鉄道コム

2009/4/21  1:09

09/04/19の撮影(後編) 「快速碓氷」〜「北斗星」  写真撮影
こんばんわ。
昨日はアクセスが少なくてどうなるかと思ったのですが、何とか最低線はクリア、ポチも沢山いただきありがとうございました。

さて、昨日の記事の続きです。
「あけぼの」を撮影した後、いつもなら「北斗星」まで2時間以上空くのでゆっくりできるのですが、この日は183系「快速碓氷」が走るので、1時間くらいの空きとなります。ボーッとしていても仕方が無いので、一旦家に帰って朝食を摂りました。
小休止の後、いつもの架道橋へと向かいます。

※撮影は、平成21年4月19日、蕨〜西川口間にて。


クリックすると元のサイズで表示します
183系 OM103編成 「快速碓氷」

この日はOM103の485系改造車を先頭とする編成でした。特急のシンボルマーク付きが良いですねぇ〜。
朝方からのモヤが晴れず、すんごく眠ったい絵ですが、なんか良いかも。
毎年、春と秋に何故か1往復づつ設定される「快速碓氷」。今年は土日の2日間連続の設定です。今まで2回撮りましたが、いずれも天気が悪くて最悪の写りでした。今回も良い天気とは言えませんが、演出と考えれば今迄で一番良かったかもしれないです。

ここで「カシオペア」まで再び1時間空くので、一旦家に帰って一服。寝不足に襲い掛かる眠気をこらえつつ、再び出場します。


クリックすると元のサイズで表示します
カメラテスト E231系

昨日アップした「北陸」と限りなく近い位置で撮影します。「北陸」を撮った位置には、テツが1人構えてました。前に立っても邪魔にはならない場所なので、遠慮無く前から撮らせていただきます。
いつの間にかモヤも飛んでおり、陽も順光に近い状態でスッキリしてきました。


クリックすると元のサイズで表示します
EF8192牽引 「カシオペア」

いつも撮影は土曜日が多いので、「カシオペア」はあまり撮ったことがありません。なので、ほんと、久々の撮影のような気がします。
構図のセッティングを間違えたらしく、少しアップ気味でケツが切れてしまいした。E231系を撮った構図の方が良かった・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
EF8196牽引 「北斗星」

いつもはあまり撮ることのない真上からのアングルをチョイスしてみました。近場での撮影も飽きが来てますから、上からドアップの大胆な構図も良いかな?と思って。
しか〜し、結果はご覧のとおり。あまりにもスピードが速くて付いて行けず、デジカメ特有のタイムラグにやられてスカートが痛恨のフレームアウト
普段の撮影ではあまりタイムラグは気にならないのですが、さすがにここまで近くて窮屈な構図だと、コンマ数秒のわずかなタイムラグも命取りになりますね。別に命は取られないですけど。


209系500番代ウラ80編成の到着まで30分以上の時間が空いてしまうのですが、撮影が一段落して急に睡魔に襲われたため、ここであえなく撤退。夕方の娘の送迎に備えて、お昼寝タイムとなりました。
わずか4時間の行程で3度も出動した、超横着テツな一日でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

そういえば、昨日の朝の通勤はいきなりウラ80編成でした。もちろん、通勤の朝に写真なんか撮る余裕はありません。
0

2009/4/20  1:05

09/04/19の撮影(前編) 「北陸」〜「あけぼの」  写真撮影
こんばんわ。
昨日は天気も良さそうと言うことなので、2時間しか寝ていなかったのですが、早朝から撮影に行ってきました。
そろそろ夜明けも早くなってきたので、久々に「能登」からと思っていたのですが・・・。やはりスムーズに起きられなくて、慌てて着替えて家を出たものの、目の前を華麗に「能登」が通過して行きましたorz。もう1分早く家を出れば間に合ったのに・・・。

気を取り直して、15分後に来る「北陸」を撮るために場所を移動します。
薄日で明るさはあるものの、どうもモヤが濃い状態。ポジションに立って望遠でテストを行います。

※撮影は、全て平成21年4月19日、蕨〜西川口間にて


クリックすると元のサイズで表示します
209系 京浜東北線 第59編成

背中向きに209系でテスト。逆光なので余計にモヤっぽさが目立ちます。順光ならばISO100でも1/640秒が切れるのですが、逆光ポジションだと1/200秒しか切れません。ちょっと心配。


クリックすると元のサイズで表示します
EF641053牽引 「北陸」

スピードを殺すために正面がちの望遠ポジションとしました。かなりモヤっているのがお判りいただけると思います。
通常ならばアップするときにコントラストを注入してモヤを飛ばしますが、今回は表現の一つとしてそのままアップしてみました。1発でピントが合わなかったり、結構難儀しました。


クリックすると元のサイズで表示します
253系 「成田エクスプレス5号」

場所を変えて「あけぼの」用のポジションでその時を待ちます。「北陸」から30分以上開きますので、マッタリした感じで。
途中、喉が渇いたのでジュースを買いに階段を下りたら、209系500番代が目の前を通過して行きました。もう少し待っていれば良かった・・・。
ところで、今年度中に新車の導入が発表されましたね。直ぐには全て置き換わることは無いと思いますが、早うちに記録しておいた方が良いですね。波動用への転用の可能性が高いようですが、少なくとも飛行機マークは無くなり、塗装もこのままと言うことは無くなってしまうでしょうから。


クリックすると元のサイズで表示します
185系 送込み回送

20分経過して陽も高くなってきましたが、どうも薄日でハッキリしません。それでも順光側で十分な光量がとれますので、ISOを50に落としてセット、ブレないか流しながらの確認です。背景が殆ど流れませんので、安心して「あけぼの」を迎えることにします。


クリックすると元のサイズで表示します
EF6438牽引 「あけぼの」

轟音を立ててやってきた「あけぼの」。EF81のときと比べ、やはり音が大きく感じますね。ファインダー越しに写ってきたときは1000番代かと思ったのですが、38号機でした。私的には初めてのご対面であり、これで37号機、1000番代と合わせて3形態全てご対面したことになります。
「あけぼの」ではやはり1000番代が予備的に入るらしいので、こうなると1000番代狙いということで毎週出撃することになるでしょうか。ま、それも楽しみが増えたということですね。


クリックすると元のサイズで表示します
485系 「日光」送込み回送

引き上げるために跨線橋を歩いていたら偶然に来たので撮っておきました。

この後、「快速碓氷」まで1時間開きますので、一旦家に帰って朝食を摂ることにしました。
続きはまた明日ということで・・・にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/4/19  19:53

富士急山梨バス 日野レインボーRJ  バスの写真館
こんばんわ。
今日は午前中にマッタリと撮影をして、殆ど寝ていなかったので昼寝三昧。
夕食までの時間が開いたので1本アップいたします。

クリックすると元のサイズで表示します
平成21年3月20日 大月駅前にて 富士急山梨バス 日野レインボーRJ

バスの知識があまりないのですが、多分RJだと思います。
地方路線でもノンステップ車や方向幕のデジタル化が浸透している中で、やはりこのようなオリジナルスタイルを保っている車両には好感が持てます。

このときもFe4の待ち合わせの場所とした大月駅で撮影したものですが、最近、バスの姿を見てシカトしていると、シービーさんから『字幕車がいるよ!』と注意されます。観察力が散漫になってきているようなので、またバス写真を撮りに行くような行動を起こして、喝!を入れないといかんですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/4/19  7:14

09/04/19 今日もウラ80を捉まえた!  写真無しの情報など
おはようございます。
今日も早朝から撮影に出て、ウラ80を目撃しました。6:25頃に蕨駅で見掛けましたので、17Bのようです。

平成21年4月19日

17B 大 宮 6:08 → 大 船 8:04
    大 船 8:12 → 大 宮10:09
    大 宮10:14 → 大 船12:02
    大 船12:10 → 大 宮14:00
    大 宮14:05 → 大 船15:55
    大 船16:00 → 大 宮17:55
    大 宮18:04 → 以下略

※中ほど3段は快速運用の時間帯ですのでご注意下さい。また、運用差し替え、車両交換などのイレギュラーが無いことが前提ですので、あらかじめご承知置きください。

多分、間違っていないと思うけど、信用するかしないかはあなた次第。苦情は受け付けませんので。

にほんブログ村 鉄道ブログへ ← 京浜東北線の色!
0

2009/4/19  1:41

115系 東北線・高崎線の混色編成(昭和60年)  その他電車
こんばんわ。
このところ沢山のポチをいただきありがとうございます。
段々とネタの内容が難しくなってきてしまって、記事として書く難しさを味わうようになり、読む方も息苦しさがあるのではないかと心配しております。
支離滅裂な文章にならないように気を付けてはおりますが、何とぞ寛容にご覧いただきますよう、お願い申し上げます。

さて、過去ログ『115系 東北線・高崎線の大目玉たち』から1年も空いてしまいましたが、115系ネタから混色編成の写真をアップしたいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和60年6月2日 蕨駅にて 115系混色15連


クリックすると元のサイズで表示します
昭和60年7月28日 東北本線 栗橋〜古河間にて 115系混色7連

いずれも昭和60年の写真で、東北・上越新幹線が上野駅に乗入れるようになった直後ですね。
新幹線の開業で特急列車がなくなり、線路容量に余裕ができた東北・高崎線では、フリークエンシーにより普通列車の大増発が行われました。全国的にも列車の編成を短縮化し、本数を増やして利用者増を図るという手法が展開されましたね。

ここで問題となるのが先頭車の不足です。東北・高崎線の115系は、4両と7両の組み合わせにより11連と15連の列車が組成されていましたが、大宮折り返しの4連や7連も運転されるようになります。

一方、地方ではクモハ115を含めた3連又は4連が主流でしたが、一部にはクモハ+モハ+モハ+モハ+クハといった5連も存在し、本数を増やすために運転台のある車両が必要となります。一部は中間車のモハやサハといった車両に運転台を取り付ける改造により賄いましたが、実は、遊んでいるクハがあったのです。

それは、小山電車区と新前橋電車区に存在した7両編成です。多くの7連はクハ+モハ+モハ+クハ+モハ+モハ+クハと中間にクハを連結していたんです。これは、4連の組成が標準であった両区からすれば、バラバラに車両検査の順番が回ってきても、4両単位で差し替えが利くからではないかと想像することができます。
しかし、115系の先頭車が大量に不足することから、そのような発想では耐え切れない状況となったのでしょう。それまで中央東線でクモハ+モハ+クハ+サハ+サハ+クモハ+モハ+クハという珍妙な固定編成を組んでいた115系からサハを捻出し、これを小山・新前橋両区に転出してクハを差し替え、ここからクハを地方に回すという手法が採られました。

その結果が、この写真に見られるような妙な編成となって現われたのです。私的には混色編成が好きだったので、枚数があまり撮りませんでしたが、当時あまり見向きもしなかった115系を撮っていたわけですね。

これらのサハは検査入場までスカ色のままで使用され、両数もそこそこ存在していたらしく、この時期頻繁に見ることができました。そして、いつの間にか湘南色に塗り替えられ、違和感の無い編成として115系廃止まで走り続けました。
また、その結果サハを抜かれて6両編成となった中央東線の115系は、現在もクモハ+モハ+クハ×2の編成を保っています。既に25年も経ったのですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/4/18  8:45

485系「はつかり」:総集編 その2 非貫通型  特急型電車(交直流・交流)
おはようございます。
せっかくアップしたのに消えてしまったようなので、取り敢えず写真だけアップしておきます。
※記事を追加しました。

過去ログ『485系「はつかり」:総集編 その1 貫通型』の特集をしたところですが、既に1年近く経過してしまいましたので、この辺で非貫通型の写真をアップいたします。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年3月 西日暮里駅から

昔はそこそこ有名撮影地であった西日暮里駅からの写真です。
標準〜中望遠で気軽に撮影できる場所でしたが、ホーム半ばからでやはり京浜東北線に邪魔されてしまうからでしょうか、私的には殆ど撮影に行ったことがありません。
東北新幹線の上野駅乗り入れ工事以来、もうこのようなシーンを撮影することはできなくなってしまいました。
写真は上野駅に向かう特急「はつかり」。座席の向きの様子から、尾久からの送込み回送のようですね。ドアはちゃんと閉めましょうよ(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年 西川口〜蕨間にて

西川口と蕨駅のほぼ中間にある塚越陸橋付近。
今では金網のフェンスに阻まれて撮影できなってしまいました。背の高い脚立があれば可能かもしれませんけど。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年8月 蕨〜南浦和間にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年 蕨〜南浦和間にて

2枚とも同じ場所です。浦和電車区を除ける位置で、大きくSカーブを描くため、特に下り列車に対して良い構図で撮ることができました。
この辺りは土地が低いため、大雨が降ると直ぐ洪水になってしまうんですよね。その関係でしょうか、線路の路盤が他の走行地域よりも高いため、道路から撮ると下から仰ぐような感じになりました。
ここも昭和59年頃まではコンクリート柵で撮影が可能だったのですが、やはり背の高い金網フェンスに阻まれてしまいました。

としましたが、「はつかり」の解説が無いですね。過去ログでは十分に語りつくしている感じですので、こちらから過去ログを覗いてみてください。
1500番代の写真も1枚だけありましたが、時間が無いときの1発ネタとして保留させていただきます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/4/17  6:35

EF631 高崎第二機関区公開  国鉄・JR機関車(直流型)
おはようございます。
ネタが思い浮かばなくて寝た・・・orz

高崎第二機関区でのなつかしの公開シーンを。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和60年3月30日 EF631

EF63のトップナンバー車です。
その用途から極めて特殊でありながら、試作機のない思い切った形式です。
先行試作車として1両だけ変わった形態をしており、これはEF621と同様であるところです。
外観上の大きな特徴は、スカートの形状がまるで違うところでしょうか。

このときには既に廃車になっており、高崎第二機関区が大切に保管していてくれたんですね。現役時代を見てみたかったですが、横軽を訪れるようになったときにはもうなくなっていました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0
タグ: EF631

2009/4/16  0:51

最近の「安中貨物」事情  国鉄・JR機関車(交流・交直両用型)
こんばんわ。
今日はちょっと時事(←ジジィじゃない!)ネタから選んでみました。

21・3改正以降、ちょっと話題が薄くなってしまったような感があると思うんですが、このところスッカリ陽も高くなり、朝夕の撮影がしやすくなっていい季節を向かえました。

こんな季節、この京浜東北線の北部に住む私としては、早朝の夜行列車や夕方の安中貨物をチャッチャと撮りたいところなんですが・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年2月22日 川口〜西川口間にて

安中貨物と言えば、コンテナ貨物や石油タンクばかり主流の貨物輸送の中にあって、昔ながらの小型タンクとオトキ25000が連なるレトロ風な貨物列車です。
改正前は、平日がタンク+オトキで、土休になる写真のようにタンクを連ねて走る姿が見られたのですが・・・


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年4月4日 西川口〜蕨間にて

改正後くらいからタンクを連結することが極めて稀であり、平日でも週に1・2度、連結両数も1〜2両など非常に寂しい状態になっているようです。
殊に土曜日にあたっては、写真のようにオトキのみ4〜5両のみの寂しい編成。日曜にあっては毎週のように運休してしまっている様子です。

昨年の秋くらいから、平日にはタンク+オトキのほかに、コキやコトラといった車両を連結して貨物ファンには大変興味深い編成を見せてくれていたのですが、他のネタも希薄になる中、安中貨物まで何か薄くなってしまったようで残念です。

せっかく良い季節となるのに・・・新たなネタを提供してくれることに期待したいです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/4/15  0:54

国鉄 武豊線 キハ58&キハ65の春  気動車(急行・その他)
こんばんわ。
先程までの激しい雨も、この時間になって少し落ち着いたようです。

今日はローカルネタですが、国鉄時代の武豊線に1度だけ行ったことがありますので、このときの写真をアップしたいと思います。
「ローカルな風景」として扱っても良かったのですが、写っている車両が急行形ばかりなので、気動車として扱います。

※撮影は、全て昭和61年4月22日、撮影場所は不明です。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

みんな同じような写真になってしまいました。
当時の武豊線は、非電化のローカル線と言えども名古屋地区の近郊区間を形成する地域を走っているためか、車両は全て急行形のキハ58系が使われていたようです。
来る列車来る列車、みんな急行列車のような4連で、冷房化率も100%化しているのか、キハ58系が2両に、冷房電源を供給できるようにキハ28又はキハ65を2両挿入した編成を保っていました。

当時としては何の面白みも無い編成ですが、今こんな編成が堂々と走っていれば、テツの聖地になるような線区なんでしょうね。
キハ65も寒冷地仕様の500番代が存在しますが、長野から北日本に配置はあったものの、幹線が電化区間ばかり、冷房の需要も少ないということで能力を発揮することが出来ず、早期に西日本へ散らばってしまった車両です。そういった意味では、殆どキハ65を見たこともなかったので、私的には貴重な記録となってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ ← 春って、このショボイれんげ草だけ?(←オイ!)
0

2009/4/14  0:55

飯田線 駒ヶ根駅でED621  国鉄・JR機関車(直流型)
こんばんわ。
今日は久し振りに飯田線ネタで、これまた久し振りのED62をアップしてみます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年1月11日 飯田線 駒ヶ根駅にて

1日の撮影が終わり、この日は駒ヶ根駅近くに宿泊したかな?夕陽が落ちそうになるくらいの時間、駅付近をまったりと散歩してたら、クモニ13の荷電とED62の交換シーンを見ることが出来ました。
この頃なら撮らないで見過ごしてしまうシーンですが、望遠レンズで覗いてみたら、トップナンバーだったんですね。初めてのご対面でした。

これはせっかくのシーンだと思い、この絵を押さえると共に、走行写真も撮りたくなって、駅から離れて場所を確保することにしました。


クリックすると元のサイズで表示します

直ぐに踏切がなってしまって、あまり遠くまで移動することが出来なかったのですが、ゆっくりと加速する絵を押さえることができました。

貨物輸送もかなり衰退してきた頃ですが、それでもED62は廃車が出ておらず、18両全機が飯田線に終結していました。そんなんで、確率的にもトップナンバーに逢うことは難しかったかもしれません。

ED62もかなりの枚数を撮影しましたが、トップナンバーにあったのは最初で最後だったと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ