鉄道コム

2008/3/19  21:53

鉄道ファン誌に記事が採用されました  鉄道以外の写真ネタ
こんばんわ!
この度、鉄道ファン誌2008年5月号に私が初めて投稿した記事が採用となりました。
本日、掲載誌として5月号が届いておりました。

驚いたのは、写真がかなり大きく、また、記事も殆どカットされず、1ページの3/4くらいのスペースが使用されていたことですね。

ちなみに、記事は5月号の179ページに掲載されています。

写真は以前アップしたコレです↓

クリックすると元のサイズで表示します

ページレイアウトの関係で縦横比が変更されており、記事も多少言い回しの直しがあったようですが、ほぼ投稿したままの記事となっております。
また、写真の解説は私が書いたようにも読み取れるようなリアルな内容となっていますが、ここは私はノータッチ。つまり、編集部さんが記事文章から分析して説明文を作ったのでしょうね。

ページレイアウトといい、この写真説明文といい、さすが本職!と感心いたしました。

正式な発売日は22日(金)になると思いますが、購読されている方は是非見てやってください。

なお、投稿に際し、HNの「キハ181つばさ」は使用できず、日本人の名前にしてくれという要請があったので、『俵 総太』というペンネームにしてあります。

※583系団臨の画像を送ったのですが、こちらは使用されませんでした。でも、記事がこんなに大きく載るとは思っていませんでしたので、大変満足しておりますです。
0

2008/3/19  0:22

京成電鉄:行商専用列車  列車・車輌カタログ(私鉄)
久し振りの京成ネタです。
かなり前から予告をしておりましたが、その昔、京成電鉄に走っていた行商専用列車の写真が1枚だけあり、スキャニングがやっと出来ましたのでアップしたいと思います。

残念ながら、私鉄には全くと言って良いほど興味が無かった時代ですので、車両や運転開始の経緯、列車の廃止など詳しい状況が掴めません。
京成ファンの方は詳しいと思いますので、興味のある方は各々お調べいただきたく存じます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年頃 京成電鉄本線 日暮里駅付近にて 行商専用列車3連

モノクロなのが残念な写真です。確か、日暮里付近で特急「みちのく」の写真を撮影していた際に偶然通りがかった行商専用列車をキャッチしました。
当時、既に青電は廃車になったか塗り替えたかで消滅してしまっていて、京成の中でも最後の青電だったと記憶しております。
中間車の1両はアルミ製でしょうか。これまた京成電鉄の中では珍車中の珍車です。

フィルム現像を自前で行ったのですが、薬液の温度管理が悪かったらしくオーバーに定着してしまったため、粒子も非常に荒れてしまい、見苦しい写真となってしまいました。
故にプリントもしていなかったのですが、今回フィルムスキャンで何とか見られる程度まで蘇らせることができました。

詳しい情報・知識が無いため、詳細をお伝えできないのが大変残念ですが、どうぞご勘弁下さい。
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ