鉄道コム

2010/3/13  15:37

'10/03 ダイヤ改正後の話題  写真無しの情報など
こんにちわ。

ダイヤ改正当日を迎え、皆様、如何お過ごしでしょうか?

な〜んてねっ!

今日は寝不足を押して早朝から最終「能登」「北陸」の見送りに行ってまいりました。
以前ご紹介いたしましたときよりは明るさは出てきたものの、やはり未だ厳しかったです。なのでビデオのみにしたのですが、ガードレール上から三脚設置が出来なかったため、ほぼ撃沈状態でした。まあ、仕方ないですね。

ところで、「北陸」から「あけぼの」までの時間、近くに居たベテランテツの方から声を掛けていただき、時間も空いているので暫くお話に付き合っていただいたのですが、この方が大変親切なお方で、いろいろ情報を教えていただいちゃったんです。
なので、内緒話的にご紹介したいと思います。


@下り最終「北陸」使用14系の返還回送

本日、尾久センター所属の14系が返却回送されるとのこと。大宮駅が17:50頃らしいのですが、時間的にこの近辺では真っ暗でしょうね。
私はほぼ同じ時間に退職者の送別会に出席いたしますので、残念ながら撮影することはできません。


AEF64の転属回送

「北陸」の廃止に伴い、長岡区のEF64初期型は廃車になるものと思っておりましたが、どうも高崎区に戻されるらしいです。その後、既配置のカマに動きがあるのかは不明ですが、取り敢えずは上記回送でやってきたEF64と、本日「あけぼの」を牽引してきたEF6437(茶ガマ)の重連回送があるらしいです。
教えていただいた情報では、尾久を10:30くらいと言うことですので、良く訓練運転に使われる9101レのスジを大宮まで使用するのではないかと思われます。


BEF510−501は営業運転を待たずに廃車?

ショッキングでしたね。鳴り物入りで誕生したJR東日本初の新製電気機関車となったEF510−501。あまりにも機器類の出来が悪かったらしく、改修するのに新製価格に近いほどの費用が掛かってしまうらしいです。
そのため、営業運転に入ることもなく廃車され、事実上の欠番になる公算が強いとのことです。
甲種回送の撮影に成功してホッとしていたところですが、まさかこんな事態になるとは思いも因りませんでした。

いずれの情報も裏づけはありませんから、参考程度にご利用くださいませ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2010/3/13  1:14

惜別 寝台特急「北陸」:20系時代〜  ブルートレイン:機関車・客車
こんばんわ。

とうとうこの日を迎えてしまいましたね。ここ毎年、悲しい現実を受け止めなければいけない、切ない日が訪れます。

昨夜と言うか1時間ほど前、最後の下り「北陸」「能登」を近所で見送ってきました。先客が2名いて、驚きましたよ。絶対にまともな写真が撮れる明るさではないですからね。しかも、1人は堂々とストロボを焚いてやがりました。モラル、そんなものありませんね。これも現実です。

さて、昨日は急行「能登」を回顧しましたが、今日は寝台特急「北陸」の画像をまとめてご紹介したいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年 大宮駅にて EF5871牽引 上り「北陸」

「北陸」も朝早い列車なので、殆ど記録が残っていません。その中で、唯一EF58が牽引している写真がこれです。
当時はヘッドマークが付いていませんでしたから、専ら撮影は客車側ばかりとなっていましたね。そんなこともあり、かなりの枚数を撮影したEF58ですが、長岡区のEF58の写真は殆ど残っていません。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年 上野駅にて ナハネフ22

寝台特急としての「北陸」も、急行「能登」と同じ昭和50年3月の改正で誕生しています。ルーツを辿ると、特急「北陸」も急行「能登」も、急行「北陸」からの移行によるものです。
誕生当初から20系寝台客車を使用しており、私の趣味的には大変好感を持っていた列車で、駅撮りではありますが、ナハネフ22の写真は何回か撮っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
上野駅にて ナハネフ23

もーまんさんから画像提供を受けましたナハネフ23の「北陸」です。20系の廃車や急行転用によりナハネフ22が不足しだし、稀にナハネフ23が使用されることがあったようです。ちなみに、私は現物を見たことはありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年3月20日 上野駅にて

未だ中学生の頃なので、夜間外出は無理がありました。よって、上り列車では推進運転によりカニの顔を撮ることは難しかったんですよね。これは、友人たちと夜行「妙高」で旅行に出掛けるきっかけを得て、やっと捕らえることができた写真です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年5月 蕨〜西川口間にて

53・10改正からは「北星」ととも「北陸」も14系寝台へとグレードアップされました。ブルトレのトレインマークにイラストが採用になったのは1年遅れであったため、一時期、文字のテールマークを見ることが出来ました。
しかし、20系でなくなったことで、この「北陸」にも魅力を感じなくなってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成20年4月23日 金沢駅にて

この間、平成19年まで27年も「北陸」の写真を撮ったことがなかったんですね。
「北陸」も長岡〜金沢間はEF81の牽引となりますが、関東在住の身には縁のない組み合わせです。
この年、思い立って突如485系「雷鳥」の写真を撮りに行きました。往復とも「北陸」で夜を明かすという強行軍だったのですが、お陰でこのような写真も記録に残すことが出来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成20年5月18日 蕨駅付近にて

これも「能登」でご紹介したと同じく、浦和駅高架工事により貨物線経由で運転された時の貴重な写真。平成21年の暮れにも同様の運転がされましたが、世の中が最も暗い季節だったので、撮影は不可能でした。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年4月19日 蕨駅付近にて

朝もやの中を走る「北陸」。このくらいの季節でやっと撮れるようになります。今年ももちろん、この季節を待っていたわけですが、「廃止」という最悪の幕を引かれることになってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年7月4日 蕨〜西川口間にて

台風か何かの影響だったか忘れましたが、3時間半も遅れて上ってきた「北陸」。別の列車を構えていたので、後ろしか撮ることが出来なかったのですが、考えてみれば、イラストマークを1度も撮ったことがなかったようで、これが最初で最後の写真になってしまうとは、夢にも思っていませんでした。


ブルトレノ中でもかなり地味な部類の列車でしたが、まさかこの時代まで生き残る列車になるとは夢にも思っていませんでした。北陸地方という、東京から何の手段を使っても不便な交通体系が幸いしたと言えるのではないでしょうかね。
ただ、ここに来て何のきっかけもなかったのに廃止されるとは思いませんでした。せめて「北陸新幹線が開業してから」と殆どの人が思っていたのではないでしょうか?

上野〜北陸を結ぶ歴史上唯一のブルートレイン「北陸」。悲しいですが、もう二度と甦ることはないのでしょうね。

さようなら、そして、ありがとう・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ