鉄道コム

2008/7/14  0:50

キハ58系 急行「いいで」・「ざおう」  特急型気動車
こんばんわ。
日が変わって月曜日、仕事も忙しくなってきたのでまた憂鬱な1週間の始まりです。

さて、私の母親の実家が福島県で、最寄(といってもかなり遠い)駅が東北本線の須賀川駅であることは以前から何回かご紹介したところですが、小学生の頃(昭和40年代)は急行列車を多用していたので、架線下を行くDC急行「いいで」・「ざおう」に1回か2回乗ったことがあります。

当時の東北本線急行事情と言えば、「まつしま」「あづま」「いわて」といった本線系急行に、「ばんだい」「ざおう」といった枝線系を併結した455系列の急行が一般的で、臨時を除けば電車化・オール冷房化が当たり前でした。
しかし、定期急行の中でも2往復、秋田行急行「おが1号」と「いいで」・「ざおう」がDC急行のまま残っていました。キハ58系はグリーン車を除いて非冷房が基本でしたので、同じ急行料金を払う上では、夏場の格差は否めませんでした。

当時、ヘッドマークも付かない急行列車ですから、花形の特急列車に比べて写真に撮っている枚数は圧倒的に少ないですが、辛うじて撮影したものが見つかりましたのでご紹介したいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年8月頃 東北本線 赤羽駅にて 

赤羽駅に侵入する下り「いいで」・「ざおう」。もちろん高架化工事などの発想は微塵も無い頃です。バックに見える土手は京浜東北線。右側にチラッと見えているのは貨物線です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年1月4日 東北本線 白坂駅にて

白坂駅の客扱い線で「やまびこ3号」を退避する下り「いいで」・「ざおう」。
急行はこの白坂駅では客扱いが無いので、退避停車はしますが通過扱いなのでドアは開きません。編成が長すぎて、最後部がはみ出してしまっているのもご愛嬌ですね。
写真は、今まさに「やまびこ3号」が追い越しに掛かった瞬間を捉えたものです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年1月4日 東北本線内

この写真は、黒田原〜白坂間における撮影から、磐西・只見線経由で水上へ異動する際の行程で出合った上りの「いいで」・「ざおう」。偶然にも1日で上下の同列車を捉えました。
旧客による普通列車の窓からの撮影で、風景からしておそらく白河〜矢吹の間くらいだと思います。


「いいで」は喜多方までと新津〜新潟間、「ざおう」は全線にわたって架線の下を走ります。ある意味新幹線開業まで良くディーゼルのまま残っていたと言う印象ですね。
ヘッドマークも無く、非冷房でもあるため普通列車とすら区別が付きづらいところですが、12両という長大な編成と、1両(昭和40年代は2両)連結されたグリーン車が急行列車であることを主張していました。
時代に遅れても頑張っていたDC急行「いいで」・「ざおう」ですが、昭和57年11月、上越新幹線の開業とともにその使命に幕を閉じました。


過去ログでキハ58系修学旅行色の特集を組んでいます。こちらにも駄写真が載っておりますので、ご覧になっていない方は是非どうぞ! → http://diary.jp.aol.com/marutetsu/631.html

懐かしいなぁ〜とか、へぇ〜こんな急行があったんだぁ〜、とか感じたらランキングぽちをお願いします。
鉄道ブログランキング
28


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ