鉄道コム

2008/3/26  1:34

急行「天の川」:EF58牽引 10系・20系寝台列車  ブルートレイン:機関車・客車
写真が20系主体なので、ブルートレインのカテゴリで整理させていただきます。

今日は、上野〜秋田間を結んでいた寝台急行列車「天の川」をご紹介させていただきます。
ところで、『寝台列車』ってご存知ですか?
昔の時刻表を見ると、夜行急行列車に『(寝台列車)』と記載されている列車と何も記載されていない列車があります。列車名や編成をご覧いただくと一目瞭然なのですが、列車の編成が寝台車で組成された列車が『寝台列車』で、寝台車を連結していても座席車が主体となっている列車はただの夜行急行列車な訳です。特急寝台は原則全車寝台車なので、自動的に『寝台列車』となります。
※例外的にグリーン車や普通座席車が連結されていても、全車指定席の場合は『(寝台列車)』と表現されています。

ついこの間廃止となった「銀河」も『寝台列車』になりますし、昭和40年代後半からで例えますと、東北スジでは「北星」「新星」、上越スジですと「天の川」「北陸2号」が『寝台列車』に該当します。

これらの列車はいずれも急行列車の中では超優等な存在であり、その後特急列車に格上げされたり、急行のままでも20系化されたりと、いずれも優遇された扱いを受けています。

時間的な厳しさから殆ど撮影する機会がなかったのですが、スキャニング作業から発掘された昔の写真をご覧下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和48年か49年頃 東北本線 蕨〜西川口間にて EF58牽引 10系寝台「天の川」

サクラパックで撮影した、鉄活動最初期の頃の写真です。
当時、上越形のEF58が牽引する急行は「天の川」と「北陸2号」がありましたが、次位にオユ10が連結されていますので、「天の川」であることが分かります。
通常3月頃の撮影はかなりキツイので、到着が遅れていたのではないでしょうか。
オユ10は未だ非冷房ですし、全車10系寝台列車というのも昭和51年半ばには消滅していますので、今となっては貴重なシーンですね。
春闘の落書きがしてある写真は、私は殆ど撮影していなかったので、そういった意味でも貴重かもしれません。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年 東北本線 蕨〜西川口間にて 20系化された急行「天の川」

前述のとおり、急行寝台列車だった「天の川」は、10系寝台車の老朽化に伴う撤退と、寝台特急「ゆうづる」の14系・24系化による20系客車の捻出により、東北急行「新星」とともに20系化されました。
「新星」と「天の川」は全く編成が違うために共通運用にはなっていませんでしたが、組成替えによる車両の共通化は図られていたようです。ちなみに、写真の後から2両目に連結されているナハフ21改造のナハネフ21は急行「新星」に良く使用されていましたが、写真ではナハネフ21と22のダブル緩急車という一風変わった編成に組成されています。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年1月5日 上越線 水上駅構内にて EF58175牽引の20系「天の川」

この写真は、水上駅に初めて夜間撮影に行ったときのものです。
このときはギリギリEF58の運用が残っていたのですが、この後直ぐに撤退してしまったようです。
この場面の後に峠越えの補機が連結されるのですが、全てEF641000番代に置き換わってしまった後で、残念ながらEF16の姿を見ることは叶いませんでした。
冬なのに雨に降られてスゴクつらい撮影でした。


10系寝台列車時代からA寝台を2両も連結し、羽越本線経由としては唯一新潟を経由する列車としてその優等振りを発揮していた急行寝台列車「天の川」でしたが、昭和60年3月、上越新幹線の上野開業により惜しまれつつも廃止されてしまいました。
22


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ