鉄道コム

2010/1/10  2:22

EF8196牽引 14系臨時急行「十和田」  国鉄・JR機関車(交流・交直両用型)
こんばんわ。

突然ですが、なんか、イヤになります。
テツ的に何も無かった年末年始の連休が終わり、久々の仕事で疲れ、やっとテツ活動再開!

・・・と思っていたのですが・・・。

写真を撮りに行ったら、何一つ目的のものが通らない・・・。

多少のダイヤ乱れは覚悟ですが、運休のようですね。貨物列車。
年末年始も悪天候による大幅な遅れと運休。毎日、JR貨物のサイトでダイヤ乱れをチェックしていましたが、大変だったようですね。

そんな年末年始、そしてこの3連休。ネタの仕入れが「0」で、過去ネタの構成ばかり考えて疲れちゃいました。DJ見ても、これと言って面白いネタもないし、「北陸」に田端のEF81が運用に入ったような情報がありましたが、撮影に行っても真っ暗ですしね。このままあと1週間、またネタがないと思うと憂鬱です。


まあ、愚痴ってばかりいても仕方が無いのですが、こうネタが無くなってしまうとね、休業も考えなきゃいけないかな。


今日は取り敢えずのパッとしないネタですが、客車列車と言う意味ではもう貴重の部類に入ってしまうかもしれませんね。


クリックすると元のサイズで表示します
平成元年5月5日 常磐線 荒川沖〜土浦間にて EF81+14系「十和田」

急行「十和田」については、過去ログでもEF80牽引の14系20系時代の写真をアップしましたが、今回、EF81が牽引している時代のものが1枚だけで参りました。

急行「十和田」は、私が子供の頃に季節列車を合わせて5往復の時代があり、さらに臨時列車が設定されるほど盛況でした。その後、特急「ゆうづる」への格上げなどで3往復体制(うち1往復は季節列車)となり、上越新幹線の開業に伴う57・11改正で、わずか1往復にまで減ってしまいました。
さらに、新幹線の上野開業である60・3改正では臨時化され、皮肉にも季節列車として長年運用されていた14系座席車による編成が最後まで残りました。

臨時急行となった「十和田」は、平成6年12月のダイヤ改正と比較的遅くまで残り、この間に、牽引機は全廃のEF80からEF81へとバトンタッチしています。

急行列車はヘッドマークもありませんし、当時はまだ希少という感覚もなかったので、わざわざ写真を撮りに行くほどのものでもありませんでした。それが仇となり、結果として殆ど写真には残っていなかった急行「十和田」。しかも、晩年は臨時列車となったため、余計に撮りに行く機会がなくなったんですね。

そんななか、偶然にも撮ってあったEF81牽引の14系「十和田」。しかも、「北斗星」の運転開始から1年を過ぎた頃でしたので、既に星ガマになっています。
あまりマークすることの無かった常磐線の列車でしたので、EF81が牽引する14系座席車の写真は、僅かこの1枚だけとなってしまったみたいです。
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ