鉄道コム

2010/5/9  1:17

EF510−501 訓練運転  国鉄・JR機関車(交流・交直両用型)
こんばんわ。

一昨日の夜辺りから、急速に体調が回復してきたように感じてきたのですが、大事をとって内科医に行ってきました。今日1日で何とか平常に戻したいところです。

さて、そんなんで、体調不良もあってせっかくのGWを棒に振ってしまい、何か気力が萎えてしまいました。結局はそれらしいネタも仕入れてませんし。
せっかく写真を撮ったのに消化しないのも何なんで、訓練運転の写真を載せておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
平成22年5月4日 蕨駅付近にて 9501レ


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年5月4日 蕨〜西川口間にて 9502レ

臨時特急「草津51号」を撮りに行った際、テツが1人居たんで、「ああ、また訓練運転が来るんだなぁ」と思っていたら、やはり数分後にやってきました。

EF510−501が牽引しており、他でも502号や503号機が東北本線北部で訓練運転を実施しています。両数も6両程度出来上がったようですので、ブルトレ運用だけ限定するとすれば、もう置き換えが行われてもおかしくありませんね。
ただ、予告されていた「カシオペア塗装」がまだ出来ていないのでどうだろうか?って感じです。

この状況を考えると、私の勘では夏休みくらいに置き換えるのかな?想像しています。501号機も「営業運転を待たずに廃車になる」なんて話を聞きましたが、このところの訓練運転の状況を見ても、このまま無事に生き残るだろうと安心しています。

しかし、どうもこの塗装だと「交直流機に見えないな」と思うのは私だけでしょうかね?

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
1

2010/5/8  1:12

飯田線 旧型国電 渡らずの橋を行くクモハユニ64  旧型国電
こんばんわ。

GW中くたばっていたので、ちょっとネタ切れです。というわけで、昭和の風景から!


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年4月17日 飯田線 向市場〜城西間にて ※大〜きくなります。

飯田線のロケーションでもチョー有名な橋梁です。
写真では分かりづらいと思いますが、川の向かって右側から左へ向かって進み、対岸に渡る前に折り返してしまい、また元の右側に戻ると言う奇妙な鉄橋です。

元々は向かって右側の山の中をトンネルで突き抜けていたのですが、激しい地殻変動でトンネルが動いてしまい、著しく危険な状態に(というか使い物にならない)なってしまったことから、鉄橋で川側に逃げたと言うからくりらしいです。元々が川沿いのため逃げられる場所が川の上しか無かったってことですね。

本来であれば、法定河川である以上、このような橋梁の架け方は許可が下りないのですが、国鉄が河川管理と同じ国の権限であったこと、公益を守るための緊急避難であることなどから、特別に許可が下りたのではないかと推測します。

飯田線へはかなりの回数を通っていますが、ここで撮影したのはこの列車1本だけでした。富山の撮影の帰途に寄り道したと記憶していますが、悲しいことに雨だし。雨の中を1人で撮影しているのは、列車本数も極端に少ないだけに、非常に寂しく、心細かったのを覚えています。川も濁って、とても良い雰囲気とは言えませんね。

ただ、ラッキーだったとすれば、この1発チャンスのときにクモハユニ64000という1形式1両の貴重な車両が通ってくれたということに終始するでしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
1

2010/5/7  5:56

東北本線「高久駅」にて  写真撮影
おはようございます。

久し振りの仕事で疲れました。風邪もさほど良くなっていません。このままだと、この土日もウダウダになってしまいそうです。

平成22年5月2日の撮影の続きですが、今日はチョイネタです。
貨物列車が壊滅状態で、ストレスが溜まったまま白坂を立ち去り、EH500探しで黒磯へ向かうことにしたのですが、その途中で高久駅の前を通り掛かったので、駅に入ってみることにしました。


クリックすると元のサイズで表示します

高久駅でも古いタイプの駅名板がそのまま残っていました。
列車は概ね1時間に1本程度。昔は長編成の雑客普通列車が停まりましたので、ホームも長いままになっています。かつて、黒磯駅では機関車交換や追い越し待ちで26分も停車し、やっとの想いで発車した後辿り着く最初の駅がこの高久駅でした。121列車の思い出です。


クリックすると元のサイズで表示します

色々な花が満開状態で、ローカルなムードに色を添えます。
茶色い客車から銀色の最新型へと車両が変わってしまいましたが、ローカルなホームの雰囲気は昔のままですね。

郡山方にはカーブがあり、貨物列車を期待して待ってみたのですが・・・やっぱり来ませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2010/5/6  0:55

平成22年GW 消防署巡り(その2:浦和消防署)  その他乗り物写真館
こんばんわ。

とうとう風邪が治らないまま連休が終ってしまいました。出勤がつらいな。

さて。意表を突いて消防車ネタです。

3年くらい前でしょうか、浦和方面での水泳記録会へ娘を送迎する際、国道17号に面した浦和消防署で旧型のはしご車を目撃いたしました。当時、仕事関係で東京消防庁の職員さんで知り合いがいましたので、東京での状況を聞いたことがあるんです。すると、前2軸の旧型はしご車は、つい最近(当時)を最後に無くなってしまったと。

その後、いつかは撮りに行こうと思っていたのですが、既に交代してしまったとの情報も入ったりして、そのまま放ったらかしになっていたんですね。
しかし、先般久し振りに同じ記録会の送迎で浦和消防署の前を通り掛かったところ、なんと、まだ居たんですよ。そりゃ嬉しくってね。そんなことで、あると分かった以上は後悔しないうちにと、浦和消防署を訪問したわけです。

ただ、怖いのはせっかく訪問しても、必ず居るとは限らないんですよね。訓練や巡回で出てしまうこともありますので。しかし、この日は運良く居てくれたんですよ。

※撮影は、平成22年4月29日、さいたま市消防局浦和消防署にて。

市役所と隣接しており、駐車場が空いていたので失敬。消防署に行くと、幸いにも入り口のところに受付の職員が座っておりました。最初は「何しに来た?」みたいな怖い雰囲気だったのですが、「消防車の写真を撮らせていただきたいんですが。」と言ってみたら、あっさりとOKしてくれました。


クリックすると元のサイズで表示します
救急車


クリックすると元のサイズで表示します
ポンプ車


クリックすると元のサイズで表示します
水槽付きポンプ車

「好きなものは後に取っておく」という、地味ないやらしさ丸出しのA型です。取り敢えずは喜びを押さえるため、他の車両の写真を撮って息を整えます。

そして本番、やっと逢えました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
45mはしご車

良いですねぇ、このレトロ感。やはり、はしご車って言ったらこのスタイルが良いんですよ。
車種が気になったので調べてみました。ホームページ等には載っていなかったのですが、日野自動車の「スーパードルフィン」という車種のようです。トラックコレクション第3弾ほど古くはありません。

日野「スーパードルフィン」は、1981年(昭和56年)発売開始とのことですが、このグリルのタイプは最終型である1990〜92年のモデルのようです。前の2軸以後のタイヤが小径となっている点で、トラックコレクションのTC型とは時代が違うことが分かります。

おそらく、この年代を最後に、前2軸タイプのはしご車は殆ど作られていないのではないかと思われます。(東京消防庁には、若干の例外があるようですが・・・。)
最終型だからこそ今まで残っていたとしても、生産打ち切りから少なくとも18年を経過していることになりますので、「良く残っているなぁ」と思うのも無理は無いでしょう。

地方に撮影に行った際、消防署の前を通ると気を付けてはしご車を見ていますが、今はみんな新型になっていますね。またどこかで逢えることを期待したいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
1

2010/5/5  4:33

何故?臨時特急「草津51・52号」ヘッドマークの怪  特急型電車(直流)
すごいおはようございます。
風邪が治りません。GWも今日でおしまい。これでは予定していた京葉線の撮影も無理そうです。せっかくの遠征では見事に裏切られ、とんだ5連休となってしまいました。

ところで、他所様のブログを拝見していてしくじったことを知りました。
運転開始から追い求めていた臨時特急「新宿あがつま草津」が、今シーズンから「草津51・52号」に変わってしまい、多彩なヘッドマークを見れなくなってしまうと言うことで今回は全く無視!していたわけですが・・・。

何故か専用のヘッドマークシールを貼っての運転となっている由。えらいこっちゃ!

と言うことで、昨日は体調が悪いながらも午前中の回送と51号だけ撮影してまいりました。
※撮影は、平成22年5月4日、蕨駅付近にて。


クリックすると元のサイズで表示します
回9692M 「草津51号」送込み回送

午前中は順光となるこの回送列車がメイン。しかも貨物線経由だから、いつものポジションでキレイに押さえることが出来るんですよね。
フムフム、なるほど、「新宿あがつま草津」のデザインには及ばないものの、確かにキレイにシールしてありますな。


クリックすると元のサイズで表示します
9003M 「草津51号」

ひぇ〜、置きピンした筈なのにピントが合ってない・・・orz


クリックすると元のサイズで表示します

柵がちょっと邪魔なんだけど、やはり順光となる後部を押さえておきました。ヘッドマーク摂取にはこっちの方が良いですね。


クリックすると元のサイズで表示します

「新宿あがつま草津」に比べると、随分とあっさりしたデザインですね。
でも、注目は「だるまる」が戻ってきたこと。

戻ってきたとはどういうことか?

それは、過去に「新宿あがつま草津」をまとめたPDF版

臨時特急「新宿あがつま草津」の軌跡 運転の概要

臨時特急「新宿あがつま草津」の軌跡 ヘッドマークの変遷

をご覧になってみてください。

この列車の運転記録をどう残すか・・・今後の運転形態が不明なだけに、非常に迷うところです。
しかし、何故にこのようにヘッドマークシールで対応しているのか?「新宿あがつま草津」の時だって、ただの定期と同じ「草津」のヘッドマークを掲げて走り、ガッカリさせられたのに・・・何故だ・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村
2

2010/5/4  18:07

JRおおみや「鉄道ふれあいフェア2010」開催!の告知  写真無しの情報など
いつネタ振りしようか、考えていて遅くなってしまったのですが・・・

平成22年5月22日(土)

毎年恒例のJRおおみや「鉄道ふれあいフェア2010」が開催されることになったそうです。

今回も例年に引き続きEF65535が展示されますので、また歴代ブルトレのヘッドマークが期待できるのではないかと思います。昨年は「日本海」のヘッドマークを撮り損ないましたので、今年も装着してもらえるのか、期待したいところです。

さらに・・・

ここ数年では初めてになるでしょうか、EF80が展示されるという告知です。
当然、EF80と言えば「ゆうづる」っきゃないですよね。
現役時代に撮り損なっていますし、尾久センターの展示ではEF80とのコラボはありえませんから、もうここで押さえるっきゃないですね。

いつも大体は腹を立てて帰ってくる撮影会ですが、今年は大人しくしましょ。
だから、怒らせんなよ!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
0

2010/5/4  1:33

東北本線 白坂〜豊原間にて:今昔の風景  写真撮影
こんばんわ。
昨日の続きで、豊原〜白坂の駅間で撮影した写真を、昔の写真と合わせてご紹介したいと思います。

※撮影は、特記を除き、平成22年5月2日、白坂〜豊原間にて。

駅間には「黒川」という河川があり、栃木県と福島県の県境になっています。
太古の昔は相当大きな水の道だったようで、平地(台地あるいは山間と言った方が良いのでしょうか?)とかなりの高低差があり、東北本線はかなり高いところを走っています。そんな訳で、県境を越える橋梁も高く長いものとなっており、それが有名撮影地として栄えた訳ですね。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

朝1番に撮影した列車は、719系8連にもなる長編成の普通列車でした。昔の普通列車は旧客10連とか12連が当たり前でしたから、それほど長いと言うイメージは私的には無いのですが、2両編成の普通列車があるくらいですから、今となっては最長の部類になります。
その後、この719系の運用を見ることは無かったので、東北本線の普通列車としては少数派なのかもしれません。


クリックすると元のサイズで表示します

この日初めて撮影できたEH500-4牽引の3053レ貨物列車。
この橋梁は複線化により増設されたものなので、上下線で全く構造が異なります。線路間の開いているので、崖上に登って線路間で撮影することも出来たのですが、道を探しに行ったら保線用の階段までの道が草木に埋もれてしまい、とても辿り着けるような状況ではありませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年1月4日 「やまびこ3号」

本当ならこんな感じで撮りたかったんですけどね。早朝は順光になるので、さぞや良い光線状態で撮ることが出来たのでしょう。上からもトライしようと近づいたのですが、線路伝い歩かないと行けないようです。今の時代は危険行為とみなされるので、ここは諦めました。


クリックすると元のサイズで表示します

その到達点を探していたら、帰り道で701系普通列車に当たりました。奥羽本線専用の電車くらいに思っていたのですが、455系撤退後はこちらの方まで勢力を伸ばしていたんですね。
この列車の前後にも貨物列車の設定があるのですが、一切来ることはありませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

いつも地元でしか撮影していない「北斗星」。交流区間で撮影するチャンスです。
「北斗星」の前走りでやってきた701系普通列車。なんと2両編成です。
どこを見てもサクラが満開です。この時点でも気温は3℃くらいでしょうか。サクラもいつ散ったら良いのか、考えてしまうでしょうね。


クリックすると元のサイズで表示します

そして「北斗星」は定時でやって来てくれました。しかもカシガマとは・・・嬉しいやら悲しいやら。光線は後ろ側からなので、残念ながら正面には陽が回っていません。
画像を拡大してもナンバーが分からなかったのですが、EF8192だったようです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年1月4日 上り急行「八甲田」

昔は徒歩で移動していたので、アングルを選ぶ暇も無く、こんな無様な構図の写真を撮っていました。今はクルマなので、行ったり来たり自由が利きますけどね。徒歩で駅間を撮影しながらこの地形を歩いていたなんて、今ではとても考えられません。


クリックすると元のサイズで表示します

トイレに寄った豊原駅で駅名板を。本当なら駅撮りで貨物列車を撮る予定でしたが、とにかく何にも来ないんですわ・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
あ、忘れてました。昨日5月3日に190000HITになりました。みなさん、ありがとうございます。
1

2010/5/3  20:05

黒磯駅でお休み中のEF66  国鉄・JR機関車(直流型)
こんばんわ。

今日は殆ど1日中寝ており、今年に入ってからは初めて1歩も外に出ませんでした。
でも、ノドの痛みはとれず、回復しているようには思えません。この分だと、GW中の京葉線撮影は断念せざる得ないかもしれません。

さて、話題が詰まってしまっているので、チョイネタです。
貨物列車が全く撮れず、仕方なく訪問した黒磯駅。外からの撮影も中からの撮影も難しい駅なんですね。でも、状況が良く分からないので、取り敢えず入場券を買って中に入りました。

すると、私的に普段は撮ることの出来ないEF66が居ました。
私の脳内では、EF66が東北本線を走っていること自体が信じられません。←昭和の人間。

※撮影は平成22年5月2日、黒磯駅にて。


クリックすると元のサイズで表示します
EF6623


クリックすると元のサイズで表示します
EF66115


クリックすると元のサイズで表示します
EF66132

直流機は駅東側に停まっているので、写真を撮るにも晴れていると全部逆光になってしまいます。外側には施設や民地が張り付いていて、撮るのが難しいんですね。
我が家の近所では見ることが出来ないEF66なので、取り敢えず撮っておいた次第。
しかし、キタネーなぁ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
0

2010/5/3  3:42

東北本線「白坂駅」:30年の変貌  写真撮影
こんばんわ。

完全に風邪を引いてしまったようで、ノドが痛いです。せっかく福島県の入り口まで遠征してきたのに、成果も無くて、ある意味アタマも痛いです。

でも、せっかくですから、撮ってきた写真をご紹介したいと思います。

夜中のサービスエリアは帰省&お遊び車でいっぱい!想像を絶する光景に立ち去るしか術がありませんでした。如何せん調子が悪いので、とにかく早く寝たかった。結局は白河インターで下りて、近くにあったコンビニの駐車場で仮眠を試みるも、トラックの爆音&振動攻撃にあって撃沈。1時間くらいしか寝られなかったようです。

朝5時、撮影のために移動を開始。何処を走っても満開のサクラが目立ちます。外気温はたったの2℃。コートを持っていって正解。ふくすま県をナメたらあかん。

白坂駅に近づいたとき、すばらしい光景に出逢い、思わずクルマを止めてしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します
撮影は特記以外平成22年5月2日。この写真だけ大きくします。

沼から煙が湧いている。「湖上の煙」=「Smoke on the water」。
年に1回くらいしか地方遠征をしなくなり、こんな光景に逢うのも久し振り。いや、このパターンは初めてかな。昇り始めた朝陽、満開のサクラ、そして水上を這う煙。早起きして得した・・・と思ったのはこのときだけ。


で、直ぐに白坂駅に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

なんか、随分と様子が変わりましたね。余計なものが無くなって、だだっ広く駐車場の広がる駅前。無人駅になっていて、ストーブとかももちろんありません。
残念ながら、駅舎の写真を撮る習慣がなかったので、昔のはありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年1月4日

昔は木造だったんですね。まあ、一般的な、昔の駅という感じだったと思います。この立ち位置は、ちょうど駅の待合室になっている辺りではないかと思われます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年1月4日

現在は跨線橋により2番線(下りホーム)へ渡るようになっていますが、昔は線路を横切ってホームに行きました。無人駅である以上、安全策としては当たり前ですね。


クリックすると元のサイズで表示します

下りホームで現在の2番線となっていますが、昔は島式2線のホームであり、ここが上下線の乗り場でした。現在は昔の通過本線に新たなホームが架設されており、旧1番線は柵で塞がれ、線路も撤去されてしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します

白坂駅を発車する上り列車。東北線の電車では最新型で、小径車輪を使用した低床構造が特徴。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年1月4日

ED75牽引の普通列車が1番線に停車している間、上り本線を特急「ひばり」が颯爽と駆け抜けて行きます。白坂駅では1日中見られた光景でした。
もちろん、通過本線にはホームなどありませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

2番線から黒磯方面を望んだ場面。昔は、2番線の外側に通過本線、さらに外側に貨物列車用の待避線があり、下りは3線対応となっていました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年か56年頃

ホームの位置自体は変わっていませんから、強引に下り本線を繋ぎ直したようですね。現在の線形はやはり微妙に不自然な直線&カーブですが、昔はこうなっていたんです。


クリックすると元のサイズで表示します

下り本線の黒磯寄りカーブです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年1月5日

ED7580の牽く旧客編成が白坂駅に入ってきます。この辺りは全く変わっていませんが、大きく分かれる上下線の間は背の高い雑草パラダイスと化し、このようにスッキリ撮ることは出来なくなってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します

最後に、駅前の風景です。あまり利用する人も居ないのでしょうかね。バスの本数も少ないです。

黒磯〜郡山間では普通列車が退避できる駅が限られており、ある意味追い越しの要所でもあった白坂駅ですが、今では昼間の特急も壊滅となり、一定の役割を終えたということでしょうね。ホームに掛かる本線以外は全て線路が撤去されてしまった白坂駅。その昔、必ず長時間停車させられた記憶が再び甦りました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
4

2010/5/2  16:40

今日は本気でグチります。  写真撮影
サイテーです。アタマに来ます。そりゃ無いんじゃないのって・・・。

昨夜、23時少し前、自宅を発ちました。
またノドをやられている。調子悪いけど、なかなか遠出する機会がないので、ここでやめるわけにも行かない。寝不足&体調不良。

夜中なのに、高速道路は凄まじい台数の波。でも、渋滞まではしなかったので助かった。

目的地に直近の「那須高原SA」に寄る。ここで仮眠を取ってから活動開始!
がっ!
なんだこの台数は?違法にエリア外に止めなきゃいけない程のクルマが溢れかえっちょる!こんなんではとても仮眠など取れない。この先のPAだと行き過ぎ・・・仕方なく「白河インター」で下車。手近なセブンイレブンの駐車場で・・・これが失敗。

国道4号線沿いなので、通るクルマがうるさいこと。とても寝付けない。結局1時間程度の睡眠しか取れずに活動開始・・・。

朝の6時前後に下りのラッシュを迎える東北貨物。定時になってもなかなか来ないと思ったら、良く見ると土休ウヤが意外と多かった。まあ、1本は撮れたんだけど。その後が参りました。

なんっにも来ません。臨時や土休ウヤのスジはもちろんのこと、定期スジも全く来ません。結局、午前中に来たのは早朝の下り1本のみ。
痺れを切らせて、撮影開始から5時間。黒磯駅に様子を見に行きました。レア機でもいるんじゃないかと・・・

居ねぇ〜〜〜!

EH500は6台のみ。しかも、パンタを上げて準備しているカマが1台も居ない。もちろん、直流機においても運転する気など全く無い!

そして最後は13時過ぎ。定期の3054レでやっと2本目のゲト。
5時半から13時過ぎまで7時間半も粘って、撮れたのはたった2本だけ。いつもの近場での撮影枚数よりも少ない・・・サイテーだ・・・。

黒磯付近はワンセグも写らないのでテレビも見れない。
ラジオでは上りも夕方から渋滞予報。

15時代に3本ほどのスジもあるが、もう諦めた。寝不足に渋滞では危険過ぎるので、さっさと帰って来ますた。

はぁ、疲れた・・・。昨日今日と、5日のうち2日間も無駄な時間を過ごしてしまった・・・勿体無い・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログへ チ〜〜〜ン!
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ