鉄道コム

2009/10/18  21:58

09/10/18 夕方の撮影(K60他電車篇)  写真撮影
こんばんわ。
今日は天気が良かったんですが、夜更かししてしまった天罰で、起きたのが10時過ぎ。「あけぼの」どころか「カシオペア」も「北斗星」も撮れませんでした。
1日出掛けないと身体も鈍ってしまいそうなので、夕方の結構無理矢理な時間帯の撮影に望んでみました。

貨物列車がメインでしたが、この辺りでは珍しく勝田区のK60編成が通ることもあり、時間を合わせての出場です。

撮影は、全て平成21年10月18日、東北本線 西川口〜蕨間にて。時計はカメラ内蔵時計なので、多少の誤差があるかもしれません。


クリックすると元のサイズで表示します
15:39 485系K60 団体

実は、昨日も出掛けたのですが、時間を間違えたりして何も撮れなかったんです。なので、10分前には到着して余裕の気持ちで・・・。
しかし、これが逆に仇になっちゃいました。何故かフォーカスロックが上手く掴んでくれず、せっかくゆっくり目のスピードだったのに、画面が左にズレ、おまけに1mも早いタイミングで切ってしまいました。結果的に編成が収まらなくなるという惨めな構図に・・・。
それにしても、16時前で結構厳しい光線条件になってきました。


クリックすると元のサイズで表示します
16:19 E231系 下り宇都宮線 普通列車

陽も思いっきり低く、逆にオレンジの柔らかい光が演出してくれます。カメラの描写力が良くないので、コントラスト等の調整はしましたけど。リバーサルだったら良い感じなんでしょうね。


クリックすると元のサイズで表示します
16:31 京浜東北線 E233系と209系59編成の並び

撮影開始から1時間強。初めて209系に逢いました。相当に運用数が減っているようですね。もう、待っていれば好きなときに撮れるような状態ではありません。一時の500番代を待っているような感じです。
この位置からだと角度的に編成を入れるのが難しいので、敢えて困難なすれ違いシーンとしてみました。サイドからの望遠だと顔を並べるタイミングが一瞬なので、スゴク難しいです。


クリックすると元のサイズで表示します
16:38 211系 黒顔

パンタグラフがシングルアームに交換されてしまった基本編成。かなり増えましたね。


クリックすると元のサイズで表示します
16:38 211系 白顔

こちらもシングルアーム化されています。上の編成と比べるとお判りいただけると思いますが、運転席上のまどが白(ライトグレー)っぽくなっています。何編成かあるようですが、比較的少数派のようです。例えれば「バカ殿」といったところでしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します
16:40 京浜東北線 209系52編成

やっと2本目の209系登場です。密度にムラがありますね。
ISO400にすればまだ何とかいけますが、私の性能の悪いカメラだと、もう限界を超えています。この後直ぐに通過する訓練運転の列車を撮って撤収しました。

もう夕方の撮影は厳しいですね。安中貨物ですら、15:50でも陽が当たらなくなるくらいですから。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

貨物・機関車篇は、日替わりでアップする予定です!
0

2009/10/18  1:19

日本油脂兜趨L工場専用線 廃止直後の風景  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。
今日はマニアックネタですみません。付いて来れない方ごめんなさい。私も付いて行けません。

その昔、現JR東海武豊線の終点武豊(←「たけゆたか」ではない!)駅から日本油脂兜趨L工場に向かう専用線がありました。
※ 私も武豊線の存在すら良く知らなかったので、正直、解説できる立場ではないんですが、目撃者としての立場で報告します。

昭和61年、当時の国鉄武豊線にSL「C56160」が走るということで、国鉄時代ということもあり、友人数人と示し合わせて休暇を申請、愛知県まで行ってまいりました。
もちろん、目的はSLのみですから、特に他の狙っていたわけではありません。撮影2日目には、イベント気分を盛り上げるために終点の武豊駅まで出向いています。SLをバックに記念集合写真を撮ったり、窓口で入場券を買ったりと楽しんでいたのですが、武豊駅構内の奥に何やら車両が居るのを発見し、近寄ってみたのです。

当時、そこに鉄道が、まして電化鉄道があるなんてことは全く知らなかったので、驚きあり、そして新鮮でもありました。

※撮影は、昭和61年4月23日、日本油脂兜趨L工場専用線跡地にて。


クリックすると元のサイズで表示します

最初に目に飛び込んできたのがこのような無残な風景。中途半端に線路が剥がされ、倒された架線柱が切断されたりと悲惨な姿になっていました。しかし、まだ廃止になったばかり、というのが明らかに判る状況でもありました。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
デ2形

国鉄武豊線側の貨物輸送廃止に伴って、専用線も役目を終えざる得なくなったのでしょうか?かつては貨車を牽いて、輸送の玄関となる武豊駅と工場の間を往復していたようです。
武豊駅寄りのボンネット上は、パンタグラフのしたということもあって油汚れが酷いですが、全体は比較的キレイで、整備されてそれほど時間は経っていないように見受けられました。


クリックすると元のサイズで表示します
モ101

元西武鉄道の2代目モハ103ということですが、そのルーツは、大正11年製元西武軌道202形と、かなり古い車両が母体となっています。


クリックすると元のサイズで表示します
ク102

こちらも元西武鉄道の2代目クハ1113で、やはり大正10年に製造された初代モハ102の電装解除改造車となっています。


クリックすると元のサイズで表示します
ク102 台車

こちらはク102が履いていた台車で、当時、0系の古い気動車の実物を見たことが無かったので、このスタイルの台車を見て非常に驚いた記憶があります。つい最近まで現役だった車両で、しかも気動車と同じような台車を履いていたんですから。
もっとも、当時から鹿島鉄道とかを訪れていれば、現役車がほんの数年前まで居たわけですから、それほど驚くことも無かったでしょうけど。


まあ、このような風景に出くわしたことは偶然にしても、良い資料が撮れて良かったと思いましたね。しかし、人間欲が出るもので、走っているシーンを撮りたかった、と思ったのは、私だけではなかったと思います。

受け渡し先の武豊線が前線非電化であるにも拘わらず、その先の専用線に電化区間が存在するだけでも異色だと思ったのですが、さらには社員通勤輸送に電車まで存在していたとは・・・絶句でした。

そして、専用線は廃止になってしまいましたが、これら3両の車両は1つ残らず保存されているということで、マイナーな専用線の割には幸運だったなと思います。西武鉄道の前身を物語る、大切な車両でもありますから・・・後世に大事に伝えてもらいたいもんですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ