鉄道コム

2009/8/9  1:53

国鉄73系「富山港線」 完結編  旧型国電
こんばんわ。
最近は新ネタが無いので、昔の写真を眺めてはどれをアップしようか悩む日が続いています。
何気に保存画像を探していたら、富山港線の写真がありました。
前回はいつ頃アップしたかと確認してみましたら、ちょうど1年前の今日、8月9日だったのです。『そっか〜、もう1年か〜』というところで、今日はこれにしようと思います。

前回記事『国鉄73系「富山港線」続編』に状況を記してありますので、今回は写真を眺める程度の内容でお送りいたします。

※撮影は、全て昭和57年8月8日です。


クリックすると元のサイズで表示します
富山駅にて クハ79


クリックすると元のサイズで表示します
富山駅にて クモハ73 連結器周り


クリックすると元のサイズで表示します
富山駅にて クモハ73 運転席


クリックすると元のサイズで表示します
富山駅にて 富山港線 サボ


クリックすると元のサイズで表示します
富山〜富山口間にて クモハ73 


クリックすると元のサイズで表示します
クハ79 場所判らん


クリックすると元のサイズで表示します
城川原駅にて お休み中の旧国たち


旧国も末期の頃で、既にクモハ40もなく、クモハ73の更新型とクハ79920番代のみというバリエーションのなさ。それでも、その後判ったことですが、クモハ73は結構個体差があったのですね。その当時は旧国の資料を持っていなかったので全然知りませんでしたが。やはり、旧型国電は奥が深いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

これにて「富山港線」ネタは完結です。過去ログのリンクを直しに行ってきますので、時間がある方はご覧下さい。
↑ポチもよろしくおながいします。
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ