鉄道コム

2009/4/30  3:38

09/04/26 日立電鉄廃線跡とEF81貨物  写真撮影
こんばんわ。
またまた勝田篇の続きです。

突然のヒョウと突風・大雨に襲われながら、水泳大会の行われている笠松運動公園に戻りました。その頃には既に陽が差しており、20分前のあの天気は何だったのだろうというくらい。気温も上がってきました。
ここで娘のエントリを観戦後、昼食を摂ることに。ここで女房から有難いお言葉。
『昼食を食べながら撮影に行ってくれば?』
ということで、コンビニで昼食のお弁当をGET。女房と別れて撮影に出掛けます。

今度は貨物列車の撮影が目的。事前にくまさんから時間をGETしていましたので、後は場所選びだけ。しかし、自分の足では来たことが無い場所なので、ナビを頼るしかありません。そして選んだのが大甕駅の手前にあるカーブでした。

ナビをセットして国道6号線を走行。途中から常磐線へ近づくために右折します。なんか見た風景だな・・・と思ったら、つい1時間前に思いっきりヒョウにやられた場所じゃござんせんか!反対側から走ってきたんで全然わかりませんでした。

そんなんで、撮影場所に到着。なんかここも見覚えのある場所だな・・・と思ったのですが・・・。

※撮影は、全て平成21年4月26日、常磐線 東海〜大甕間にて。


クリックすると元のサイズで表示します

クルマを停めた脇に深い堀があったので川かと思ったのですが・・・
覗いてみると不自然な路盤。そう、日立電鉄の廃線跡でした。道路として活用できそうなほどキレイな砂利道になっています。


クリックすると元のサイズで表示します

と言いつつも、かつて常磐線の下を潜っていたトンネルは残念ながらコンクリートで塞がれており、残念ながら通ることは出来ません。

そう、ここのトンネルは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

今からちょうど20年前に写真を撮った場所だったんです。こんな悲しい姿になってしまったんですね。残念でなりません。


時間があまり無いので急いで食事を片付け、アングルを決めます。
風は残っていますが、午前中とは打って変わってどピーカンの青空。日差しが強いので暑くも寒くもない、ちょうど良いお天気となりました。
※ここで勘違い記事を載せていたので削除いたしました。


クリックすると元のサイズで表示します

踏切の警報機が鳴り、貨物列車かと思ったのですが、やって来たのは「スーパーひたち23号」でした。勝田で7両を切り落とした4両のカワイイ編成です。どうやら、途中で貨物列車を抜いてきたようです。


クリックすると元のサイズで表示します

踏切が直ぐに鳴ったので、今度こそ貨物列車だと思って構えたのですが、来たのは501系10連の555Mでした。これにも抜かれてしまったんですね・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

さらに数分あけて下りが3本続行の形となりました。高速貨物の2095列車です。
牽引はEF8182でした。
どピーカンの逆光なので真っ黒に潰れてしまいましたが、空がナンバーに反射してクッキリと浮かび上がってくれました。まあ、これはこれで良いかな?

にほんブログ村 鉄道ブログへ

直ぐに貨物が来てくれなかったので、普段は撮れない4連の651系や501系を撮ることができ、結果的には良かったです。何と言っても、ダイヤが判っているというのが強みですね。安心して待つことが出来ました。情報をいただきましたくまさんに感謝いたします。ありがとうございました。

まだ時間がありましたので、ひたちなか海浜鉄道を経由して大会会場に戻ることといたしました。つづく・・・
0

2009/4/29  20:15

通りすがり 茨城交通の旧型バス  バスの写真館
こんばんわ。
今日はお休みでございます。なので、今回の勝田遠征で捉えたバス写真をアップしてみます。

未明にアップいたしました水郡線の撮影の後、常陸太田駅に向かう途中でした。
国道を走っていると、左側の景色にバスの車庫が飛び込んできました。普通だったらそのままパスしてしまうところですが、富士重工5E顔の車体があったのを見逃しませんでした。次の交差点でUターンし、迷惑にならなそうな場所を探してクルマを停め、道路の反対側から撮影しました。

※撮影は、全て平成21年4月26日です。

クリックすると元のサイズで表示します

富士重工の5E顔ですが、車体幅が狭く全長の短い6Eのようですね。登場から15年以上は経っているものと思われます。都心ではまず見られなくなった顔です。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらは同じく富士重工の車体ですが、7E顔をしたやはり車体幅が狭く全長の短い8Eのようです。このタイプの小径タイヤを履いた車両というのはあまり好きではないのですが、このような旧型車に遭えただけでも有難いと言うもんです。


クリックすると元のサイズで表示します

6Eと8Eに挟まれるように留置されていた日野レインボーRJです。こちらも中型車のため、3台でバランス良く並んでしました。
真っ赤な塗装が目立ちましたね。挟まれていたのでサイドに何が書かれていたのか良く分かりませんでした。

この奥のほうにも何台か停まっていましたが、運転手さんたちがダベっていたので、声を掛けられるのがイヤ(時間がない!)なのでサッサと引き上げました。

茨城県内でも、この辺りまで来ると旧いバスがまだまだ見られるようですが、都心のバスが常に中古で地方に流れる時代(排出ガス抑制の関係)でもあり、地方も油断なりません。このような機会を逃さないようにしたいもんです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
1

2009/4/29  1:20

09/04/26 新緑の水郡線&突然ヒョウに襲われる  写真撮影
こんばんわ。
昨日は低調なアクセスでした。まあ、一昨日が良過ぎたかな?
さて、撮影の続きです。

水泳大会の会場へ娘と女房を運び一段落・・・と行きたいところですが、記念グッズを購入するので一緒に並んでくれと・・・。
エーーーーっ?撮影行きたいのに

でも、家族サービスもしなきゃいけないから仕方ないか・・・並ぶの嫌いなんですよね。バスコレ限定品以外は並ばないことにしているんです。

行列も1時間でやっと解放されますた。9時から11時まで約2時間のフリータイム。
朝食をコンビニで仕入れて、近場で目を付けていた水郡線へとクルマを走らせます。

水郡線にはSL撮影の関係で、過去に5度くらい足を運んだんではないかと思います。でも、太田支線に来るのは初めてですね。土地勘はまったくないので、車のナビで線形を見ながら走ってみました。
※撮影は、全て平成21年4月26日です。

クリックすると元のサイズで表示します

初めに目を付けたのが額田〜南酒出間。現地へ行ってみると、カーブしながら築堤を行くなかなか良い風景でした。しかし、写真を撮ろうと思うと意外と樹木に遮られる上に、ちょうど良い風景の真ん中に鉄塔がドッカーンって建っているんです。

それで目先を変えて、額田駅のホームに立ってみました。そしたら、意外と良いんですよね。


クリックすると元のサイズで表示します

額田駅の進入シーンです。木立の中をカーブしながら下ってきます。朝方、行列をしているときは晴れてきたのですが、ここに来てまた曇ってきてしまいました。バックが青空だったらもっと良かったんですけどね。


クリックすると元のサイズで表示します

同列車の額田駅停車シーン。通常は2両編成で走っているようですが、ホームは各駅とも6両が入るくらい長いですね。
しかし、驚いたのは気動車の加速力。メッチャ速く感じました。技術の進歩ってすごいですね。

下り列車まで少々時間が開くので、場所を移動してみることにしました。
そしたら・・・なかなか良い場所を見つけたんです。


クリックすると元のサイズで表示します

額田〜河合間にて。木立を抜けて大きくSカーブを描いてやってきます。
背の高い草が多くてやや足場に制限がありますが、結構良いと思いません?時折り陽も当たるのですが、列車が来たときは残念ながら翳ってしまいまいした。


クリックすると元のサイズで表示します

Sカーブを抜けると、ほぼ90度曲がりながら久慈川の鉄橋を渡ります。
それにしても、青空が欲しいっていうか、この雲スゴイ雰囲気ですよね。晴れの予報なのに。


中途半端に時間があるので、常磐線の撮影にでも行こうかと思ったのですが、通りついでとトイレの関係もあって、ちょっと足を伸ばして常陸太田駅に寄ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

かつては貨物取扱いで栄えた様子があり、かなり広い敷地になっていますが、現在は殆どがロータリーや駐車場として整備され、駅は1線分しかありません。
過去ログでアップしましたが、駅前の国道を挟んだ反対側には日立電鉄の常北太田駅があったということです。写真を撮っている以上は私も訪れているのですが、どのような街風景であったか、まったく記憶にありません。

トイレを拝借、自販機で缶コーヒーを買ってクルマに乗り込み、常磐線の線路を目指します。しかし、ホントに怪しい雲行きというか、完全に前線ですよね。何時降り出してもおかしくないような。そしてその時は訪れました。


国道6号線から常磐線に向かって左折しようとしたとき、雨が落ちてきました。すると、信号待ちをしている目の前を、雨の波が横切って行くのです。それもかなり跳ね上がっているんですよね。
そして、交差点に進入して驚きました。その横切っていく波は、雨では無くてヒョウだったんです。
今まで見たことも無いほどの量でした。大きくないのでクルマは傷つく危険は感じませんでしたが、雨の中にヒョウが混じっているのではなくて、ヒョウしか降ってないんです。前が見えないほどの量です。もちろん、水分が殆ど無いので、ワイパーも利きません。


クリックすると元のサイズで表示します

危険を感じたわけではなく、写真を撮っておきたくてクルマを路肩に寄せ、写真を撮ってみました。残念ながらこんなときにガラスにピントが合ってしまって、肝心な様子が撮れませんでした。道路がヒョウで真っ白になったんですよ。

しかし、たった5分弱くらいの時間でしたが、こんなにまとまった量のヒョウは初めて見ました。なんだかヒョウに追われるトムソンガゼルの気持ちがわかるような気がします。(←何言ってんだコイツ。そりゃチーターやがな!)

常磐線の線路に辿り着いたものの、ダウンバーストの暴風と大粒の雨で外に出ることも出来ません。そんなんで撮影は断念し、水泳会場に戻ることにしました。
会場に着いたときは、雨も止んで陽が差してきましたね。なんという天気でしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

時間の関係で水郡線は1往復分しか撮れませんでしたが、久し振りに鉄道風景写真の原点を見たような気がしました。
午後の部がまだ続きます。もう少しお付き合い下さい。
0

2009/4/28  21:40

09/04/26 勝田で朝のお散歩 キハ205  写真撮影
こんばんわ。
昨日は平日にも拘わらず、多数のアクセス&ポチをいただきありがとうございました。
今日も続編をアップいたします。

ホテルに帰ってから日が変わるを待って携帯から画像を登録。さっさと記事を打って皆さんのポチ回り。結局寝たのが2時くらいになってしまいました。
どうしても翌朝は写真を撮りたかったので、朝6時に起床。荷物を片付けて6時半頃ホテルを出発。勝田駅近くの踏切まで行ってきました。

くまさんから教えていただいたのですが、ED75牽引の貨物は運休とのこと。それでもひたちなか海浜鉄道の車両が撮れればと思い、踏切で待ちました。時刻表を家から持って行くのを忘れてしまったので(←テツにあるまじき・・・)、行き当たりバッタリデス。

7時にホテルを出発しなければならないので、撮影できる時間はわずか15分ほどしかありませんでした。

※撮影は、全て平成21年4月26日、勝田駅水戸寄り踏切にて。


クリックすると元のサイズで表示します

まず最初に来たのは、上野口から姿を消して久しい415系1500番代。鋼製車は全廃となってしまいましたが、この車両はまだまだ行けるでしょう。天気予報は外れて曇天です。暗くて少しブレたかな。

下り接近で踏切が鳴ったので、湊線の列車が来たかと思ってカメラを構えたら、E531でした。通過した後「キハ205は来ないか・・・諦めるか・・・」と思っていた矢先、E531が通過しても踏切が開かないのでおかしいと思ったら・・・


クリックすると元のサイズで表示します

嬉しいことにやって来ましたキハ205。本当はカーブの立ち上がりで撮る構図としたかったのですが、油断していたのでかなりアップになってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します

数をこなすために後も撮ってみました。障害物検知器が沢山あって鬱陶しいですね。


クリックすると元のサイズで表示します

ここで早くも時間切れ。これだけしか撮れませんでした。駅外から撮ったこともなかったので、せめてもの記念にパチリ!
わずかな時間でしたが、前日に湊線に乗ることができなかったので、取り敢えずのリベンジというところでしょうか。

ホテルの帰り道、勝田駅前に物々しい雰囲気が漂います。

クリックすると元のサイズで表示します

警察官が取調べ中に睡眠薬を盛られ、居眠りした隙に犯人が逃走して指名手配になっている事件。
私も別の警察官に声を掛けられたのですが、犯人が勝田駅前で目撃されたらしいです。そんなんで、通りがかりのあらゆる人に声を掛けて、情報を集めているようです。

ホテルに戻ってから直ぐに出発したのですが、水泳大会の会場までの道としてナビがココを指しているんです。面倒なんで避けて別の道を選ぼうと思ってたのですが、娘が『検問に入ってみたい!』なんて言い出すもんだから、仕方なくまた警官の話を聞くハメに逢ってしまいました。ところで、まだ犯人は捕まっていないんですかね?

この日は天気がまあまあでしたので、競技の合間を見計らって結構出掛けてまいりました。まだ続きがありますので、是非お付き合い下さい。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
携帯から投稿したら、写真1枚しか送っていないのに、通信料が千円も掛かってた・・・高杉!
0

2009/4/27  0:30

09/04/25 夜の勝田駅 急行「わくわく舞浜・東京」  写真撮影
こんばんわ。
25〜26日に掛けて、娘の水泳大会に付き合って「笠松運動公園」という場所へ行ってきました。

早朝出発の予定が行き違いとなり、実際に家を出発したのは11時過ぎ。
途中、谷和原インター付近でおバカなBMのスピン事故の渋滞に巻き込まれ、1時間半あれば十分なところ、2時間半も掛かってしまいました。

娘の予選に間に合ったのですが、低気圧の通過に伴う風雨に遭い、運動場の駐車場は大きな池状態。風もかなり強いので、撮影は已む無く断念した次第。でも、何かネタをアップしておきたいと強引に出掛けて行ったのが、昨日アップしたひたちなか海浜鉄道の写真だったわけです。

雨は小降りになってきましたが、それでも強い風は相変わらずの悪天候。街中は閑散とし、駅も殆ど人の出入りがありません。何もネタになるものがなくてどうしよう・・・と思っていたら、電光掲示板に急行「わくわく舞浜・東京」の文字がありました。到着まで15分ほど。

※撮影は、全て平成21年4月25日、常磐線勝田駅にて。

クリックすると元のサイズで表示します

勝田駅の側線でお休み中の特急車両でカメリハ。周りにネオンがないため、メッチャ暗いんですよね。ちなみに0.4秒。手ブレは免れません。

勝田駅の4番線の停車位置は、5両編成を越えるとホームのギリギリまで行ってしまうんですよね。屋根はビミョーなところで切れちゃうし、動いている列車は止められないし。ムリムリの撮影になってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します
急行「わくわく舞浜・東京」号 到着シーン

ホーム半ばの明るさがあっても1/4秒。手ブレしているのですが、何故か先頭左側だけ止まっているんですよね。少し流し撮りみたいになってしまったようです。明るさのバランスが悪く、1絞り補正したのですが、ヘッドマークは飛んでしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します

−2に絞り込んで撮らないと、ヘッドマークが浮かび上がりません。結果として車体は真っ黒に・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

最大に引いて(38mm相当)もこれが精一杯の構図。0.4秒という超スローシャッター。背中からは雨がガンガン吹き付けているんです。


クリックすると元のサイズで表示します

ここ勝田駅で運転手さんが交代。さっさと発車していきました。
ただのネタ作りとしての1枚。なんの意図もございません。

そして、ネタがなくなったのでさっさと退散。ホテルに戻りました。何とも不満の1日でしたね。天気が恨めしい。

でも、昨日26日は時間が無い中でも結構撮ることが出来たんですよ。初めていった場所もあるし、懐かしさが込み上げてくる場所もあったし。
明日以降、順次ご紹介していきたいと思います。
にほんブログ村 鉄道ブログへ ← 昨日少なかったんでよろしくお願いします。
0

2009/4/26  0:15

ひたちなか海浜鉄道最終列車  写真撮影
こんばんわ。
今日は勝田にいます。
クリックすると元のサイズで表示します

※帰宅後に追記。

写真が横向きになっちゃってましたね。携帯電話から投稿したのですが、どうも以前使っていた機種とアップ方向が変わってしまったようです。

実は、25日(土)から、娘の水泳大会の観戦&送迎で那珂市まで行っておりました。その関係で、勝田駅に近いところのビジネスホテルに泊まったのです。

本当は、夕方に決勝が終って、早めの夕食を摂って湊線を往復する予定だったのですが、競技が1時間近く押した挙句、解散がなんかモタついて、結局ホテルに着いたのが19:30過ぎ。それから夕食の買出しに行って、パソコンの接続の設定やなんやらで落ち着いた頃には22:00になってしまったんです。

昼間は雨風が強くて暗いので、とても競技の合間を縫って撮影に行くなんて芸当は無理。結局、どこにも行けない状態になってしまったので、『エンタの神様』が終ってすぐに勝田駅まで突撃したのです。23時ちょうどくらいでしたか。

取り敢えず湊線の3710を撮影したのですが、次はどうしよ。もう遅い時間だし・・・と思って時刻表見たら、この列車が最終でしたorz

で、この後、臨時のお客さんを撮って宿へと戻ったわけです。
続きは後ほど別ログで!にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/4/25  0:30

寝台特急「彗星」:カニ24100番代  ブルートレイン:機関車・客車
こんばんわ。昨夜は大変見苦しい記事をアップいたしまして失礼いたしました。
どうにもアタマに来て何も考えたくないときもあるもんで、特に昨日はアタマに来たんです。今日は少し落ち着いたので、冷静に記事を書こうと思います。

私が中学を卒業するとき、春休みに卒業旅行として九州に行ったんです。
ただ、私は事情があってエレクトーン発表会のドラマーのアルバイトをしなければならないことになり、同行のみんなから数日遅れて九州入りとなりました。それで、往路は1人旅となったわけですが、東京からブルトレで行くとなると寝台特急「富士」のみとなり、せっかく九州まで行くのだから東京に走っていない列車に乗りたくなったため、新幹線→寝台特急「彗星」という行程を選んだのです。

ちなみに、それまで寝台列車に乗った経験は小学5年生のときの急行寝台上り「銀河2号」のみであり、私の寝台特急(ブルトレ)デビューは、意外にも寝台特急「彗星」となったのです。
※過去ログ『583系 寝台特急「彗星」』もご覧下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年3月23日 下関駅?にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年3月23日 門司駅?にて

上の写真がリバーサルで、下の写真がネガカラーです。カメラが別なので、撮影した順序が分からないのですが、周辺の明るさから考えてこのような順序でないかと思っております。駅の風景は全く覚えていません。

昭和51年後半に登場したカニ24100番代を連結した「彗星」。編成自体は24系25形0番代車で関西オリジナル編成ですが、カニのみ後発の100番代を連結していました。カニ24100番代は東京発の九州ブルトレ用として製造された車両でしたが、九州方面の20系客車の老朽化交換を機に関西にも若干数が導入されています。
結果的にはレアな車両に当たったわけですが、私的にはカヤ24(←マヤ24)の方が好きだったので、ちょっとガッカリ。

新大阪〜別府間を乗り通したわけですが、機関車の写真は全く撮っていません。当時はヘッドマークが付いていなかったので、あまり興味が湧かなかったのですね。ですので、全区間とも牽引車が何だったのか、全く記憶にございません。

今となってはEF30すら1回も撮らないで終ってしまいましたので、非常に勿体無いことをしたな、と思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
2

2009/4/24  1:19

私の今の状態・・・  蒸気機関車
・・・

クリックすると元のサイズで表示します

今の私の状態にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/4/23  6:37

レトロ風な高崎駅での写真(80系+70系並び)  旧型国電
おはようございます。
昨夜は色々あって早めに失礼いたしました。なので、5時起き・朝風呂の早朝アップです。

まずは1枚の写真をご覧下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年3月12日(多分) 高崎駅にて

当時、信越線に残っていた唯一の80系運用と、両毛線の主力であった70系の並び写真です。跨線橋は木製の板張りで、特急列車が全て停車する駅にしてはレトロな雰囲気ですよね。
かつては東海道線や東北線の幹線駅でもこのような風景が良く見られたものですが、新幹線の開業による改築や自由通路の設置、ステーションビルの併設や今で言うところの駅中整備などでこのような風景も段々見られなくなりました。

写真は、貰い物のリコーフレックスという6×6番で撮っています。ほんの少ししか使ったことがありませんでした。2眼レフでウエストレベルファインダー、左右逆像という使い勝手の悪さが中学生には重荷でしたね。

当時の様子はもう少ししっかりした画像を過去ログでアップしておりますので、参考までにご覧下さい。なお、過去ログ内のリンクは壊れていますので、こちらに一旦戻ってからリンク先をご覧下さい。

 ・モハ80系 信越本線(高崎にて)

 ・モハ70系 両毛線(高崎にて)

 ・モハ70系 両毛線(高崎にて):その2

 ・関連記事 クハ77:両毛線

昭和52年頃からは旧型国電の淘汰のために115系1000番代の製造が既に始まっており、70系新潟色を皮切りに置換えが進められました。このときも一部の列車で115系化されたものがありました。高崎地区では、吾妻線の40系が既に見られなくなっていたようですね。

未だ中学生で自由が利かなかった頃、宇都宮と並んで複数回訪れた数少ない地域の一つでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/4/22  7:52

クハ481ボンネット用「やまびこ」ヘッドマーク  特急型電車(交直流・交流)
こんばんわ。
今日はちょっと変わりネタです。

私はブログを始めてまだ1年が経ったかどうかの頃、おなじみFe4のメンバーの間で、『485系「やまびこ」のボンネット用のヘッドマークがしばらく上野駅に放置してあった』という話題があったんですが・・・。

確かシービーさんが放置されていた「やまびこ」のヘッドマークを覚えていて、私も『写真とっていたんだよ〜』みたいな事を言っていたのですが、その大切なリバーサルが見つからなかったので、水没事故の際に処分してしまった!と思っていたんです。

で、先々週のこと、模型の探し物をしていたら、ひょんな場所から発見されたんです。

これがその証拠写真。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年頃 上野駅にて

確か、上野駅の8番線と9番線の間だったと思います。線路と線路の間にさも使用されているように放置されていました。誰かが踏んでしまったのでしょうか、悲しいことに真ん中から割れています。
私の記憶では、これ以外にも2枚放置されており、写真以外の2枚は9番線のホーム上にあったような気がします。1枚は純然たる「やまびこ」のヘッドマークでしたが、もう1枚は「あさま」になっており、表面に塗ったペンキのような幕がかなりの面積で剥がれ、その下から「やまびこ」の文字の一部が見えていました。『このようなヘッドマークでも塗り替えて使うんだ』と感心したりショックだったり。

電車特急として誕生した「やまびこ」は、昭和47年くらいに青森運転所の受け持ちに変わり、東北特急としてはボンネット型から一早く撤退した列車でした。私も小学2年生くらいであり、このボンネット型の「やまびこ」を生で見た記憶がありません。

それなのに、約7年も時代が流れた上野駅に漫然と放置されていたのは、ある意味ずさんとも言える感じがしますが、これを発見したときの嬉しさは例えようがありませんでした。

実車のボンネット型「やまびこ」の写真を撮ったことが無いので、たったこれだけの写真であったとしても、私的には大変貴重なものなんです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ