鉄道コム

2009/12/18  0:46

EF651049+オク座「与野市民号」(昭和60年)  国鉄・JR機関車(直流型)
こんばんわ。

このところ仕事が忙しいので、早く休みにならないか、と思うほど休日が恋しいのに、いざ週末になってしまうと年賀状さえ手を付けていない状況。自分の行動・気持ちに矛盾を感じる毎日が続いています。しかし、そんなことを考えている猶予も無いですね。あっという間に今年も終わってしまいそうです。

さて、今日は国鉄時代の臨時列車をご紹介いたします。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和60年10月17日 東大宮〜蓮田間にて EF651049牽引「与野市民号」

私が国鉄職員時代、ギリギリ与野駅に勤務していた頃になるでしょうか。
当時の赤字国鉄は、各駅ごとにも競い合って集客に躍起になっていました。そんな頃、私は運転職場(ホーム)にいましたので、営業サイドでは知らない間に「与野市民号」なる団体列車を計画していたんですね。
運転日ギリギリになってそのことを助役から知らされ、運転時間を確認するとともに、ヘッドマークを取り付けるということもあって撮影に出掛けたものです。ちょうど明け番か休みの日だったんですね。

お座敷列車はオク座こと12系お座敷客車「なごやか」で、その後、斜めのストライプが入り、最後は水色系に塗色変更されましたが、この頃は完全オリジナル塗装の登場時の装いでした。

多分、当時はこのようなダイヤも公表していなかった可能性が高いので、撮影していた方は少なかったと思います。

ちなみに、以前アップいたしました「蕨市民号」はこちら
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ