河」の品川客車区送り込みの回送です。
この当時は、東京駅に到着したブルトレはすべて機回しを行い、牽引してきた機関車が品川区へまで回送を牽引しました。
ヘッドマークが付いていませんから、回送かどうかも判りませんね。
ツララ切りが付いていないので、ホイッスルカバーが非常に違和感を醸し出しています。


次は46号機です。昭和27年10月8日製造の日立製。新製当初は長岡第二機関区配置で、こちらも元上越形ですが、やはり41号機と同じように、宮原区に転属後ツララ切りが撤去されたようです。形態も41号機と全く同様に見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年10月6日 名古屋駅にて 荷物列車を従え停車中の46号機

これ位大きく撮っておくと、特徴が判り易いですね。この当時は駅撮りを殆どしなくなってしまったので、ある意味貴重な撮り方です。
青いボディーに白
Hゴムは余りにも目立ち過ぎでした。東海道では滅多に撮影をしていなかったので良く分かりませんが、宮原区配置の車輌は原形を誇示するカマと白Hゴムのカマと両極端な出で立ちでしたので、彼らの評判は相当悪かったものと推測されます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 東海道本線 品川駅にて 出発線で待機中の46号機牽引荷物列車

EF58重連の荷物列車が汐留から品川までやってきて、出発待機をする恒例のシーン。SG(蒸気暖房)を必要とする荷物列車には、EF58の存在は欠かせません。新型直流機でSGを搭載するのはEF61のみですから、絶対多数のEF58の方が運用面でも圧倒的に有利でした。ちなみに、この時の次機は1号機でした。
茶色のマニ36やマニ60を連ねた荷物列車と、EF65F型の533号機が並んで待機するシーンは、私の年代にとって古き良き時代の1コマでした。

41号機は昭和55年12月26日付、46号機は昭和58年1月29日付で、荷物列車のEF62化を待たずに廃車されてしまいました。
0

2007/10/30  0:30

DD51+20系:急行「おが」  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
今日は、久しぶりの急行シリーズで、DD51牽引「おが」をご覧いただこうと思います。

東北新幹線の開業前、昭和60年頃までは、東北本線にもまだたくさんの急行列車が設定されていました。
黒磯までは165系、黒磯以遠へは455系が主に使われていた車輌ですが、「ざおう」のように電車と気動車が併設されていたもの、「いいで」「出羽」のようにディーゼルだけ設定されていたものなど、特徴のある列車もありました。

その中でも、この急行「おが」は、朝早く上野を出発する気動車急行と、雑客を使用した夜行列車とが併設された、東北方面では変わった設定の急行列車でした。
ちなみに、昔の山陽方面では「つくし」のように昼行電車急行と夜行客車急行が併設されていたものがありました。

この夜行急行「おが」は、古くから季節列車として設定されていたため、完全な定期列車ではありません。運転区間も時によって秋田止まりだったり男鹿線男鹿まで乗り入れたりと、イマイチ安定性を欠く列車に感じました。
雑客の頃は、季節列車の宿命か、荷物列車や郵便列車の併結が無く、オマケにグリーン車も無い。A寝台とB寝台も1両ずつの妙にあっさりした編成で、如何にも臨時列車のような編成でした。

時は流れ、東北新幹線が開業した後も、秋田方面への夜行需要はあったようで、定期の「津軽」とともに、臨時列車として「おが」も残りましたが、20系化され不評を買った「津軽」のお下がりの20系を譲り受け、20系ブルトレ「おが」が誕生することになります。

そして、折りしも山形新幹線の工事により北上線経由として経路を変更された20系「おが」は、こともあろうにDD51牽引の昔の特急「出雲」のようなスタイルで、北上線を走るようになったのです。

クリックすると元のサイズで表示します
平成3年9月22日 北上線 ゆだ錦秋湖〜ほっとゆだ間にて


クリックすると元のサイズで表示します
平成4年8月17日 北上線 撮影地不詳

20系は大好きな車輌ですが、もう既に終焉を迎えようとしている頃。最後の活躍といった頃でしょうか。ヘッドの帯が消えてしまい、表情が変になってしまった20系。
しかし、DD51の牽く20系客車は、かつては東北特急の「はくつる」「ゆうづる」、奥羽本線の「日本海」「あけぼの」、そして山陰の「出雲」や九州各線ブルトレと、由緒ある20系特急が必ず歩んだスタイルだけに、その迫力・美しさは、鉄道ファンの心に永遠に残る最高のシーンであると確信します。
3

2007/10/29  22:35

583系:「臨時ひたち」(補足)  特急型電車(交直流・交流)
今朝ほどは中途半端にアップして仕事に出掛けてしまいました。

調べましたところ、誤りがありましたので、訂正させていただきます。

583系の「臨時ひたち」が走ったのは、昭和54年で3日間ではなく、春休みとゴールデンウィークだったようです。どうりで何回かに分けて撮った形跡があったのでおかしいと思いました。

本文も訂正させていただき、もう少し情報を載せようと思ったのですが、資料には詳細が記されていませんでした。

また何か判りましたら、追って更新したいと思います。m( _ _ )m
0

2007/10/29  7:30

583系:「臨時ひたち」  特急型電車(交直流・交流)
今日の分を更新できなかったの取り急ぎ1枚だけ。


昭和54年3月に突如運転された583系の臨時「ひたち」です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年3月 上野駅にて 今は無き20番線に停車中の583系「ひたち」

昭和54年3月〜5月の多客期だけに運転された583系の「ひたち」。

ヘッドマークを期待しましたが、結局ヘッドマークは用意されず、「臨時」のまま走りました。おそらく、「ゆうづる」「はくつる」の間合い運用により活用されたものと思われます。

運転日に関する資料がありますので、後ほど更新いたします。
1

2007/10/28  23:07

今日は京葉線も撮る  写真撮影
と言うことで、娘の水泳大会は行ってきましたが、

ただ水泳大会に黙って行くわけが無い!

一応、鉄もしてきました。大したモンは撮れませんでしたけど。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは行きに乗った有楽町線。今月の鉄道雑誌を見ていたら、メトロの7000系がどうも危ないらしい。滅多に乗らない有楽町線なので、地下線内で意地でも撮ってやろうと・・・。
しかし、来たのは新車の10000系でした・・・。撃沈。
ちなみに、行きも帰りもいくつかの列車とすれ違いましたが、1本も7000系とは逢うことができませんでした。2ヶ月前のときは7000系ばかりだったのに・・・。


あとは京葉線。いつも他の線区ばかり撮って京葉線を忘れてしまうので、近くに来たときは必ず撮るつもりで。
しかし、今日は娘が複数の種目に出場する上に、決勝にも進んでしまったので、ブラブラする時間がありませんでした。
ということで、思い切って現場から撮ることに。

撮影は、平成19年10月28日 京葉線 新木場〜潮見間にて

クリックすると元のサイズで表示します

まずはスカイブルーの201系。中央線の201系が激減しており、京葉線の同系列も先行きが心配。
前回は気が付かなかったのですが、ここまでカーブしているトラス橋は珍しいと思います。おそらく全国を探してもないのでは?てなわけで、非常に気になって撮ってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します

同じアングルでもう1枚。少し時間をおいたら、側面に光が輝くようになってきました。
元山手線の205系先行量産車。


クリックすると元のサイズで表示します

201系が撮りたくて最後の1枚。失敗・・・。
無理矢理トリミングで切り取って、ギラリを強調してみました。

トラス橋はまだしも、高架橋のフェンスはやはり邪魔になります。ここではこの撮り方が限界のようです。また改めて行くとしますか・・・。
0

2007/10/28  21:04

今日は娘の水泳大会  
今日は朝から娘の水泳大会でした。

朝9時から出掛けて、帰ってきたのは20時過ぎ。いや〜疲れました。

で、何の大会か言うと、ズバリコレです。

クリックすると元のサイズで表示します

娘が通うクラブの全国大会です。正直、他はクラブごと強いところもありますので、ランク的には少し落ちますが、それでも基準をクリアしていないと出場することができません。

場所は、夏休みにJOC(ジュニアオリンピックカップ)が行われた辰巳の国際水泳場です。今日はルネサンスだけなので、前回と違って殺伐とした雰囲気ではなく、ゆったりと観戦できました。

クリックすると元のサイズで表示します

ビデオ画像を切り取って貼りましたので、画像はよくありませんが、娘の雄姿です。

娘のメインレースはいつもどおりの自由形50m。今回は予選を通過し、見事に決勝戦へ!

しかし・・・何と、決勝戦では最下位の8位に終わってしまいました・・・無念。
まぁ、それでも67人中8位だったの頑張ったと思います。

今日は他にも自由形リレーとメドレーリレーに出場し、4位と2位という結果。

付き合っている親も疲れますが、本人もかなり疲れた様子。今晩はゆっくり休んでちょうだいな。

パパはこれから自分の時間を楽しむのだ・・・眠い・・・。
0

2007/10/28  1:53

EF58141・144・145(スペックの補足)  EF58のアルバム
ナント、今回は1回の更新容量(文字数)を超えてしまい、受け付けてくれませんでした。

表示し切れなかった3兄弟のスペックを載せておきます。

141号機 昭和33年 3月 6日 日立製 宮原区新製配置
144号機 昭和33年 3月20日 日立製 宮原区新製配置
145号機 昭和33年 3月20日 日立製 宮原区新製配置

3両共通
新製当初は宮原区の配置ですが、宇都宮区に配置されるまで他区へ転出した実績も無いため、3両ともそろって同じ形態をしています。
宮原区配置が長かったため、エアフィルタはヨロイ戸化されています。Hゴムも施工されており、パンタグラフはPS15を搭載、関西色の強い形態です。
寒冷地仕様では、上越配置時代が無いためすべてノーマルですが、運転席・助手席両窓はデフロスタが装備されています。
141号機と145号機は昭和59年9月時点で稼動していましたが、この時点で144号機は稼動車輌とはなっていないため、他の兄弟より一足早く休車・運用離脱となった模様です。

これといった特徴のなかった3兄弟ですが、新製からお互いに最後まで離れることなく生涯をまっとうした、宇都宮区最期の精鋭たちでした。
0

2007/10/28  1:45

EF58141・144・145(宇都宮区最期の140番台兄弟)  EF58のアルバム
今日はチョット大量にご紹介したいと思います。

宇都宮運転所は、保存目的車を除き最期までEF58が配置されたことで知られています。客車の普通列車は53・10で無くなってしまったのですが、東北新幹線の開業までは多数の臨時列車が客車で運転されていましたし、「津軽」「八甲田」「おが」といった夜行急行列車もありましたから、EF58にとっては環境の良い場所だったようです。

その中で、これといった特徴もなく、注目も浴びてはいませんでしたが、141号機・144号機・145号機といった3両の140番台機が、ゴハチ全廃となる日まで活躍していました。

今日は、いつもより枚数が多くなりますが、そんな3兄弟が活躍していた頃の写真をご覧ください。

まずは141号機です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年 東北本線 蕨〜南浦和間にて 141号機牽引の臨時特急「はつかり51号」
元来EF58は急客機ですので、特急・急行・普通と客車列車なら何でも牽きます。東北本線では、定期の「あけぼの」と臨時の「つばさ51号」を除き、様々な場面での活躍が見られました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和60年1月5日 東北本線 栗橋〜東鷲宮間にて 141号機の牽く12系臨時急行列車

写真は、年末年始の多客臨である上り「八甲田54号・津軽54号」です。何で6両編成かというと、どちらかの列車(多分「津軽」の方)が雪害で大幅に遅れたため、相方を待たずに上京してしまった模様です。その遅れた相方ですが、夕方まで撮影していた中でも目撃はしませんでした。(撮影移動中にすれ違ったのでしょうが、何が牽いたのか気になります。)


クリックすると元のサイズで表示します
撮影年不明 東北本線 古河〜栗橋間にて 141号機牽引の12系ヌマ座

ネガが行方不明になってしまい、データが無いのですが、おそらく昭和60年頃に撮った写真と思われます。過去ログでも記しましたが、何故かこのヌマ座が東北本線に入線すると決まってEF58が充てられていました。12系ですからEF65でも支障がないのですが・・・。


そして、144号機です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 東北本線 西川口〜蕨間にて 144号機牽引の回送列車

写真はオロネ10とスニ40を連結していた回送列車で、おそらく尾久客から大宮工場への入場車ではないかと思われます。ただし、通常大宮工場への回送は、手前の線路(貨物線経由で控車のマニ36を連結し、高崎二区のカマが牽引するのが通例ですので、もしかしたら転属車輌の回送かもしれません。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年10月 東北本線 西川口〜蕨間にて 144号機牽引の下り普通125列車

東北本線上野口で最後まで残った普通客車列車。写真は、上野16時台発の福島行き125列車。EF58やEF57のための立役者だった存在の列車です。上り「八甲田」を牽引してきたカマが尾久で停留後、125列車で折り返すという運用。最盛期はもっとも重連運用が組まれる可能性が高い列車としても有名でした。
ダイヤ改正で普通客車列車が廃止となる前々日の写真で、翌日はEF65が牽引したため、事実上125列車最後の運用となりました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年3月 東北本線 西川口〜蕨間にて 144号機牽引の12系団体列車

写真手前は山手貨物線、田端操車場から来る貨物線。さらに歴史を遡れば、東北本線と高崎線が振り分けられていました。この頃は、既に客貨区別されており、上野から来る列車以外はこの貨物線を通過してきました。そう、現在は「湘南新宿ライン」とも呼ばれています。


最期に145号機です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和59年9月 東北本線 蕨駅にて 14系を牽く145号機

こちらは、蕨駅付近を走る14系の試運転列車。何の試運転かといいますと、実はこの数日後に走るお召し列車の訓練運転です。お召1号編成を引きずり出す訳にはいかないため、重量合わせのための14系7連を牽引し、訓練が行われました。実際にはこの区間を61号機が牽引しましたが、訓練では何故かこの145号機が選ばれました。訓練は数回行われた筈ですが、すべての訓練に145号機が使用されたかどうかは不明です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和59年1月頃 大宮操車場内にて 145号機牽引の荷物列車

59・2改正の貨物大合理化により、私が大宮操車場を追われようとしていた頃、荷物列車の牽引機も一新されようとしていた頃です。高崎二区のEEF58が全廃となり、東日本で唯一残った宇都宮区のゴハチが、高崎線・東北本線のすべての荷物列車を受け持つようになりました。
写真は、旧型荷物車が淘汰され、青く染まってしまった荷物列車。特権で操車場内から撮影。(もちろん、作業休憩中で入換作業は行われていない時間です。)


今日は大変ボリュームがあったので、作成に2時間も掛ってしまいました。
1

2007/10/27  1:35

ED77 (その1:50系&貨物列車)  国鉄・JR機関車(交流・交直両用型)
今日は交流型電気機関車篇で「ED77」の第1弾をお送りいたします。

手元に詳細な資料は無いのですが、簡単に解説いたしますと、

ED77は、磐越西線の郡山〜喜多方間の電化に際し導入された、50Hz交流型機関車です。昭和40年に試作機ED931として誕生し、後に量産型が15両製造されています。磐越西線は線路規格が低いため、ED75は入線できなかったことから、車体を延長の上中間台車を設けて、軸重を軽減することで電気機関車の入線を可能としました。この中間台車は、軸重を可変することができたそうです。

試作機であったED931は非貫通型として登場しましたが、量産車は磐越西線の勾配が長い線形を考慮し重連型貫通型として製造されたため、後に重連仕様・貫通型に改造の上「ED77901」と名を改め、量産型とともに活躍しました。

今日は、ED77型の牽く50系客車「レッドトレイン」と貨物列車の画像をご覧いただきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
平成2年7月1日 磐越西線 翁島〜猪苗代間にて 50系客車を牽くED77

個人的にレッドトレインが好きではないので、ED77型が牽くレッドトレインの写真はコレしかないようです。磐越西線の電化区間で2往復のみ残った客車列車が、間もなく電車化される最終期の頃の写真です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年3月21日 磐越西線 磐梯町〜翁島間にて トップナンバーの牽く貨物列車

撮影としては初めて訪れた磐越西線。この頃はまだ1号機が健在でした。通常、同線貨物列車は重連仕業の筈ですが、この列車は単機牽引になっています。???
この日は生憎の雨で最低のコンディションでしたが、同駅間約10Kmを1日掛けて歩きました。3月でかなり寒く、確か途中立ち寄った更科信号場で、声を掛けてくれた職員の方がストーブにあたらせてくれたのを思い出しました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年6月13日 磐越西線 磐梯町〜翁島 重連貨物列車

JR化後間もない頃撮った、ED7715を先頭とする重連貨物列車。59・2ダイヤ改正後に地方貨物の取扱いは激減し、この磐越西線でも日中1往復の貨物列車のみの設定となってしまいました。この列車は必ず重連運転でしたので、客車列車廃止後の人気はかなりあったと思います。
JR化後にも拘らず、このED77には2両ともあのいやらしい「JR]マークが付いていなくて得した気分です。

その2は「臨時列車篇」です。例によっていつアップするか分かりませんが、お楽しみに!
0

2007/10/26  10:15

EF58101(最後にブタ鼻なんて・・・)  EF58のアルバム
しばらく間が空いてしまいましたが、EF58をお届けいたします。

今日は、山陽の荷物列車牽引で最期まで活躍した101号機です。

101号機は、昭和31年7月6日東洋電機・汽車会社製で、新製配置は何と東京機関区です。その後の経過は不明ですが、長らく宮原機関区で特急・急行・荷物列車の牽引に活躍しました。
形態的には、宮原区の特徴である原形小窓を廃車になるまで維持した車輌です。東海道スジの車輌ですので、エアフィルタはヨロイ戸化、パンタグラフはPS15となっています。元々上越仕様ではありませんので、ツララ切りやホイッスルカバー等の寒地装備はありません。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年頃 東京駅にて 20系急行「銀河」を牽引して上京した101号機

この写真は、101号機がまだ原形ライトを保っていたときのものです。当時、急行「銀河」は宮原区のEF58が担当していましたので、美しい姿のEF58が20系を牽引する姿を見ることができました。(一部に美しくないヤツもいましたが・・・。)
再塗装をして間もないのか、ピカピカの車体がリバーサルからのダイレクトプリントとの相性も合って、非常に綺麗なプリントとして残っています。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年5月17日 山陽本線 瀬野〜八本松 EF58101牽引の荷物列車

写真は、瀬野八を行く101号機牽引の荷物列車です。編成はそこそこ両数があった割りには、EF61200番台の補機無しで坂を上ってきました。
写真を見てお判りのとおり、この時点では残念な事にシールドビーム化されています。なお、このシールドビームは、同ライトを装備したまま廃車となった別のEF58のものを取り付けていたそうです。
せっかく最後の原形小窓機として残ったにも拘らず、このようなことになってしまいました。


この101号機も、59・2ダイヤ改正時にEF62化へのツナギ役として下関区に招集され、山陽スジとしては最期の最期まで活躍したカマです。
昭和58年8月現在ではまだ廃車になってはいないようですが、事実上はこの時既に休車となっており、そのまま廃車となってしまったようです。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ