鉄道コム

2009/8/24  7:09

佐久間レールパークへ:特急「ワイドビュー伊那路」  特急型電車(直流)
おはようございます。
丸2日間、留守にいたしました。昨年の4月以来、1年4ヶ月振りに宿泊を伴った撮影に行ってまいりました。

恒例となったFe4の撮影会ですが、泊まりは初めてでしょうかね。今回同行されたのは事務局長のlineさん芸能部長のシービーさん広報部長のtakeさんは残念ながら都合によりご欠席です。

家を5:45に出発、「能登」や「北陸」を撮りながら東京駅に向かいたいところですが、家を出たとたんに小雨が降り出す天気の悪さと暗さ。とても写真を撮ることが出来る状態ではありません。電車の本数も少ない時間なので、遅刻防止のためストレートで東京駅へ。途中、早朝から撮影を行っていたシービーさんと東京駅で合流し、新幹線へと向かいます。久し振りの東海道新幹線です。

※撮影は、全て平成21年8月22日です。


クリックすると元のサイズで表示します

北へ向かうE4系Maxを横目に300系「こだま633号」が入線。シービーさんと喫煙車に乗り込みます。ガラガラです。自由席はまばらにしか乗車していませんが、指定席は既に満席との車内放送が入ります。とても信じられません。

品川手前の電車区では、新型「成田エクスプレス」のE259系を発見、初めて実車を見ることが出来ました。

新横浜からはlineさんが合流。Fe3が揃います。
お二人はもちろんお酒入り。私は早朝から女房に作ってもらったおにぎりで空腹を満たします。各駅で退避を受けながらノンビリと豊橋に到着。それでも18きっぷで普通列車なんて、比較にならない速さですね。


lineさんに手配していただいた出張パックは豊橋までですので、一旦改札を出て目的地となる中部天竜駅までの乗車券と特急券を購入。駅前散策で時間をつぶしながら、乗車列車を待ちます。


クリックすると元のサイズで表示します
豊橋駅にて 373系「<ワイドビュー>伊那路1号」

中部天竜まで乗る列車は、「<ワイドビュー>伊那路1号」。373系は、かつて東海道を走っていた特急「東海」で見たことはありましたが、実車に乗るのは初めてです。
3両編成で先頭車が指定席、残りが自由席ですが、車体両端にあるコンパートメントの座席は指定席となっており、やや複雑な体系で面喰います。


クリックすると元のサイズで表示します

「<ワイドビュー>伊那路1号」の車内。かなりの乗車率で、空席はほとんど無い状態です。ギリギリに乗車した人たちは、仲間どおしの席が分かれてしまうので車内を右往左往。早めに確保できて良かったです。
途中の湯谷温泉駅で降りた人が多かったですね。中部天竜で下車、佐久間レールパークを目指して下車したテツ的な人も多かったです。もちろん、大半の人はさらに北へ向かって行ったようですが・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
中部天竜駅にて 373系「<ワイドビュー>伊那路2号」

到着した中部天竜駅では、上り「<ワイドビュー>伊那路2号」と交換になり、同時発車となります。この交換シーンを狙っているテツも多かったようですが、島式ホームなので構図の選択は難しいですね。

早朝に出発してやっとたどり着いた中部天竜駅。
前回来たのは30年近くも前になります。戦前型国電を見送った日、今はそれを追いやった119系でさえも世代交代を迎えようとしている。佐久間レールパークも廃車待ちの旧型国電を留置していた側線に作られたテーマパーク。
感慨深いものがあります。

次は佐久間レールパークに入ります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
 ↑ 昨日は全然入らなかったのでお願いしま〜す!
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ