鉄道コム

2009/10/15  0:52

453系 急行「「ときわ」「もりおか」  その他電車
こんばんわ。

なんか疲れましたわ。どうも仕事がスムーズじゃないんですよね。なんかこう、楽に変わらないようなトラブルとか間違いとかあったりして、必ず何かしらジタバタしている感じで。
まあ、それはそれとして、ネタはジタバタしないでアップしておきましょう。

このところ私鉄ネタが続いてしまったので、今日は国鉄電車ネタ。しかも久々の急行電車です。


常磐線の急行と言えば、やはり「ときわ」が代表と言えるでしょうね。特急「ひたち」が季節運転で1往復しか設定されていない時代から、常磐線の昼間の優等列車として活躍してきたわけですから。
私の年代で言うと、この他にも「もりおか」「そうま」といった列車も設定されていましたが、特にヘッドマークも付いていた訳ではなし、必然的にカメラを向ける回数は極端に少なかったと思います。

※過去ログでの気動車急行 キハ58系急行「ときわ」「奥久慈」はこちら

それでも、気動車急行以外に撮った写真が3枚ほどありましたので、写真を大〜きくしてご紹介したいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年5月 常磐線 新松戸駅にて

列車番号の札が無くて、列車名が特定できません。急行列車はこれが困るんですよね。特に常磐急行は、殆どの列車が全く同じ編成なんですから。まあ、多分、本数比からして「ときわ」でしょうけどね。
2両目のM’車の屋根肩ルーバーが小さく、先頭車の雨どいが乗務員ドア上まできていることから、クモハ453+モハ452であることが判ります。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年10月12日 常磐線 荒川沖〜土浦

国鉄に入社した年ですね。同じく仕事の不規則な東武社員の友人と平日でも良く撮影いったものです。この頃の常磐線は、583系「ゆうづる」「みちのく」、気動車急行、気動車荷物、EF80客レ・貨物と、まだバラエティーに富んでいて面白みはありましたね。ただ、ロケーションを良く知らない地域だったので、余り足が向かなかったのも否定できません。
この写真も遠くて列車番号が判りません。これも多分「ときわ」でしょうけどね。
この写真、スキャニングするまで判らなかったのですが、画面左側のカーブ立ち上がりから対向の急行列車が来ているんですよね。逆タイミングで撮っていればすれ違い写真も望めたんでしょうけど。昔から単焦点レンズばかり使っていたので、融通は利かないんですけどね。
こちらは、最後部クハの形式は判別付きませんが、電動車ユニットはルーバーの形状から455系のようです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年10月12日 常磐線 荒川沖〜土浦

こちらも同じ日に撮影したものですが、こちらはバッチリ列車番号がひょうじされていて、ズバリ下り急行「もりおか1号」であることが判ります。こういうのって、写真を整理していて非常に気持ちが良いですね。
こちらも1枚目と同様、形状からクモハ453+モハ452であることが判りますね。


常磐線への撮影回数は少なかったですが、時代的にネタが沢山ありましたので薄まってしまっても仕方なかったですね。そんな中でもこうして急行列車の当たり前の時代を撮っておくことが出来て良かったです。
欲を言えば、カラー写真が1枚も無かったのは残念だったですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
5


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ