鉄道コム

2007/10/31  0:37

EF5841・46 (白Hゴム&ホイッスルカバー)  EF58のアルバム
ちょっと間が開いてしまったので、またEF58を。

今日は、宮原区の41号機と46号機をお届けしたいと思います。

まず41号機ですが、昭和27年8月2日製造の東芝製。新製当初は高崎第二機関区配置で、いわゆる上越形ですが、宮原区に転属後ツララ切りが撤去されたそうで、唯一大型のホイッスルカバーに上越時代の面影を残します。正面窓は白Hゴムで、エアフィルタはヨロイ戸化、パンタグラフは原形のPS14を搭載していました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 東海道本線 田町駅にて 41号機が牽く上り「銀河」の回送列車

20系寝台客車を使用した上り急行「銀河」の品川客車区送り込みの回送です。
この当時は、東京駅に到着したブルトレはすべて機回しを行い、牽引してきた機関車が品川区へまで回送を牽引しました。
ヘッドマークが付いていませんから、回送かどうかも判りませんね。
ツララ切りが付いていないので、ホイッスルカバーが非常に違和感を醸し出しています。


次は46号機です。昭和27年10月8日製造の日立製。新製当初は長岡第二機関区配置で、こちらも元上越形ですが、やはり41号機と同じように、宮原区に転属後ツララ切りが撤去されたようです。形態も41号機と全く同様に見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年10月6日 名古屋駅にて 荷物列車を従え停車中の46号機

これ位大きく撮っておくと、特徴が判り易いですね。この当時は駅撮りを殆どしなくなってしまったので、ある意味貴重な撮り方です。
青いボディーに白
Hゴムは余りにも目立ち過ぎでした。東海道では滅多に撮影をしていなかったので良く分かりませんが、宮原区配置の車輌は原形を誇示するカマと白Hゴムのカマと両極端な出で立ちでしたので、彼らの評判は相当悪かったものと推測されます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 東海道本線 品川駅にて 出発線で待機中の46号機牽引荷物列車

EF58重連の荷物列車が汐留から品川までやってきて、出発待機をする恒例のシーン。SG(蒸気暖房)を必要とする荷物列車には、EF58の存在は欠かせません。新型直流機でSGを搭載するのはEF61のみですから、絶対多数のEF58の方が運用面でも圧倒的に有利でした。ちなみに、この時の次機は1号機でした。
茶色のマニ36やマニ60を連ねた荷物列車と、EF65F型の533号機が並んで待機するシーンは、私の年代にとって古き良き時代の1コマでした。

41号機は昭和55年12月26日付、46号機は昭和58年1月29日付で、荷物列車のEF62化を待たずに廃車されてしまいました。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ