鉄道コム

2010/2/7  0:54

遠いすれ違いの記憶:釧網本線の混合列車  客車 列車・車両(ブルトレ以外)
こんばんわ。

先日、Fe4のシービーさんが根室本線の混合列車の記事をアップされていたんで、季節モノであることもあり、取って置きの画像をご紹介いたします。


昭和55年3月、初めて北海道に上陸。当時はまだ高校1年生。
稚内で足止めを喰った際に知り合った大学生たちと行動を共にし、網走経由で斜里へ流氷を見に行きました。この時は運良く流氷を見ることが私でき、満足して次へと移動、友人と私はその足で釧路へと抜けました。


私たちが乗ったのは急行「しれとこ」、キハ22の2両編成でした。運が悪いことに、2両編成で席に座れなかったのは私だけ・・・非常に屈辱的でした。

そして、どこの駅かで座れたんですかね。こんなシーンに出逢ったのです。


クリックすると元のサイズで表示します

どこの駅だったか全く覚えていません。急行であるこちら側が先に到着し、対向列車をまっていました。最初はただの客車列車だと思っていましたが、なんと、貨車を連結していたんですよね。そう、混合列車との初めての出逢いでした。
メチャクチャ動揺しましたね。こんな列車が走っているなんて、全く知らなかったもので。慌てて窓を開け(もちろん、外は氷点下!)撮影した写真です。

タブレット区間では、後に到着した列車が先に出て行きますので、急行列車を差し置いて、混合列車が先に出発して行きます。


クリックすると元のサイズで表示します

最後尾コトラ45000形かな?無蓋車。無蓋貨車の特徴で、テールランプの引っ掛けが1つしかないので、「目玉のおやじ」よろしく一つ目となります。たまらんですね〜。
安定したデザインを好む年頃でしたが、この違和感はサイコーの快感に変わりました。

当時はキャノンA−1を持っていったのですが、このカメラ、SPCの反応がやや遅く、半押しなしでシャッターを切ると露出オーバーになってしまうんですよね。しかもリバーサルだったので致命的な写り方になってしまったのですが、今のデジタルはスゴイですね。なんとか見られる写真になりました。

翌年の同時期にも釧網本線を2回訪れていますが、既に混合列車の運転は解消されてしまったようで、この写真が最初で最後の正規混合列車の写真となってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ