鉄道コム

2009/12/7  0:39

東京メトロ スマイルフェスタ’09  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

昨日アップいたしました「さよなら207系」の後、昼食を摂った3人ですが、Hさんはそのまま自転車でご帰宅(寄り道あり)、lineさんと私の2人は、東京メトロ綾瀬検車区で開催された『スマイルフェスタ’09』へ行ってまいりました。


私は同線の展望ビデオが撮りたくて、平成20年9月に1度訪問したことがあります。北綾瀬駅に来るのは2度目と言うことになりますね。


北綾瀬駅から検車区へ向かっていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

小田急のMSEに追い越されました。しかし、地下鉄にロマンスカーが走る時代が来るなんてね。夢にも思っていませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

正門へ来ると、結構な規模の門構えでお出迎え。昨年だか2年前だか、takeさんと訪問しようと思ったら抽選で外れ、イジけたことがありました。


入り口でパンフをもらい、取り敢えず車両の撮影に向かいます。


クリックすると元のサイズで表示します

このザマです。
長野電鉄から里帰りした、元日比谷線の3000系。一番人気ですね。しかも、職員が手動の幕をクルクルと回し続けるもんですから、写真を撮っているやつらがいつまで経っても交代しません。保存車両の字幕を撮るのがそんなに良いのかな・・・。


そして、今度は群線にある撮影会場へ・・・
この日は副都心線10000系、千代田線06系、南北線の9000系5次車の3本並びです。

クリックすると元のサイズで表示します

お〜い!

なんでそんな前にロープ張るんだよ!みんな前に出ちゃって写真が撮れねーじゃんか。
なんのためにロープ張ってあんだか意味解かんねー。
特に南北線9000系の前なんて3mも離れていない感じぃ。それじゃ撮れませんって!もうちょっと考えよーよ。


クリックすると元のサイズで表示します

で、結果的にはどアップでしか撮れなかった。しかも、天気悪いし・・・。
呆れ気味にトボトボと群線へ。


クリックすると元のサイズで表示します

昭和40年代を髣髴させる6000系の並び。


クリックすると元のサイズで表示します
並びの中には字幕車もいました・・・が、「回送」表示でしかも電気が来ていないため、目立ちませんね。


クリックすると元のサイズで表示します

検車庫内にはバラされた6000系の編成が入っていました。中はスゴくキレイでしたね。
一般には見られない、分割時の移動につかう簡易運転台。1灯が不気味でカワイイ!


クリックすると元のサイズで表示します

やっと喫煙所を見つけて一服後、元の3000系の場所に戻りました。
幕を回転させるのを止めたので、やっとなんとか撮れるようになりました。


クリックすると元のサイズで表示します

さらに奥の方では運転台の見学。予約制なので中には入れません。


この頃にはポチポツと雨も降り出し、さも「帰れ!」という感じでしたね。相当暗かったので、写真映りも全然でした。
まあ、約30年振りに見た実物の3000系は良かったですね。昔、東武の7300系とか7800系を撮りに行った時は、普通に走っていた車両なんですけど。当時は吊り掛け式で無いだけで「新型」と思っていたので、何度も普通に乗っていたわけですが、写真は1度も撮ったことがありませんでした。

もうちょっと工夫するだけでもすばらしいイベントだと思うのですがね。やや食傷ぎみに1日の行程を終え、lineさんとともに帰路につきました。
2

2009/12/6  22:49

さよなら 最後のクセニッツ製 ぷらっとわらび  バスの写真館
こんばんわ。

今日は緊急に1本追加でアップです。

蕨市のコミュニティーバスである「ぷらっとわらび」。2002年の導入時からオーストリアのクセニッツ製(シャーシはフォルクスワーゲン製T4)を2台導入、運行を開始しており、ルート増設に伴って、若干スタイルの異なるもう1台を追加導入しています。(運行は国際興業バス。)

詳しくは知らなかったのですが、故障が多いらしく、コミュニティーバスにあるまじき維持費が掛かってしまうことから、国内での需要が激減、メーカーであるクセニッツの輸入代理店も2005年に撤退。維持の困難から早々に国産に切り替えてしまった自治体が殆ど、という事態になったそうです。

蕨市においても2年ほど前に赤塗装と緑塗装の2台が日野ポンチョに置き換えとなり、オレンジ塗装の1台だけがクセニッツのまま運用されていました。しかし、今年(2009年)11月末で運用から外れ、12月1日からは同様に日野ポンチョに置き換えられてしまいました。

先日、この事態に気づき、色々と調べてみた結果が以上のとおり、と言うことになります。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年12月6日 蕨駅西口にて

こちらが新しく導入された日野ポンチョ。かなりくすんだ色をしています。もうちょっとキレイな色にすれば良かったのにね。


クリックすると元のサイズで表示します
平成20年5月14日 蕨駅西口にて

ありし日のクセニッツ。こちらの方が鮮やかなオレンジ色です。後は一足先に置き換えられた緑ポンチョ。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
平成20年5月18日 蕨駅西口にて

写真では分かり難いかもしれませんが、停車中には車体が大きく左に傾き、出入り口の段差が低くなるように工夫されています。


前述のような事情から早いうちに撤退し、普通なら10〜15年は使える自動車でありながら、たった5年ほどで廃車・解体されてしまったものの少なく無く、日本でも数台しか残っていないようです。
また、そのようこともあり、これをオークションに出品しているという記事も見つけました。問い合わせもあるようですので、まだ若い彼には、ぜひ第二の人生を謳歌してもらいたいもんですね。
1

2009/12/6  1:05

09/12/05 さよなら207系900番代  その他電車
こんばんわ。

日付が変わって昨日になりますが、Fe4仲間のlineさんのお誘いもあり、207系900番代のさよなら運転に行ってきました。
元来、この手のイベント的運転は人出が多いのでパスすることが多いのですが、この車両は偶然にも何回か乗ったことがあるにも拘わらず、写真となると1年半前に1度だけしか撮影できなかったと言う思い入れもあり、行ってまいりました。
風邪がまだ完治したわけではなし、少し着込んでの出場となりました。


新松戸駅での待ち合わせ。撮影場所も分からないので、ここで相談することにしました。

※撮影はすべて平成21年12月5日です。


クリックすると元のサイズで表示します
新松戸駅にて 「スーパーひたち11号」


クリックすると元のサイズで表示します
新松戸駅にて E231系 常磐快速

天気予報は曇り→雨でしたが、かなり意外なことに、良く晴れていました。
ここでlineさんと合流し、事務局長案に乗って松戸センター出庫のタイミングで撮影することにしました。


現地では先客が相当ありましたが、私らは構図的には不利ながらも、何とか撮影する場所を確保することが出来ました。

以下、写真は全て大きくなります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

全て松戸車両センターを出庫後、本線に合流する部分となります。この頃から陽が蔭るようになってしまい、ブレが心配されましたが、超低速だったのでブレずに済みました。しかもカブられましたしね。ヒヤヒヤものでした。


ここから返しの撮影のために移動を開始しますが、撮影適所が全然分からないので、取り敢えず松戸駅を通り越して、北松戸方向へと向かいます。
ちょうど線路際に駐車場があり、手ごろな足台があって撮影出来そうなのですが、ここはお寺の駐車場のようで、使わせていただいても大丈夫か、大変心配でした。
ここで事前に連絡を取っていた金町のHさんと合流することができ、3人しての撮影です。すると、ちょうど寺務所のまどから住職(多分一番偉い人)と思われる方に声を掛けられました。さよなら運転のお話をしたところ、大変にご理解いただき、安心して撮影することが出来ました(合掌)。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
北松戸〜松戸間にて。
雲は段々厚くなり、シャッタースピードもかなりキツかったですね。超スローモーなスピードな到着でヤキモキしましたが、お陰で殆どブレることも無く、さらには手前3本にカブられることも無く撮ることが出来ました。
何故か2カット目はピンが外れてしまったようで・・・残念。


クリックすると元のサイズで表示します

後追いも撮ったのですが、あまりにもユックリと到着している間に、快速が追いついてきてしまいました。もう少し奥で撮りたかったのですが、耳の横を通過してきたので慌ててシャッターを切りました。左画面にシャッターを切った瞬間に入られてしまいましたが、なんとかカブられずに済みました。

これで207系900番代もラストランとなり、本線上を営業列車として走ることは無いでしょう。おそらく、保存されることも無いと思いますので、本当にこれでお別れになると思います。大変残念ですが、お疲れ様でした。と言ってあげたい。



この後、lineさんと私はメトロのスマイルフェスタに、金町のHさんは自宅にお帰り(実は寄り道したらしい。)になりますが、3人で昼食を摂ることにしました。


クリックすると元のサイズで表示します

今回、勝手にお世話になってしまった松戸のお寺さん。なんと寺院名が「吉祥寺」!金町のHさんのお勤め先が吉祥寺ということで、なんという偶然でしょうか。お邪魔してはまずいので、何のご挨拶もせずに立ち去ってしまいました。
突然お邪魔してしまい、お世話になりました(合掌)。

line様、金町のH様、お疲れ様でした。ありがとうございました。
1

2009/12/5  0:39

国鉄型185系:今の「普通」と昔の「普通」  特急型電車(直流)
こんばんわ。
今日はお出掛けの予定なので、軽く昔ネタをアップいたします。

今でも東海道本線では見ることの出来る185系使用の普通列車。意外と知名度が高く、伊東まで乗り入れる関係もあり、土日は満席になるほど需要が高い列車のようです。
その昔、急行車両としての共通運用を組んでいた関係もあり、東海道線ではもちろんのこと、信越本線や吾妻線内でも普通列車としての運用があったようです。

現況では、東北・高崎・上越線内における普通運用は行っていないように見受けられます。ホームライナーは位置づけ的にビミョーです。


クリックすると元のサイズで表示します
平成20年8月16日 早川駅にて

昨年度は「ふじぶさ」の写真を撮りに行っていた関係で、何回か出逢ったり乗ったりということがありました。カラーリングは既に湘南色に更新されて久しく、アコモもグレードアップされて特急列車らしくなりました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年5月 田町駅にて

東海道本線に185系がデビューして間もない頃。堂々15両編成の普通列車です。
斜めストライプの塗装は、当時の国鉄としてはセンセーショナルなデザインでしたが、0系新幹線と同様の転換クロスシートを設備した車内は、少し前に誕生した「新快速」用117系と大差なかったため、急行運用時代はまだしも、特急化されてからは非難を浴びる結果となってしまいました。
まあ、普通列車だったら文句は言えないと思いますがね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年5月 蕨〜西川口間にて

さらに1年後、東北新幹線の大宮暫定開業に備え、リレー号用として誕生した185系200番代。こちらは寒冷地仕様となっている点において、0番代と区別されています。
塗装は0番代の斜めストライプから一転して大人しい(国鉄らしい)グリーンラインとなっています。私的には、正面から見たアイラインがある分、こちらの方が好きなデザインです。
東海道線導入でもそうでしたが、過渡期において153系と併結運用が行われていたのと同様、上野口においても落成のつど165系を置き換えていったため、このような併結編成が良く見られました。
普通列車や急行列車として考えれば、どちらの車両に乗るかによって損得の問題がありましたね。


さて、着目すべき点としてもうひとつ。それはヘッドマーク部の「普通」の表示です。
現在は黒地に白抜きの「普通」となっていますが、登場当初はどちらの番代も白地に黒文字の「普通」としていました。
これは113系・115系、さらには401系列でも同様の経緯があり、後年は黒地に白抜きの「普通」が一般的でした。
しかし、この185系が誕生した時点においては、これら近郊形の車両も黒地に白抜きの「普通」が既に一般的だった筈で、なぜこの時代に黒文字の「普通」を準備していたのか、経緯は分かりません。

新車だとばかり思っていた185系も誕生から間もなく30年というところ。デザインが変わり、車内設備も更新されて変わりましたが、いつ引退の足音が聞こえてもおかしくないように思います。
3

2009/12/4  0:21

函館本線 キハ40系 普通列車  気動車(急行・その他)
こんばんわ。

このところ電気機関車ネタが多かったので、久し振りに気動車ネタをチョイスしてみました。気動車ネタもかなり在庫が少なくなってきたようで、先行き心配です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年9月7日 大沼〜大沼公園間にて

3回目に北海道を訪れた時だったと思います。社会人になってからは初めて。
とにかく、東京を出てから帰ってくるまで、1度も雨が止まなかったという最悪のシチュエーションでした。誰一人として居ない公園施設が悲しいですね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和63年2月24日 石倉〜野田生間にて

青函連絡船の廃止が絡んで撮影に行ったとき。ちょうど「おおとり」も廃止がアナウンスされていたかもしれません。
JRになってから1年近くが経っていますが、全体の印象としてはまだ「国鉄」だった頃ですね。


クリックすると元のサイズで表示します
平成5年10月10日 銀山〜小沢間にて

かなり季節感がずれてしまい恐縮ですが、最後に渡道したときの写真です。もちろん、目的はC623です。
時は流れ、残る国鉄型気動車も、既にJR一色という感じになってしまいましたね。でも、慣れてしまえば、今やスッカリ定着したJR北海道色と言えます。センス的には良いデザインだな、と思います。


過去ログでも何回か気動車普通列車の写真をアップしたことがありますが、札幌都市圏を除いては特急列車よりも普通列車の運転頻度方が少なかったりするので、意外と写真が残らないんですよね。希少種の形式などは駅撮りもしますが、このように普通列車の走行写真というのは数的に残っていません。
3

2009/12/3  13:13

あさっては雨だってorz  
今日は体調を回復させるために休みをいただいて、マッタリとしているところです。

お昼の天気予報を見ていたら、207系さよなら運転の日となる12月5日土曜日、なんと・・・雨に変わっていました。

週間予報では日・月曜日が天気が悪かった筈なのですが、崩れが早まってしまったみたい。
傘を差さなければいけないとなると、沿線の人出を避けての撮影は困難を極める状態となりそう。もちろん、露出も下がりますしね。最悪です。

撮影場所も良く知らないし、一体どうなることやら・・・

まあ、なんにしても風邪を治さないとね。

クリックすると元のサイズで表示します
平成20年4月12日 金町駅にて 207系900番代 クハ207−901

もう1年半も前になってしまったのか・・・
1

2009/12/3  0:22

115系 初代長野色  その他電車
こんばんわ。

昨日の午後くらいから、急速に喉の痛みが取れてきたような気がしたのですが、それと入れ替わりに何でも無かった筈の突然の鼻水。突如、止め処なく、ダラダラと。それが喉に引っ掛かり、さらに咳の原因になっています。あ〜ぁ、早く直したい。
そんなこともあって、昨日は怒涛のごとく仕事を片付け、今日はお休みをいただくことにしました。天気も悪くなるということだし、ゆっくりと休養したいと思います。


さて、当ブログも昨日の夜は調子が悪くて訪問者の皆様にもご迷惑をお掛けいたしました。アクセス数も激減して、私自身も非常に腹立たしい思いです。しかも、今日は4時から10時頃までサーバーストップだそうです。ちゃんと改善して欲しいもんですね。


このところ総集編で機関車ネタが多くなっていますので、間にチョコチョコと電車ネタを挟もうと思い、これをピックアップしてみました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成6年11月4日 信越本線 三才〜豊野間にて

我が人生でも1枚だけ撮った115系の初代長野色です。確か、現在の長野色がかなり出現してきており、当時まだ現役だった165系の旧色を撮りたくて待っていたのですが、「キターーーー!」と思って撮ったのが、何てこと無い、この115系だったわけです。

結局165系の同色を撮ることは出来ず、115系もこの1枚だけでした。そのくらい、既に旧色は激減していたんですね。
メインはあくまでもD51でしたから、その頃はまだ旧車として扱われていない115系にも興味は無く、追うこともありませんでした。

そんな時代を過ごしてきたお陰で、記録せずして過去帳入りしてしまったこの系列の地方色は数知れず、という感じです。

2

2009/12/2  1:34

’09 寝台特急「北斗星」総括(上半期篇)  ブルートレイン:機関車・客車
こんばんわ。

やっと繋がったけど、ブログの表示が全然ダメ。文句を書いた記事を投稿したら、1発で正常になりやがんの。ホントにアタマわくね。

時間が無いので準備してあった記事、「北斗星」の2009年上半期分を一気にアップします。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年1月12日 蕨駅付近にて EF81133牽引

新年第1弾の「北斗星」。せっかくのヒサシガマ133号機でしたが、いきなりカブりからの始まりでした。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年1月17日 北浦和駅にて EF8179牽引

カシガマの「北斗星」。このカマも半逆光の難しい色をしています。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年3月20日 蕨〜西川口間にて EF8195牽引

リバイバル「はつかり」を待っていた時で、時間を把握できなかったため、「北斗星」に合わせられず。でも、こんな写真のアリか?


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年4月19日 蕨駅付近にて EF8196牽引

跨線橋の上から。痛恨のフレームアウト・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年5月2日 南浦和〜蕨間にて EF8188牽引

クリックすると元のサイズで表示します
平成21年5月4日 蕨〜西川口間にて EF8195牽引

クリックすると元のサイズで表示します
平成21年5月5日 蕨〜西川口間にて EF8188牽引

GW3連発!


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年5月9日 蕨〜西川口間にて EF8195牽引

この頃は、虹ガマが頻繁に運用に入っていたようで・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年5月23日 東大宮〜土呂間にて EF8198牽引

私的には珍しい区間での撮影。なんでもないところでブラした・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年6月13日 蕨駅付近にて EF8178牽引

京浜東北にカブられた結果の構図。まあ、こんなこともありますわね。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年6月23日 上野駅にて EF8195牽引

出張帰りに上野駅で携帯で撮影。この時は腹立ちましたな。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年6月28日 蕨〜西川口間にて EF8193牽引

京浜東北にカブられた図。でも私はこういう構図、嫌いではありません。


一見直ったようだけど、昨日のカウンターなんてメチャクチャ。しょーもない。
ゲッ!もうこんな時間だ。せっかく早く寝たかったのに。これじゃ風邪も治らん・・・。
コメントのご返事、夜になります。申し訳ございません。
2

2009/12/2  1:22

一体なに?このブログ・・・  
アタマに来る。いい加減にして欲しいわ。

これじゃ、せっかく訪問してくれた方々に大迷惑、申し訳ない!
0

2009/12/1  0:41

国鉄 165系「夜まつり号」  その他電車
こんばんわ。

体調不良にも拘わらず、残業させられ遅くなってしまいました。
総集編をお届けする予定でしたが、とても耐えられそうにもないので、1枚モノにさせていただきます。

もう、12月なんですね。年賀状の図案も考えていないし、土日の度に予定が入ってしまうので、また忙しい年の瀬になりそうです。

12月といって思い出すのが秩父夜祭です。私は埼玉県民ではありますが、人ごみ大嫌い人間なので、とてもこのような大祭には行く気になれません。しかし、列車の写真だけは辛うじて記録が残っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年12月3日 上野駅にて 「夜まつり号」

リバーサルで暗いところでの撮影のため、残念ながらブレてしまっております。ただ、手ブレがハッキリしていたので、意外と読み取れますね(笑)。

今は無き165系。しかも、グリーン車のサロ165です。この頃の定番ですが、何故か普通列車であるにも拘わらず、グリーン車込みの165系7連が使用されていました。
当時、東北・高崎線における急行形車両で運用する普通列車では、既にグリーン車取り扱いは廃止されていましたので、ヘッドカバー無しの普通車扱いとなっていました。つまり、フルリクライニングで上野駅から秩父までゆったりと乗ることが出来たわけですね。ただ、私の記憶では、殆どお客さんが乗っていなかったような・・・。

そして1つの疑問。正式には「秩父夜祭」という祭名のようですが、この列車、「秩父」もついていなきゃ、「まつり」が平仮名なんですよね。「秩父夜祭」号でいいと思うんだけど。さらに、サボには「号」まだ入っちゃってるし。←普通、列車名表現には「号」は付かない。

そんなんで、なんとも間の抜けた感じもするわけですが、サボ、サロ165、そして板製の案内板と、どれをとっても昭和の匂いのする、懐かしい写真として残っていました。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ