鉄道コム

2010/8/6  0:57

初四国(その10):初岡山で初100系「こだま」撮影  特急型電車(交直流・交流)
こんばんわ。

今週は、5日間のうち4日間が外回りという厳しい日程。中1日しかデスクワークができなかったので、昨日は直帰せずに残業をしてきました。帰ってきたら24時ちょっと前でしたので、ポチ回りするのが精一杯・・・コメ入れも出来ずにすみませんです。


今日は番外編的に新幹線ネタです。

かなり昔から山口線や小野田線、広島・宮島、可部線や瀬野八など、山陽区間へは良く行ったことがあり、北陸方面なんかよりも余程回数的には訪れているのですが、大阪〜広島間はいずれもスルーしており、一度も着地したことがありませんでした。つまり、岡山へ行ったのも初めてなのです。
しかも、関東人にあるまじき、高松→岡山→高松という、国鉄のワイド周遊券テツからは想像を絶するようなルートを辿っています。時代が変わりました。

で、
今回、岡山を訪れたのは、四国特急でも岡山口しか走らない「しおかぜ」「南風」を撮ること、ついでに山陰特急「やくも」やゲテモノ115系などが撮れればという目論見。そして、タイムリーなネタとしては、来年引退となる100系「こだま」にリバイバル色が出現したことから、これも逢えればという淡い期待をもっての行程でした。

※撮影は、平成22年7月25日、岡山駅にて。


クリックすると元のサイズで表示します

ホームに上がると、既に100系が既に停まっていました。残念ながらリバイバル色ではありませんでした。
100系は私が山口線とかに行かなくなってから誕生した車両のため、全然乗ったことがなかったんですよね。それこそ、100系の東海道からの引退間くらいの時、既に娘が生まれていましたが、初めて東京〜熱海間を乗車しただけで、これが最初で最後となっています。もちろん、写真なんて1枚も撮ったことがないんです。

つまり、この写真が100系新幹線のファーストショットなのです。
しかし、こうしてN700系と並べてみると、車体断面の違いが一目瞭然ですね。デカイデカイ。


クリックすると元のサイズで表示します

久し振りというか、変わり果てた塗装になってからは初めて逢った100系でしたが、感慨に浸る間もなく、西へと発車して行ってしましました。
これが最後のショットとなってしまうかと思うと寂しい限りです。

反対側の一番奥のホームにも4両編成の100系が到着したのですが、初めての岡山駅で列車の動きの勝手が全く分からず、結局は撮り逃してしまいました。

モノクロームな風景を演出した100系、束の間の出逢いと別れでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村
蕨は機まつりです。
0
タグ: 岡山駅 100系 こだま


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ