鉄道コム

2008/6/11  1:00

EF65 500番台 「みずほ」:総集編  ブルートレイン:機関車・客車
こんばんわ。
このところ電車特急が多かったので、久し振りの昔のブルトレネタです。
今日はEF65500番代牽引の「みずほ」をお送りいたします。過去にも同じネタをアップしていますが、フィルムスキャンにより新たな画像が出てきましたので、総集編として再度アップいたします。

なお、以下の登場経緯については、記述を変えるわけにも行きませんので、過去ログのまま再掲させていただきます。

「みずほ」は、不定期の夜行特急列車として旧型客車で設定されました。その後定期列車に格上げとなり、さらに20系寝台車化されました。
当初は、東京〜熊本・大分を結んでおりましたが、東京〜大分間が独立したのは以前「富士」の時の記したとおりです。
その後しばらくは東京〜熊本間を結ぶ寝台特急として、14系寝台車14両編成がすべて終点の熊本まで運用されていましたが、昭和50年3月ダイヤ改正において「はやぶさ」の長崎行きを引き継ぎ、東京〜熊本・長崎間の多層建て列車に変わりました。

「みずほ」も他の九州特急と同様に、EF58、EF60500番台、EF61と牽引機が移り変わり、そしてこのEF65500番台が東海道ブルトレのエースとして牽引することになりました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年3月30日 名古屋駅にて EF65529牽引「みずほ」


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年 東京駅にて EF65529牽引「みずほ」


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年 東京駅にて EF65527牽引「みずほ」(再掲)


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年8月5日 東海道本線 真鶴〜根府川間にて EF65500(番号不明)牽引「みずほ」


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年8月 東京駅にて EF65530牽引「みずほ」(再掲)


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年9月 東京駅にて EF65529牽引「みずほ」


時代が時代だけに、映りが良くないのが残念です。
ヘッドマークは2種類あって、金・銀・緑の配色のものと、白地にベージュっぽいモノトーンのものがありました。前回はモノクロのみで判り難かったですが、今回はカラーが出てきましたので違いが判りやすいと思います。

画像を整理していて気が付いたのですが、なぜ半分が529号機なんだろうかと。縁があるにしても偶然にしても凄過ぎます。

私が写真を撮るようになってからは、客車は既に14系化されていました。ブルトレ機の代表とも言えるEF65500番代が、20系を牽引している写真を撮りたかったです。

写真は悪いけど懐かしいと思った方はポチ!お願いします。→鉄道ブログランキング
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ