鉄道コム

2010/6/20  19:22

カシガマ3兄弟最後の活躍?  ブルートレイン:機関車・客車
こんばんわ。

今日は昼間色々と用事もあったのですが、「北斗星」と「カシオペア」の写真だけは撮って参りました。事前の情報を調べていなかったのですが、今日の上り「北斗星」はまたもやカシガマで、何か、無理に合わせているなって感じがしますね。

※撮影は平成22年6月20日です。


クリックすると元のサイズで表示します

まずは上り「カシオペア」。79号機でした。カシガマもこれで最後かもしれない。この時点ではそう思ってました。


クリックすると元のサイズで表示します

そして続行する「北斗星」。こちらも79号機のカシガマ。これで何週続いての揃い踏みでしょうか?


クリックすると元のサイズで表示します

そして夕方の下り「カシオペア」。EF510が来るかとドキドキしていましたが、来たのはあからさまにカシガマであることが遠くからでも判りました。こちらは機関車の差し替えで99号機が牽引です。

DJには25日(金)発の下りからEF510を投入予定と記されていましたので、このセンが濃厚になりましたね。夕方一緒にいた人によると、やはり当初予定がズレたようです。
来週の今日はもう見られません。平日はまだ2回のチャンスがありますが、上下とも仕事時間中ですから、私的には今日が最後と言うことになりました。

1本でも多く撮れたからヨシとしましょう。
ところで、明日はEF510−508号機が輸送される予定。果たしてカシ塗装なのでしょうか?そして、直ぐに運用に入るのでしょうか?新車はあまり興味がありませんが、導入当初の動きは気になります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
2

2010/6/20  1:38

EF81牽引「カシオペア」:]デー  写真無しの情報など
こんばんわ。

この間、撮影の際に聞いた情報によると、今日の上り「カシオペア」がEF81牽引の最後になるらしい・・・。

夕方発の下り列車はEF510の青ガマ牽引ということだ。
いやしくも、21日がEF510ニューカシガマの甲種回送と言うことで、]デーには間に合わない。もちろん、試運転があるから、何往復かはこのまま青ガマが充当されると言うこと。ただ、遅くとも夏休みからはニューカシガマが牽引することになるだろう。

天気の冴えない日々。上りのEF81が貴重となるか、下りの青ガマニューフェイスが貴重となるか・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

もう、夕方を走るEF81「カシオペア」は撮れないかもしれない。

果たして、今日がその]デーとなるのかどうか。あくまでも聞き伝ての情報なので、本当か嘘かはわからない。責任は取らん!
時間が許せば上下列車とも狙ってみる予定。報告は後ほど。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村
0

2010/6/20  0:33

私的名曲選 Vol41 『元気?』 by 太田裕美  音楽
こんばんわ。

今日は「マル鉄コレクション館」で「私的名曲選 Vol41『元気?』by太田裕美」をご紹介しているのですが、埋め込みを出来ない設定のYouTubeからのご紹介なのでこちらに貼り付けています。

興味があったら聴いてみてください。多分、知らない人が多いと思いますが、良い曲ですよ!




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
0

2010/6/19  0:46

西武鉄道 の電車たち:清瀬にて  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

最近の外回り営業で内勤が進まず、久し振りに遅い時間まで残業して来ました。ヘトヘトでござんす。それでも未だ終わらないって言うんだから、ホント、参っちゃいますよ。

さて、西武鉄道の続きです。人気が無いのはわかってます。でも、いいです。

※平成22年6月16日撮影。清瀬駅近辺にて。


クリックすると元のサイズで表示します

最初の写真は、昨日アップいたしましたレッドアローと同じ場所。やはりロープが鬱陶しいですね。白顔もなんだかキミョーに見えるのは私だけでしょうか?


クリックすると元のサイズで表示します

こちらはお昼休みの写真。やはり6000系で、結構頻繁に来ます。何だかブレているみたい。


クリックすると元のサイズで表示します

あまり好きじゃないけど2000系。正面にナンバーが付いていないので、編成番号が判らないんですよね。でも、先頭車のダブルパンタは好きです。
そう言えば、2000系もLEDと字幕車がいるのね。知らなかった。


クリックすると元のサイズで表示します

ニコニコ電車と言っただけでクレームが入ると言うウワサの電車。デザインはキレイですが、漫画「彼岸島」の「邪鬼(オニ)」に似た感じのデザインがどうもダメ。
まあ、印象は西武らしくない爽やかさがあって良いですね。これからこの車両がどんどん増えるんでしょうね。


クリックすると元のサイズで表示します

あまりにも暑いんで、時間を潰すことが苦痛となり、清瀬駅にもどりがてら撮りました。9000系電車で、池袋線では多く見ますね。ヘッドマークシールが付いているのですが、9000系全編成に付いているみたいなので、有り難味がありません。ここのカーブは全編成が入らないのですが、カッコ良く撮れます。歩道橋が鬱陶しいですが、レッドアローならちょうど編成が全部入りそうです。

暑いのは参りましたが、雨が降らなかっただけでも良しとしましょうか。
この後、堪らず駅前西友の飲料水売り場と冷凍食品売り場をうろつきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2010/6/18  7:12

西武鉄道 ニューレッドアロー「ちちぶ」:清瀬にて  列車・車輌カタログ(私鉄)
おはようございます。

昨日はかなり早く帰宅したのですが、あまりの暑さのために参ってしまいました。この季節の暑さは外回りに堪えます。

さて、一昨日の外回りは清瀬でした。もちろん、利用路線は西武鉄道です。池袋線は昔から何かと縁はあったのですが、撮影となると殆どというか、全くの皆無といえるくらい。でも、今年は縁あって2回目の撮影となりました。

今日は清瀬駅付近で撮影した写真のうち、10000系ニューレッドアローだけチョイスしてみました。あまり良い構図では撮れませんでしたが・・・。

※撮影は、平成22年6月16日です。


クリックすると元のサイズで表示します

現地に早く着き過ぎたので、少しブラブラしていました。
清瀬駅の秋津寄りです。引上げ線があって編成が見渡せる構図です。しかし、目が悪いので気が付かなかったのですが、引上げ線と本線の間に保安用のロープが貼ってありました。乗務員乗降用の台も、こうして写真を見ると非常に邪魔ですね。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらはお昼休みに撮影したものです。沿線には家が張り付いていて、撮影場所に向かうにも遠回りを余儀なくされてしまい、猛暑の中での長時間移動を強いられてキツいです。
場所によってはこのような畑の風景もあり、長閑ですが日陰が無いので待ち時間も苦痛ですね。先頭向きはロケーションが悪いので、後追いで撮ってみました。ちょうど雲で陽が蔭ってしまい、冴えない写真になってしまいましたね。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

また遠回りで清瀬駅寄りに戻ってみました。急カーブがあって良い場所なのですが、上り列車に対してだけですね。下り列車を撮ろうとすると、お宅から伸びている木の枝に阻まれます。この木さえなければスッキリ正面がちから撮れるので、残念な場所です。下り列車の後追いはダメダメですね。

他の列車ももちろん撮っていますので、追ってアップいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村
0

2010/6/17  20:11

平成22年6月(前半)拍手コメントのご紹介  
こんばんわ。

ちょっとタイミングを外してしまいましたが、今月も沢山の拍手コメントをいただきましたので、またいつものようにご紹介させていただきます。


2010/6/4 0:02 室蘭本線の普通列車(キハ40+キハ22)

そのときは何気ないありふれた光景でも時間が経つと、ああなつかしいなあ、と思えるのですね。でもこのタラコ色、登場時には非難の嵐だった気がするのは私の思い違いでしょうか?

タラコ色は昭和52年頃から登場したでしょうかね。塗装合理化でグリーン帯が無くなった頃で、「なんてことしやがる!」くらいに思ってました。地元がこの気動車には円の無い場所ですが、キハ55系の急行色がタラコになったとき、全ての撮影をパスしてしまいました。今考えると、貴重な車両たちを記録に残すことが出来ず、大変後悔しています。


2010/6/5 0:27 平成22年5月分:EF651000番代貨物列車

いつも楽しく拝見しています。1000番台の原色はいいですね。1000番台が去ったらどのナンバーが保存されるのでしょう。その時はクリームと青色の国鉄原色の機関車がいなくなると思うので寂しいだろうと思いました。これからも情報発信お願いします。

PFもまだまだ数的にはあるようですが、やはり貨物色はどうも好きになれません。でも、最近は白プレートとかが来ると喜んで撮っています。人間も変わるもんですね(笑)。


2010/6/5 22:32 485系「ホームライナー鴻巣3号」

今年もそろそろ走行写真を、と思っていました。しかし芸のないヘッドマークですね。能登はちゃんと作ったのだから、少しくらい手を掛ければいいのに・・・。

一番夏至に近い季節ですが、明日からずっと雨なので、走行写真は難しくなってしまいそうです。こうした趣きのない愛称だからこそ、積極的にイラスト化すれば良いのに・・・私も賛成です。


2010/6/8 10:41 昭和60年 EF8150+ホキ2200+タム9600

kokifu50000です。いつも楽しんで拝見しています。10時の一休みにチェックしましたところ、大変懐かしい貨車を拝見しまして、コメントさせていただきます。あのタム9600を何度か見かけました当時は私が中学生で、その中学校も荒川橋梁すぐ手前の西浦和寄りにありまして、休み時間や体育の授業中でも貨物列車が通過すると眺めていました。当時私は、数百メール離れた中学校からタム9600を見たので、星のような社紋しか分からず、東京瓦斯のプレートが見えませんでしたので、あの星印とタンク形状から自衛隊のミサイルか特殊な武器かと本当に思っていました(笑)。その後、十数年後に私有貨車図鑑を購入して東京ガスのLNGタンクということが判明しましたが、すでに廃車されて実物を見ることができませんでした。ビックリするのは、うさぴょんさんが大宮操車場でタム9600に添乗されたことです。きっと私が眺めていた貨物列車の多くに携われたのですね。今でもホキで記憶にあるのは、ホキ2200に加えて、ホキ8300、ホキ9800、タキ24700も確かに覚えています。また懐かしい画像をお願いします。

正確な記憶ではありませんが、タム9600は定期的に来ていたように思います。たまたま見たというより、しょっちゅう見てましたからね。
ホキ9800も記憶にありますね。キリンビールのマークが付いていました。確か、台車がホキ2200と違っていたように記憶しています。ホキ8300というのは模型化はされていますが、あまり印象に残っていません。



2010/6/9 23:20 タム9600の思い出に補足

タム9600で2度目のコメントです。この貨車を掲載された時は驚きました。ちょうど16番でタム9600のキットを注文した日だったからです。私もいろいろ情報を集めていましたら、「吉岡心平 の 貨車ホームページ」サイトでは、やはり2タイプ(初期がシャッターで後期が観音開き)が紹介されていました。さらに良く見てみますと初期型ではタンク中央に側ブレーキ、後期型では連結器近くにクルクル手で回すブレーキになっています。大宮操車場で添乗されたときにどちらのブレーキを使われたのかでどちらの型式なのか判明するかと思いました。私にとって大変タイムリーで思い出深いネタで、感動しました。これからもよろしくお願いします。

私も同氏のHPを見て、そう言えば乗ったことがあったかな?みたいな気がしてきました。ただ、添乗ブレーキなので、特徴のある観音開きのある給排装置部分を見ることが出来ないんですね。それで印象が薄いのかもしれません。
それにしても良いタイミングでしたね。何かしら情報があった方が、作るときも想像が膨らんで楽しくなるのではないでしょうか?



2010/6/11 2:19 貨車の手ブレーキ装置(側ブレーキ)

今回も興味深い記事を有難うございました。貨車好きな私にとってうれしい限りです。クルクル回す手ブレーキは、足で踏む側ブレーキよりも操作、手加減が難しいような想像がありますが、実際はいかがだったのでしょうか?ハンプ突放で、複数の貨車が連結される場合に、二軸貨車とボギー貨車ではそれぞれ連結する貨車の数に制限があるのでしょうか?その場合には、添乗される方も複数となるのでしょうか?質問ばかりで済みません。

本線列車は制限速度を守ったり、時間を調整したりという微調整の制動を行いますが、入換の場合は流しながら連結するときくらいしかこうしたテクニックは使用しません。ですので、基本的にはブレーキを掛けないか、100%の力で掛けるかの2通りしかありません。あとは、貨車の性能や積荷によって、100%で掛けたときの減速度が違いますので、これは体で覚えた勘になるでしょうね。たまには止まれなくて強く激突してしまったり、流したかったのに思ったよりブレーキが利き過ぎて止まってしまったりというのは良くあります。
入換両数というのは、基本的には制限はありません。長いのもあれば2軸・ボギーの混在も入換の効率のみです。ただ、重たい車両を制動したいのに空車のブレーキで制動を掛けても全く利かずに引きずられていってスピードが落ちませんから、色々な車両が繋がっているときは、事前に配布される分解表を参考に、目の前を通り過ぎる貨車の車票を瞬時に見分けながら添乗位置を判断して乗り込みます。
1日に1度だけ、身入りの明星セメントタキ1900が6〜8両で来るのですが、これだけはカーリターダーが利き切らないので、助役が山の上から1両のブレーキを利かせっ放しで下りて来て、2人でブレーキ扱いをして対応していました。



2010/6/12 20:27 タム9600の思い出に補足

実際に扱った、つばささんならではの解説に拍手です。

ありがとうございます。このブログを見ている殆どの方は貨車に乗ったことが無いと思いますので、リアルに伝わるかどうかは別としても、イメージを膨らませることが出来ればいいな、と思います。


2010/6/16 20:53 貨車の手ブレーキ装置(側ブレーキ)

2拍手目のコメントで済みません。足で踏んでブレーキ(側ブレーキ)する映像がありました。前にも拍手コメントで紹介しました大宮操車場のハンプ廃止の1年前の映像です。良く見ると黄色のヘルメットに名前がタケワキ、竹脇と漢字とカタカナで書いてありました。同僚の方かと思います。その方は、ハンプ突放されたトラに乗り込んでブレーキをかける場面がありました。続いてブレーキ解除する場面も見ることができました。突放された貨車に乗り込みのは大変危険な仕事なのが分かります。今後も楽しく拝見させていただきます。

竹脇さんですか?名前まで見えるほど大きく写っているんですね。この方は面白い良い先輩でした。後輩の面倒見も良かったので、後輩からは人気がありましたね。私も良く遊んでもらいました。
私も同じようなことを約2年間やっていました。ハンプ入換が無くならなければ、もう数年は居たかもしれなかったですね。時間が出来たら、先輩たちが乗っているシーンもアップするかもしれません。ただ、みんなカメラ目線でおちゃらけて写っているので、公共の面前に晒していいのかどうか、疑問ですけど。


みなさん、ありがとうございました。
なお、質問形式の内容については、拍手コメントですとご返事が大変遅くなってしまいます。急いでいなければ構わないのですが、もし返答を早くお聞きになりたい場合には、通常のコメント欄を合わせてご利用くださいませ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
0

2010/6/17  1:11

昭和55年:山崎のカーブにて  マル鉄アーカイブズ
こんばんわ。

しかし、暑かったですね。しかも、外回りの帰り道、チョット時間があったので脇道に入ったら、河川に阻まれて行き先を失い、1時間も彷徨ってしまいました。帰ってきてから地図で確認したら、やはり4km強の距離を歩いてしまったようです。本当に昨日は疲れました。

で、本当は昨日撮ったねたをアップしようと思ったのですが、Fe4のlineさんが『傘を差しての雨の山崎カーブ』と題した記事をアップされて、これを見て非常に懐かしさがこみ上げてしまったので、むか〜し撮った写真をアップしてみようと思いました。

撮った場所は山崎駅の京都寄りのカーブです。当時の神足(現:長岡京)〜山崎間になります。昭和55年8月撮影のものです。当時、未だ高校生でした。


クリックすると元のサイズで表示します
475系 急行「立山」

当時は北陸急行も健在で、ヘッドマークを掲げて走っているのは、房総急行や四国の気動車急行と並んで魅力的でしたね。朝方で暗く、ややブレてしまっているのが勿体無かったです。


クリックすると元のサイズで表示します
EH106牽引 上り貨物列車

当時の撮影の目的は、このEH10もメインになっていました。もう廃車が出始まっていた頃でしょうか。終焉を迎えている時期でしたね。
末期はPS22Bクロスパンタを搭載した車両も居ました。チップ輸送のトラ90000も、大宮操車場で働いている頃には良く添乗しました。


クリックすると元のサイズで表示します
153系 下り急行「比叡」

東海道・山陽新幹線が開業し、一部の夜行列車以外は殆どが廃止されてしまった急行列車でしたが、「東海」とこの「比叡」だけは長らく存在していました。1往復のみの存在でしたが、良く頑張っていたものです。東海道の153系も最終期を迎える頃で、ちょうど「新快速」撤退後の専用塗装車両が大垣区に配置となり、普通列車やこの急行「比叡」にも連結されていました。


クリックすると元のサイズで表示します
485系 特急「白鳥」

関西口では唯一の東日本車両で運用されていた特急「白鳥」。1000kmを超える距離を同日内に走破しており、電車特急としては最長距離ランナーでした。上り列車を朝方に撮っている筈なので、下り「白鳥」の送り込み回送ではないでしょうかね。


クリックすると元のサイズで表示します
EF58113牽引 荷物列車

こちらは4枚と逆向きを見た方向になります。
EF58113の牽く荷物列車で、午前中の撮影で唯一撮ることが出来た荷物列車です。原形小窓にワイパーカバーの付いた、米原機関区オリジナルのスタイルが美しいですね。引き過ぎてパンタグラフが切れてしまった失敗作です。


クリックすると元のサイズで表示します
583系 特急「雷鳥」

53・10改正で誕生した583系運用の「雷鳥」。九州夜行の廃止による余剰車を活用し、昼間専用として使用された583系としては珍しい運用でした。それほど夜行列車が激減したということなんですね。485系のみで構成された北陸特急にあって、変化をもたらしてくれた存在であったと思います。

まだまだ望遠レンズも使い始めの頃で、あまり良い写真も撮れませんでしたが、その後殆ど関西を訪れる機会も無くなり、たった一時代だけの記録となってしまいました。当時走っていた車両で今でもそのまま残っているのは、485系の「雷鳥」くらいになってしまったかもしれません。さすがに30年の間に車両の歴史は変わってしまいましたが、lineさんの写真を見る限り、この辺りの路線風景は昔とあまり変わっていないように思います。


にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村
1

2010/6/16  7:02

建築限界測定車「オヤ3111」:品川駅にて  客車 列車・車両(ブルトレ以外)
おはようございます。
昨日は早起きし過ぎて、遅くまで持たなかったみたいです。

今日もネタ探しに困ったのですが、過去写真からこんなのを探し出しました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年頃 品川駅にて 建築限界測定車 オヤ3111S62.2.10 

過去ログ『除雪機関車 DE156』でもご紹介したことがありましたが、品川駅に撮影に行った際、偶然にも車両展示会が開かれており、その際に撮影したものです。この頃くらいから基地を開放したりといったイベントがチラホラと見られるようになった気がします。


クリックすると元のサイズで表示します
あまりにも画像が見づらかったので、クローズアップしてコントラストを注入してみました・・・どうかな・・・。

オヤ31は建築限界を測定する試験車で、構造は大変機械的です。現在は非接触方式のセンサーなど、テクノロジーが発達していますので、イメージとしてはもはや古典的に分類される車両と言えるでしょう。

このオヤ3111は、もちろん品川客車区の所属です。イベントに引っ張り出されてきたわけですね。せっかくの貴重な機会だった訳ですが、自分で現像したネガフィルムが焼きつき過ぎて、非常に粗い画像になってしまったのが残念です。
同車は、分割民営化直前の昭和62年2月10日付で廃車となり、JRには引き継がれることはありませんでした。

オヤ31については、過去ログ『建築限界測定車 オヤ3132』『佐久間レールパークへ:展示車両』でもご紹介しておりますので、お時間があったらご覧ください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村
0

2010/6/15  6:57

悲運な機関車:ED751003  国鉄・JR機関車(交流・交直両用型)
おはようございます。

さわやかな朝です・・・てか、昨夜23時くらいに寝てしまったらしく、5時前に起きてしまいました。更新していないこともすっかり忘れてた・・・。

で、急にアップできるネタが無かったので、過去スキャンの写真を眺めていたら、1枚の写真が目に止まりました。これは一体・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年頃 東北本線 白河駅にて ED751003

写真は大きくなるようにしました。
おそらく、母親の実家に行く際、121レに乗って行ったときのもの。郡山方に2両の白河駅回転車があり、10分間の停車中にこの2両を切り離します。2両を側線に落として、再び戻ってきたところですね。

昔のシーンとしては何てことの無いものですが、何が目に止まったかと申しますと・・・
開放テコと連結器が銀色に塗られているんですね。で、ググって見たのですが、どうも情報がありません。
通常、このような装飾はお召し列車でも牽引しない限り施されることはありません。特に、国鉄末期の頃からはイベント用にこのような塗装をすることはありましたが、まだまだお堅い時代の昭和53年頃では、シャレでこのようなことはしないでしょう。

情報として手に入ったのは、同機が事故により昭和58年11月10日付けで廃車になってしまったとのこと。20系寝台特急や10000系貨車を高速で牽引するために鳴り物入りで登場した1000番台ですが、JR化を待たずに廃車されてしまったカマもあったんですね。

何気にスルーしてしまいそうな1枚の写真でしたが、気が付いて良かった・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村
2

2010/6/14  22:07

平成22年夏臨:「草津51・52号」設定復活!  写真無しの情報など
こんばんわ。

今日は早出しのDJを手に入れてきました。

その中で目が引いたのは今年のGWにヘッドマークシール付きで運転され、チョットだけ話題になった新宿発着の臨時特急「草津51・52号」です。

先般発表されましたJR東日本の夏臨情報では一切触れられていなかったようなのですが、今回のDJを見ましたら、夏休み期間中毎週運転となっていたので、大変驚いた次第です。

ただ、気になるのは過去の「新宿あがつま草津」の運転事例。
数日間連続運転されるときはヘッドマークシールを掲げていましたが、長期間運転で1週間に上下1本ずつのパターンのときは、ヘッドマークシールを取り付けていないことです。今回も、この「取り付けなかった」パターンでの運転なんですね。

そこでまたしかしなんですが、今回は期間中上り列車のうち3日間のみ、183系OM車が運用に入ることになっています。この場合、ヘッドマークシールを取り付けたシーズンと、やめてしまったシーズンが存在しますので、果たしてどう出るか?といったところです。


クリックすると元のサイズで表示します

元々「草津」のヘッドマークが用意されているにも拘わらず、なぜシール式のヘッドマークが?


クリックすると元のサイズで表示します

「新宿あがつま草津」以来の183系専用ヘッドマークは復活するでしょうか?

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ