鉄道コム

2009/3/15  9:23

ローカルな風景 第37回 (国鉄:渚滑線)  ローカルな風景
こんにちわ。
今日は朝から出撃するものの、目的の「あけぼの」は姿を見せず。「フェアーウェイ」は4つ目のT18でしたが逆向きのため撮影できず。209系500番代に遭遇したのでポジションの良い所に移動したものの、撮影寸前に痛恨のバッテリー切れ。もう挫けました。

もうふて寝しようと思ったのですが、今日のアップをしていなかったので、過去ネタから一つ。

国鉄渚滑線は、これまた今は無き名寄本線渚滑駅から分岐する盲腸線。渚滑〜北見滝ノ上間34.3kmを結ぶ路線でした。

駅数は両端を含めても7駅しかなく、平均距離が5km以上もある閑散とした線区です。(ただし、駅間に仮乗降場が同じくらいの数であったようです。)

列車は、下り8本に対して上りが6本。非常にバランスが悪いですが、大体においてこのような路線は高校生の輸送面でこのような現象を起こします。朝に渚滑〜上渚滑の3駅間をノンストップの列車も設定されており、おそらく単行で、返しは上りに連結の上2両編成で戻ってきたのではないかと推測されます。休日運休であることから、高校生の専用列車と見て間違いないでしょう。
私が現地を訪れたときは春休み期間中でもあり、「休校日運休」ではないこのダイヤがどのように運行されていたかは知る由もありません。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年3月18日 渚滑線 北見滝ノ上駅にて キハ22136

閑散とした雰囲気の終点「北見滝ノ上」駅。ローカル線では乗り鉄的に行って返ってくるだけですので、写真は記念写真として撮ったこの1枚だけ。天気も良かったようで、自分でも納得できる写りでしたね。

写真を見て気になったのは、駅名票の表示は「北見滝の上」となっており、「ノ」と「の」に違いがあります。何故でしょう?町名も「の」になっているんですが。
それともう一つ。駅名に「北見」の冠がついていますが、本家北見市とは距離的にかなり離れており、隣近所にも「北見」の冠が付く駅は見当たりません。???

北海道のローカル線の中でも地味な感のある渚滑線ですが、第1次特定地方交通線に指定され、JR化を待たずに昭和60年3月31日をもって廃止となっています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
1

2009/3/14  18:56

21/3/14 今日の安中貨物  写真撮影
こんばんわ。
今日は全くヒドイ天気でした。ダイヤ改正の大事な日に、撮影で苦労をされた、或いは撮影自体を中止してしまった方も多かったのではないでしょうか?

今朝はEF64牽引の初「あけぼの」を撮りに行きましたが、とても他の列車を待機できるような天気ではなかったので、ほんの3分ほどで帰ってきてしまいました。
その後再び寝てしまったので、「北斗星」を撮影することもできず、物足りなさを感じて安中貨物を撮りに行ってきました。

金町のHさんから定時との情報が入りましたので、安心して出掛けた次第です。

※撮影は、全て平成21年3月14日です。

クリックすると元のサイズで表示します

いつもなら、線路際に立って『飽きたなぁ〜』なんて思うのですが、今日はまだ雨が上がっていない関係もあり、蕨駅の中に入って撮影を挙行。
安中貨物を待っていたらEF651088が来ました。
暗いために『流しでいいや〜』って感じで撮ったらめちゃくちゃピッタリ止まりました。構図は真ん中に先頭が来てしまいましたが、どうせ私のカメラじゃ端っこは100%ブレますからね。


クリックすると元のサイズで表示します

安中貨物の良いところ、それは蕨駅付近で他の列車にカブられることが非常に少ないことですね。
この時点では雨は止んだのですが、大宮方面が明るいわりに、この辺は雲があってメッチャクチャ暗いです。
今回は滅多に撮らない場所なので、蕨駅らしい雰囲気になるような構図を選びました。バックで工事中のクレーンも、高層マンションが建ってしまえはスッカリ景色が変わってしまうことでしょう。
今日は別付けのヘッドマークを付けた変形車57号機でした。


クリックすると元のサイズで表示します

某掲示板によると、最近はコキが付いているかオトキ25000のみのことが多いらしいです。以前の土休運用はオトキ無しでタンク車のみということが多かったのですが、ここ1週間くらいタキが運用から外れている様子。本格的にコキへと移行してしまうのでしょうか。

明日は天気も大丈夫そうなので、特段の用事がない限り、また今日と同じように出撃しようと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/3/14  7:17

EF641000番代 初「あけぼの」  写真撮影
おはようございます。
今日は理由あって朝4時半に起きたので、考え事したり風呂入ったりして、なんと「あけぼの」の時間になってしまいました。

鳥のさえずりが聞こえたので雨が止んだと思ったのですが、しっかり降っているし。しかも、ものすごい突風。おまけに暗い・・・。

情報によると「能登」「北陸」も遅れているようなので、「あけぼの」も遅れるかと期待していなかったのですが・・・。カメラも準備しないで線路際に『ボーッ』と立っていたら、なんともレトロな雰囲気のヘッドライトが見え、『エッ?来ちゃった!』。

何の準備もしていなかったので、慌ててカメラを取り出し、セットしてあったままの設定で撮影。ISO100で1/15秒だって・・・ダメだこりゃ。

クリックすると元のサイズで表示します
平成21年3月14日 東北本線 蕨〜西川口間にて

とにかく突風で傘が持っていかれてしまうので、傘を畳んで足元に投げ捨て、慌てて撮りました。
レンズ性能も悪いので、どうも中心以外は画像が安定して止まらないようです。まあ、通常なら『構えることすらしない』ような状況でしたが、今日は初日ということでアップまでしちゃいます。

しかし、EF64初日という記念に「ナンバーすら見えないこの映りは無いでしょ」って感じorz
にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/3/13  1:35

さようなら・・・東海道を駆け抜けたブルトレたち  ブルートレイン:機関車・客車
こんばんわ。
本日の発車をもって、東海道〜山陽〜九州のブルトレが廃止になってしまいます。とうとうこの日が来てしまいました。
若い皆さんにとっては貴重な「ブルートレイン」だと思いますが、私らオジサン世代には、「憧れの寝台特急」だったんですよね。当時、そう簡単に乗れる列車ではありませんでしたから、写真を撮ることによって「乗った気分」を味わっていたんでしょうね。

少年時代の夢を運んできた「憧れのブルートレイン」が、今まさに東海道〜九州という黄金街道から全て姿を消してしまうことになります。

今日はそんな彼らの活躍していた時代、オジサン世代の夢を運んで走り続けていた頃の写真を集めてアップいたします。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年2月14日 三島〜函南間にて EF6647牽引「さくら」

永らく「1列車」としてトップバッターの座を守ってきた長崎・佐世保行きの「さくら」。晩年は「はやぶさ」と併結されると言う寂しい姿になってしまいました。残念ながら、その頃の写真はありません。
ヘッドマークも何種類か変遷があり、写真を撮る側としてもドキドキ感がありました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年2月14日 三島〜函南間にて EF6649牽引「はやぶさ」

東海道のブルトレとして最後まで活躍を続けてきた「はやぶさ」。「みずほ」との行先替え、衰退してから「さくら」や「富士」と相棒を変えながら、最後まで頑張ってきましたが、とうとう力尽きてしまった。
スピード感あふれる愛称は、寝台特急としての名に一番相応しかったように思うのは私だけではないでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年3月30日 名古屋駅にて EF65529牽引「みずほ」

西鹿児島行きの「はやぶさ」「富士」を補完する目的で誕生した「みずほ」。様々な行先の変遷があったが、その活躍は最後まで地味な感じでした。東海道の東京〜九州のブルトレとしては1番最初に廃止されてしまいましたが、現在の「富士」「はやぶさ」はこの「みずほ」1本でカバーできるダイヤでもあり、一番割りを食った列車だったと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
平成6年8月20日 金谷〜島田間にて EF6650「富士」

史上初めて愛称が付いた特急「富士」。第二次世界大戦激化による運転中止、電車特急での愛称復活、そして日本一長距離を走る特急として常に王道を歩んだ歴史ある列車。
その特急列車の象徴のような名前の「富士」が、本日発をもって最後のときを迎えます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年9月 東京駅にて EF65512「出雲」

東京発唯一だった山陰特急の「出雲」。昭和47年に急行列車から格上げ誕生以来、日本一指定が取りづらい列車だったようです。平日も満席、なんてことも当たり前でした。
その後、米子行き「いなば」を出雲市まで延長し、2往復体制となって交通不便な山陰地方へのアクセスに貢献しました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年2月15日 根府川〜早川間にて EF6653牽引「あさかぜ」

ブルートレインの始祖となった「あさかぜ」。20系固定編成客車を従えて『走るホテル』と絶賛された話は誰でも知っているほど有名。常に九州ブルトレをリードし、東海道で3往復体制を誇っていた唯一の存在。さわやかさをイメージする愛称は、ブルトレの代表格であり続けました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年頃 東京駅にて EF651111「瀬戸」

東京〜宇野を結んだ唯一の四国連絡寝台特急で、後に「いなば」「紀伊」が誕生するまでブルトレ群のしんがりを務めていました。
他のブルトレとは違い、四国連絡橋の開通により高松まで延長。念願の四国入りが実現すると共に、電車化の上スピードアップと、後述の「いなば」と手を組み、発展的解消となった例外的存在です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年9月 東京駅にて 14系 スハネフ14「いなば」

前述のとおり、寝台券の手に入りづらい山陰特急を補完するため、東京〜大阪を結んでいた急行「銀河1号」を米子まで延長の上、紀伊勝浦行き「紀伊」と共に特急寝台化により昭和50年3月に誕生した列車です。
53年10月改正で出雲市までさらに延長、名称を「出雲」に改称したことにより、「いなば」の愛称は消えました。
「瀬戸」と同様に電車化、伯備線経由で「サンライズ出雲」として現在も残存しており、後発のわりに幸運な人生を歩んだ列車と言えるでしょう。

紀伊勝浦行きの「紀伊」は「出雲」に改称後も併結されましたが、利用客の低迷により東海道発のブルトレとしてはいち早く姿を消しています。何故か「紀伊」の写真は撮っていなかったようで、ご紹介できないのが残念です。

これらの列車は、その全てが私の鉄道趣味を支えてくれた立役者たち。そんな彼らが、一つ残らず消え去ろうとしています。


ラストランを迎える「富士」「はやぶさ」。
最後まで無事に走ってもらいたい。何十年も頑張ってきた君達に心からエールを送る。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ありがとう・・・そして・・・
                   さようなら・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/3/12  0:32

磐越西線 DD51:50系 水辺篇  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。

昨日の帰り道は、北風が強くて、久し振りに手がかじかみました。本当ならまだ冬ですから当たり前なのですが、やはり暖かい日が続くと麻痺しちゃいますね。

さて、今日のネタも迷って挙句にこちら。
磐越西線のDD51です。今日は説明無しでギャラリー風に・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
平成4年3月13日 喜多方〜山都間にて


クリックすると元のサイズで表示します
平成4年3月13日 喜多方〜山都間にて


クリックすると元のサイズで表示します
平成4年3月13日 区間不明


クリックすると元のサイズで表示します
平成4年3月13日 区間不明

いずれも春らしいような寒いような・・・なんとも表現し難い絵になってしまいました。この当時はSL撮影が主になっておりましたので、このような遠景写真ばかり撮っていたような気がします。

資料的には号機が判断できないのは残念ですが、これも私の趣味の歴史の一部であります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/3/11  0:21

165系 晩年の快速「フェアーウェイ」  その他電車
こんばんわ。
明日の北日本は大荒れの天気となる予報。どうかお大事になさってください。
この辺りも凄く風が強くなってきて、一気に冷え込んできた感じがします。

さて、ネタはまだまだあるにも拘わらず、どれすれば良いのか迷う日々。
もう1時間近くも悩んだ挙句、選んだのはこの写真。

クリックすると元のサイズで表示します
平成14年8月11日 東北本線 東大宮〜蓮田間にて 165系 快速「フェアーウェイ」

ヘッドマークも付いていない、精彩を欠く写真ですね。
確か165系運用晩年の頃で、他の列車を撮るついでに早朝から出掛けたときのもの。

私はこのような塗色変更車をことごとく嫌っており、あまり写真を撮ったことがありません。当時の「ムーンライト」(現「えちご」)とゴルフ客輸送を見込んだ土休のみ運転の「フェアーウェイ」は、新潟所の165系が使用されており、グリーン車の座席を内装し、様々な塗色が導入されました。これがヒジョーにイヤだったんです。

最終期には明るい塗色に変更され、好感の持てるほどに変わりましたが、時既に遅し、写真を全然撮らないうちに165系が全廃となってしまいました。この写真を撮る直前くらいまでは板橋区に住んでいたことも災いしたと思います。

せっかく最後の舞台を撮りに行ったのに、盗難でもあってしまったのか、ヘッドマークが付かない日が多かったようですね。結果的に説明をしないと判らない写真になってしまったのは非常に残念です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ 
0

2009/3/10  0:56

懐かしの青函連絡船 「摩周丸」   その他乗り物写真館
こんばんわ。
現在、こちらでは本格的に雨が降っています。それでも、昨夜の会社からの帰り道は、コートが要らないくらいに寒さを感じませんでした。なんか、冬らしい感じがしませんね。

さて、過去ログで『懐かしの青函連絡船 「八甲田丸」』をアップいたしましたが、今日は続編で「摩周丸」の写真をアップしようと思います。

※撮影は、昭和62年12月12日、青森港にて。

クリックすると元のサイズで表示します

青森港に入港してきた函館発の「摩周丸」。ネガフィルムからのスキャンで色再現がままならない感じですが、冬特有の激しい空模様です。


クリックすると元のサイズで表示します
桟橋に近づく「摩周丸」。これくらい近くまで来ると、推進ノッチはオフになっているかな。殆ど惰性で動いているような感じですね。


クリックすると元のサイズで表示します
桟橋への接岸準備に入ります。横の方からタグボートが近づき、船尾を斜めに押しながら、ほぼ180度引っ繰り返すような感じで桟橋に横付けさせます。
確か、青函連絡船も横推進が出来る筈ですが、おそらく回転に時間が掛かってしまうので、タグボートで回転させた方が速いのでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します
桟橋に横付けされた「摩周丸」。隣に待機するは「石狩丸」です。
一見、両方ともノンビリ出発を待っているように見えますが、船尾方向では函館からの貨車を下ろし、そして、北海道に渡る貨車の積み込みと大忙しです。
搭載した貨車の重さの偏重を船底の水を出したり入れたりしながら調整するんですね。
安全を守るのは大変な仕事です。

過去ログ『DE10:青函連絡船への積込み風景』で貨車の入換風景をアップしています。

青函連絡船も夜間利用が多かったので、本当に最後の方でしか写真が撮れませんでした。今だったらデジカメがありますので、船内や入換風景なんかももっと撮ることができたのでしょうが、5往復も乗ったのに勿体無いことしました。

まだ何枚かの残りがありますので次の機会に。

ところで・・・「摩周丸」と「マシュマロ」って似てるよなっ。
はっはっはっ・・・違うかっ! にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/3/9  1:16

21/2/28 Fe2.5撮影会 500系「のぞみ」を流し撮る篇  写真撮影
こんばんわ。
あ〜ぁ、もう休みが終わっちゃた。最近はなんか無駄な時間を費やしてしまって、どうも充実した日々を送ってないような気がします。ブログの運営も含めて、何か打開策を考えていかないと、ストレスでハゲが一層進みそう・・・。

そんな状況でも、まだ続きがあるんです。今回の撮影ではデジカメが入院中なので、F−1Nでのネガ使用。イマイチ気合いが入らなかったものの、枚数的には随分撮りました。
前回の東神奈川から移動し、lineさんに案内されたのが「多摩川」の鉄橋です。最近は定番の撮影順序となってしまいましたが、「ふじぶさ」→500系「のぞみ」というパターンです。
この鉄橋は何度も通ったことがあるわけですが、地上から撮影するのは初めての場所です。
※撮影は、平成21年2月28日、品鶴線ポイントで西大井〜新川崎間にて。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは300系で練習。こんな光景もあと数年で見られなくなってしまうのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、500系「のぞみ6号」です。
『今日は薄曇だから逆光ポイントでも大丈夫だね〜。』なんて言っていたんですが、こんな時に限ってお日様が出てきちゃうんですよ。逆光でコントラスト丸潰れ。

折り返しの500系「のぞみ29号」が来る前に、EH500の貨物が来るというので、下流側(順光側)で貨物を待ちます。ここでお寝坊さんのシービーさんがやっと登場です。メインはもう終わっちゃったよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します

EF500は何処だよ〜!
と言ってもですね・・・ブレブレで大失敗。とてもお見せできません。意外とスピードが速かったのと、見えないところから突然出てくるので焦ってしましました。見事撃沈です。

またもや上流側に戻って、500系「のぞみ29号」を待ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

同じ構図で撮っても仕方ないので、こちらもF22まで絞り込んで流しに挑戦。
しかし、結果は見事に撃沈。
F−1Nモードラ付きに300mmF4は重た過ぎて厳しかったみたい。昔はこれでもピントを合わせながら流し撮ることができたのに・・・ずいぶんウデが老朽化したみたいで。寂しいもんです。
ちなみにlineさんはキッチリ撮影しています。見本としてこちらをご覧あれ!

この後、東急電車を撮ったのですが、その様子はまた次回ということで・・・。


13時近くなったので、ここでお昼ご飯です。今回はtakeさんご欠席のため、グルメレポをしてくれるメンバーが足りませんので、僭越ながら私が・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

最寄り駅は東急電鉄の「多摩川駅」になるのですが、この駅周辺にはお食事処が殆どありません。
店構え的にはちょっと怪しい感じがしたのですが、定食があるということもあって、このお寿司屋さんに入ってみました。
ところで、お店の名前が判らないんですけど・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

シービーさんは「ちらし」、lineさんは「親子丼」大盛り、私は「天丼」大盛りを注文しました。丼は小振りな入れ物ですが、フタが浮くほどの盛りです。それでも並程度の量かと思ったのですが、いやいや、メッチャ沢山入っていました。
私、海老天だけが乗ったいわゆる高級な「天丼」よりも、「かき揚げ丼」が好きなんです。まるで私の要望に応えるように、タコ入りのかき揚げやゴボウ天、勿論海老やその他野菜がタップリ乗っていました。苦手な茄子も含めてタップリといただきました。
お値段は大盛りでも千円前後。量も質もお寿司屋さんとすればリーズナブル。観光地の定食屋さんよりは遥かに満足できました。

この後、Fe3となった一行は、lineさん宅へお邪魔することになりますが、食事の前に撮影した東急篇をアップする予定です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/3/8  0:50

21/2/28 Fe2.5撮影会 横浜線HM篇  写真撮影
こんばんわ。

アタマが痛ァ〜い!

今日は退職する先輩の送別会があって、夕方から出掛けてきました。
18時から23過ぎまで5時間強。日本酒やら焼酎やら飲んでしまったら、かなり酔っ払ってしまいました。私、飲み過ぎると直ぐにアタマが痛くなっちゃうんです。だから、普段から飲まないのですが・・・今日は「やっちまったぁ!」って感じです。
1週間の疲れが出て、昨日はめっちゃ良い天気だったのに、「あけぼの」も「北斗星」も撮れず終い。最悪な週末になりそう。

さて、Fe2.5撮影会の続きです。
昨日アップいたしました「ふじぶさ」を撮影の後、どうしても撮りたかった横浜線の記念ヘッドマークに照準を変えます。この辺りのお膳立ては、我が事務局長lineさんのお気遣いの賜物です。私の要望にお応えいただき感謝しております。

ただ、困ったことに全然来てくれないんですよね。ヘッドマーク取り付け編成が・・・。

その間に、こんな写真も撮ることができました。

※撮影は、平成21年2月28日、東海道本線横浜〜東神奈川間にて。

クリックすると元のサイズで表示します
「成田エクスプレス」 トップナンバー編成

クリックすると元のサイズで表示します
「成田エクスプレス」 3号編成

クリックすると元のサイズで表示します
伊豆急アルファリゾート 「リゾート踊り子」

初めての区間なんで、気軽に何でも撮っちゃう感じで。ただ、今回はネガなので、整理は大変になっちゃいました。

で、横浜線のヘッドマーク取り付け車が全然来てくれなくて、結局「ふじぶさ」通過から1時間以上粘ってやっと何本か撮ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

待ちに待った列車がせっかく来たのに、アングルは上手く取れないわ、京浜東北に被られるわ、出来上がってみたら総じてピントが甘くなってるわ、出来としては全て納得いきませんでした。昔からそうなのですが、どうもこのF−1で撮るとスッキリしない(画面全体的にピントが合っていない眠たい感じ)に写るので、ひょっとしたらフランジバックがズレているんではないかと疑ったりしています。

まあ、終わってしまったことですし、このヘッドマークが残っているうちに再チャレンジできるかどうかも分かりませんので、取り敢えず押さえることができて良かった、ということにしておきます。

さて、撮影はまだまだ続きます。にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/3/7  0:36

21/2/28 Fe2.5撮影会 「ふじぶさ」を待つ篇  写真撮影
こんばんわ。
Fe2.5撮影会の続きです。
前回にご紹介をうっかり忘れてしまったのですが、takeさんは温泉旅行の予定があったらしいです。なので、今回はFe3ということになるのですが、シービーさんは相変わらずのようです。
鶯谷駅で「あけぼの」を撮影し、次の「ふじぶさ」を迎えに東神奈川へ移動です。今回のプランは、我が事務局長lineさんのおまかせコース。今回は、私は一切プランニングしませんでした。

※撮影は、平成21年2月28日、東海道本線横浜〜東神奈川間にて。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回の撮影は初めての場所でしたので、どうして良いか良く分かりませんでした。逆に初めての場所なので、どう撮っても良いってことなんですがね。私は安直に跨線橋の上からのアングルとしました。
「ふじぶさ」が来るまで50分くらいあったので、横浜線のヘッドマーク付きの列車を睨みながら、久し振りのマニュアルカメラの慣らしをしてました。
しかし、どうも甘ピンのような感じなんですよね。それともスキャンのときにネガが反ってしまったか、画面真ん中が甘いような気がします。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この日の「ふじぶさ」は定時で来てくれました。撮影のときは定時で来てくれないと、あとの予定が狂っちゃうんで大変ですよね。「ふじぶさ」「銀河」は嫌われることが多いので、有り難き幸せでございますよ。
最後部で写真を撮っている少年が映っていました。この子が高校生くらいになったとき、鉄道はどう変わっているのでしょうか。でも、この列車に乗った記憶は一生残ることでしょうね。


で、取り敢えずの目的は達成したのですが、問題は横浜線のヘッドマーク付きが全然来てくれないこと。運用も分かりませんから、ひたすら待つしかありません。1本は車庫に入っていましたし、東神奈川駅の折り返し線にヘッドマーク付きの列車が停まっているのが見えました。(←我々の方には来ないorz)


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

横浜線を待つ間、直ぐ隣を併走する京浜急行なども撮ってみました。本当は線路際に行けば、lineさんのように良い構図の写真が撮れた筈なのです。しかも、1000形が結構来たんですよね。非常に惜しいのですが、どうしても横浜線のヘッドマークつきが撮りたかったので、JR側から離れることができませんでした。

続く・・・にほんブログ村 鉄道ブログへ

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ