鉄道コム

2010/11/30  22:06

平成22年11月分 拍手コメントのご紹介。  
こんばんわ。

11月もとうとう終わり、明日からは12月。
今年は少し早めに年末の準備をしようとも思っていたのですが、結局は例年通りとなってしまいました。
今年の年末もかなり忙しくなってしまいそうです。(泣)

さて、11月も今日で終わりですので、拍手コメントをご紹介いたします。


2010/11/5 0:43 旧型国電 両毛線 70系 30年の時を経て

最近よくお邪魔して、東北線関連でコメントさせていただいております。
この写真を見て、思い出しました。
向こうに見える木造屋根のホームは小山駅の貨物ホームだと思います。
両毛線ホームは東北線・水戸線ホームよりもずっと北側にあります。写真に見えるずらりと並んだ線路は、東北線・水戸線のホームに入ります。3面6線プラス待避線数本で、こんな感じです。
今後はもんさという名前で投稿します。よろしくお願いします。

もんさ様。
2日後にコメントがありますので、そちらで。



2010/11/5 22:15 惜別 185系特急「ホームタウンとちぎ」

確かにホームタウンは撮りづらい時間帯ですね。おはようとちぎのおこちゃまのお絵かきみたいなHMより絵柄がいい感じ。ぜひ撮っておきたいですが時間が・・・。

夏場なら何とか撮影できた列車だったのですが、あまり興味も無かったし、忘れていましたね。
なかなか良いデザインですよね。走行写真を撮っておきたかったです。今さら遅いですが・・・。



2010/11/7 0:21 旧型国電 両毛線 70系 30年の時を経て

もんさです。
たびたびで恐縮です。訂正です。気になっていろいろ調べましたが、貨物ホームではないかもしれません。参照したのは次のURLです。
http://blogs.yahoo.co.jp/tsubasa181_1/folder/1284235.html?m=lc&p=2

もんさ様
情報ありがとうございます。
小山駅では両毛線ホームから水戸線ホームがかなり離れており、その間に貨物ヤードもあったと記憶しています。
古い日付のブログは拡大写真がカットされてしまっているので見難いのですが、原版を見ましたら、ホームに待ち客が沢山写っていました。
位置関係からして、多分水戸線のホームなんでしょうね。



2010/11/8 21:39 東武伊勢崎線ってバラエティ!

最近よく仕事で伊勢崎線を利用しますが、自分も合間にちょくちょく写真撮ってます。車両がバラエティに富んでますね。しかも都心の民鉄では一番立派な複々線で本数も多いし。今まで縁がなかったので、仕事で利用するのがちょっと楽しみな路線です。

複々線になってからは全然乗ったことが無かったので、区間急行など訳の分らん種別が出来てしまって、非常に不安でした。
北千住駅でも日比谷線連絡ホームから出るのと本線から出るのが分りづらく、何本か損しちゃいましたよ。
バラエティさからすれば東急や京成にも負けないですね。本腰入れて行ってみようかと思います。



2010/11/12 10:44 隅田川駅貨物フェスティバル2010:控車ヒ724

手すりの解説、有難うございます。
やはり、携わっていた方に、聞いた方がいいですね。

シービー様
いえいえ。多少のニュアンスが違う部分もあるかもしれませんが、そんなところだと思います。



2010/11/14 8:53 隅田川駅貨物フェスティバル2010:控車ヒ724

なかなか役割がわかりませんでしたが、勉強になりました。

私も実際には扱ったことが無い形式なんですけどね。同一形式でも用途や目的が違ったりして、厄介な車両ですね。


2010/11/20 13:03 武蔵野線のEF81

貴重な明るい時間の81ですね。安中とともに最後まで見守ってあげたいものです。
やはりここにも510がやってくるのでしょうか?なんかコンテナ牽く青釜って想像し難いですが。

青いのがコンテナを引くのは昔からもありますので、色彩的には問題ないと思うのですが、何せ星が付いちゃってますからね(笑)。
青い510自体が違和感あり!というところだと思いますが、もうかなり見慣れてきたように思います。


拍手&コメントありがとうございました。

日々冷え込みも厳しくなってきましたので、皆様もご自愛くださいませ。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
0

2010/11/30  1:49

さようなら「ウィークエンドあかぎ」?  特急型電車(直流)
こんばんわ。

もうすぐダイヤ改正ですね。
情報だけでは全貌が読みきれない部分があり、身近でも分からなくて歯がゆい存在の列車があります。

今回の改正は土曜日となっているので、土休運転の列車に関して最後を迎えてしまった列車があります。

特急「ウィークエンドあかぎ」。

その名の通り、土日のみ運転の特急列車で、「ウィークエンドあかぎ8号」という1本のみ存在した列車でした。
特急「あかぎ」の続番をしようした列車で、「あかぎ」が上野行きであるのに対し、「ウィークエンドあかぎ8号」は新宿行きである点が異なります。

しかし、上り「あかぎ2号」は平日運転ながら新宿行きとなっているため、行き先別に名称を設定しているという意味合いは無く、ただ単に土休運転だから、という位置付けのようで、運用的にも平日運転の「あかぎ2号」の田町車を、時間を差し替えて「ウィークエンドあかぎ8号」として品川に運んでいるというだけのように考えられます。


クリックすると元のサイズで表示します
平成21年5月4日 蕨〜西川口間にて 「ウィークエンドあかぎ8号」


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年10月9日 池袋駅にて 「ウィークエンドあかぎ8号」


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年10月16日 蕨駅付近にて 「ウィークエンドあかぎ8号」


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年10月17日 蕨〜西川口間にて 「ウィークエンドあかぎ8号」


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年10月30日 蕨〜西川口間にて 「ウィークエンドあかぎ8号」

本来なら殆ど撮影したことの無い列車でしたが、「草津51号」の送込み回送の直ぐ続行となっていたため、このところ何回かまとめて撮っておくことができました。

改正後ですが、ヘッドマークはおそらく田町車で運用される以上、変化が無いのでは?と考えられます。ただし、予告もされ、実際に時刻表で改正後の編成を見てみると、これまでは田町車のサロ1両を挟む7連で運用されていたのに対し、改正後はサロ2両を含む10連に編成がグレードアップされます。
おそらくは、「踊り子」の整理によりこのような運用が実現するのだと思いますが、「踊り子」では7連の運用が平日のたった1本に整理されてしまったことを考えると、田町車の7連運用そのものにもなんらかの変化が生じるのではないか?と想像する部分もあります。

形態的には編成の変更だけで、さよなら?と言えるかどうかの疑問はありますが、一応、名称としてピリオドが打たれるということで、今回の特集を組んでみました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村
0

2010/11/29  1:09

安中貨物総括:平成22年5〜8月分  国鉄・JR機関車(交流・交直両用型)
こんばんわ。

いよいよダイヤ改正まで1週間を切ってしまいました。まだ先の話かと思っていましたが、あっという間ですね。
この間、やる気がダウンしてしまって、出不精に拍車を掛けています。このまま年末を迎えたくない・・・。

さて、旅客でも185系関連の動きが気になるんですが、EF81もいよいよ終盤を迎えると言ったところでしょうか?連日のレアガマ投入というJR東社の粋な計らいが、返ってEF81終焉を予感させ、緊張とともに寂しさを感じます。
春以来放ったらかしにしてしまった安中貨物の写真を並べてみます。今回は5〜8月分まで、それ以降はまた次の機会に。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年5月8日 EF8181


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年5月16日 EF8181


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年6月12日 EF81133


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年6月13日 EF8198


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年6月19日 EF8194


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年8月19日 EF8186


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年8月29日 EF8191

地元でばかり撮っているので、アングルにバリエーションが無いですね。特に下り列車に対してはアングルが限られちゃうので。
7月に1枚も撮っていないのでおかしいな?と思ったのですが、比較的に地元から離れたところへ撮影に行っていたようです。

安中貨物は、順当に行けば本日の運転もカシガマのようです。私は仕事だから撮れませんが・・・。では、続きはまたそのうち。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村
2

2010/11/28  2:05

185系湘南色 臨時特急「草津51・52号」:’10年秋臨を総括する  特急型電車(直流)
こんばんわ。

昨日は結局1日グダグダな生活を送ってしまいました。
ネタも仕入れていませんので、今日は185系湘南色(OM−3編成)で運転された臨時特急「草津51・52号」を総括してみたいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年10月9日 池袋駅にて 「草津51号」

「草津50周年」を記念しての秋臨運転初日です。回送列車を確認しそこなったので、本番での特製ヘッドマークには度肝を抜かれました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年10月10日 西川口〜蕨間にて 「草津51号」

2日目の下りは地元で。やはりテツにカブられる駅撮りより、地元の方が良いですね。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年10月11日 蕨駅付近にて 「草津52号」

3連休最後は上りの52号を運転。せっかくのチャンスに引き過ぎて葉っぱにゴツン!
結局、この特製ヘッドマークを掲出したのは、最初の3連休のみとなりました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年10月30日 西川口〜蕨間にて 「草津51号」

少し間を置いて運転された月末、特製ヘッドマークはなく、シール式の特別なものでもなく、定期のマークになってインパクトがなくなってしまいました。しかし、湘南色OM−3編成は頑なに使用されました。
強い雨の中、ある意味、風邪をこじらした原因になったかもしれない写真です。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年10月31日 蕨駅付近にて 「草津52号」

週末ごとに天気が悪くて参りましたね。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年11月6日 大塚駅にて 「草津51号」

隅田川のフェスティバルに出掛ける都合で、大塚駅まで出撃してみました。午前中の下り列車としては唯一正面に陽が当たる場所でもあります。本数の多い山手線にカブられるのが心配でしたが、運が良かったです。
7日の上り「草津52号」は死んでいたので撮っていません。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年11月13日 西川口〜蕨間にて 「草津51号」

この頃になると段々撮り飽きてきたので、いつもと違ったアングルで。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年11月14日 蕨駅付近にて 「草津52号」

これは10月11日のリベンジ構図ですね。(笑)


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年11月20日 蕨駅付近にて 「草津51号」

尾久のふれあい鉄道フェスティバルに行く前に撮ったもの。マジで撮り飽きているので、順光になる後追い狙いです。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年11月21日 西川口〜蕨間にて 「草津52号」入庫回送

秋臨の最終日となった日。迂闊にも出場時間を間違えて、目の前で52号に行かれてしまいました。仕方が無いので、記録として回送写真を撮っておきました。


「草津50周年」ということで、湘南色への塗色変更、特製ヘッドマークの掲出など、大変なインパクトのあるイベントだったにもかかわらず、その後はミョーに落ち着いた運転になってしまった今季の臨時「草津」。
時刻表やDJで確認しても、冬臨は設定されていないようですので、185系の運用減など改正後の動きもあり、次回設定が大変気になるところです。

臨時特急「あがつま草津」から成る臨時「草津」の歩みをまとめたものを更新いたしました。今回はPDF化のプログラムが正常に動かなかったので、仕方なくExcelファイルのままダウンロードできるようにいたしました。興味があったらごらんください。

運転の概要 → http://red.ap.teacup.com/marutetsu/html/sinjukuagatsumakusatsugaiyou.xls

ヘッドマークの変遷 → http://red.ap.teacup.com/marutetsu/html/sinjukuagatsumakusatsuheadmark.xls

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村
0

2010/11/27  18:20

都営バス 渋谷営業所D270 日野ブルーリボン  バスの写真館
こんばんわ。

何だかやる気が出なくて困りました。
何がどう疲れているのか、自分でも良く分らないんです。
色々とやらなきゃ!とは思っているんですが、ダメだな・・・なんか変な病気かな。


そんなついででなんですが、久し振りにバスネタです。


クリックすると元のサイズで表示します
平成22年6月11日 渋谷駅東口にて 渋谷D270 日野ブルーリボン

外回りにて見つけた旧型車。30分くらい粘った気がしますが、見たのはこの1台だけでしたね。D代車なので、寿命はあと1年くらいでしょうか。
このノンステップではない塗装も、段々見る機会が少なくなってきましたね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
0

2010/11/27  3:12

久し振りに鉄道に感動した・・・つくばエクスプレス  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

ちょっと遅れてしまいましたが・・・

つくばエクスプレスって、開業してからもう5年が経つんですね。
知り合いに複数名、開業準備から開業に向けて同鉄道の事業に携わっていた方が居て、当時からグッズなどのお土産をいただいていたこともあり、まったく縁がない、という訳でもなかったんですが・・・

如何せん、地域的には無縁な場所を走っているので、今まで利用する機会は皆無でした。車両のデザインも余り好きではないので、写真を撮りに行きたくなることもありませんでした。

しかし、ここに来て外出先で茨城県というのが初めて発生し、しかも、訪問先がつくばエクスプレスの「みどりの駅」至近ということで、初めて乗車する機会に恵まれました。
本当は遠いから行きたくない場所だったんですが、コレが意外、調べてみたら結構早く行けるんですね。その秘密は、列車のスピードにありました。

都内はまるで地下鉄。フツーの地下鉄のような走りで、景色も眺めることが出来ず、飽き飽きな感じ。でも・・・
地上に出てからの走りっぷりは、もう感動モノでした。
普段、最高速度が100km/hくらいの電車にしか乗っていない生活なので、ロングレールのつなぎ目の段差を拾う振動が明らかに120km/hを超えると体感できるスピード感は、非常に新鮮且つたくましく思えましたね。
今や普通列車でも130km/h運転は当たり前のように行われていますが、カーブやポイントでの徐行があったりして、長時間そのスピードを維持するのは案外難しかったりするものですが、そこは最新設計の新設鉄道、ポイントもカーブも徐行なし、カントを大きく取りながら減速を全く行わずに突き進む様は、久し振りに鉄道としての感動を覚えました。


クリックすると元のサイズで表示します

みどりの駅に到着後、反対側の上り列車を待って取り敢えずの撮影。
全ての駅にホーム柵が設置されており、なかなか良いアングルが選べません。
しかも事件です。不覚にもカメラのバッテリーがなくなっており、最近良く起きるウソ警告かと思いきや、今回は本物でした。デジイチモドキは使用不能となり、ケータイのカメラによる撮影となってしまいました。なので、タイミングが合っていない・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

外に出て、アポの時間まで少し空きがありましたので、高架部分を撮影してみました。
ケータイなので望遠は利かず、意外にも新しい家屋や電柱、鉄塔などがグチャグチャに構図され、ロケーションは良くありませんでしたね。青空だけが救いです。
ケータイの画像内を約125km/hの猛スピードで駆け抜ける快速列車を捕らえるのはなかなか至難の業です。


クリックすると元のサイズで表示します

仕事が終わった帰り掛け、反対側の停車する普通列車を狙って撮ったのですが、もう既に日没近くで、さすがにブレてしまいました。しかも何だか設定を間違ったらしく連写モードに・・・画面も自動的に小さくなって不鮮明orz。


クリックすると元のサイズで表示します

帰りの電車に乗る頃にはほぼ日没の時間。アクリル壁を通して、雲間から夕日が差し込んできました。自動だとAWで白飛びしてしまったので、なんとか画像を加工して見た目に近い色を再現してみました。

スピード感の味わえる私鉄としては、最近ではスカイアクセス(ただし指定特急だけ)や昔からの京浜急行が有名ですね。軒先を猛スピードで走りまくる京急も迫力がありますが、やはり徐行区間も多いですね。
そういう意味では、ひたすらスピードを出してがむしゃらに走り通す同鉄道は、真に「高速鉄道」と言える実力を持っている、素直にそう認めたいと実感いたしました。

ところで・・・
「つくばエクスプレス」の正式な会社名は「首都圏新都市鉄道株式会社」と言います。
地元&テツで無い方のために参考まで。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村
1

2010/11/26  7:31

国鉄時代の上野駅 EF6229牽引の14系臨時列車  国鉄・JR機関車(直流型)
という題名を付けちゃいましたが、

時間が無いのでネタはお休みさせていただきます。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 上野駅にて

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村
8

2010/11/25  7:04

尾久車両センター ふれあい鉄道フェスティバル:客車編(その2)完  写真撮影
おはようございます。

昨日も5時に起きてしまったせいか、いつのまにやら寝てしまいましたorz。
ポチ回りが出来ませんでしたので、今日は新宿からWポチ見舞いを頑張ります!


さて、「第10回 尾久車両センター ふれあい鉄道フェスティバル」の最終回でございます。最終回といいつつも、内容的には展示外の車両たちですが、このところ少し話題になっていた尾久駅側線留置の車両たちです。
※撮影は、平成22年11月20日です。


クリックすると元のサイズで表示します
マヤ342004

言わずと知れた国鉄時代を代表する軌道試験車です。九州や北海道ではまだ現役ですが、東日本では用途廃止になってからかなりの時間が経ちました。
いつもは構内の中ほどにその無残な姿を晒していますが、この日は主役級の扱いです。
それにしても、ナンバーが判らぬほどに荒れています。何とかしてくださいよー。


クリックすると元のサイズで表示します
オシ24 701

かつては東海道を闊歩した24系食堂車。現在も24系寝台は最後の車両たちが活躍していますが、純粋な24系食堂車は既に姿を消しています。保存車が無い中で、今となっては大変貴重な車両です。
いつもは庫の中に入っているためか、状態はかなり良い感じです。


クリックすると元のサイズで表示します
スロネ25901

夢空間の残党であるデラックス寝台車。他の2両は売却されて第2の人生を送っていますが、この車両はそのまま残っています。果たして処遇は?


クリックすると元のサイズで表示します
スハネフ14「北陸」

「北陸」が廃止になった時のままのような状態で、ソロを含む複数の寝台車が留置されていました。愛称幕を表示したままなのもファンサービスでしょう。
まだ使える筈なので、イベント列車などに使用しても良いと思うんですが・・・。

他にもオロネ25個室寝台車や旧SET「ゆとり」など、展示常連のメンバーがいましたが、今回は展示の方法が変わってしまったため、居所がなくなってしまったのでしょうか?
それでも展示してもらったことで、尾久駅を利用してやってきたファンは、一律に写真撮影に励んでいたようです。

「第10回 尾久車両センター ふれあい鉄道フェスティバル」のネタは以上を以って終了となります。お付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村
0

2010/11/24  6:33

尾久車両センター ふれあい鉄道フェスティバル:客車編(その1)  写真撮影
おはようございます。

またまた更新しないで寝てしまったので、この時間のアップです。
時間が余りなくなってしまいましたので、客車編を2部作でご紹介いたします。

※撮影は、平成22年11月20日です。


クリックすると元のサイズで表示します
オハニ36

クリックすると元のサイズで表示します
スハフ32

高崎区から今年も旧型客車がやって来ました。毎年休憩所として使われる、恒例となりましたね。中で休んでいる平成生まれの子たちには、この客車がどのように映っているのでしょうかね。


クリックすると元のサイズで表示します
オハ25 ロビーカー

「北斗星」用のロビーカーで、オハネからの改造車です。1往復化に伴い、用途廃止となってしまった全室ロビーカーで、かつては東海道ブルトレから始まった夜行列車のグレードアップ計画の象徴でしたが、今は訓練車のお供のような状態で生き永らえています。


クリックすると元のサイズで表示します
スハネフ14

「北陸」の廃止に伴い用途を失った14系もまだ廃車されずに残っています。編成としてはまとまりがあるだけ残っているのですが、何故か訓練運転などには登場していません。廃車をしていないことについて、何らかの期待をしてしまうのは私だけではないと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
スシ24

「北斗星」用の食堂車で、電車からの改造車です。現在走っている食堂車は、「カシオペア」を除き、全て485系・489系電車からの改造車です。とても皮肉な話ですね。


クリックすると元のサイズで表示します
マニ50 通称「ゆうマニ」

何故か他車と繋がったままここで休んでいた「ゆうマニ」。これから廃車回送などで出番は多い筈なので、休車や廃車ということはないと思いますけど。

これは会場に接した場所に留置されていましたが、あくまでも展示対象ということではないと思います。ただ、やはり正統派テツからすれば見逃せない、歴史の証人たちですから、カメラを向けている人はやはり多かったですね。

次で完結いたします。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村
1

2010/11/23  7:05

尾久車両センター ふれあい鉄道フェスティバル:EL編  写真撮影
おはようございます。
最近は0時まで起きていられないつばさです。急に歳取りましたぁ〜。

さっきまで雨が強く降っていましたが、少し弱くなったかな?今日は車検を出しに行くので、あまりテツはできなさそうです。

さて、尾久車両センター公開の続きで、今日は電気機関車編を並べてみます。

まずは順光側から。

クリックすると元のサイズで表示します
EF510−510 カシガマ「はくつる」

ありえな〜い・・・だけどシックでなかなかにあっている感じが・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
EF510−515「あけぼの」

これはひょっとすると実現性があるかもね。


クリックすると元のサイズで表示します
EF81133「ゆうづる」

あったあった・・・ウソです。「ゆうづる」現役時代はローズピンクが正当です。


クリックすると元のサイズで表示します
EF651118「カシオペア」

実現性はなくはない・・・が、やはりありえな〜い・・・でしょうね。


で、逆光側です。

クリックすると元のサイズで表示します
EF510−510 カシガマ「北陸」

もっと長生きしてくれれば、ひょっとして実現性があったかもしれない組み合わせ。
でも、もうそれは叶わぬ夢。


クリックすると元のサイズで表示します
EF510−515「エルム」

現役時代には1枚も写真を撮っていなかった「エルム」。もう復活することはないのでしょうか?名称だけでも復活すれば、可能性のある組み合わせですね。


クリックすると元のサイズで表示します
EF651118&EF81133「北斗星」

赤鬼はウソにしても、133号機の「北斗星」は自然ですね。珍しくも思えなかったですが、もう見られない組み合わせになってしまいました。

今回は昨日ご紹介いたしましたDD51888と合わせてヨコ1列の展示となりました。ロープも張っていないのに自動的に撮影会形式。良いことですね。
マナーが向上したというより、お互いの利害関係が一致する最良のパターンを自然に形成できているんだと思います。これを無視してこの中に入っていけるファミリーは、やはり「他人の目」が気にならない、普段からの・・・だと・・・しました。私だって、この中には堂々と入っていけませんわ。

最後は客車編に続きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ