鉄道コム

2008/10/6  16:18

記事訂正:オエ6182  気動車(急行・その他)
本日未明にアップいたしました記事の中で、『正式な所属は高崎客車区のようです。』という表記をいたしましたが、本車の車体に「高崎第二機関区」と明示されていることから、守備範囲は間違いなく高崎第二機関区と思われます。

あるサイトで「高崎客車区所属」という資料を見て記載してしまった訳ですが、管理と実際の所属関係は相違している可能性も無きにしもあらずということで、この点に関しては不明でしたのでご了承下さい。

なお、本車両はJRには継承されなかったようです。
0

2008/10/6  2:39

救援車 スエ309 オエ6182  客車 列車・車両(ブルトレ以外)
こんばんわ。
昨夜、熱を測ったら平熱より結構高めでした。あまり熱があるような自覚がなかったのですが、通りで何をするにもダルイし眠いと思ったら、そういうことですか。
で、起きたらこんな時間ですよ。この分じゃ今日の仕事は休みかな・・・。

意識ももうろうとしてて、何をアップしようか考えがまとまらないのですが、何となくボーっと見てて中途半端なネタを探しました・・・何言ってんだか良くわかんない。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年頃 東京機関区にて スエ309

17mの戦前型客車を改造種車とした救援車スエ30です。元は何だか良く判りませんが、当時、首都圏ではなかなか見ることの出来ないダブルルーフ(二重屋根)車で、湘南電車や横須賀線に乗る度に見えたので非常に気になっていた存在でした。
公開などでもまず出てくることがなく、電車の窓から写真を撮るという強行策で撮ったものです。今の車両だと難しいですね。
この車両は、運良く横川の鉄道文化むらで保存になりました。記事によると、元スニ308らしいですね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和60年3月30日 高崎第二機関区にて オエ6182

ところ変わって、こちらは高崎第二機関区の一般公開で展示されたオエ61です。正式な所属は高崎客車区のようです。
戦前の17m木造客車の台枠を延長の上、20mの鋼体化車両とした60系の波及車です。窓配置からして、元オハニ61の改造車でしょう。

これら救援車というのは、列車事故や線路災害があったときに出動する客車で、事故・災害現場で使用する機材などを積載した特別な車両です。備えとしては常に置いていたわけですが、実際にはそんなに事故とか災害があるわけではありませんので、古い客車の使いまわしで足りたのでしょうね。殆どは実際に使われないまま廃車になってしまったものが多いのではないでしょうか。

地味な存在ですし、機関区や客車区の奥や隅にいて撮りづらい車両でしたので、あまり撮ることは出来なかったです。そういう意味では、私的には貴重な記録です。

あ〜ぁ、私にも救援を・・・ 鉄道ブログランキング
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ