鉄道コム

2009/11/2  1:17

碓氷峠を登る:165系モントレー色  その他電車
こんばんわ。
昨日は1日中家に篭って外出せず、ネタ作りに励んでおりました。

その中で、懐かしい画像を見つけたので早速アップしてみたいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します

平成9年8月20日、娘がこの世に誕生するわずか2週間前です。
もう直ぐ廃止となる碓氷峠の列車たちを写そうと、なにかと言えばついでに通った頃です。
165系は既に定期運用からほとんど離脱しており、首都圏ではこの波動用の新前橋区に所属するいわゆるモントレー色に塗られた車両くらいしか残っていなかったように記憶しています。もしかしたら、三鷹区辺りにも少量が居たかもしれません。

今でこそこのモントレー色も鮮やかでキレイな色だな・・・と思えるのですが、当時は「なんてことしやがる!」くらいしか思っていませんでしたし、白熱灯からシールドビーム化、さらにはステンレス仮面へと化けてしまい、とても写真に撮ってやりたい車両ではなかったんですね。だから、修学旅行臨「かながわ」や各種快速列車に使用されていた頃、これ以外の列車は全く撮ったことがありませんでした。

碓氷峠廃止が告知され、夏休みにこのモントレー色の臨時が走るということで、それだけのために行ったようです。
この写真では、勾配がキツ過ぎて後部が見えず、肝心のEF63は写せませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらは後部を別のカメラで撮影したものです。最後部はEF634が後押ししています。

碓氷峠を行くEF63の風景はもちろん貴重な姿になってしまいましたが、この写真で取り上げたのはあくまでも165系モントレー色です。当時はそれなりに臨時運用がありましたが、やはりこうした塗色変更車に拒絶反応を起こしていた頃でしたので、私的にはそう言った意味でモントレー色の貴重な画像となっています。

ところで、この列車の名前、快速「軽井沢リレー号」とか言ったみたいなんですが、当時の時刻表が引っ張り出せなくて分かりません。ご存知の方、いらっしゃいますでしょうか?
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ