鉄道コム

2008/3/29  17:30

ジュニアオリンピック(水泳)と京葉線201系とサクラ  写真撮影
いや〜、ハンパじゃなく眠いです。
昨夜というか、今朝1時過ぎに寝て、起きたのが4時半死ぬほど眠い。

今日は撮影の用事もあったのですが、娘が水泳のジュニアオリンピック出場となったため、早くから起きて辰巳の国際水泳場まで同伴です。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年夏、ジュニアオリンピック初出場を果たしたMY娘。ですが、今回、春のジュニアオリンピックに期限ギリギリ、タイムギリギリでの2連続出場となりました。年齢を追うごとにタイムの最低基準が厳しくなりますので「いつかはダメになるだろう」と思っていたのですが、MY娘。なかなかやってくれます。

結果はというと、良く分からないのですが、取り敢えず自己ベストタイムを更新しました。出場を決めてからタイムが落ちてしまい、本番で恥ずかしい思いをさせるのは私自身も嫌だったのですが、なんと本番に強いMY娘。
一足先に帰っていた私。撮影から家に帰ったら、母娘とも戻っていて、ベッドでダウンしていました。私だってダウンしたいよ・・・。取り敢えず良かった。

で、娘の晴れ姿をビデオに撮った私。他の子のを漫然と見ていても自分的には時間の無駄。予定行動をとるために一足先に家路につきます。


国際水泳場にくる途中、桜並木がまだ5分〜8分咲きくらいでしょうが、非常に見事でした。春にここに来たのは初めてだったのでそれなりに感動。京葉線と勲記あわせて撮れないかな?と思っていたのですが、京葉線は運河を渡るために非常に高い高架橋を走っています。なかなか難しそうだったのですが、帰り道、以外に早いところにありました。

待つこと5分程度、運が良いことに201系が来てくれましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
平成20年3月29日 京葉線 新木場〜塩見間にて 201系と205系の交錯

205系は邪魔だから来なくて良かったんですがね。チョット慌てちゃいました。
今日、中央線の外濠沿いに行くことができなかったので、色違いですが201系とサクラの組み合わせが実現しました。

じゃ、家に帰ってからの行動は次回に続きます。、
1

2008/3/29  0:48

117系「新快速」・「快速」  その他電車
今日は珍しく関西国電ネタで、117系の「新快速」と「快速」の写真をご覧下さい。

京阪神間における「新快速」の歴史は、戦前の「関西急電」まで遡ります。
京阪神における国鉄(鉄道省)と大手私鉄との熾烈な旅客争奪が繰り拡げられています。
関西急電時代は、もちろん釣り掛け式の旧型国電ですが、その後新性能化されると111系→153系117系→221系と歴史が移り変わります。

今日ご紹介いたしますのは、新性能車としては3代目となる117系です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月 京都駅にて 117系「快速」

初めて実物を見たときの写真です。
153系が撤退し、ちょうど117系の運用に全て切り替わった直後くらいだったと思います。正直、153系の新快速を撮りたかったんですが、チョット遅かったです。
通勤時間帯だったので、この時間は「快速」ばかりでした。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月 京都駅にて 117系「新快速」

通勤時間が終わると、さっきまで「快速」走っていた117系がたちまち「新快速」に
化け、京阪神間を疾走します。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月 東海道本線 神足(現長岡京)〜山崎間にて 117系「新快速」

昼間の「快速」は113系が使用されていましたが、データイムの「新快速」は全て117系での運転です。


あまり好きな車両ではありませんでしたし、153系「新快速」に間に合わずなくなってしまった気落ちもあったので、列車的には嫌というほど見た117系ですが、殆ど撮ることはありませんでした。

しかし、同車の「新快速」時代は余り長続きせず200代系のさらに高性能な車両が誕生し、優先的に「新快速」のグレードアップが図られています。

今となってはこのオリジナル色もなくなってしまい、4連化や115系への編入などで6連や原色を留めるものはなくなってしまったので、大変貴重な時代の1コマとなってしまいました。

2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ