鉄道コム

2009/12/16  7:31

除雪機関車 DE156  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
おはようございます。

私のテツだらけ人生の中でも最も撮影した枚数が少ないのが除雪機関車かもしれません。
昔、C57180の復活前、会津に冬のD51が走っていた頃は、ちょくちょく会津機関区に立ち寄ってその姿を見る機会はあったのですが・・・
当時はSLの写真ばかり撮っており、おおそよ動かない機関車には魅力を感じていなかったのでしょう。機関区を開放されて、間近に自由に見ることが出来たDE15やDD14形除雪機関車も、モノの1枚と撮っておりませんでした。

そんなことで、除雪機関車の写真は1枚も無い・・・と思っていたのですが、意外なところから写真が出てきたのです。


クリックすると元のサイズで表示します

多分、昭和55年くらいだと思うのですが、良く品川駅に写真を撮りに行っていた頃、駅内の臨時ホームで展示会が行われていました。そこで撮った写真の中にDE15が写っていたのです。しかも、今では見ることの出来ない、1ケタの6号機という設定。
やはり除雪シーンではない除雪機関車は魅力に欠けますが、今や北海道や東北の雪国ですら暖冬で出番のなくなったカマたち。老朽化に伴い、除雪機械の後進を譲ることとなり、その台数は激減しています。

いつかは撮りに行きたいと思っていた除雪シーン。見ることが無いまま終わってしまいそうです。

昨夜は早めにダウンしてしまったので、返コメ遅れます。申し訳ございません。
1

2009/12/15  1:15

雪化粧 103系京浜東北線  その他電車
こんばんわ。
今日から明日に掛けて東京でも雪が降るような予報があったのですが、現在の気象庁予報だと雨の降る確率がかなり下がったみたい。それでも夜半は30%だから、もしかしたら雪がちらつくのかな・・・。12月に雪が降るなんて、滅多にあることではないんですがね。


関東平野部でも、年によっては何度か雪の降ったシーズンがありますが、やはり数的には少ないのか、あまり写真も残っていません。もっとも、雪の中だとカメラも濡れてしまうので、躊躇することもありますね。

それでも、何度かは出掛けたことがあるようで、一昨日アップした赤羽駅の「とき」の写真もそうでした。そして、地元の蕨駅でも京浜東北線の写真を撮っていたようで、懐かしい写真が出てきました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いずれも蕨駅にて、103系を捉えたものです。
一昨日アップいたしました「とき」では昭和55年の表記をしていましたが、ちょっとビミョーです。昭和56年初頭かもしれません。
蕨駅でまだ貨物扱いが残っており、中線にはワム8が停車しています。そして、ATC化以前ということで、クモハ103も懐かしいですね。

当時は何気なく撮ったただのスナップ写真でしたが、こうして見ると、雪が時間の流れを止めたかのように、ついこの間の出来事のように甦ってくる感じがするから不思議です。

昨年の2月、結構まとまった雪が降り、過去ログ『雪の中の209系』のような貴重な写真を残すことができました。昨シーズンは殆ど降らなかったので、今シーズンは雪の中を走る「北斗星」や貨物列車を撮ってみたいもんです。


1

2009/12/14  0:21

’09 寝台特急「北斗星」総括(上半期篇)追加分  ブルートレイン:機関車・客車
こんばんわ。

先般アップいたしました『'09 寝台特急「北斗星」総括(上半期篇)』で、2月分の画像が脱落していましたので、追加でアップしたいと思います。全部未掲載のものでした。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年2月7日 蕨〜西川口間にて EF8199牽引 


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年2月11日 蕨〜西川口間にて EF8196牽引


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年2月14日 蕨〜西川口間にて EF8188牽引


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年3月21日 蕨〜西川口間にて EF8178牽引

なんか、あまり写りが良くないのばっかりでした。そんなんで、アップする機会を失っていたのかもしれません。

他の方のブログを見ていると、とうとうJR東日本発注のEF510が落成したようですね。なんでもブルーに金帯だとか・・・おそらく訓練運転が暫くの間行われるようになると思いますが、運用限定でローテーションに入ってくる可能性が高いと思われますので、意外に早いうちに「北斗星」辺りの単純運用は置き換えになってしまうかもしれませんね。
この土日、寝坊で撮れなかったのが悔やまれる・・・。
1

2009/12/13  22:54

コンテナ貨物 すれ違いの図  貨車
こんな時間になんですが・・・

このところ日課になっている昼間のEH500牽引の貨物列車。
いつもの蕨〜西川口間にて、上り札幌発の3086レと富山行2071レが非常にタイトな時間で連続撮影できます。

3086レはもちろんEH500牽引で、2071レはEF65PFが牽引に当たっています。この2列車は、ダイヤ上では川口〜西川口間でのすれ違いとなりますが、3086が少しでも遅れてしまうと、ポジションを替えないうちに2071レに行かれてしまうことがあります。

そして今日、EH500の3086レの写真を撮った瞬間、2071レにすれ違われてしまったのです。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年12月13日 蕨〜西川口間にて

場所移動を考えている間もありませんでした。3086レが3分ほど遅れていたようです。
ただ、ラッキーなことに、普段は撮ることのない2071レの後姿を取ることが出来ました。以前から気にはなっていたんですが、この2071レは、最後部に赤色円板ではなく、電照式のテールランプが引っ掛けてあるのです。

昭和60年、列車掛(貨物列車の車掌)が廃止になって緩急車(車掌車)の連結が省略されると、貨物列車最後部には電気の要らない反射板(赤色円板)が取り付けられるようになりましたが、夜行の一部高速コンテナ貨物では、バッテリー式のテールランプが取り付けられている列車が存在しました。

どのような基準で取り付け列車が決まっているのかは良く知りませんが、味気の無い目立ち過ぎる赤色円板に比べ、旅情を誘うような雰囲気が好きでした。
まあ、もっともランプに灯がともっている訳ですから、夜に見た方が一層味が出ると思うのですがね。

たまにはこんなアングル、構図の写真も良いもんだな、なんて思ったりしました。
0

2009/12/13  0:36

183系1000番代 「とき」 その3 冬っぽい「とき」  特急型電車(直流)
こんばんわ。

昨日、「なんか撮りたいやつがあったなぁ」とは思っていたのですが・・・忘れたましたよ。「リバイバルとき」

一昨日までは覚えていたのですが、急な体調不良と寝不足で、スッカリ忘れてました。
大きなイベントではあった筈ですが、ブログ村でもそんなには話題になっていないような・・・。


そんこともあって、今日は国鉄時代に撮った現役時代の183系1000番代「とき」から、冬っぽい写真を中心にチョイスしてみます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年頃 赤羽駅にて

昭和55年初頭くらいの写真ではないかと思います。雪が降ったんでわざわざ撮影に出たんでしょうね。しかし、暗さもあってブレています。
元々183系1000番代「とき」なんて、あまり被写体の対象にはならなかったんですが、この「とき」はイラストが薄い黄緑色のヤツだったんで、慌てて撮ったんでしょうね。本当はもっと緑が濃いのですが、何故か1編成だけ黄緑色のがあったんです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年1月5日 上越線 八木原〜群馬総社間にて

既に東北新幹線・上越新幹線の開業に関する情報が出ていましたので、本格的に地方で撮ろうというつもりで撮影に行ったことがありました。
東北本線の撮影から、磐越西線、先般アップした只見線に乗って、水上でバルブ撮影後、最後に立ち寄ったのが八木原〜群馬総社間でした。この時は、渋川から群馬総社まで2駅間歩きましたかね。

せっかくイメージどおりの構図、色、タイミングで撮れたのに、柱1発に邪魔されて台無しになってしまいました・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年1月5日 上越線 八木原〜群馬総社間にて

上の写真と同じ時のものです。
「とき」は本数があって撮り飽きたので、当時としては珍しくこんな写真も撮っていました。

本来なら、もっとまともに枚数を撮っておけば良かったんですが、当時は全く注目度の無い183系1000番代でしたので、どれ一つとしてマトモに撮れたものが無いのが悔やまれます。

過去ログについては、アーカイブにまとめてありますので、こちらからお入りください。
1

2009/12/12  1:42

ED751035牽引 荷物列車  国鉄・JR機関車(交流・交直両用型)
こんばんわ。
このところの仕事の疲れで、どうも風邪をぶり返してしまったらしいです。ノドが痛くて咳が出ます。せっかく良くなってきて、もう今年は風邪を引かなくて済む・・・そんな会話を昨日の昼間に上司としていた矢先です。
仕方ない、今日は観念して内科医に行ってきます。


思考能力も落ちているので、今日は1枚ものでご勘弁を。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年1月5日 東北本線 白坂駅付近にて ED751035牽引 荷物列車

昔は当たり前のように走っていた急行荷物列車。
小学生の頃から田舎に行く時は旧型客車の普通列車や臨時急行などに良く乗っていたので、興味もあったし鉄道の中では特に好きな分野でした。そんなこともあり、夜間に比較的設定の多い荷物列車で昼間は捉えづらいところもありましたが、比較的逃さず撮影はしていたように思います。

それでも、私が社会人(国鉄入社)になって3年で荷物列車が全廃になってしまいましたので、雪景色の中を行く荷物列車の写真というのは殆どありません。
私的には大変貴重な1枚となっています。

写真の列車は末期に近いということもあり、マニ50形が半分を占めています。東北本線の荷物列車は、本来ならば半数にワキ8000やスニ40といった銀箱客車が連結されていたものですが、かなり車両構成が変わってしまっているようです。
1

2009/12/11  21:53

こんな写真ですが・・・東海地区オリジナル211系  その他電車
こんばんわ。
このところ非常にタイトな仕事が入ってしまい、暫くは忙しくなります。昨夜も疲れてしまって更新する気になれず・・・オマケにあまりにも低調なアクセス。気力が萎えました。

今日は残業をほどほどにして早く帰ってきましたので、1枚だけアップいたします。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年8月22日 飯田線 下地駅から

人生最初で最後となってしまった佐久間レールパークの帰り、途中の下地駅で下車して「佐久間レールパーク号」の回送や、飯田線、名鉄の写真などを撮っていました。
その時、偶然に目の前を通り掛かった211系。

基本的に中京地区を走る211系は、JR東海になってから増備された5000番代となっています。これらは、屋根上のクーラーが2つ付いているので、遠くから見ても関東のものとは違うことが容易に判ります。
しかし、国鉄時代に4連×2編成の8両のみ0番代が投入されており、この8台のみは国鉄時代の特徴である集中型クーラー1機のみの関東車と同じであり、中京地区で異彩を放っています。

導入当初は、青帯に白い線が入った211系としては異端なデザインで誕生しましたが、後に東海カラーである湘南色に変更されてしまい、個性を失ってしまいました。それでも、クーラーは1機のままなので、すぐに外観から判別可能です。
また、211系の0番代の中では、「クモハ211」を名乗るのは現JR東海の2両のみという異端ぶりです。

撮影中に目の前を通り掛かり、気が付いて慌てて撮ったため、大量の障害物を処理しきれず、どうにもならん写真になってしまいました。
しかし、なかなか東海地区に足を踏み入れることもありませんし、抵抗制御車の一掃を目論む東海の方針もありますので、もしかしたら最後の記録となってしまうかもしれない1枚です。
1

2009/12/10  0:12

EF5836牽引 荷物列車 (七つ窓変形機)  EF58のアルバム
こんばんわ。

シービーさんがEF5835(長岡二区)の写真をアップしていたので、釣られて久々のEF58ネタを出しちゃいます。

今日のネタは、私的に大好きな七つ窓変形機の36号機です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年12月 浜川崎駅付近にて EF5836牽引 荷物列車

画質が良くないのですが、大きくなるように設定しておきました。

これは鶴見線の旧型国電を撮りに行った時でしょうか。浜川崎支線のクモハ11の写真を撮っている時、突然に現れた荷物列車で、窓数が多いことに瞬時に気付き、とっさに撮影したものです。
ちょうど鉄道雑誌を定期的に買い始めた頃で、ちょうどEF58が注目され始めた頃でもあり、36号機が七つ窓の変形機であることは知っていました。滅多に東海道方面へ写真を撮りに行くこともなかったので、この偶然を非常に嬉しく思っていたことを覚えています。

地元では長岡二区の35号機も見ることが出来た筈なのですが、長岡二区のカマはこの近辺で昼間の運用が無いため、夜行列車の上りを狙うしかなかったんですね。ただ、まだ写真代がかさむ時代でしたから、闇雲に撮ることもなかったため、35号機の写真は見つかりませんでした。

そういった意味では、私的に大変貴重な写真となってしまったわけです。

比較的末期に近いところの写真であるため、フィルタのヨロイ戸化、米原区特有の白Hゴム、外バメ式テールライトなど、改造箇所が多いです。
一方、上越仕様であるツララ切りや、ちらっと見えるホイッスルカバーなど、いじられずに残っていたようです。PS14パンタもそのままのようですね。

一番の特徴である七つ窓は存置されたまま。EF18に形式替えされてしまった32〜34号機も同様の形態をしており、デッキ付きとして製造している途中で設計変更により後の標準型となる流線型に顔を付け替えたという曰くつきの車両で、形状としての流線型第1陣となった車両です。(それ以外の車体載せ替え車および新製車37号機〜は流線型車体全体が新製。)


35号機 → 昭和27年3月9日落成 東芝製 初期配置は高崎二区
        最終配置は長岡二区 昭和56年6月9日廃車

36号機 → 昭和27年3月29日落成 東芝製 初期配置は高崎二区
        後年の配置は米原区 EF62切替前の暫定使用で下関区に移動 その後廃車

2

2009/12/9  1:24

'09 今年のEF81安中貨物総括(その2)  国鉄・JR機関車(交流・交直両用型)
こんばんわ。

過去ログ『'09 今年のEF81安中貨物総括(その1)』から時間が空いてしまいましたが、今日はつづきで下半期分(その2)をズラズラッと並べてみます。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年7月4日 西川口〜蕨間にて EF8157(未掲載分)

中途半端にアップしもれていました。ヘッドマークステーが特徴の57号機。星ガマではありません。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年8月9日 西川口〜蕨間にて EF81133

ラッキーなヒサシガマ133号機。しかし、夏休み辺りは天気に恵まれない日が多かったですね。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年8月16日 西川口〜蕨間にて EF8157

またもや57号機。貨物ダイヤ中心なので、当たる確率が高いのかな?


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年9月5日 西川口〜蕨間にて EF8181

久し振りの召ガマ81号機。
全く同じ構図でスミマセンね。天気が良いと、どうしても青空を入れたくなってしまいます。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年9月20日 西川口〜蕨間にて EF8188

お彼岸近く、もうこの時期は撮影が厳しくなってきます。柱の影にカブられました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年9月23日 西川口〜蕨間にて EF8188

また88号機かいっ・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年9月30日 蕨駅にて EF8194

会社の早帰りで間に合って撮った珍しい駅撮り。暗くて流しが精一杯。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年10月18日 西川口〜蕨間にて EF8191(未掲載分)

もう完全に3階建ての影がカブるようになり、事実上の終息です。91号機は星ナシ。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年11月14日 蕨駅にて EF8198(未掲載分)

完全に工場の日陰。流すしかない・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年11月18日 西川口〜蕨間にて EF81133(未掲載分)

またまた133号機を聞きつけて、明るかったので行ってみたのですが・・・夕陽方向に雲が出てしまい、敢え無くダウン。ブレないように撮るにはこの構図しかありません。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年11月23日 西川口〜蕨間にて EF8187(未掲載分)

今年最後のショット。正面陽回りを期待したのでが、陽当たり場所が一瞬過ぎてタイミングがまるで合いませんでした。


もう撮影限界は超えているので、今年の安中貨物はこれで撮り納め。来年にはいよいよEF81も撤退となるか・・・撮影開始は2月くらいからでしょうかね。時間があったらビデオでも持って出ましょうか。
1

2009/12/8  6:55

09/12/06 EF651103 工臨  国鉄・JR機関車(直流型)
おはようございます。

昨夜は目が異常に疲れて更新前にダウンしてしまったようで。
時間がなくなってしまったので1枚だけ。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年12月5日 北松戸〜松戸間にて


207系900番代を待っていたら、偶然にも工臨が通りました。もちろん、ノーマーク。アングル的にも一番良い構図の線路だったので、バッチリ撮れました。暗かったのですが、正面がちのアングルによりブレもなし。儲けモノでした。

お寺駐車場での待機の御利益でしょうか?
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ