鉄道コム

2010/2/28  19:46

平成22年2月分 拍手コメントのご紹介  
こんばんわ。

2月も今日で終わりですね。年が変わって丸2ヶ月、アッという間ですね。
ダイヤ改正も直ぐそこに迫ってきました。今週1週間も天気が優れないようで、憂鬱です。

さて、2月も3件の拍手コメントが寄せられましたので、ご紹介したいと思います。


2010/2/3 1:16 大宮操車場 ハンプ入換の情景 引上げ篇
私が始めて大宮操車場を見に行ったのは中学1年の時で、残念ながら機能が停止していました。黒と茶色の貨車が留置してあった写真を撮った覚えがあります。さらに写真をアップしていただけたら幸いです。

私も大宮操車場から与野駅、王子駅へと転勤になり、何かの機会に京浜東北線に乗っては、操車場に大量に留置された貨車や一部の試験車などに心を痛めたものです。その頃の風景は電車の中からしか撮れない状況でしたので、残念ながら撮っていません。
もう写真が残り少なくなってしまいました。過去ログも是非ご覧ください。



2010/2/3 1:16 2が並ぶ〜〜〜(その1) キハ2222
GOODです。
ホーローのサボもイカしてます。

ありがとうございます。今ではこのようなサボもなかなか見る機会が少なくなってしまいましたね。当時としては何てことの無い写真ですが、20年以上の時を経て、歴史の証人と化して来ましたね。


2010/2/14 22:39 これはなんでしょう?
489能登ではないですか?

正解!←児玉清風。ヘッドライトとマークの色合いで判りますね。

皆さん、ありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2010/2/28  9:07

455系 急行「いわて」の画像がありました  その他電車
おはようございます。
最近、夜に弱くなってしまったようで、昨夜も23時くらいに寝てしまったようで。今日は娘の水泳記録会があったので、6時起きで送ってきました。

フィルムをスキャンできるようになってから、大きな画像で列車番号の判別が出来る写真もあり、列車名が判明したものが多くあります。
ほぼ1年前、過去ログで『モハ452 急行「いわて」のサボ』というのをアップしたことがありましたが、走行写真の中で、1枚だけ急行「いわて」であることが判ったものがありましたので、今回アップいたします。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年1月5日 東北本線 豊原〜白坂間にて 急行「いわて1号・ばんだい5号」

東北新幹線開業まで運転されていた下り急行「いわて1号」です。当時、「いわて」は東北本線経由の盛岡行き急行として、1日2往復設定されていました。1往復は夜行急行となっていましたので、写真を撮るにしても1往復のみのチャンスとなります。
昼発となる「いわて1号」は、上野駅を13:06に特急「つばさ3号」の続行として出発となっています。白坂駅付近では14:40過ぎくらいの通過となりますから、比較的遅い時間に撮影していたようですね。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年11月13日 上野駅にて 急行「いわて」(再掲)

急行「いわて」は1度だけ乗ったような記憶があるのですが、あったとしても小学校低学年の頃なので曖昧です。母親の実家は須賀川駅下車となりますので、わざわざ本数の少ない盛岡行きを選択する必要もありませんから、「まつしま」の方が乗る機会が多かったように思います。

列車番号がこのようにちゃんと掲載されていれば、ヘッドマークが無くても列車名が判定できるので助かります。タダでさえ撮るチャンスの少なかった列車ですから、判った時は嬉しかったですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

それにしても、良く降る雨ですね。改正まであと2週間を切りました。出来るだけ撮影するチャンスが欲しいのに、2日間も潰されてストレスが溜まります。
2

2010/2/27  15:49

ショック!京成の連接バスが・・・  バスの写真館
こんにちわ。

今日は光ファイバーの工事があったので、1回だけ先ほど出掛けただけで、引きこもり状態になっています。
そんな中、他の方のブログを拝見していたらショックな記事を見つけてしまいました。


京成バスの連接車に新車が導入されました・・・'_';


やはり排ガス規制の関係があるようで、1998年導入らしいからまだ12年なんですね。通常だと首都圏では15年くらい使われるので、少し早めの引退のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

平成20年7月、娘の付き添いで幕張メッセに行った際、初めて実物を見ました。灼熱の中、結構な時間を待った末、やっとゲット出来た写真。当時のブログでも「また改めて」と言っていたのに、もう1年半以上も経っていたんですね。
実は、先般また幕張メッセに行く話があったのですが、相当長い時間付き合わされそうなので拒否してしまったんです。まさか、最後のチャンスを自分で潰してしまうとは・・・。

置き換えは平成22年2月19日からということですので、まだ始まったばかり、どの程度のペースで変わってしまうのか分かりませんが、総勢で10台ということですので、ひょっとして一斉なのでしょうか?

この形式、好きだったのに、非常に残念です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
1

2010/2/27  7:49

国鉄 20系食堂車:ナシ20  ブルートレイン:機関車・客車
おはようございます。

今週も激動の1週間だったようで、疲労が溜まってしまいました。もちろん、テツ的にじゃなくて仕事なんですけどもね。残業も殆どなくなったのに疲れるというのは、精神的にということになるので、あまり良い話ではありません。

今週はメチャクチャ暖かくて、雪ネタはアップしづらいですね。最北では暖かいと言っても氷点下にならないだけで寒いことに変わりはなさそうですが、関東では15℃を超え20℃近くまで行くとなると、春としか言いようもありません。でも、もう2月も終ってしまうんですね。アッという間です。


さて、今日は季節ネタじゃなくて、久し振りに車両に絞ってみました。国鉄20系客車からナシ20形食堂車をご紹介したいと思います。※画像は大きくなるようにしました。


クリックすると元のサイズで表示します

寝台特急「あさかぜ」から20系が撤退する間際、昭和53年頃撮ったものと思われます。
ナシ20の1次形であり、食堂業務用扉が内開戸で誕生しています。1次形には0番代車と50番代車が存在し、0番代が日本車輌、50番代が日立製作所で製造されたものです。それぞれのメーカーで内装に違いがあるのも特徴で、20系では他車においてもメーカーの違いで番代が区分されており、他形式に見られない区分方法となっています。
バックに写っている0系新幹線も懐かしいですね。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらの写真も昭和53年頃撮影したものではないかと思われます。
2次形は日本車輌でのみ製造され、業務用扉が外吊り式に変更となったのが特徴で、近代的になった感じがします。
この業務用扉の形態は電車食堂車のサシ151から採用されているようで、その後の客車を含め、気動車食堂車にも標準形態として波及しています。


ブルトレは列車として捉えてはいましたが、このように客車単体で撮影したものは殆どなく、この食堂車ナシ20だけは特別に撮っていました。これは、20系食堂車自体の撤退が早かったためで、この当時でもナシ20を営業していたのは「あさかぜ」のみであったこと、形態差があるということに気が付いていたことが要因になっていたものと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
2

2010/2/26  6:07

国鉄 711系 オリジナル塗装(追加画像)  その他電車
おはようございます。
仕事は落ち着いてきたのですが、色々とあって精神的疲労が・・・。
そんなんでまたもやダウン。


雪ネタをどんどん出したいところですが、何と言う暖かさでしょうか。とても2月の気候とは思えません。花粉もい〜っぱい飛んで、目薬なしでは生活できないほどつらいです。


過去ログで、『国鉄 711系 オリジナル塗装』や『国鉄 711系試作編成(クモハ711-901+クハ711-901)』をアップしたことがありましたが、オリジナル塗装の711系の写真がもう1枚見つかりましたのでアップいたします。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年3月11日 函館本線 白石〜厚別間にて

除雪した雪が線路間に山のように盛られていて、足回りが見えません。真っ白な景色の中なので、旧塗装の交流色の赤がアクセントになりますね。
まだこの頃は、711系自体が異色の塗装であり、シールドビームも相まって不気味な車両に思っていましたが、慣れてしまえばどうってことない、北海道らしい車両だな、と思います。
写真の車両は板式のサボを使用しているので、前期型のものですね。もう絶滅してしまった番代です。

最後の活躍を続けている711系。残りもあと僅かになってきたようです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
1

2010/2/25  5:26

2が並ぶ〜〜〜(その4) キハ22222  気動車(急行・その他)
すごいおはようございます。

昨日は久々に霞ヶ関へ出張だったのです。夕方仕事を上がって、489系「ホームライナー」や「北斗星」写真を撮って、と言うつもりでカバンにデジカメを忍ばせていったのですが・・・なんと、打ち合わせが長引いて18:45まで残業させられ、全ての目的を潰されてしまいました・・・チックショ〜。


で、結局21時前くらいの早い時間には帰ってきたのですが、このところの疲れで非常に早く寝てしまったようです。記憶がありません。そんなんで、返コメも遅れてしまい、申し訳ございません。

一昨日、画像の整理をしていたら・・・忘れてました。


クリックすると元のサイズで表示します

昭和56年3月、2度目の北海道旅行の際に出逢った2の5並びキハ22。すんごいですね〜。何処の駅で撮ったのか、記録も記憶も無いのですが、通りすがりに偶然出逢ったので記憶があるので、札幌か旭川のようなターミナル駅だったと思います。逢ったときにはギョッとしましたね。キハ22ならではの番号並びです。

過去ログでアップいたしました『2が並ぶ〜〜〜(その1) キハ2222』の方が先の撮影だったので「上には上がいる」と思って撮りましたね。ただ、こちらの写真はサボを撮っていないので、何線の列車だったのか、何処の駅で撮ったのか、記録としては曖昧なものになってしまったのが残念です。

これで2並びの祭りも終わりですな。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
1

2010/2/24  1:28

国鉄 大宮操車場 雪から入換作業を守る「カンテラ」  大宮操車場
こんばんわ。

昨日、機会があって、国鉄時代の私の履歴書を見ました。それによると、何と、高校卒業の年、昭和57年4月1日を待たずして、2月16日から臨時雇用員として採用されたことになっています。
これは、当時わが母校から東京三局(東京北・東京西・東京南鉄道管理局)だけで144名もの大量な人数が採用となったため、おそらく研修手配の関係でしょう、早めに関東鉄道学園に入所するためだったと思われます。
鉄道学園での勉強は2〜3週間程度で、既に私は大宮操車場に研修生として配置されていました。もちろん、採用予定の各操車場や駅へ散らばっていった同級生たちも居ました。

それはさておき、大宮操車場では正式な職員の配置ではないため、指導助役のもと、貨車の入換のノウハウや安全指導を受けます。しかし、必ずしも入換作業の研修ばかり出来るわけもないので、時に別作業を与えられたこともありました。そこで一番印象に残っているのが「カンテラ磨き」です。

私の知っている限りでは、鉄道用語で「カンテラ」とい名称は2種類使われていました。

一つは、駅で車掌に出発指示合図を出す際、昼間の青旗・赤旗の代わって、夜間に使用する「合図灯」です。

そしてもう一つは、ポイント(分岐器)において、降雪時に雪の抱え込みを防止するために用いる暖房器です。


クリックすると元のサイズで表示します
※クリックすると、画像が大きくなります。

ポイントのトングレール(分岐部の先端の細いレール)部分を暖めることにより、レールへの積雪を防止し、すなわち、トングレールが可動した際に雪を挟み込まないようにするために設置されます。
ポイントに雪を挟み込んでしまうと、トングレールが密着しなくなることにより、@フランジが隙間から外れて脱線する。Aレール同士が触らなくなり、信号電流が伝わらなくなる。という危険、不都合が生じます。これを防止しなければ、鉄道そのものが機能しなくなってしまうわけですね。

構造はアルコールランプの灯油版を想像していただければ良いと思います。ただ、揮発性の高いアルコールでさえ、物体に当てると煤(すす)が付くものですが、灯油であるだけにこの煤の量がハンパではありません。写真の線路下にモクモクとはみ出してこびりついているのが煤の塊です。

この「カンテラ」は、雪が降る前又は降り始めには設置します。積雪してからでは、線路下のスペースの雪を退かさないと「カンテラ」が入らなくなってしまいますし、積雪してからではレールを暖めるのに時間が掛かってしまいます。積雪前にあらかじめ着火しておき、雪を積もらせなくすることが肝要なんですね。ですから、逆に雪が止んでしまえば、「カンテラ」の効果でポイント付近の雪がなくなっていますから、直ぐに消すことが出来るわけです。

首都圏では滅多に積雪することがありませんので、除雪機能と言うのは装備していません。ですから、突然の積雪に対応するためには、「カンテラ」は欠かせない大切な道具なのです。

ちなみに、大宮操車場でも本線のポイントは電熱器が設けてありました。やはり、最初に止めてしまう訳にはいかない、灯油の補充に危険が伴うという理由からなのでしょう。

そして、大宮操車場に2千個以上もあると教えられた「カンテラ」。約20人の研修生でぼろきれ持って灯油を浸けながら磨かされたのでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
4

2010/2/23  3:55

キヤE193 送り込み回送  気動車(急行・その他)
おはようございます。
昨日の寝不足が祟って、うたた寝してしまいました。

平成22年2月20日、団体列車「美里 雪の夢列車」と合わせてもう1本のターゲットであったキヤE193系の送り込み回送。今まで何度と無く機会がありながらも逃してしまっていた同車を初めて見ることが出来ました。


クリックすると元のサイズで表示します

与野駅脇で場所を構えました。
予定時刻よりも待つことしばし、EF651102に牽引されたキヤE193がやってきました。原色の機関車も良いですね。
数名のテツが出現していましたが、場所的にかなり悪いです。電車からのロケでは柵が低そうに見えたのですが、意外とこれが高く、有刺鉄線も邪魔して背伸び状態となります。銀箱でもあれば余裕なんですけどね。


クリックすると元のサイズで表示します

実は、引きで撮るとこんな状態。巨大な陸橋を望遠で抜いていたわけです。柱で左右、陸橋で上下を押さえられており、スッキリ撮るには上の1アングルに限られてしまいます。引きで撮ると、どうしても柵のアタマが少し入ってしまいます。


クリックすると元のサイズで表示します

もの凄くユックリなスピードで通過。主役であるキヤ193もバックから攻めたのですが・・・何なんだこの画質は・・・。なんか、白過ぎる車体に変にカメラが反応してしまったようです。

団体列車「美里 雪の夢列車」とタイトなダイヤの中で無理に撮りに行ったため、結局は大した写真にならずに終ってしまいました。休日に走ることが少ない試験車だけに、ちょっとね・・・という出来栄え。
次回はちゃんとした場所で撮りましょう。

これは機関車牽引による回送ですが、エンジンはアイドリングしているのが分かりました。早朝のDE11といい、1日で2回のエンジン音を聞くのは非常に珍しい。という1日でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
1

2010/2/22  1:23

田町区H61編成 「美里 雪の夢列車」  特急型電車(直流)
こんばんわ。

平成22年2月20日、十日町雪祭りと渡辺美里25周年のタイアップで、団体臨時列車が走りました。
同日、キヤE193系が機関車牽引により回送される情報もあり、こちらの撮影を予定していたのですが、lineさんから同団体臨時列車運転の情報が入ったため、合わせての撮影を検討しました。
列車名は「美里 雪の夢列車」のタイトルが付き、ヘッドマークが掲出と言うこと。完全のノーマークの列車だったのですが、確認したところ3月号DJにも掲載されていました。
しかし、参りました。キヤE193系の回送を東浦和の見沼地区で撮影しようと目論んでいたのですが、時刻を確認すると、どうも団体臨時列車と南浦和辺りで交錯するような設定になってしまっており、物理的に両方の撮影は無理だと判ったんです。

一番楽なのは大宮での駅撮り。しかし、こうした情報を既に得ているテツと競合するのが目に見えているので、ここは敢えて与野駅近辺で済ませようと、久し振りに行ってみました。

国鉄時代、昭和59年2月から1年半ほど勤めた与野駅。ホーム事務室も階段下の立喰いそば屋もなくなり、あっさりしてしまいました。JRになってから初めて外に出たように思いますが、橋上の改札付近、券売機、売店の位置など、殆ど昔の面影はなくなってしまいましたね。特に、ロータリーすら無かった西口は、新都心の再開発と合わせて、見違えるように立派になってしまいました。25年の歳月は、街の風景をものの見事に変貌させてしまいました。

線路沿いでキヤE193系を撮影したのですが、本線を行く団体列車を撮るにはアングル的に無理を感じたので、結局ホームに戻り、駅撮りとなってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します

逆光で障害物の多い先頭は捨てショット。正面アップのみの撮影。ヘッドマークどころではなく、装飾が珍しく派手にしてありました。しかも、正面だけではなく。再度のドア付近にも装飾があり、方向幕もヘッドマークと同じようなデザインのシールが張られていたようです。
しかし、このヘッドマークは凄いですね。シールである筈なのに、まるで液晶画面を表示しているかのような鮮やかさを持ったものでした。金が掛かってますね。


クリックすると元のサイズで表示します

後部も残念ながら陽が回るのが正面のみ。側面の装飾までは表現できませんでした。
この列車、実はもの凄くゆっくりとしたスピードで走っていたんですよね。考えてみれば、余裕で側面も撮れた筈なのですが、非常にタイトなスタンスの場所に4人も居たので、確実に後部を押さえることに集中してしまった結果、考えを失っておりました。こういうときこそ、大宮駅での駅撮りのようなケースの方がジックリ記録できましたね。

ところで、DJでは大宮車OM編成充当との情報だったのですが、実際には田町車H61編成が充当されています。ただ、この装飾を考えた場合、特急マーク付きの多い大宮車では難しくなってしまいますので、敢えて田町車に振り替えたのではないかと思われます。

結局のところ、キヤE193系との関係で与野駅をチョイスしてしまったことにより、中途半端な走行写真になってしまったことは勿体無かったですね。むしろ、いつもどおり西川口〜蕨間の方が順光でキレイに撮れた筈です。まあ、二兎を追って一兎分も確保できなかったと言う感じでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

キヤE193については明日にでもアップする予定です。
それにしても、H61編成の車体、もう少しキレイに出来なかったんでしょうかね(苦笑)。
2

2010/2/21  3:19

'10/02/20 朝練の成果 「能登」〜「あけぼの」  写真撮影
こんばんわ。

日が変わるころからうたた寝してしまい、アップが遅くなりました。

平成22年2月20日、中途半端に4時間ほど寝てしまったので2時半に起床。そのまま寝直すことが出来ず、また朝練へと出掛けてしまいました。

朝の5時半、相変わらず真っ暗ですが、朝から晴れの天気だったので、何となく空に青みがありました。でも、やはり高感度の設定できないデジイチモドキには厳しい時間です。

少し早めに出たつもりだったのですが、やはり「能登」は走りが良いので予想以上に速く大宮から駆け抜けてきます。露出はヘッドマークの明るさを想定してマニュアル設定。F値開放3.5に1/5秒に設定して待ちます。


クリックすると元のサイズで表示します
05:49 489系「能登」

やはり流し撮りは難しいですね。何と言ってもガードレールに登っての足場なので、落ちないように片手でフェンスに掴まり、カメラは片手だけの移動。しかも寒いから手もかじかんでいるし。周辺の明かりの軌跡が上下に歪んでいるので、水平にカメラが移動していないことが判ります。せめて1/30秒くらいのスピードがあると助かるんですけどね。


クリックすると元のサイズで表示します
06:02 185系 回送

古いライトのタイプが見えたので、何が来たかと思いきや、貨物線の185系でした。実はこの時間、貨物列車のラッシュがあり、空き放題に行き来しています。だけど、背後からの列車写真には向かない場所ですし、如何せんこの明るさですから、とても身軽に移動しながら撮れるわけでもありません。
取り敢えず練習のつもりで撮った185系。メチャクチャカッコ良く写っちゃいましたね。本日のベストショットはコレになっちゃいました。


クリックすると元のサイズで表示します
06:05 EF641000牽引「北陸」

「能登」の後、16分ほど後に上ってくる「北陸」。この15分の差は大きいほど空は明るくなってきます。しかし、状況は殆ど変わらず、ヘッドマークに明かりがない分、シャッター測度も1/8秒までしか上げられません。先週よりはまあまあ写りこんだものの、やはりキマッタ!と言えるような写真には仕上がりませんでした。

メチャクチャお腹が空いたので、駅近くのコンビニにパンと暖かいコーヒーを買出し、駐輪場でパクつきます。買い物の間、見る見るうちに空が明るくなってきます。「北陸」もあと15分遅ければかなり良い条件で撮れるんですけどね。今週末くらいだと、晴れていれば明るさが増してかなり状況が良くなりそうに思います。


クリックすると元のサイズで表示します
06:36 DE111032 単機回送

「あけぼの」の時間ではないのに、こちらへ古めかしいライト色が2列に並んで走ってきました。本線側は185系の回送と分かっていましたが、貨物線にはスジがない筈。ゆっくり近付いて来るシルエットはオレンジ色に姿を現し、ディーゼル機関車であることが判りました。しかも、滅多に本線上で撮ることが出来ないDE11型です。
185系と平行してきたので、本線側に向けてダブル流しを狙ったのですが、DE11があまりにも遅い速度だったので185系にあっさり抜かれてしまい、単独構図となってしまいました。でも、結構良く写りましたね。1/60秒でバッチリ流せました。


クリックすると元のサイズで表示します
06:42 EF5437牽引「あけぼの」

先週に続き、また茶ガマです。この時点でF4.0、1/125秒まで切れるようになりました。それでもブレますので、一応流しています。今度はバッチリ決まりましたが、流し過ぎてあわや電柱激突寸前。構図的に失敗作になってしまいました。

ここで朝練は終了。家に帰って朝食を摂り直します。
実は、「北陸」とほぼすれ違いで石油の専用貨物があるのですが、この列車が原色のEF641019だったんです。しかも、既に「北陸」のヘッドライトが見えているのにメチャクチャ遅いスピードで眼前を通過しているため、危うく撮れなくなるところでした。しかし、考えてみれば、蕨駅で動画を撮影していたとすると、ちょうど原色のEF641000番代同士がすれ違って写ったんですよね。これはスクープものでした。

その辺のカマの動きも踏まえて、第2部と団体篇を後程ということで。

1
タグ: 能登 北陸 あけぼの


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ