鉄道コム

2008/6/25  23:00

今日の寄り道  
今日は兼ねてからお約束していた「旧客ファン」さんとお逢いしてきました。

赤羽駅前で待ち合わせてお食事。その後はご自宅までお邪魔してしまいました。
ご自宅が私にも土地勘のある場所でしたので、いつでも伺うことが出来そうです。

お酒を飲まれないということでしたので、飲まない私としても安心してお食事が
出来ました。
この間、北海道にフクロウの写真を撮りに行ったそうな。その写真を見せていただいたのですが、これが凄いんです。見事なまでの決定的瞬間がバッチリなんです。
と、いくら私が口で言ったところで分からないですよね。今度写真を借りてきてアップしちゃおうかな。

あまり鉄道には詳しくないとは本人の弁ですが、殊に旧客列車への思い入れは私を遥かに凌いでいます。私のブログに辿り着いた経緯も聞いてみたのですが、そこには凄まじいまでの執念があったようです。

お宅にはHOゲージがズラリと並び、私の趣味の世界とはかけ離れていて、非常に新鮮でした。お金が掛かる世界なので、これだけは引き込まれないように気を引き締めなければなりませぬ。

書きたいことがいっぱいあるのですが、写真が無いとどうも上手く書けませんので、またの機会に追々ご紹介させていただこうと思います。

「旧客ファン」さま。夕食をご馳走になった上に、ビデオテープなどもいただいてしまい本当にありがとうございました。また近いうちにお邪魔させていただきます。

このブログを始めて、また新たな出会いがありました。この偶然に感謝したいと思います。
0

2008/6/25  1:10

都電今昔:現在の7000形・昔の7000形  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。
昨日は、過去の予想に反する多大な反響・アクセスをいただきありがとうございました。
ジメジメな写真なのでどうだろうと思っていたんですが、ホント意外でした。

さて、今日は少し地味なネタになるとは思いますが、過去ネタとしては初めての都電ネタにしようと思います。

半月前のことですが、6月7日に「東京国際消防防災展2008」に行ってきました。
ビックサイト前や東京駅前で都営バスの撮影を目論んでいたのですが、時代の波に押され、いつの間にか旧型車(日野ブルーリボンHUなど)が消滅しており、不満を残したまま家路につきました。
帰路の途中で王子駅で都営バスを撮ることを思い出して急遽下車し、昨日アップしたような写真を撮ったわけですが、バスを撮っている私の横で、都電を撮っている人が居たんです。そこで、「そうだ7500形がこれから廃車になる」ことを思い出し、これまた急遽、都電撮影に切り替えたわけです。以前アップした「鬼太郎」 http://diary.jp.aol.com/marutetsu/794.html もそのとき偶然発見したんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以上、全て平成20年6月7日、王子駅電停及び〜栄町間にて撮影。

現在の7000型は、クリーム地に濃さの違う2種類のグリーン帯を配したデザインで、如何にも涼しげな様相となっています。冷房化工事も実施済みで、ビューゲルもパンタグラフに換装されています。なんでも、ビューゲルだと方向転換時にスパークするため、クーラーに悪影響を与える恐れがあるらしく、離線率の少ないパンタグラフに変えたらしいです。


クリックすると元のサイズで表示します
平成19年11月25日 宮ノ前〜熊野前電停間にて 7022 復活塗装(再掲)

以前の撮影で、偶然捉えた復活塗装車。過去の塗装が忠実に再現されていますが、クーラーやビューゲルなどの復元には至っておらず、あくまでも旅客サービスを優先しています。何故コイツだけシングルアームなのだろうか。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
撮影年月日不詳 荒川二丁目〜荒川区役所前電停間にて

ネガが見つからず、撮影時期が不詳で申し訳ありません。しかも時期はずれな写真です。
7500形は車体更新され、見栄えもサービス面も一新したのですが、7000形は旧態然とした非冷房車のままでした。冷房化されていないので、ビューゲルが搭載されています。
ここは下水道局三河島処理場の前で、場内のサクラが満開になる頃、テツのみならずサクラのファンが多数訪れるスポットです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年3月末頃 王子電停付近にて

私が撮った最初の都電の写真です。多分、都電荒川線の全面ワンマン化に向け、7000形が全て車体更新されこの姿に、7500形はワンマン化改造が完了した頃のものと思われます。
上の写真は平成になったばかりのころではないかと思われますが、この姿もそれなりに長い期間があったようです。

さらに遡れば、7000形はやや流線形の中央1灯ライトでしたから、それこそ「都電中の都電」みたいなスタイルだったわけですが、さすがにその頃の記録はありません。

また折を見て、7500形など古い都電の写真をご紹介したいと思います。


lineさん http://diary.jp.aol.com/qegbrh4/212.html 、シービーさん http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14/30845142.html も懐かしい都電の記事をアップされていますので、ご覧になってみてください。



この時代も懐かしいな〜、って思ったらポチを宜しくお願いいたします。
鉄道ブログランキング
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ