鉄道コム

2008/9/27  1:28

房総各線 デカ目のスカ色113系  その他電車
こんばんわ。
昨日は平日にも拘わらず、多くのアクセスを頂きました。やはり、古い時代の写真に興味をそそられる方が多いのでしょう。

今日もちょっと方向は違いますが、古き良き時代の写真をご覧頂こうと、房総地区の113系でスカ色のデカ目君たちをアップいたします。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年頃 総武本線???駅にて

これは多分大回り乗車をしている時に撮った写真で、総武本線の成東駅辺りではないかと思われます。木造の駅事務室でしょうかね、古き良き雰囲気を醸し出しています。
現在の房総地区の跨線橋は架け替え後に屋根が付いていない駅が多いので、この古いタイプの屋根付き跨線橋はもう見られないかもしれませんね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年5月 内房線 五井〜姉ヶ崎間にて

こちらもデカ目ちゃんです。ピンが甘いのかブレているのか、方向幕はハッキリ写っていません。
113系の編成は全て幕張区に集中配置されており、現在と同じ4連か6連が在籍していました。この列車は4連のようですね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年5月 千葉駅にて

こちらも上の写真と同じ日に撮ったものでしょうかね。千葉駅に到着した木更津からの普通列車。列車番号が臨時列車のものになっています。
シールドビームになっていますが、客窓がサッシ化されていないので、デカ目ちゃんをシールド化した0番代の後期車(113系用クハ)ではないかと思われます。
千葉以遠の各駅には珍しく、6連に増結され10連になっているようです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年5月 千葉駅にて

フィルムが違うのですが、デカ目ちゃんの列車番号が同じなので、上の列車が到着後に別のカメラで撮影したものと思われます。
折りしも別の普通列車が停車中に到着したため、並び写真となりました。
右側の列車は列車番号からすると外房線の普通列車で、編成は113系1000番代となっています。この頃既に品川開業となっており、横須賀線との乗り入れも間近でしたから、1000番代の冷房準備車の抜き取りや組替がおこなわれ、4連・6連の普通列車運用にも使われるようになったのではないでしょうか。


当時、全国的に見ても113系のスカ色デカ目というのは房総地区のみで見られる貴重な車両であったため、大回り乗車などの時、千葉駅や成田線などでデカ目ちゃんに遭うと喜んで写真を撮っていました。
ただ、フィルムスキャンで全ネガの調査を行いましたが、意外と写っている写真は少なかったです。まだ現像代に余裕のない高校生の頃でしたから、普通列車の写真には投資していなかったのかもしれません。

鉄道ブログランキング ← 休日の転落防止ポチ、よろしくお願いいたします。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ