鉄道コム

2008/3/22  15:57

原稿料もらえるんですね・・・  
3日前に http://diary.jp.aol.com/marutetsu/666.html で鉄道ファン誌に投稿記事が採用されたことをお知らせしたところですが、届いたのが鉄道ファン掲載誌1冊だけで、なんのお知らせもステッカーとかボールペンなど記念品も何も無くて、チョットだったんです。
昨日、封書が届いていたのを知らなくて、今日気付いて開けてみたら、郵便局の振替払出証書というのが入っていました。
生命保険の保険料過払いでもあったかと思ったのですが、内容を良く見たら『原稿料』交友社の記載があり、チョビックリしました。

金額はそんな高いものではありませんが、現金で原稿料を貰えるとは思っていなかったので、貧乏人にとってこんな嬉しいことはありません。
ま、マイナス残高の足しにしかなりませんが、掲載されたことと合わせて非常に嬉しい出来事でした。
0

2008/3/22  2:15

EF57の末路(宇都宮運転所)  国鉄・JR機関車(直流型)
今日はちょっと悲しいネタかもしれません。
少年の頃大好きだった、EF57の最期の頃写真です。

私がEF57を好きになったのが中学1年生のとき。それまで興味が無かった茶色い機関車ですが、鉄道好きの友人にEF57について教えられ、俄然興味を持ったのでした。
しかし、興味を持って写真を撮り始めた頃が、EF57の活躍に終りを告げる頃だということ知る由も無く、ただがむしゃらに写真を撮り続けました。
当時使っていたカメラが性能が悪く、良い写真が全然撮れなかったのですが、それでもEF57に遭えることだけを楽しみにしていたような気がします。

そんな鉄活動も束の間、EF57を突然見なくなるようになりました。
余りにも見なくなったので、いてもたってもいられなくなり、中学1年生の分際で宇都宮運転所まで出掛けて行ったのでした。

そこで目にしたものは・・・

クリックすると元のサイズで表示します
EF571

クリックすると元のサイズで表示します
EF576

クリックすると元のサイズで表示します
EF579

宇都宮運転所でいい加減に手を縛られ留置されているEF57たちでした。

それまで走っていたのは、1〜11・13〜15のうち1・3〜7・9・11・13
だったと思います。おそらくですが、2・8・10・14・15の5両は一足早く廃車となってしまっていたようでした。
特にこの写真の中でも、6号機と9号機は走行している確かな記録がありませんので、先に廃車となった号機たちと大差なく休車になってしまったものと思われます。
そして、この2台はその後本線に復活することなく解体されてしまったようです。
昭和51年の下期くらいでしょうか。

この後奇跡が起きます。全て休車となっていたEF57たちですが、多客輸送でまた走り出したのです。残っていたのは、1・3・4・5・7・11・13だったと記憶しております。多客時の輸送に機関車が足りなかったのでしょうか、本線を走る姿を見られるようになりました。また彼らを追いかける日々となりました。

しかし、それも長くは続きませんでした。多客輸送が落ち着きだすと、またEF57の姿を見る機会が無くなりました。
そこで、また翌52年に再び宇都宮運転所を訪れました。

クリックすると元のサイズで表示します
EF574

クリックすると元のサイズで表示します
EF577

クリックすると元のサイズで表示します
EF5711

この訪れたときには1・4・7・11の4台しか残っていなく、3・5・13は既に大宮工場に送られてしまった後のようでした。
結局、この写真を撮って以降、二度と本線に返り咲くことは無く、また、さよなら運転などのイベントも無く、ひっそりと姿を消してしまいました。
その後、7号機だけは解体を免れ、公園で静態保存されることになったのはせめてもの救いでしょうか。できれば、特殊なスタイルで人気のあった1号機も残して欲しかったと悔やまれます。

少年時代に最大に憧れた機関車EF57。写真も良いものが無く、記録としても全滅としか言えないほどの始末ですが、その存在を永遠に忘れることは無いでしょう・・・。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
8

2008/3/21  21:13

都営バス「オリンピックを東京に!」:大丈夫ですかね石原さん  バスの写真館
ちょっと久し振りのバスネタです。

昨日、お彼岸の墓参りで巣鴨に行き、その様子をアップいたしましたが、昼食のお店を物色しているとき白山通り(国道17号線)で都営のラッピングバスを見つけました。

国道17号線を挟んで地蔵通りと真反対側に都営バスの巣鴨営業所があります。
家族連れなのでまだ1度もお邪魔したことはありませんが、営業所が近いことだけあって都営バスがバンバン通ります。

歩道を歩いていたとき、「あれオリンピックのだよ!貴重になるんじゃない?」・・・「へ?」・・・女房に言われて初めてバスに着目しました。
腹が減っていたし、良い店がなかなか見つからないのでバスなんか全然気にならなかったのですが。「撮っておいた方が良いんだ!」と思うまで1分くらい掛かってようやくカメラをスイッチON!運良く営業所への右折待ちだったので捉えることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
平成20年3月20日撮影 巣鴨駅付近にて

ラッピングバス大嫌い派の私がラッピングに着目して撮影するのは極めて珍しいことです。
オリンピック招致のオリジナルロゴに卓球の福原愛ちゃん。頑張ってスマッシュしてますね。

2016年オリンピックは強敵が多いようで、絶望視されている向きも多いような話です。むしろ、前評判の悪い今年の北京と争った方が確率的には良かったんでしょうか?

いずれにしても、開催国となるかどうか、現時点では分かりません。

2016年まであと8年もあります。果たして東京に、日本に招致することができるんでしょうか・・・幻のラッピングとなってしまうのか・・・石原さん、大丈夫ですかね?
0

2008/3/21  1:35

キハ58系急行「ときわ」「奥久慈」  気動車(急行・その他)
過去ログで修学旅行用のキハ58系800番代のご紹介をしたことはありましたが、気動車急行列車に特化してご紹介したことが無かった思いますので、今日は1発ご覧頂きたいと思います。

今日ご紹介いたしますのは、常磐線全線電化後も走り続けた気動車急行「ときわ」「奥久慈」です。
「ときわ」は451・453系を中心とした電車急行で、特急「ひたち」がキハ81系による1往復運転時代からも常磐線の優等列車として活躍していました。
電車急行であると同時に、水戸から水郡線に乗り入れている気動車急行「奥久慈」を伴って、これを併結した気動車急行としても歴史があります。
「奥久慈」は上野に乗り入れる水郡線からの唯一の列車であり、通年2往復体制をとっていましたが、多客期には臨時列車も増発されています。水郡線内では何れも途中駅まで急行運転であり、その先は普通列車となっていました。

では、架線の下を疾走していたDC時代の「ときわ」「奥久慈」をご覧下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年頃 上野駅にて 常磐線快速ホーム11番線に停車中のDC急行「ときわ」

時代によって変遷があるようですが、上野駅の11・12番線は京浜・山手ホーム同様に嵩がありますので、ステップ付きの車両は入口の1歩目が落ち込むため危険なんですよね。私がバイト時代に臨時の「ときわ」「奥久慈」が11番線発だったので、この写真も臨時かもしれません。旅客誘導中に何人かステップに足を引っ掛けて転びそうになった人がいましたな。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年頃 上野駅にて 上野駅を発車したDC急行「ときわ」「奥久慈」

上の写真の列車が発車したシーンと思われます。この時代でも上野発のDC急行は非冷房車が多かったのですが、関東のみを運用する水戸区には冷房車が中心に配置されていたようですね。同じ時代の「おが」や「いいで」「ざおう」と随分格差のある編成です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年5月頃 常磐線 新松戸駅にて 快速線を疾走するDC急行

常磐快速線はこの区間でも95〜100km/h運転していましたので、DC急行も結構カッ飛んでいましたね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年8月30日 常磐線 新松戸〜北小金間にて 下りDC急行

これは新松戸駅近くの築堤をよじ登って撮影したものです。未だ循環タンクの付いていないトイレの列車が走っていたので、実はこのアングル、ある意味命がけです。
今ではこんなところをよじ登ることすら出来ないんでしょうね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年10月12日 常磐線 荒川沖〜土浦間にて

この区間は交流区間ですが、DCだから「そんなの関係ねぇ。」

この翌年の昭和58年には、急行「奥久慈」は常磐線内のみとなり、水戸からは普通列車という直通しているだけの役割となり、年を追うごとに衰退し、昭和60年3月改正でとうとう廃止となっています。

私は個人的に常磐線には縁がなかったので、当急行列車には乗ったことはありませんが、その昔は編成中にキハ55も組み込まれており、注目していた列車でした。
しかし、現実にはバイト中に臨時の「奥久慈」にキハ55が3両連結されているのを見たことがあるだけで、晩年の定期急行はキハ58系に統一されていたようでした。
結果的に混成列車を撮ることができなかったのが非常に残念でした。
36

2008/3/20  22:25

お彼岸の『とげぬき地蔵』  鉄道以外の写真ネタ
今日はお彼岸の中日、春分の日。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、これまでの春を越したような陽気に比べて、今日はなんと寒かったことか。

我家の恒例で、お彼岸は我が本家と女房の実家のお墓参りに行っています。
我が本家のお寺はお隣の戸田市内にあり、早ければクルマで10ほどの近いところなのですが、女房の実家のお墓は、地蔵通りの入り口にあります「真性寺」というお寺なので、大体は女房のお母さんと現地待ち合わせで、お墓参りの後に『とげぬき地蔵』にお参りし、昼食を摂って帰るというのが結婚して以来のパターンとなっています。

いつもはお彼岸であろうと無かろうと、休みの日の「地蔵通り」はジジババたちで大変な混雑なのですが、予想通りといいますか、今日は通りも閑散といった感じです。
毎度毎度ですが、歩きの遅いジジババたちにぶつかりそうになったり踏み付けそうになったり、ある意味大変危険な場所ですし、生来人混みが嫌いな私としてはどうしても好きになれない場所です。ですから、こんな雨の日は面倒ではありますが、安心して歩くことガできるのです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
いつもの活気が全く感じられない「地蔵通り商店街」。
人通りはそれなりにあるものの、殆どが地元生活者たちという感じで、巣鴨駅へ向かう人、帰ってくる人たちばかりのようです。


クリックすると元のサイズで表示します
いつもは3つ折の行列となる観音様(通称:洗い観音)。
今日はご覧のとおり、順番待ちも最大5分程度でしょうかね。
ちなみに私は一度も並んだことがありません。一度アタマの辺りでも洗っておいた方が良いかな・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
なんで行列が少ないかと言うと、境内自体がこんな感じだからです。つまり、今日は殆どのジジババは家でゆっくりしているのでしょう。
正解です。無理をして風邪引くより、今日は家でご先祖さまを供養していた方が良いですよ。

この後、家族でラーメン定食を食べ、家路に着きました。
道路も一部大通り同士の交差部分で若干の渋滞がありましたが、概ね空いていましたね。お彼岸はいつも渋滞と人混みでウンザリするのですが、今日はあまりストレスを溜めずに帰って来ました。
0

2008/3/20  0:20

ED60:大糸線  国鉄・JR機関車(直流型)
このところスキャニングが滞ってしまい、ネタが中途半端で悩んでおります。
さてどうしたものか・・・。

どれもが完結しない内容なので、構成に困るんですよね。

そんな中で、これ以上出てこなさそうなのがあったので、ED60型電気機関車の画像をお届けいたします。

直流型新性能電気機関車の始祖となった機関車です。
D型だし小柄で出力はそれほど大きくありませんが、後の強力型貨物機や高速型機関車のお手本となるカマです。

ED60とED61は非常に似た形態のカマですが、勾配線区向けのED61が回生ブレーキを搭載するのに対して、平坦線区用のED60はコレといった装備がありません。その関係で、ED60はED61に比べて車体長が1.3mも短くなっています。

ED60は線区・線路の特性から阪和線で重用されましたが、一部は大糸線(電化区間)の貨物列車の牽引で活躍していました。

では、大糸線で活躍していた頃の写真をご覧下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年7月22日 ED601 トップナンバー車

新製配置から唯一大糸線を離れなかった機関車です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年7月22日 ED603牽引の貨物列車

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年7月22日 ED603のサイドビュー

3号機は、阪和線や甲府など何回か異動していたようです。


大糸線の旧型国電を撮影に行った際にキャッチしたもので、出逢いはこのとき限りでした。
旧型国電廃止後も少しの間残っていたようですが、貨物合理化に際して全廃。飯田線で余剰となったED62と交代して引退しています。

交流機ED71と限りなく似たスタイルのED60。カッコ良いというよりは、コンパクトで可愛いヤツでした。
1

2008/3/19  21:53

鉄道ファン誌に記事が採用されました  鉄道以外の写真ネタ
こんばんわ!
この度、鉄道ファン誌2008年5月号に私が初めて投稿した記事が採用となりました。
本日、掲載誌として5月号が届いておりました。

驚いたのは、写真がかなり大きく、また、記事も殆どカットされず、1ページの3/4くらいのスペースが使用されていたことですね。

ちなみに、記事は5月号の179ページに掲載されています。

写真は以前アップしたコレです↓

クリックすると元のサイズで表示します

ページレイアウトの関係で縦横比が変更されており、記事も多少言い回しの直しがあったようですが、ほぼ投稿したままの記事となっております。
また、写真の解説は私が書いたようにも読み取れるようなリアルな内容となっていますが、ここは私はノータッチ。つまり、編集部さんが記事文章から分析して説明文を作ったのでしょうね。

ページレイアウトといい、この写真説明文といい、さすが本職!と感心いたしました。

正式な発売日は22日(金)になると思いますが、購読されている方は是非見てやってください。

なお、投稿に際し、HNの「キハ181つばさ」は使用できず、日本人の名前にしてくれという要請があったので、『俵 総太』というペンネームにしてあります。

※583系団臨の画像を送ったのですが、こちらは使用されませんでした。でも、記事がこんなに大きく載るとは思っていませんでしたので、大変満足しておりますです。
0

2008/3/19  0:22

京成電鉄:行商専用列車  列車・車輌カタログ(私鉄)
久し振りの京成ネタです。
かなり前から予告をしておりましたが、その昔、京成電鉄に走っていた行商専用列車の写真が1枚だけあり、スキャニングがやっと出来ましたのでアップしたいと思います。

残念ながら、私鉄には全くと言って良いほど興味が無かった時代ですので、車両や運転開始の経緯、列車の廃止など詳しい状況が掴めません。
京成ファンの方は詳しいと思いますので、興味のある方は各々お調べいただきたく存じます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年頃 京成電鉄本線 日暮里駅付近にて 行商専用列車3連

モノクロなのが残念な写真です。確か、日暮里付近で特急「みちのく」の写真を撮影していた際に偶然通りがかった行商専用列車をキャッチしました。
当時、既に青電は廃車になったか塗り替えたかで消滅してしまっていて、京成の中でも最後の青電だったと記憶しております。
中間車の1両はアルミ製でしょうか。これまた京成電鉄の中では珍車中の珍車です。

フィルム現像を自前で行ったのですが、薬液の温度管理が悪かったらしくオーバーに定着してしまったため、粒子も非常に荒れてしまい、見苦しい写真となってしまいました。
故にプリントもしていなかったのですが、今回フィルムスキャンで何とか見られる程度まで蘇らせることができました。

詳しい情報・知識が無いため、詳細をお伝えできないのが大変残念ですが、どうぞご勘弁下さい。
2

2008/3/18  1:29

485系1000番代:登場間もない頃の「つばさ」  特急型電車(交直流・交流)
こんばんわ。
最近、多くの方から過去に例を見ないほどの点数を頂いております。
あまり気にしないようにはしているのですが、これだけの方にご支援を頂いているのかと思うと、俄然やる気が起きてきます。毎日点数をクリックしていただいている方に深く御礼申し上げます。

さて、今日は久々の古ネタからの485系をアップしたいと思います。それは、登場間もない頃の485系1000番代「つばさ」です。

485系の耐寒型としては、以前アップいたしました北海道用の1500番代の方が先に誕生していますが、半ば失敗作(失礼!)となってしまい、本格的には後から誕生した1000番大の方が優れていたようです。
それまでも東北や北陸地方では483系や485系による運転の実績がありましたが、昭和40年代後半から世は電車化の時代にあり、奥羽本線で最後まで気動車特急として活躍していたキハ181系「つばさ」の電車化に当たり製造が進められていました。

「つばさ」の電車化当初は、この1000番代の製造が間に合わず、青森運転所の485系一般型(貫通・非貫通)が使用されていましたが、1000番代の製造完了とともに順次秋田区に配置され置き換えられて行きました。

今日ご紹介いたしますのは、1000番代誕生間もない頃で、「つばさ」がまだ文字マークの時代のものです。中学生の時でカメラもろくなものではなかったため、ブレたり劣化によるカラーバランスの崩れなど非常に出来の悪い画像ですが、「所詮中坊が撮った写真じゃ仕方ないか・・・。」くらいの広い心を持ってご覧下さいマシ。

クリックすると元のサイズで表示します
東北本線 赤羽駅にて


クリックすると元のサイズで表示します
東北本線 尾久駅にて


クリックすると元のサイズで表示します
東北本線 赤羽駅にて


クリックすると元のサイズで表示します
東北本線 上野駅にて


クリックすると元のサイズで表示します
東北本線 上野駅にて

3枚目の写真はハーフ判、一番下は6×6判で撮影したもので、いずれも昭和51年末から昭和52年にかけて撮影したモノの思われます。
ボンネット型の好きな私にとって、1000番代が勢力を伸ばしたことによりバラエティさを奪ってしまった張本人としてあまり好きではないのですが、485系が僅少になってきた今からすると、485系が最も活躍していた頃であり、文字マークで特急列車を主張していた良い時代であったと思います。

惜しむらくは、登場当初に200番代(貫通型)の「つばさ」が走っていたのですが、キハ181系が駆逐されてしまったショックからか、全く撮っていなかったことですね。

485系1000番代の登場により、「やまばと」のボンネット車が無くなってしまったことは非常にショックでした。その後、他の485系とごちゃ混ぜになってしまい、あまり区別がなくなってしまったように思います。

お断り:昭和51年頃に撮影した写真については、場合によると300番代非貫通型の可能性もあります。
また、「つばさ」は暫くの間食堂車(サシ481)を連結していましたが、食堂車の営業休止が既に始まっていた頃だったので、食堂車のみ一般型を連結していました。
従って、サシ4811000番代は製造・実在していません。
0

2008/3/17  3:30

581・583系「なは」 永遠のさよなら・・・  特急型電車(交直流・交流)
ダイヤ改正が実施されて新たな1週間が始まりますね。
時刻表的にはそんなに変化の大きかったダイヤ改正とも思えないのですが、歴史ある名門急行「銀河」、九州連絡夜行を支えてきた最後の寝台特急「なは」「あかつき」の廃止、「日本海」「北斗星」の縮小、そして東日本では元サロンエクスプレス東京のお座敷「ゆとり」、近未来の夜行列車の在り方模索した試作車「夢空間」の廃止など、客車列車を取り巻く非常に厳しい時代がクローズアップされた改正となりました。この数ヶ月間、私も含めてですが、少しでも消え行く彼らの姿を記録に収めようと奔走されたファンの方も相当いらした様子がうかがえました。

さて、この間私もあちらこちらと出没しては、東日本のみですが撮影及びその報告を行って参りましたが、国鉄ファンの私としては西日本にも触れないわけにはいきませんので、今改正で惜しまれながら廃止されてしまった寝台特急「なは」に関連した記事をアップしたいと思います。

もう各誌でその歴史等を紹介されているので今更というのもありますが、簡単に説明させていただきます。

特急「なは」は、昭和43年10月、それまで「かもめ」として運転されていた新大阪〜西鹿児島間のキハ80系による気動車特急を分離独立して誕生しました。誕生時は新大阪〜宮崎を結ぶ気動車特急「日向」を併結しています。
昭和48年10月の改正で鹿児島本線電化にやや遅れて電車特急となり、「日向」と分離運転され、昭和50年3月のダイヤ改正(新幹線博多開業)まで昼行電車特急として九州連絡の役目を担いました。
同改正により山陽の昼行特急が全廃になり、廃止になると思われた「なは」ですが、その名称を与えられた経緯から存続することになり、改正前まで京都〜西鹿児島を結んでいた581・583系寝台特急「きりしま」のスジを引き継ぐことになり、ここに新たな電車寝台特急「なは」が誕生することになります。

誕生当初は、583系独特の黄緑色で「なは」の文字マークが使用されていましたが、昭和53年10月のダイヤ改正から他の電車特急と同様にイラストマークが採用され、その後の客車寝台特急化、機関車のヘッドマーク復活時におけるマークデザインの礎となりました。

今日は、実質は1度しかあったことのない583系時代の「なは」の画像をご紹介いたします。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月 京都駅にて クハ583を使用した寝台電車特急「なは」

クリックすると元のサイズで表示します
同日 583系の行先表示

私的には「きりしま」という名前の方が好きだったので、「なは」に愛称が決まった時点で『なにも乗っ取らなくても良いのに・・・』なんて思ったものでした。
高校2年のとき、EH10やキハ181系「やくも」の撤退を知ったときに強引に撮影を挙行し、夜行乗り継ぎがてら関西の列車も出来る限り撮影してきました。この写真は、そのときの1コマです。
昭和55年ですので既にヘッドマークはイラスト化されたものです。
横サボは関西特有の発駅と着駅を一緒に表示するタイプで、東日本の着駅のみの表示とは趣が異なります。

私が所有する「なは」の写真は、残念ながらこれだけなんです。
本当は、昭和49年に大阪に行った際、485系ボンネット型の「なは」を撮影していたのですが、露出不足のためにプリントアウトされず、諦めて放ったらかしにしていたネガもいつの間にか紛失していました。ボンネット型の輪郭が判るくらい写っていたので、今の技術だったら何とか復活させられた可能性もあったのですが、今となっては後の祭りということですね。35年以上も前の話ですが、未だに悔しい思い出です。

沖縄の日本復帰の願いを込めて生き長らえてきた特急「なは」。そんな願いをもってしても廃止の運命となってしまった今の時代。切ない、寂しい以外の何モノでもありません。
このとき以来、逢うことは出来なかったけど、『長い間良く頑張った!お疲れさん。』と彼に告げてあげたい・・・。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ