鉄道コム

2009/8/19  1:33

103系 ウグイス色と混結の京浜東北線  その他電車
こんばんわ。
やばいです。こんな時間です。

今日は新性能国電から103系京浜東北線をアップします。それも、こんなヤツです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年頃 蕨〜西川口間にて

京浜東北線ですが、103系時代のスカイブルーと、山手線のウグイス色との混色編成です。
昭和51年頃にも良く見られたのですが、カメラが良くなかったので、良い写真が残っていません。
こちらは、ATC化に備えて車両のやりくりがあった頃と考えられます。特に、ATC化=冷房化の促進みたいな図式があったものと考えられます。
昔は検査入場のタイミングが合わないと、旧色のまま転属して組成されるケースは珍しくなかったので、比較的このような混色編成を見ることができました。現在ではテープ方式になったためか、あらかじめ整備が終わってから転属、という風に徹底されているようで、特に東日本では混色が見られなくなりましたね。
昔は比較的バリエーションの少ない通勤型でしたが、このような編成が走ってくれると、写真を撮る意欲が湧いたものでした。

ちなみに、過去ログで『103系 オレンジ色の京浜東北線』ってのもアップしていますのでご参考まで。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへ
立場悪いですけど、ランキングぽちにご協力をお願いいたします。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ