鉄道コム

2010/1/5  0:33

平成2年 初代「オホーツク流氷ノロッコ号」  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。

昨日は今年の仕事始め。なんと、冷え性で眠れずに寝不足だった上、朝方の地震で中途半端に起こされ、さらには出掛けにお腹が調子悪くなるなど最悪のコンディション。
それでも、初出勤となった昨日、1本電車に乗り遅れてしまったら、次に来たのが僅か2編成しかないと言われる209系でした。もうすぐさよなら運転というこの時期、久し振りに乗ることができて、ちょっと得した気分。車内もかなり空いていたので楽チンでした。


さて、昨日調べモノをしていて情報が集まらずに見送ってしまったネタです。
平成2年に運転が開始された「オホーツク流氷ノロッコ号」。
時刻表にも表示されていなく、DJ冬臨にも表示されていないので、キツネに抓まれているようで諦めてしまったのですが、今日、DJのニュースページでようやっと見つけました。
どうも、冬臨発表後の設定となったようですね。


クリックすると元のサイズで表示します
平成2年3月11日 釧網本線 北浜〜原生花園間にて

平成元年の夏、釧路湿原を走る「ノロッコ号」として運転されたのが最初でしたが、わざわざ極寒の中を野ざらし状態で走らせるという暴挙的企画を打ち立てたJR北海道。そのコンセプトは見事に当たり、半ばM的な人たちの共感を得て大反響だったようですね。

私は友人と冬の釧網本線の写真(メインは廃止が予告されていた貨物列車)を撮りに出掛けたもので、たまたま運転日が一致していたため、少し足を伸ばしてみたんですね。
本当は流氷をバックに走る姿が撮りたかったのですが、このときは流氷が接岸していなかったので、普通の寒い写真になってしまいました。
しかし、トロッコにM的な人達が沢山乗っていますね。


クリックすると元のサイズで表示します
平成2年3月11日 網走にて

網走駅にて一服中の編成。このときはデビューしたばかりなので、車両写真的にはこの1枚しか撮っていなかったんですが、機関車とか貨車とか、もっと詳細に撮っておけば良かったですね。まさかこの後、結婚して北海道に行く機会を失ってしまうことになるとは、夢にも思っていませんでしたからね。
ちなみに、今の女房と出逢ったのが、この翌年12月でした。

この手の列車にはあまり興味が無く、お遊びのお付き合い程度しか撮っていなかったんですが、車両がデビューしたばかりなのに。これが最初で最後の出逢いになるとは思いませんでした。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ