鉄道コム

2008/10/31  1:11

国鉄 ED71型機関車:総集編 後補機仕業篇  国鉄・JR機関車(交流・交直両用型)
こんばんわ。
この時間の更新も寒くてつらくなってきました。そろそろ上着を用意しなきゃ。

今日は久々のED71で、後補機篇(簡単に言うと単なる単機)です。「つまらん!」とか言わずに、まぁ見てやってください。

ちなみに過去ログのご紹介です。

ED71型機関車:総集編 黒磯で単機ゴロゴロ篇 → http://diary.jp.aol.com/marutetsu/814.html

国鉄 ED71型機関車:総集編 何故か14号機 → http://diary.jp.aol.com/marutetsu/882.html

東北本線の南福島〜金谷川間は、上り線のみですが連続急勾配となっており、重量級の本線貨物列車の速度維持のために、貨物列車の福島〜金谷川間で後補機を連結していました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月14日 東北本線 福島駅にて ED7145

補機仕業のため連結のタイミングを待つ45号機・・・この写真じゃ、ただ単なる単機ですなこりゃ。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月14日 東北本線 金谷川〜南福島間にて ED7146単機回送

金谷川で開放された後補機は、単機でゴロゴロと坂を下りてきては、また福島駅から別の貨物列車に繋がって押し上げていきます。
せっかく300mmを付けて構えていたのに、やってきたのは単機回送でした。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年6月22日 東北本線 福島駅にて ED7130

今まさに貨物列車の後補機に連結するため、入換信号によって誘導されてきた30号機。
単なる単機でも操車係が添乗していることで、味わいのある写真になりました。
ちなみに、上の写真と下の写真は別々の列車への連結シーンです。1台のカマが何度も行ったり来たりしているので、何回か同じようなシーンを撮ることができました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年6月22日 東北本線 福島駅にて ED7130

こちらは後補機として連結が完了し、出発を待つシーン。このような時間に特急列車の退避を行ったりします。

本当は駅間で先頭と後補機が見えるようなシーンが撮れれば良かったのでしょうが、勾配区間は山肌を走っており、足場が無かったですね。しかも本線級の貨物列車は編成が長いので、本務機と後補機を1枚の写真に入れ込むのまず不可能だったのではないかと思います。

ところで、今この区間の補機仕業って残っているのですかね?話題にもならないところを見ると、補機仕業は廃止になってしまったのでしょうか?

鉄道ブログ
0

2008/10/30  0:42

身延線 クハ47 0番代 50番代  旧型国電
こんばんわ。
昨日はポチを沢山いただきありがとうございました。
いやぁ〜段々寒くなってきましたね。この頃ブログを打っているとつま先が冷たくてキツくなってきました。2年くらい前から冷え性になってしまったんですよね。

さて、今日は身延線の旧型国電の中からクハ47をピックアップしてみます。

クハ47形は、戦前を代表する近郊型電車で、2扉クロスシートを設備した車両です。2扉間に小窓がズラリと並ぶ壮観さが私好みです。
模型とかやってらっしゃる方はご存知かもしれませんが、クハ47は奥深い車両なんです。
クハ47自体は20m車両なんですが、相棒となる電動車はモハ32(後のクモハ14)で17mの車両なんです。このクハ47が20m級電車の始祖なんですね。同時に製造されたサロ45、サハ48も勿論20m級です。電動車であるモハ32だけが17mであったのは、モーターを積んだ分重量が重く、車体剛性に影響があったため(つまり、車体が重さでそってしまう)と言われています。

クハ47は大きく分けると3つのグループがあり、モハ32系制御車の0番代、モハ32系サハ48に運転台取付改造を施した50番代、さらに、モハ42系20m車を相方とする貫通型の100番代のバリエーションとなっていました。
※レアなところだと、17m車の事故車両の台枠を20mに延長の上に2扉の新製車体を乗せたクハ47011というのがいました。残念ながら、私は実物を見たことはありません。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年8月21日 身延線 西富士宮駅構内にて クハ47003

こちらは基本番代の003。小窓がズラリと並ぶ壮観さ、たまらんです。正面の雨どいは改造されてカマボコ型になっていますが、直線のままの原形のものが数両居たようです。残念ながら写真には残っていなかったようです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年7月23日 身延線 鰍沢口〜落居間にて クハ47(番号不明)

こちらは番号不明ですが、基本番代車です。上の写真は正面窓が全部木製の桟のままですが、こちらの車両は3つともHゴム化されているので、相当印象が変わります。この辺りは好みの問題ですが・・・。それにしてもこのリベットの数はすごいですね。何千個付いているのでしょうか?(笑)


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年8月21日 身延線 富士駅にて クハ47051

こちらは中間付随車サハ48を改造した50番代の051。全く同じような運転台を取り付けたので、一見して基本番代との区別は難しいです。正面から見ると、新設運転台にはリベットがありませんので、比較的簡単に識別できます。こんなところにも時代の技術の差が現れているんですね。

身延線にはモハ42系の100番代も居たのですが、どうも写真が見つかりません。個人的は、短足なイメージのある32系より、正面に貫通路の付いた100番代の方が好みです。

身延線のクハ47は、飯田線の同形式よりもバリエーションも車両数自体も多く、旧車研究では恰好な路線だったと思うのですが、私が初めて訪れたときには既に115系のワインレッド車も運用が始まっており、どうも撮りきれなかったようですね。
何といっても圧巻は、2扉間オールロングシートのクハ47ではないでしょうか。私はあまり好きにはなれなかったですけど(笑)。

鉄道ブログランキング
1

2008/10/29  12:43

成田線のDD51重連たち  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。
昨日は夕方までポチが1つも入っていなかったので、『とうとうオレのブログも終わったか・・・』と思ってしまったのですが、残業中に何とか面目は保てたようでした(汗)。

さて、今日はチョイネタなんですが、久し振りのディーゼル機、DD51です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年頃 総武本線 佐倉駅にて DD51691ほか重連単機


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年9月 成田線 成田駅?にて DD51898ほか重連とDE10573

房総の貨物列車と言えば、鹿島関係と成田のジェット燃料輸送、そして、東京湾岸の石油関係が主たるところでしたが、国鉄時代は電気機関車の入線が殆どなく、全線電化後も専らDD51やDE10が牽引に当たっていました。詳しくは知りませんが、非電化時代から続く組合関係が大きく作用していたのではないかと個人的に思っています。

房総関係の写真撮影は大体が錦糸町だったのですが、高校生になって大回り乗車を何回かしたときに、東金線から総武本線を通って成田線に抜けるルートを使用したことがありました。せいぜい3回くらいだったと思いますけど。

この2枚の写真もその接続待ちの間に撮影したと思われます。800番代は現役車がいますが、さすがに600番代はその番号の大きさとは裏腹に初期車ですので、59・2貨物大合理化以降は急速に姿を消してしまいしまいました。

この時代としてはごく当たり前の光景だったわけですが、電気機関車しか見ることが出来なくなってしまった今となっては、同地域における古き良き時代のうちの1コマになってしまいましたね。

鉄道ブログランキング ← もう、毎日危機!
1

2008/10/28  1:20

国鉄色 EF65だらけの風景  国鉄・JR機関車(直流型)
こんばんわ。
何となく体調不良。また風邪引いたかな?みたいな予感。こんな日に残業+ネタが決まらなくてこんな時間。しかも今日は健康診断・・・最悪な結果が出なければよいが・・・。

ストックは沢山あるのに、何かネタが詰まっているような気がする中、やっと決めたのがEF65です。
EF65もかなり淘汰されてきたとは言え、かなりの大所帯だったのでまだまだ元気に活躍している車両も多いですね。ただ、貨物色や、オリジナルであってもナンバープレートに色が入ってしまっているなど、完全な原色はわずかみたいですね。

そこで引っ張り出してきたのがこんな写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年7月頃 大宮機関区にて

大宮操車場に行く職員輸送用の列車の中から撮った写真。今は無き大宮機関区の留置線です。
1000番代の初期車、1000番代の後期車、PS22B搭載の通称1100番代、ちょっと隠れて500番代など、国鉄時代ですのでみんな国鉄職ですわ。1022号機の後はEF60っぽいですね。一番左の奥にもEF65。まあ、EF65だらけです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年8月17日 大宮駅にて

こちらは貨物列車のラッシュ。5番線(中線)に停車中の貨物の脇を、東北本線の貨物と高崎線の貨物が追い越すという凄いシチュエーション。


EF651000番代は基本的に好きなのですが、貨物列車=茶色い機関車の時代に育った私としては、ここまで青くなるとは思ってなかったわけで。
1枚目の写真ではEF15がかなり撤退してEF60型が台頭していましたし、この昭和58年頃にはEF60ですら廃車が出始めてEF650番代が進出してくるようになりました。そんな中、EF65が闊歩する風景は、ある意味面白みの無い世界に映っていたと思います。

しかし、今ではこのような集合体は超貴重な絵となってしまった時代。既に25年の時が過ぎ、国鉄色どころか、形式消滅があってもおかしくないくらいの時代となってしまいました。

鉄道ブログランキング
0

2008/10/27  1:24

国鉄381系特急電車 「しなの」「くろしお」  特急型電車(直流)
こんばんわ。
昨日のアクセスが709件ですって、なんでしょうかねぇ。

全く週末は天気が悪いですね。晴れると言っておきながら、1日中雨が心配な日曜日でした。
さて、天気の悪さも手伝って、中途半端な撮影しか出来ずにアップにも困る始末。いずれ何らかの形でアップすることにして、久し振りに中京・関西系の話題です。

過去ログ http://diary.jp.aol.com/marutetsu/678.html で 381系0番代「しなの」 としてアップしたところですが、フィルムスキャンをしていて新たな画像を見つけてしまったので、追加ということでご紹介したいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年11月22日 名古屋駅?にて 381系0番代 「しなの」

多分、名古屋駅での撮影だと思いますが、この回の行程では全て飯田線の撮影になっているのです。ですから、なんで名古屋まで行ってこのような写真を収めているのか、記憶にありません。
あまり興味を持っていなかった車両なので、撮影した枚数が少ないんです。過去ログを見逃してしまった方は、是非リンクから過去ログをご覧下さい。
ついでに、189系のウソ「しなの」もあります。→ http://diary.jp.aol.com/marutetsu/441.html


クリックすると元のサイズで表示します
昭和59年7月6日 紀勢本線 白浜〜朝来間にて 381系100番代 「くろしお」

こちらは「しなの」より5年くらい遅れて誕生した100番代非貫通型を使用した「くろしお」です。誕生当初は増備が追いつかなくて485系まで導入して運転されたのですが、いつの間にか381系100番代に統一されてました。

竜華区のEF58を撮りにわざわざ紀勢本線まで行ったのですが、この「くろしお」に興味がなかったので、たったこの1枚しかとっていませんでした。国鉄色の配置が無くなってしまった今としては貴重になってしまいましたが、もう手遅れですね。

「くろしお」というと、どうしてもキハ82やキハ81のイメージが強いので、381系に馴染めなかったというのが正直なところ。
キハ82系「くろしお」は過去ログで1枚アップしましたが、もう1枚ある筈なので、機会があったら別途アップしたいと思います。

今日は眠いのでこの辺で失礼しま〜す。

鉄道ブログランキング
↑  ↑  ↑ 土日で大激減! 1週間の元気の素、お願いします!
0

2008/10/26  21:58

東京メトロ7000系 黄帯車  写真撮影
こんばんわ。

今日は娘の水泳大会で辰巳の国際水泳場に行ってきました。
そんなモンで、昼間の更新ができなかったので、夜ネタとして一発かましておきます。

東京メトロ副都心線の開業で大幅な車両の動きがあった有楽町線ですが、同線の長年の主であった7000系が変な色に変わってしまい、オリジナルの黄帯車が激減してしまいました。今後10000系の造備により、更新改造を受けない7000系が廃車となってしまうことで、このオリジナル黄帯車がなくなってしまうということです。

過去に東武線の8000系復活ツートンを撮影に行った際に7000系も撮っていたのですが、露出計の不備で上手く写らなかったため、非常に心残りでした。

そして、本日偶然にも7000系に乗車することが出来ました。
地下区間でシャッタースピードは最悪の中、小学生が撮れる程度の写真しか撮れなかったのですが、記念としてアップしておきます。
※撮影は、全て平成20年10月26日です。

クリックすると元のサイズで表示します
月島駅にて

私と女房が乗った電車自体が7000系だったのですが、これまた偶然、途中の月島駅で対向する7000系とすれ違いました。窓を開ける時間も無かったのでガラス越しに撮ったのですが、メッチャ汚い窓ガラスだったので、ソフトンを掛けたような写りになってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
辰巳駅にて

私たちの乗った編成。ホームが狭く窮屈なので、こんな構図でしか撮れませんでした。
上の写真は保険として停車中のものを撮っておきました。
下の写真は後部を後追いで撮影したもの。1/15秒じゃブレてしまうので流したのですが、奥行き方向に流すって、距離が変わってしまうので難しいですね。


有楽町線に居た07系も、東西線に異動したり東西線色のまま常磐緩行線を走っているヤツも居るらしいじゃないですか。
この7000系黄帯車のラストとあわせて、またまた都営メトロネタを追い掛けなければならなくなりました。

鉄道ブログランキング
0

2008/10/26  0:53

大宮操車場 ハンプ入換の情景 ブレーキ・連結篇  大宮操車場
こんばんわ。
今日もあまり良いお天気ではなかったですね。取り敢えず「EL&SL奥利根」と安中貨物だけは撮ってきたのですが、たった2枚で記事にしづらいので、またの機会にしたいと思います。

さて、1週間ぶりの大宮操車場の入換コーナーです。今日はカーリターダーで制御された貨車に飛び乗り、連結までのお話です。
と言ってもですね、飛び乗りのシーンは沢山撮影しているのですが、カメラを向けられた先輩達がみんなおちゃらけてしまっているので、記事にしづらいんですよ。
なもんで、ほんのちょっとしかご紹介できません。


クリックすると元のサイズで表示します
カーリターダーで速度制御を受けた貨車は、各群線に早歩きするくらいの速度でやってきます。これを下で待っている各番線担当の連結手(構内係)が貨車に飛び乗り、目標地点まで運びます。


クリックすると元のサイズで表示します
北から雪を満載して到着したコキ。この写真を撮ったシーズンは、関東でも大雪に見舞われました。雪景色は別の機会にアップすることにします。

貨車には全車に添乗ブレーキ(手ブレーキ)が付いています。これは、貨車は全ての車両がバラバラに組成・留置される可能性があるため、客車のように編成単位で緩急車を連結しておけば良いという発想がないためです。また、ハンプ入換や突放入換なども昔から行われており、各車両に添乗ブレーキがないと入換えそのものに支障があるわけですね。


クリックすると元のサイズで表示します
先輩の姿には着目する必要はありません(笑)。白い取っ手に注目してください。
この白い手すりがあるところが添乗ブレーキのあるところです。
添乗ブレーキには大きく分けて2通りの構造があります。

1つは1枚目や3枚目の写真のように、貨車の側面に付いている側ブレーキと呼ばれるものです。この白い手すりに掴まって添乗し、車体中央方向から伸びる足踏み敷きのテコを踏みつけてブレーキを掛けます。踏みつけると言っても、実際には飛び跳ねてから全体重を掛けて下に踏み込むと言う感じです。
側ブレーキは、有蓋車(いわゆる箱型の貨車)、無蓋車(屋根のないアオリ戸のある貨車)、タンク車の一部に主に使われています。
長物車にも使用されますが、台枠より上に車体が無いため、やや特殊な格好で添乗する設備になっています。(この車両は、長時間掴まるのが一番ツライ体制になるので好きではない。)

2つ目は、2枚目の写真のようないわゆるハンドルブレーキタイプのもので、ステップから貨車の上に登り、平らな部分に乗ってハンドルをグルグルと回し緊締するものです。
ハンドルブレーキは、車掌車やコンテナ車、各種ホッパー車、タンク車の多勢に使用されており、長時間添乗するには楽ができるタイプです。ただし、ハンドルの巻き取りに時間が掛かるため、体重で制御する側ブレーキに比べると急ブレーキを掛けるのが難しいと言えます。

他にたまたま写真がないのですが、床下にあるハンドルを回すタイプのものがあります。
添乗設備が無いため、突放やハンプ入換は禁止となり、『突放禁止』の表記が書かれています。ク5000や最近ではコンテナ車の100系タイプがこれに該当しています。
ただし、他の添乗ブレーキが付いている車両と一体で入換える場合には、別の貨車でブレーキ制御することが出来るため、突放やハンプ入換をすることもあります。


ブレーキの解説については、それらしい貨車の写真が出てきたら、できるだけパーツごとにご紹介できればと思っています。


クリックすると元のサイズで表示します
連結作業は、単純に群線に停止している貨車に次々と連結していく手段もありますが、群線によっては500mもの長さを有する番線もあり、また、場合によっては1つおきに次々と自分の番線に落ちてくることもありますから、簡単に1つづつ連結している場合ではないこともあります。

そのような場合は、写真のように貨車の最後部に添乗し、ある程度の中間地点で貨車を停め、後から来た貨車をぶつけてから最後の地点に持っていく、というような方法が一般的です。これを1度の作業で7・8回も繰り返しながら、などというのも稀ではありません。
次に来る貨車に乗ってブレーキを掛けるため、停める貨車と次に来る貨車を往復しながら走るわけですから、運が悪いと相当な距離を走らされることになります。

本当は連結しているところとかの写真を撮っていれば、もっとリアルにご紹介できるのですが、さすがに入れ替え中に構内で写真を撮ることは危険極まりないので、残念ながら1枚もありませんでした。

物足りない材料ですが、ハンプ入換の一連の作業をご紹介させていただきましたので、次回からは構内の情景、構内から見た本線の列車などをご紹介して参ろうと思います。

鉄道ブログランキング
2

2008/10/25  1:07

懐かしの20系・14系 「北陸」  ブルートレイン:機関車・客車
こんばんわ。
昨日は朝から1日中ムカつきどおし。腹の立つことばっかり。なんでこんなにロクでもないヤツが回りに居るんだろうか・・・。なんてね、自分もロクなモンじゃないでしょうが。

さて、待ちに待ったお休み。何か仕事するのが嫌になってきて、なんか良い事ないかな・・・なんて思いながら1週間が終わりました。でも、土日休みといってもアッという間に終わっちゃうんですよね。

さて、このところ懐かしのブルトレネタをやっていなかったので、久し振りのアップになります。枚数は多くないのですが、20系時代からの「北陸」を拾ってみました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 上野駅にて ナハネフ22

状況からして冬休みでしょうかね。早朝の上野駅で撮った20系時代の「北陸」。
降りた客も早々にホームを立ち去り、閑散としています。
推進運転用のライトも取り付け済みになっています。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年頃 上野駅にて ナハネフ22

こちらも同じシチュエーションですが、おそらく夏休み期間中に撮影したものでしょう。夜が明けた上野駅ホームは大変明るく、早朝の到着でも十分撮影することが可能でした。
到着したばかりなのでしょうか、ホームは「北陸」から下車した乗客で賑わっています。

「北陸」は「北星」と共通の20系編成を使用しており、基本的には長岡方にナハネフ22を使用していました。しかし、稀にナハネフ23を使用したことがあるらしく、私は撮影しておりませんが、同級生のもーまんさんから貰ったナハネフ23「北陸」の写真を今でも大切に保管しております。もし、もーまんさんからお許しが出たらアップしちゃおうかな(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年3月20日 上野駅にて カヤ21

こちらは電源車のカヤ21です。元カニ21ですが、晩年は荷物室にブレーキ増圧用のコンプレッサを搭載し、牽引機の制限を解除する働きをしました。
「北陸」は高架ホームの発着でしたが、機回しは上野駅で行わずに常に推進での回送を行っていたため、夜発でなければ電源車を撮影することは出来ませんでした。
「北陸」の電源車は基本的にカニ21→カヤ21でしたが、20系編成最期の頃にカニ22も使用されたことがあったようです。こちらも残念ながら目撃したことはありません。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年5月 東北本線 蕨〜西川口間にて 14系 スハネフ14ほか

20系の老朽廃車により、玉突きで14系化されたばかりの頃の「北陸」。
14系化されてから昭和54年にブルトレのマークがイラスト化されるまで、1年強の間でしたが、テールサインによる運行となりました。


現在と同様、夜遅く出発し朝早く到着する「北陸」は、ファンの間では泣き所的な列車だったことでしょう。EF58時代はヘッドマークも用意されなかったため、このような状況で全く列車写真としては撮っていませんでした。「北陸」を牽引するEF58も、過去ログでご紹介いたしました http://diary.jp.aol.com/marutetsu/477.html が唯一となります。

私的には非常に地味だと思っていた「北陸」でしたが、先に旅立った由緒あるブルートレインとは裏腹に、地域特性ゆえにしっかり存続しています。さらに、EF641000番代が牽引するブルトレとしてもこんなに長く続くものとは思ってもみませんでした。

北陸新幹線が開通すればおそらくなくなってしまうであろう「北陸」。そのときまで変わらずにしっかり走ってもらいたいものです。この時期では撮影はまず不可能ですが、また明るくなる来年のGW辺りから撮影を再開したいですね。

鉄道ブログランキング ← 順位一気に転落!お情けを・・・。
0

2008/10/24  22:32

今晩の下り「あけぼの」  写真無しの情報など
こんばんわ。
今日、ちょっと寄り道して遅くなったので、地元で「あけぼの」の通過を見てきました。

カシガマでした。

明後日、上ってくるんですね。娘の水泳大会なんだけど、出発前に撮りに行こうかな・・・。

でも、もう明るさがキツいんですよね・・・。
0

2008/10/24  13:53

183系1000番代 「とき」 その1 : 秋っぽい写真  特急型電車(直流)
こんばんわ。
このところのアクセス数が余りにも異常な感じなので、昨日は敢えて地味なネタを選んだつもりだったのですが、592件という平日では過去最高のアクセス件数を記録してしまいました。一体どうなっているのかさっぱり分かりません。

で、どうしたら良いか分からなくなってしまったので、このところアップしていなかった上野発の特急群から183系1000番代をチョイスしてみました。

「とき」は上野〜新潟間を結ぶ上越線初の特急列車として、151系の車体に勾配抑速ブレーキを付加した161系で運転を開始しました。
その後直ぐにモーターを高性能化し、181系に改造されて運転されたことはご存知のことと思います。

しかし、耐寒耐雪構造ではない181系に豪雪地帯を走る「とき」は余りにも過酷であり、故障による運休が相次いだことから、耐寒耐雪性能を備えた新製車が待たれました。ここで誕生したのが、房総特急の183系をベースに耐寒耐雪仕様とした183系1000番代です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年11月6日 上越線 上牧〜水上間にて

利根川の上流「諏訪峡」を行く183系1000番代「とき」。紅葉にはちっと遅かったようで・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年11月6日 上越線 湯檜曽〜水上間にて

今年夏に1人で「SLみなかみ」に乗りに行ったときに寄った場所と同じアングルです。
天気も良くないようで、スッキリしない写真ですね。ここの鉄橋は水上駅から徒歩で10分くらいで行けるので、もっと通っておけば良かったな、と思いました。もう遅いですけど。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年1月5日 上越線 八木原〜群馬総社間にて

こちらは思いっきり冬の写真なんですが、何となく秋っぽい感じもするので乗せて見ました。逆光なのでヘッドマークが見えましぇん。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年9月6日 上越線 土合〜越後中里間にて

遠征でスキー場に無断で登って撮った写真。(すみません。)
これだけの大俯瞰だと、12両編成の「とき」も短く見えます。事務局長のlineさんもこのような写真を撮っていたと思います。絶対好みですよね。
※この写真だけは、クリックするとパソコン画面いっぱいくらいに大ききなるように設定しました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年 東北本線 蕨〜南浦和間にて

『何だ、1枚もヘッドマークが見えねーじゃねーか!』という方のために、季節に関係の無いヘッドマークの判る写真をアップしておきます。


正直なところ、この頃は全然好きじゃない車両でした。その車両を今になって必死に追いかけているんだから笑っちゃいますよね。
基本的には181系ばかりを撮っていましたが、さすがに「とき」が廃止になるということで、183系1000番代は昭和57年にメチャクチャ撮り始めたようです。

今年の11月8・9日に「とき」をパロった「トキめき新潟号」なんて走らせるみたいですが、一体どんなマークを掲げるのか楽しみですね。

183系1000番代の写真はあと2回分くらいありそうなので、また日を改めてアップしたいと思います。

鉄道ブログランキング ← 昨日はいつもくらいに戻りました。ありがとうございます!
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ