鉄道コム

2007/11/30  6:50

モハ70系 両毛線(高崎にて):その2  旧型国電
昨夜は早々にダウンしてしまいましたので、今朝方のアップとなりました

先般、両毛線の70系の写真をお届けいたしましたが、今日はモノクロ写真をチョイスしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年3月12日 高崎駅にて 新鋭115系1000番代と並ぶ70系

上越線や一足早く置換えが始まった吾妻線には、115系の耐寒装置を装備した1000番代の進出が始まりました。もう少し早く行っていれば、吾妻線の55系との並びなども撮れたのではないかと思うと残念ですね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年3月12日 高崎駅にて 115系初期車と同じホームで停車中の70系

こちらは、1つの番線で2本が出発待ちをしているシーンです。地方の大きい駅では良く見られる風景ですが、70系の後に115系初期車4連が写っています。115系は信越本線か吾妻線などのローカルだと思われます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年3月12日 高崎駅にて 小山に向けて発車して行った70系

このときの撮影で唯一動きのあるシーンです。このあと、間もなく両毛線からの撤退が始まり、両毛線70系時代の幕を閉じることになります。

当時の状況については、こちらの記事を合わせてご覧くださいませ。
http://diary.jp.aol.com/marutetsu/486.html
2

2007/11/29  0:00

EF66牽引:「はやぶさ」  ブルートレイン:機関車・客車
今日は久々にブルトレシリーズで、EF66牽引の「はやぶさ」をアップいたします。

「富士ぶさ」じゃないですよ!れっきとした「はやぶさ」です。

新幹線網の整備により確実に翳りが見えてきたブルートレイン。巻き返しを図ろうと考案されたのがロビーカーの連結でしたが、ただでさえ定員の少ない2段式B寝台を減車するわけにも行かず、そのままロビーカーを連結することになりました。
ここで問題が発生いたします。それまで、出力面でも耐久性でもなんら支障のなかったEF651000番代でしたが、このロビーカーを連結することにより、勾配区間における走破性が問題となったのです。そこで出番が回ってきたのがEF66でした。
EF66は当時日本最大級の出力を誇るマンモス機で、客車よりも当然にして重量のある貨車を牽けるわけですから、ブルトレの15両編成程度は何の問題もないわけです。
そしてこのEF66の登板は、昔から「EF66に客車を牽かせたい」と願っていたファンには、夢のような出来事だったのです。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年2月14日 東海道本線 三島〜函南間にて EF6649牽引の「はやぶさ」

一連のブルトレの撮影に行ったときに撮ったものです。
写真の49号機は、当時では珍しくPS22Bパンタグラフを搭載したカマです。

そしてナント!EF66牽引の「はやぶさ」の写真はこれ1枚しかありませんでした。1泊2日で撮りに行ったので、最低2カットはある筈なのですが、「はやぶさ」だけは撮り損なってしまったらしいです。

そんな可哀相な「はやぶさ」ですから、「富士ぶさ」の残された時間、できるだけ多く撮ってあげたいと思うのでした。 
0

2007/11/28  2:43

ED77 (その2:オリエントサルーン)  国鉄・JR機関車(交流・交直両用型)
今日は、その1以来1ヶ月も間が開いてしまったのですが、ED77の走行シーンをお届けいたします。

平成になってからは、毎年1月末〜2月の第1週に掛けてD51498が磐越西線の電化区間を走るようになり、2年目から10年以上も毎年通ったものです。
D51自体は1日1往復なのですが、追っかけをしている合間にも、必然的にED77や特急「あいづ」といった面々と出くわし、写真を撮ることが多くありました。
そんな中でも、特に団体列車と出くわすこともありますが、予期していないとカメラをセッティングしたまま見送ってしまうことも多々あるので、あまり油断もできません。

今日ご紹介いたします写真は、カメラをセッティング後、偶然通ったオリエントサルーンを捉えたときのものです。


クリックすると元のサイズで表示します
平成5年2月6日 磐越西線 翁島〜磐梯町間にて ED77+オリエントサルーン

これはオリエントサルーン使用の団体列車です。
オリエントサルーンは仙センの配置で、主に東北地方で活躍していた列車でしたので、なかなか関東ではお目に掛かることはできません。あまり興味を牽く車両ではありませんでしたが、磐越西線でED77が牽引する姿も初めてでしたので、雪晴れにそびえる磐梯山をバックに撮影したものです。といいましても、本来このアングルはD51のために用意したものなのですが・・・。

私が撮影したオリエントサルーンは、このほかにEF65が牽引しているものとの2枚だけですので、今となっては貴重な資料になっています。
1

2007/11/27  1:15

キハ183系0番代:特急「北斗」(大沼篇)  特急型気動車
今日は久々のキハ183系をお届けしようかと。

北海道ではこのところの寒気の影響で、かなり雪が降っているらしいですね。都心ではやっと紅葉が落ち着いてきた頃ですが、日中は結構暖かかったりして、とても雪が降るような感じではありません。

そんなところで、写真だけでも北海道の寒さを体験していただきましょう。

特急「北斗」は、函館〜札幌間を室蘭本線・千歳線経由で結ぶ幹線特急です。
最初はキハ80系で運転されていましたが、キハ80系全廃により183系化されています。登場当初、一時期キハ56系を使用したニセモノの「北斗」も走ったそうな。
北海道では、キハ80系を最後まで使用していた特急は「おおとり」でしたが、これは定期特急の話で、臨時を含めるとこの「北斗」がフィナーレを飾っています。

「北斗」にキハ183系が導入されたのは、「おおぞら」「北海」「オホーツク」に続く4番目で、昭和58年6月のことでした。気動車特急としては随一の幹線特急であるにも拘らず導入が遅れたのは、おそらく運転本数が多かったからではないかと思われます。

その後、昭和61年には改良・貫通型の500番代が投入されますが、「おおぞら」への投入が優先され、何故かまたここで「北斗」は憂き目に逢ってしまいます。

今日アップするのは、そんな憂き目に逢っていて、0番代ばかりが運用されていた時代の「北斗」の写真です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年12月13日 函館本線 大沼〜仁山間にて

国道5号線と平行して走る函館本線。これから一気に山を下りて、「北斗」は終点函館を目指す。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年12月13日 函館本線 大沼〜仁山間にて

左の雪原は大沼。遥か遠くに駒ケ岳を望みながら、一路札幌を目指す「北斗」。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年12月13日 函館本線 大沼〜大沼公園

むかしからの定番撮影地。これから駒ケ岳の裾野を回りこんで、森へと向かう。 


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年12月13日 函館本線 大沼〜仁山間にて

大沼駅を通過し、複線区間を加速する「北斗」。


このキハ183系自体が当時の国鉄車両としては奇抜なデザインでしたが、500番代の登場に合わせて塗色変更され、なおさら奇抜さに輪をかけることとなりました。
この塗装、正直キライです。特に、雪が積もっているときにこの白ベースはなんとも映えません。

冬の北海道での撮影は、本当に厳しいものがあります。実際に撮影しているときは、景色がきれいとか言っている場合ではありません。しかも本数が少ないので、待っている間に死んでしまうのではないかみたいなことを考えたこともありました。

どうでしょう、極寒体験できたでしょうか?
0

2007/11/26  0:45

東武スペーシア団臨:JR線を走る  写真撮影
もう昨日になってしまいましたが、南栗橋検車区で行われた「東武ファンフェスタ」に関連して、ナント!東武100系「スペーシア」が団体専用列車として品川〜栗橋までJR線を走行しました。
通常、スペーシアの乗り入れは新宿駅折り返しとなっておりますので、品川駅までの営業列車としての入線は初と思われます。(当然、訓練運転では入線している筈ですが。)

で、またまた寝不足の折、送り込み回送と本運転を撮りに行っちゃいました。去年あたりまでそんなにマメには出掛けなかったんですが。最近は出不精でなくなってきたのが不思議です。

クリックすると元のサイズで表示します
平成19年11月25日 東北本線 蕨〜西川口間にて 回9666M

始発駅となる品川への送り込み回送です。
南栗橋→新栃木→栗橋→品川と非常に不合理な回送ですが、栗橋で逆方向からのJR入線ができないための措置と思われます。ご苦労様です。
正面順光ですが、車体もヘッドマークもホワイト系なのでトンでしまいました。
何か、この間の新幹線の撮影を思い出すなぁ。


クリックすると元のサイズで表示します
平成19年11月25日 東北本線 西川口〜蕨間にて 団臨 9027M

こちらは本運転で、フェスタに参加するお客さんが乗っています。
逆光なのでモノトーンな写りになってしまいましたが、正面の光が抑えられた分、ヘッドマーク(というかシール)が良く見えるようになりました。
こちらも、回送とは逆経路で、かなりの時間をかけて南栗橋まで行くことになります。
ま、このテの列車に乗る人たちは、長く乗っていたいだろうから、文句はないんでしょうな。


ということで、家庭を顧みることなく、3連休オール出場となった「つばさ」でした。
0

2007/11/25  18:00

185系200 臨時特急「あがつま草津」  写真撮影
昨日の話になってしまいますが、高崎・上越・吾妻線に臨時特急「あがつま草津」号というのが運転されました。
前々から時刻表を見て気にはなっていたのですが、我家から歩いて行けるし、まぁ話しネタとして撮りに行ってみようかと。

使用車両はダイヤ情報で185系と判っていましたので、おそらくヘッドマークも用意されるのだろうと思い、本当はもっと寝ていたかったのですが、そそくさ出掛けました。

クリックすると元のサイズで表示します
平成19年11月24日 西川口〜蕨間にて 臨時特急「あがつま草津」

運転区間は新宿〜長野原草津口で、編成は185系7連(OM7編成)でした。
今年の運転は下りが11月23・24日、上りが24・25日のみで、3連休でのスポット設定のようです。
新宿発の草津方面行きは、過去にスーパービューを使用した列車があったと思いますが、運転実績は比較的少ないようです。

ちなみに、ヘッドマークをズームアップしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

上の写真の画像を縮小無しで切り取ってみました。
よくみると、ヘッドマーク四隅のRが合っていません。どうもシールのようですね。

ダイヤ情報によると、来年の2月9・10日(下り)、10・11日(上り)に運転されるようです。撮り逃した方は、来年の運転を待ちましょう。
0

2007/11/25  0:40

EF58102:もう1台のヒサシ美人  EF58のアルバム
このところすっかりご無沙汰してしまいましたEF58シリーズを一つ。

今日は、宇都宮区でツララ切りを装備し、改造が少なく美人だった102号機をご紹介したいと思います。

これまでご紹介いたしました中でも、153号機はHゴム化されずにきれいな顔立ちで活躍していた姿をご紹介したことがありましたが、この102号機もほぼ同様の形態でした。
153号機は、ツララ切り装備で原形小窓、原形フィルタで、テールランプも原形小型のものを装備していましたが、ホイッスルカバーは外されていました。
これに対して102号機は、ほぼ同様の装備でありながらも、私の撮った写真を見る限り、大型のホイッスルカバーを装備したままとなっております。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年10月頃 田端操車場にて(田端駅南行ホームから)EF58102+マニ36

おそらく荷物列車を牽いて田端操に到着、隅田川への発車待ちだと思いますが、この頃の写真で宇都宮区のEF58が荷物列車を牽くシーンというのはあまり記録に残っていません。もしかしたら、高崎第二区へ貸し出しされた可能性もあるのですが、詳細は不明です。

同機は、この写真を撮った3年後に廃車されており、この状態のまま廃車になったのか、多少の改造を受けたのか、詳しい経過が分かりません。比較的遅くまで活躍していた割りには、何故かこの1枚しか写っていなかったのです。

客車ファンの方は、次位のマニ36にも着目してみてください。張上げ屋根の改造車です。荷物車の割には張上げ屋根の痕跡があるだけで流美に感じてしまうから不思議です。
この写真の影響で、GMマニ36を改造して作ってしまいました。惜しむらくは、ナンバーが不明であることです。

この102号機、昭和31年10月2日誕生の日立製。転属の経緯詳細は資料がありませんが、確実に高崎二区か長岡区の経験を持ちます。原形フィルタを装備していたことから、浜松以西の配属経験は無いものと思われます。(ただし、東海道電化当初には一時的に配置された可能性は否定できません。)昭和58年11月11日付で廃車となっています。

EF58の晩年期は、このようなヒサシ付き原形小窓車は殆ど存在しませんでしたので、大変貴重な車両ではありましたが、最後まで活躍することはできませんでした。
0

2007/11/24  18:05

平成19年11月23日の撮影:私鉄篇  写真撮影
さて、本筋は大体報告させていただきましたが、昔から欲張りな性格のため、あちらこちらとツマミ食いをしています。

今回小田原に行くことから、あまり積極的には撮影に行っていない小田急電鉄でも撮れれば、あわよくば"復活塗装のLSEでも来ないかな"なんて期待していたのですが。、
実際にはあまり撮影する時間もなくて、結局撮れたのはこの1枚だけでした。

クリックすると元のサイズで表示します
小田原駅 小田急7000系 LSE新塗装

LSEの写真を撮ったのは今更ながら初めてです。残念ながら新塗装、しかもヘッドマークは「回送」ですか?そうですか・・・。

そしてもう一つ。小田原といえば伊豆箱根鉄道大雄山線。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この線も撮ったことなかったなぁ。むかし職場の旅行で小田原を通る度に西武色の旧型車を見ましたが、なかなか下車する機会無く箱根まで行ってしまいますからね。
少し様子を見ていましたが、これだけしか撮れませんでした。

私鉄に関してはこんなところです。時間が余りにもありませんでした。
それこそ、ダイヤとか運用を調べて予定を合わせておかなければ、ついでに良い写真撮ろうなんて甘いですよね。
でも、せめてLSEの復活塗装だけは撮っておきたいですね。
0

2007/11/24  11:08

平成19年11月23日の撮影:500系に夢中続篇  写真撮影
では、新幹線篇の続篇です。

当初予定では、小田原で撮影のあと1本の500系を捨てて西馬込に向かう予定だったのですが、line様に時刻表で臨時の500系の折り返しを確認していただくと、また返しも2本続行となることが判明しました。これを捨てるわけには行かなくなってしまい、新横浜で下車し、撮影を挙行することにいたしました。

以前新横浜で撮影したときは、上りホームからのみの撮影でしたので、今回は下りホームから進入のシーンを撮影することに。幸い、他の撮影者もいなかったため、ゆったり構えることができました。

クリックすると元のサイズで表示します
新横浜駅 500系「のぞみ187号」

下り33号とわずか3分後に続行してきた「のぞみ187号」です。新横浜停車のため、ゆったりと撮影できました・・・が、正直なところ失敗です。左に振りすぎて最後部を落としてしまいました。クソ〜。
先行の「のぞみ33号」はリバーサル撮影ですのでまたの機会に。こちらは期待しているのですが。


そして、最後は西馬込です。新横浜で品川までの乗車となりますが、上り列車を待っていると、品川停車の新幹線が暫くありません。どう計算しても上りの18号は間に合わない。下りの41号は、このところの観察からすると日没ギリギリ。Swallow Angel様と諦めようかという話もしていたのですが、せっかくなので、次回のロケハンも兼ねてということで、とりあえず行ってみることにしました。

現地に着いたときはまだ良かったのですが、分刻みで太陽の光が弱くなっていくのが分かります。41号の通過まで30分ちょっと。予行練習をしながら太陽のご機嫌を伺い、そのときを待ちます。

クリックすると元のサイズで表示します
品川〜新横浜間 西馬込付近 700系「のぞみ」

光線は完全に暮色を含んだやわらかい光に変わってきました。
その後数分で、線路に落ちるビームや木の影が動き出し、もう数分のところで架道橋の影が線路を覆い出しました。果たして撮れるのか・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
品川〜新横浜間 西馬込付近 500系「のぞみ41号」

シャッタースピードは軒並み2段階下がりましたが、正面がちなのでブレないで撮ることができたようです。先頭の直前まで影が迫っているのがお判りいただけると思います。
先週ロケハンで行ったときには500系に嫌われましたので、とりあえずはリベンジできたというところでしょうか。
日の入りが益々早くなりますので、41号の撮影はこの連休が限界のようですね。

ということで、撮影の行程は全て終了です。
Swallow Angel様と五反田で別れ、帰途に着きました。

しかし、新幹線の撮影は非常に疲れますね。ある意味、暫くの間忘れていた「撮影の緊張感」というものを思い起こさせられたという感じがします。
500系が関東にいる限りは、まだ追い続けたいという想いがつのりました。

おって私鉄篇、バス篇もお届けしたいと思います。では・・・。
0

2007/11/24  0:55

平成19年11月23日の撮影:500系に夢中篇  写真撮影
さてさて、日付が変わって機能の話になってしまいましたが、今回は新幹線篇をご報告いたします。

私は本来駅撮り派ではないのですが、車慣れしてしまった私が電車で移動し効率的に予定を消化するためには、駅撮りに頼らざる得なくなってきます。しかも新幹線は、安全性の確保から安全柵が在来線より高くしてあったり、環境保全のために防音壁を設置していたりと、駅間で撮るの用意ではないため、なおさらなのです。

ということで、今回の行程は駅撮りを中心に考え、比較的近場で編成全体を収めるのに障害物が少なそうな小田原駅を選んだわけです。しかし、小田原駅に1日張り付いているわけにも行かないので、東京方から西進し、都心へ戻るルートといたしました。
では、順を追ってご紹介いたします。

まずは、集合となった田町駅で。前ログで説明が洩れましたが、デザイン屋の日々」管理人のline様 http://diary.jp.aol.com/qegbrh4/は川崎からの合流となりますので、この時点ではSwallow Angel様 http://do-raku-oyaji.cocolog-nifty.com/blog/ と2人での撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します
田町駅にて 折り返し「のぞみ9号」の送り込み回送

サンライズの回送を撮ってからこの列車を撮ろうと思っていたのですが、サンライズが通過する前に来てしまいました。前頭は撮り損ない、在来線との境界にある柵も邪魔なことを知っていたので、いたずらに流して遊びました。そしたら、これが止まってしまったんです。お遊びのつもりがちゃんと写ってしまいました。昔、品川駅で0系相手に遊んで流していた頃を思い出します。

その後、改札から出て定番のテラス階段から「のぞみ9号」を撮りましたが、こちらは中判リバーサルで撮りましたので、こちらは現像が上がってからのご紹介となります。


次に、移動の列車中でline様と合流後、3人で「富士ぶさ」を撮影、そのまま次の目的地である小田原に向かいます。

ここは新幹線の特集記事で見て撮り易そうだったので選んだのですが、実は、なかなか手ごわいところだったことが後に分かります。

クリックすると元のサイズで表示します
小田原駅 300系 下り「こだま」

最初の下り「のぞみ17号」に備え、上りホーム東京方に移動。300系も近いうちに全廃ということもあり、いくつか押えました。

クリックすると元のサイズで表示します
小田原駅 700系下り「のぞみ」

さらに、退避中の「こだま」を「のぞみ」が追い越すシーンを撮ってみました。
その通過速度の速さに度肝を抜かれ、この後苦悩を味わうことになります。

そして、「のぞみ17号」はリバーサル撮影のため、今日は画像がございません。
ちなみに、スピード感抑制のため、望遠で正面に近い角度で撮るようにしました。


次は20分後に上り「のぞみ17号」に備え、今度は下りホームへ。しかし、ここが難儀でした。


クリックすると元のサイズで表示します
小田原駅 700系下り「のぞみ」

こちらも、テストを兼ねて追越シーンを撮ってみました。
こちらはインカーブになるのですが、上りホームから遠望したカーブの感覚と違い、中途半端に緩やかな感じで、遠くを押えようとすると後部が全てトンネル内に隠れてしまい、ワイドで引こうとするとホーム安全柵が軒並み写ってしまうというジレンマ。しかも、引けば当然画像内のスピードが早くなるので、キッチリと構図内に乗せるのが難しくなります。


クリックすると元のサイズで表示します
小田原駅 上り「のぞみ2号」

そしてこの構図です。柵がどうしても入ってしまいます。そして、これは中望遠クラスの画角と思いますが、とにかくもの凄いスピードで迫ってきますので、フレーム内に収めるのに必死です。あと3mくらい引きたいところですが、0.01秒ずらしてもフレームから飛び出してしまうでしょう。本当に手ごわいです。

3人で食事の後、上りの「のぞみ10号」を狙います。
インカーブからは難しかったので、今度は上りホームから狙います。しかし、これがまた曲者で、緩やかなアウトカーブのためズームアップすると正面しか写せません。引けば当然編成は入りません。でも仕方ありませんので、引いて勝負することとしました。

話をしながら時間を待つと、見過ごそうと思っていた上り列車が500系ではありませんか。急いで電源を入れ画角を調整しシャッターを押したのですが、その迫ってくるスピードに全然間に合わず、撮れたのが3両目でしたorz.

ここでline様とお別れ。なぜ予定より早く来たのかなどの談義をしていたらトンネルからまた光が・・・なんと、また500系が来ました。何だか状況が分からないのですが、まだカメラをしまっていなかったので今度は撮ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します
小田原駅 上り「のぞみ10号」

まぁ、写りはアレなんですが、とりあえず撮れたということで、さっきのは何だったんだと。どうも臨時列車に500系が充当されダブルで来たのだということが分かりました。

つづく・・・
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ