鉄道コム

2008/3/22  15:57

原稿料もらえるんですね・・・  
3日前に http://diary.jp.aol.com/marutetsu/666.html で鉄道ファン誌に投稿記事が採用されたことをお知らせしたところですが、届いたのが鉄道ファン掲載誌1冊だけで、なんのお知らせもステッカーとかボールペンなど記念品も何も無くて、チョットだったんです。
昨日、封書が届いていたのを知らなくて、今日気付いて開けてみたら、郵便局の振替払出証書というのが入っていました。
生命保険の保険料過払いでもあったかと思ったのですが、内容を良く見たら『原稿料』交友社の記載があり、チョビックリしました。

金額はそんな高いものではありませんが、現金で原稿料を貰えるとは思っていなかったので、貧乏人にとってこんな嬉しいことはありません。
ま、マイナス残高の足しにしかなりませんが、掲載されたことと合わせて非常に嬉しい出来事でした。
0

2008/3/22  2:15

EF57の末路(宇都宮運転所)  国鉄・JR機関車(直流型)
今日はちょっと悲しいネタかもしれません。
少年の頃大好きだった、EF57の最期の頃写真です。

私がEF57を好きになったのが中学1年生のとき。それまで興味が無かった茶色い機関車ですが、鉄道好きの友人にEF57について教えられ、俄然興味を持ったのでした。
しかし、興味を持って写真を撮り始めた頃が、EF57の活躍に終りを告げる頃だということ知る由も無く、ただがむしゃらに写真を撮り続けました。
当時使っていたカメラが性能が悪く、良い写真が全然撮れなかったのですが、それでもEF57に遭えることだけを楽しみにしていたような気がします。

そんな鉄活動も束の間、EF57を突然見なくなるようになりました。
余りにも見なくなったので、いてもたってもいられなくなり、中学1年生の分際で宇都宮運転所まで出掛けて行ったのでした。

そこで目にしたものは・・・

クリックすると元のサイズで表示します
EF571

クリックすると元のサイズで表示します
EF576

クリックすると元のサイズで表示します
EF579

宇都宮運転所でいい加減に手を縛られ留置されているEF57たちでした。

それまで走っていたのは、1〜11・13〜15のうち1・3〜7・9・11・13
だったと思います。おそらくですが、2・8・10・14・15の5両は一足早く廃車となってしまっていたようでした。
特にこの写真の中でも、6号機と9号機は走行している確かな記録がありませんので、先に廃車となった号機たちと大差なく休車になってしまったものと思われます。
そして、この2台はその後本線に復活することなく解体されてしまったようです。
昭和51年の下期くらいでしょうか。

この後奇跡が起きます。全て休車となっていたEF57たちですが、多客輸送でまた走り出したのです。残っていたのは、1・3・4・5・7・11・13だったと記憶しております。多客時の輸送に機関車が足りなかったのでしょうか、本線を走る姿を見られるようになりました。また彼らを追いかける日々となりました。

しかし、それも長くは続きませんでした。多客輸送が落ち着きだすと、またEF57の姿を見る機会が無くなりました。
そこで、また翌52年に再び宇都宮運転所を訪れました。

クリックすると元のサイズで表示します
EF574

クリックすると元のサイズで表示します
EF577

クリックすると元のサイズで表示します
EF5711

この訪れたときには1・4・7・11の4台しか残っていなく、3・5・13は既に大宮工場に送られてしまった後のようでした。
結局、この写真を撮って以降、二度と本線に返り咲くことは無く、また、さよなら運転などのイベントも無く、ひっそりと姿を消してしまいました。
その後、7号機だけは解体を免れ、公園で静態保存されることになったのはせめてもの救いでしょうか。できれば、特殊なスタイルで人気のあった1号機も残して欲しかったと悔やまれます。

少年時代に最大に憧れた機関車EF57。写真も良いものが無く、記録としても全滅としか言えないほどの始末ですが、その存在を永遠に忘れることは無いでしょう・・・。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
8


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ