鉄道コム

2008/10/26  21:58

東京メトロ7000系 黄帯車  写真撮影
こんばんわ。

今日は娘の水泳大会で辰巳の国際水泳場に行ってきました。
そんなモンで、昼間の更新ができなかったので、夜ネタとして一発かましておきます。

東京メトロ副都心線の開業で大幅な車両の動きがあった有楽町線ですが、同線の長年の主であった7000系が変な色に変わってしまい、オリジナルの黄帯車が激減してしまいました。今後10000系の造備により、更新改造を受けない7000系が廃車となってしまうことで、このオリジナル黄帯車がなくなってしまうということです。

過去に東武線の8000系復活ツートンを撮影に行った際に7000系も撮っていたのですが、露出計の不備で上手く写らなかったため、非常に心残りでした。

そして、本日偶然にも7000系に乗車することが出来ました。
地下区間でシャッタースピードは最悪の中、小学生が撮れる程度の写真しか撮れなかったのですが、記念としてアップしておきます。
※撮影は、全て平成20年10月26日です。

クリックすると元のサイズで表示します
月島駅にて

私と女房が乗った電車自体が7000系だったのですが、これまた偶然、途中の月島駅で対向する7000系とすれ違いました。窓を開ける時間も無かったのでガラス越しに撮ったのですが、メッチャ汚い窓ガラスだったので、ソフトンを掛けたような写りになってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
辰巳駅にて

私たちの乗った編成。ホームが狭く窮屈なので、こんな構図でしか撮れませんでした。
上の写真は保険として停車中のものを撮っておきました。
下の写真は後部を後追いで撮影したもの。1/15秒じゃブレてしまうので流したのですが、奥行き方向に流すって、距離が変わってしまうので難しいですね。


有楽町線に居た07系も、東西線に異動したり東西線色のまま常磐緩行線を走っているヤツも居るらしいじゃないですか。
この7000系黄帯車のラストとあわせて、またまた都営メトロネタを追い掛けなければならなくなりました。

鉄道ブログランキング
0

2008/10/26  0:53

大宮操車場 ハンプ入換の情景 ブレーキ・連結篇  大宮操車場
こんばんわ。
今日もあまり良いお天気ではなかったですね。取り敢えず「EL&SL奥利根」と安中貨物だけは撮ってきたのですが、たった2枚で記事にしづらいので、またの機会にしたいと思います。

さて、1週間ぶりの大宮操車場の入換コーナーです。今日はカーリターダーで制御された貨車に飛び乗り、連結までのお話です。
と言ってもですね、飛び乗りのシーンは沢山撮影しているのですが、カメラを向けられた先輩達がみんなおちゃらけてしまっているので、記事にしづらいんですよ。
なもんで、ほんのちょっとしかご紹介できません。


クリックすると元のサイズで表示します
カーリターダーで速度制御を受けた貨車は、各群線に早歩きするくらいの速度でやってきます。これを下で待っている各番線担当の連結手(構内係)が貨車に飛び乗り、目標地点まで運びます。


クリックすると元のサイズで表示します
北から雪を満載して到着したコキ。この写真を撮ったシーズンは、関東でも大雪に見舞われました。雪景色は別の機会にアップすることにします。

貨車には全車に添乗ブレーキ(手ブレーキ)が付いています。これは、貨車は全ての車両がバラバラに組成・留置される可能性があるため、客車のように編成単位で緩急車を連結しておけば良いという発想がないためです。また、ハンプ入換や突放入換なども昔から行われており、各車両に添乗ブレーキがないと入換えそのものに支障があるわけですね。


クリックすると元のサイズで表示します
先輩の姿には着目する必要はありません(笑)。白い取っ手に注目してください。
この白い手すりがあるところが添乗ブレーキのあるところです。
添乗ブレーキには大きく分けて2通りの構造があります。

1つは1枚目や3枚目の写真のように、貨車の側面に付いている側ブレーキと呼ばれるものです。この白い手すりに掴まって添乗し、車体中央方向から伸びる足踏み敷きのテコを踏みつけてブレーキを掛けます。踏みつけると言っても、実際には飛び跳ねてから全体重を掛けて下に踏み込むと言う感じです。
側ブレーキは、有蓋車(いわゆる箱型の貨車)、無蓋車(屋根のないアオリ戸のある貨車)、タンク車の一部に主に使われています。
長物車にも使用されますが、台枠より上に車体が無いため、やや特殊な格好で添乗する設備になっています。(この車両は、長時間掴まるのが一番ツライ体制になるので好きではない。)

2つ目は、2枚目の写真のようないわゆるハンドルブレーキタイプのもので、ステップから貨車の上に登り、平らな部分に乗ってハンドルをグルグルと回し緊締するものです。
ハンドルブレーキは、車掌車やコンテナ車、各種ホッパー車、タンク車の多勢に使用されており、長時間添乗するには楽ができるタイプです。ただし、ハンドルの巻き取りに時間が掛かるため、体重で制御する側ブレーキに比べると急ブレーキを掛けるのが難しいと言えます。

他にたまたま写真がないのですが、床下にあるハンドルを回すタイプのものがあります。
添乗設備が無いため、突放やハンプ入換は禁止となり、『突放禁止』の表記が書かれています。ク5000や最近ではコンテナ車の100系タイプがこれに該当しています。
ただし、他の添乗ブレーキが付いている車両と一体で入換える場合には、別の貨車でブレーキ制御することが出来るため、突放やハンプ入換をすることもあります。


ブレーキの解説については、それらしい貨車の写真が出てきたら、できるだけパーツごとにご紹介できればと思っています。


クリックすると元のサイズで表示します
連結作業は、単純に群線に停止している貨車に次々と連結していく手段もありますが、群線によっては500mもの長さを有する番線もあり、また、場合によっては1つおきに次々と自分の番線に落ちてくることもありますから、簡単に1つづつ連結している場合ではないこともあります。

そのような場合は、写真のように貨車の最後部に添乗し、ある程度の中間地点で貨車を停め、後から来た貨車をぶつけてから最後の地点に持っていく、というような方法が一般的です。これを1度の作業で7・8回も繰り返しながら、などというのも稀ではありません。
次に来る貨車に乗ってブレーキを掛けるため、停める貨車と次に来る貨車を往復しながら走るわけですから、運が悪いと相当な距離を走らされることになります。

本当は連結しているところとかの写真を撮っていれば、もっとリアルにご紹介できるのですが、さすがに入れ替え中に構内で写真を撮ることは危険極まりないので、残念ながら1枚もありませんでした。

物足りない材料ですが、ハンプ入換の一連の作業をご紹介させていただきましたので、次回からは構内の情景、構内から見た本線の列車などをご紹介して参ろうと思います。

鉄道ブログランキング
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ